ニッポン放送は、中学〜高校生の頃、オールナイトニッポンやショーアップナイターをさんざん聞いた一番思い出のあるラジオ局。
それがココなんだ!と軽く感動。
20170624_1
オノ・ヨーコの許可ももらっているというB2階の「イマジンスタジオ」
20170624_2 20170624_3
20170624_4 20170624_5
20170624_6

招待客150名、こういうイベントは当日キャンセルが何割かあったりするのだが、今日はほとんどキャンセルなし!と司会の上柳昌彦アナウンサーが言っていました。
ゲストの宇崎竜童さん、萩原健太さん登場。
SNS等で宣伝してくださいということで写真撮影はOK。
20170624_7 20170624_8
宇崎さんは、このアルバムが出た時21才。
「このアルバム(サージェント)みたいな 1stアルバムから想像もできないようなアルバムを自分も作りたいと思った」そうです。
上柳アナも、
「自分達は(ビートルズは)もうライブ活動をやっていない、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドという名前の新しいバンド。2曲目のWith A Little〜を歌うのはリンゴじゃなくて、ビリー・シアーズいうコンセプト」
今日のイベントは「大きなスタジオで大音量でサージェントを聴く会」みなさん心ゆくまで堪能してください!
とスタート。
20170624_9

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band〜With A Little Help From My Friendsと続けて再生。
前身を耳にして聴いた。
私がふだん聴いているCDとやはり違うのだろう、ハイハットがちょっと違って聴こえた。
この後、Lucy In The Sky With Diamonds、She's Leaving Home、と進んでいく。
宇崎さん「この素晴らしさはドラッグが生んだと思う。どれだけイイ作用をしたのかと思って聴いた」
「なぜ半音上げるのかわかった!音がキリッとするんだ!音が立つ!際立つんだね」

Within You Without Youは、甲虫楽団の7/15でのサージェント通しライブのために何度も聴いている難曲。
大きな音で聴くとイイ!イヤフォンだと負けちゃうんだ。

When I'm Sixty-Four、宇崎さん「これはステレオで聴く必要がない(笑 ラジオ向けということ)」
今日の招待客に対して「ビートルズの専門家ばっかり来てるね(笑)」

ジャケットの事、ジョージとインド音楽のこと、4トラック録音のこと、などのトークもあり。

次はもう最後で Sgt RepriseとA Day〜となりそうでしたが、時間が少しあったので、ここまでで再生していない曲のリクエストタイム。
Getting BetterとBeing For The Benefit Of Mr.Kite!がリクエストされた。
う〜〜、Getting Betterはさんざん聴いているのに、初めて聴こえたドラムがある(笑)
こういう場合、どうしたらいいんだろう?今のままで?

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 〜A Day In The Life。
Repriseの最後、ポールがすごく叫んでいる!コレ私が持ってるCDもそうなってるかな?おもしろーーい!
A Day〜は一番イイところでなぜかしら止まってしまい、もう一度Repriseから聞き直し。
ちょっと得した感じ。
再生されなかったのは、Fixing A Hole、Lovely Rita、Good Morning Good Morning。

当時、まだできない事をやろうとしたビートルズってすごい!

最後にマスコミ用写真を撮って終わり。

20170624_10 20170624_11
20170624_12

終了後、ジョン・レノン スピリットファンデーションを通じてアジア・アフリカの子供たちのために学校を設立するための支援のイマジンスタジオ チャリティ募金をしてきた。

歩いて東京駅へ。行きたかった東京キャラクターストリート。
20170624_13
日本を代表するありとあらゆるキャラクターのお店の通り。
店鋪は広くないので、すべてのグッズがあるわけじゃないけど、"ちょっとお土産”を買うには最適。
20170624_14 20170624_15 20170624_16 20170624_17 20170624_18 20170624_19 20170624_20 20170624_21
今、マイブームのミニオンズのマグと広島カープコラボキーボールダーを買った。
20170624_22

あ〜〜楽しかった!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。


スポンサーサイト
6/19「神社検定」を受けてきました。
受験場所は横浜桜木町にある伊勢山皇大神宮。
申し込んだ時、神奈川県は鎌倉の鶴岡八幡宮と伊勢山皇大神宮が選べた。
すごーいこんなところでやるんだと思いました。
ちなみに東京は日本大学、他の県はだいたいそれぞれの神社庁。
北海道は北海道神宮、福岡は太宰府天満宮だ。
合格者の特典が信じられないくらいおもしろいよ。
http://www.jinjakentei.jp/tokuten.html

参級(3級)と弐級(2級)は併願できるので両方受験。
4択マークシート方式100問。
しかしだなー、弐級がすごく難しくて手も足も出ないくらいだった。50点取れてるかどうか。
合格は70点以上なので間違いなく落ちてる。
ちなみに、落ちてもリピーター割引というのもあるんだよ。
20170618_1 20170618_2

試験開始から30分経過したら退席できるので、弐級開始して65分くらいで一通りダメだコリャ!と終わらせ、友達の王道GSカバーバンド【東京CUTE BEATS 】を見に御徒町へ向かいました。時間通り最後まで受けてたら絶対に間に合わない時間。
着いたら、最初のバンド「あの頃メドレー」がやってた懐かしい曲。
松原みき 真夜中のドア~Stay With Me(作詞:三浦徳子/作曲:林哲司 ←この二人天才だと思う)
もうヤラレましたわ、わたくし。少なくともここ20年以上は聞いてない曲なのに、昨日の事のように覚えてる。
竹内まりあ Septemberにもヤラれました。
感動の余韻を引きずったまま、お目当ての東京CUTE BEATS。
ああ、なんてオモシロいバンドなんでしょう!写真見てもわかるでしょう?
ザ・タイガース「君だけに愛を」ムッシュかまやつ「バンバンバン」くらいしか知らなかったけど、たっのしー!
ボーカルさんの熱唱、素敵でしたぁ!こんな人達と友達で幸せです!
20170618_8 20170618_9

神社で受けた神社検定で心を洗われ、東京CUTE BEATSに良き昭和時代を懐古させてもらった、素晴らしい日でした。
みなさん、お疲れさまでした、ありがとう!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
今日は仕事が休みなので、バス定期(横浜市南部均一区間乗り放題)を駆使して、神奈川県立地球市民かながわプラザのあーすぷらざでやっている「時間旅行展」(無料)に行ってきました。
時間旅行、なんて魅力的な言葉!Let's do the Time Warp again!
20170613time
あーすぷらざ、初めて行った。
20170613_1

"時間”という概念を持った時、”時間”を測ることができるようになった時、人間は次の時代への進化したと思います。
水は平等じゃないし、空気もそうではなくなってきたから、今、世界中の人に平等なのは"時間”だけではないでしょうか?


平日で雨だったから、ほとんど人がいなかったよ。
20170613_2

正確な時間とは?のコーナー
最も正確な時計といわれる水素原子を利用した原子時計の実物。
20170613_3
セシューム原子時計は約162,000年で1秒ずれるという精度で世界各国の時間を決めている。
しかし、原子の世界には必ずゆらぎが存在するので、世界の標準時や日本標準時は100台以上の原子時計の平均値によって決められているんだって。重力のある世界には客観的で一様な時間というものは存在しません。
原子時計のような正確な時計ですら、地球の重力場の中心近く、つまり低いところに置けば進みが遅くなるのです。

体内時計―24時間DNAのコーナー
ボタンを押すと24時間の私達の体の変化とDNAの動きの関係が楽しめる。
20170613_4

相対性理論で走ろうのコーナー
「高速で移動すると時間の進み方が遅くなる」というアインシュタインの特殊相対性理論に基づいた体験展示で、実際に時計を持って走って体験できる。
ひとりじゃできなくて、周りに人がいなくてできなかった。
20170613_5

動物時間のコーナー
私たち哺乳類の心臓が一生のうちに打つ数は、約15億回〜25億回。心臓は体の大きさに比例して、大きければゆっくりと、小さければ早く、脈打ち続けます。ゾウの一生ってどれくらい?ネズミの1秒ってどのくらい?
等身大のゾウやウマのバルーン。それぞれの胸のあたりにあるライトが心拍数にあわせて点滅する。
ちょうどこの写真のゾウ、胸のあたり光ってる。
20170613_7
ゾウの心拍はかなり遅かったよ。ネズミは高速!
20170613_6
昔、「ゾウの時間ネズミの時間」というベストセラー本があったよね。

時間のたつ速さ
時間の経過に関する認識は記憶した出来事の数に比例している。
記憶に残ることがたくさんあった時間は、後から振り返った時に、ゆっくりと流れていたと感じ、何も記憶すべきことがなかったときはその時間があっという間に過ぎ去ったように感じるのだ。
記憶は印象の深さや感動した強さによって蓄積される量も変わる。
だから、小さいことでも感動する子供の頃は、ゆっくりと時間がすぎ、何も感動することなく過ごしている大人の時間はあっという間に過ぎ去ってゆく。
何事にも好奇心を失わず、新しいことに挑戦し感動する気持ちが1年を長く感じさせるのです。
ですって!

のぞいてみよう時間のアート/マシュマロの窓のコーナー
20170613_9
動きのあるものだけに反応する映像。
左:カメラの前に誰もいない時
右:人が来るまで他の展示を見ていて、やっと来た!
20170613_8 20170613_10

「時間とは、動くものにだけ流れているものなのです」と書いてあった。
そうかも!!
あ〜〜〜〜目からウロコ
何千年も生きている樹木や石とか自然には「時間」がないのかもね。

光の旅のコーナー
望遠鏡をのぞいて、はるか遠い過去から届いた星の光の旅を体感
20170613_11
望遠鏡の中はこんな感じだった。
20170613_12

無響空間のコーナー
音がしない真っ暗闇の空間の中で、1分という時間はどのように感じるのか?
1分を自分のリズムで測る機械。
20170613_13

錯時間(聴覚)光ったのは何回?のコーナー
脳の処理の時間差によっておこる錯覚。
これは写真に撮るのが難しかったのでありません。
こういうのには徹底的にダマされるわたくし。

展示室の外に TIME WARP SOUND CLASH SYSTEMというジュークボックスがあって、
西暦1003年、アリマンタド諸島のある島で1000年に1度音を出すという不思議な石が祀られていた。
その石の音色は人々の心を踊らせることも和ませることもできるという言い伝えがあった。
そしてまさに1000年に1度の音を出すその日、東の方から来たならず者たちがその石を奪い自分達の国に持ち帰ってしまったのだ。しかしその後、その石の消息を知るものは誰もいなかった、、、、

ってホントか?!
展示室内ではなかったからウソでしょう。

時間のエピソードのパネル(ポスター)が何枚かあって、そのひとつが、
名人の間
20170613_14
歌舞伎や落語のウマいヘタは しゃべらない時間にある。
「間」こそ 人を感動させることができる、と書いてありました。その通り!

スケールが大きすぎるのに無料のイベントなので、展示物とかちゃちなんですが、書いてあるものをよーく読むと、
あ”~~~っと事の重要さがわかる、というまことに不思議な催し物でした。

「時間旅行展」は巡回展なので、そのうちみなさんのお近くでも見られるかも。
楽しめるかどうかはその人しだい。時間つぶしはできるよ。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

6/3(土) 人生初の尾瀬ケ原にバスツアーで行ってきました。
6:30 横浜駅西口発。

尾瀬は「日光国立公園」の一部として日本で4番目の国立公園でしたが、
2007年、尾瀬国立公園として新設されました。
今年で10才の国立公園。
4つの県にまたがっていて、群馬県47%、福島県46%、新潟県と栃木県が3%だそうです。
僅差で群馬県。

関越自動車道の高坂SA、赤城高原SAで休憩。
赤城高原のマスコット、からっ風のブー次郎がかわいい。
20170603_1 20170603_2

ベーカリー『ぽるとがる』(東名・海老名SAのジャンボメロンパンで有名なお店)で赤城高原SA(下)限定のホルモンソーセージを買う。バスの中で食べよっと。
20170603_3
レストラン横の揚物屋でジャンボチーズカツ串に惹かれ、その場で食べた。チーズとカツ、合うね。
20170603_4
赤城“高原”というだけあって、とても爽やかなパーキングだ。
20170603_5 20170603_6
沼田ICで降り、途中にあった井上食堂で予約していたお弁当を添乗員さんが受け取りに行く。
まいたけ弁当
20170603_7
予想以上においしかった!
地元名物でもあるらしいから、どこの店のでもいいから まいたけ弁当食べてみて。

尾瀬高原ホテルで大型バスからマイクロバスに乗り換え。
目の前はスノーパーク尾瀬戸倉スキー場。
雪のないスキー場って初めて見た!こんなに緑がキレイなんだ!
平らな所でゲートボールをしている人達がいる。
20170603_8

30分くらいで鳩待峠(はとまちとうげ)へ。標高1591m。
ここからは 寒くて地上と同じ服装ではいられない。ほーら、雪もまだ残ってる。
20170603_9 20170603_10 20170603_11 20170603_12
準備体操をしてスタート。
20170603_14

むかーし行った上高地と同じで尾瀬マナーがある。そのひとつ、
歩荷(ぼっか)さんには声をかけない、ふーーーんそうなのか。
ぼっかさんって知ってる? 山小屋などに荷揚げをする人達のこと。
ぼっかさんって言うんだー。
そういう人達のことを知ってても、何というのか知らなかったな。
ハイキングでは向こうから来る人に「こんにちは」と挨拶するのがマナー。
私もいつもやってる。
でも、尾瀬のような観光客が多いところでそれをやっていたら、何百回もしなきゃいけないので、言われた時だけするようにしてる。
ぼっかさんは 職業だし集中して歩いているからしなくてもいいんだって。

雑草のタネを持ち込まないためのお願い看板。
20170603_15
登山者の数を調査中、入山数カウンター。
20170603_16
ここから「山の鼻」という尾瀬ヶ原の入口まで3.3kmの下り。
いきなりドロドロ! 石段もツルツル。
おお!とか、わー!とかいいながら下っている人達の声が聞こえる。
20170603_17
人が多く、前にも後ろにも人がいて連なってるから、もらい倒れにならないよう注意が必要だ。
尾瀬といえば木道。幅50cmくらい。基本右側通行。
トレッキングポールは先が尖ってたらダメ。板に穴があいたり、隙間に挟まったりして危険だから。
20170603_18 20170603_19 20170603_20
下りは ラバーが敷いてある。なんて親切な!
20170603_21 20170603_22 20170603_23 20170603_24 20170603_25
水芭蕉だ! 基本はコースを外れてはいけないのだが、こういう人もいる。
そういう人は だいたい一眼レフを持ってる人だね。
20170603_26 20170603_27

水芭蕉の真ん中って、サラダなんかに入ってるミニコーンに見えない?
そう見えてしまったから、これ以降、ずっとミニコーンに見えた。
20170603_28
白いのは花ではなく、仏炎苞(ぶつえんほう・棒状の花を包み込む葉っぱを仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)なんだって。
20170603_29 20170603_30 20170603_31 20170603_32

写真にはないが雪がまだ解けておらず、木道にまだ積もったままのところがかなりあって、片側通行になり、そこで渋滞した。

川上川
20170603_33

65分かかって「山の鼻」到着。
ツアー客はだいたいここから自由行動。
20170603_35

関越が事故で到着が遅れたし、雪で木道をなかなか進めなかった ことがなければ、60分弱で行けるだろう。

尾瀬ケ原!
靴はトレッキングシューズが必要。
20170603_36 20170603_37 20170603_38 20170603_39 20170603_40 20170603_41 20170603_42

ここからが 尾瀬の感想。

木道って、
良所は、足元がドロドロでない、濡れていると多少滑りやすいがそれでも歩きやすい。

欠点は、前と後ろしかない1次元の世界。
転んでも 道の脇にそれて治療したり休んだりできず、止まれない。
驚いたのは、歩く速度が早いこと。

健脚な私が驚くんだよ〜
みんなこの速さで歩いたら、私のように1日30キロ以上歩けるよ(笑)

観光客が多いから そう(速く)なるのかもしれないけど、この速度は高齢者や足の悪い人、歩くのが苦手な人には拷問。
上にも書いたけど、1次元の世界だから、脇にそれないし。
反対側の木道に人がいなければ、そちらに対向者が来るまでいられるけどね。

鳩待峠〜山の鼻、ホント、自分でもよくこれだけ写真が撮れたなぁ!と思う。
ほとんど歩きながら撮った。

正面
20170603_43 20170603_44 20170603_48

後ろ側。こっちのほうが景色がいい!向こうに見えるのは至仏山(しぶつさん)
写真でよく見るのはこれだ
20170603_45

15時に山の鼻に戻らないといけないから、途中でUターン。
このずーっと先に尾瀬沼があるんだよ。1泊しないと無理。

20170603_46
水芭蕉以外の花を発見!
なんだろうな。
20170603_47 20170603_49 20170603_50 20170603_51 20170603_52
私の前の男の人が木道から足を踏み外して倒れた。
木の隙間からなかなか足を引っ張り上げらなかった。
しかも、私以降の後ろは渋滞してくる。
プレッシャー。
わかるよわかるよ。
ゆっくりでいいですよ、と声をかけたが、かわいそうにあわてていた。

往路で 何度も途中で止まることがあったのは、転んじゃった人がいたからなんだね。

国民宿舎尾瀬ロッジ
20170603_53
中に入ってみると、、、、
20170603_54
高いね〜 そりゃ 歩荷(ぼっか)さんが運んできたんだもの。

至仏山(しぶつさん)登山口。標高2,228m。
20170603_55 20170603_56 20170603_57 20170603_58

山頂は 尾瀬ガ原全部が見れてはすばらしいんだって。拾ってきた写真。
20170603_shibutu
近くに行ってみたら、登山は7/1からの貼紙。
20170603_59 20170603_60 20170603_61
このあたりはほとんど人がいなくて、ゆっくりできました。
20170603_62 20170603_63 20170603_64 20170603_65 20170603_66

15時 山の鼻ビジターセンター前の温度計は4℃
20170603_67 20170603_68
雨も強くなってきて、さらに気温が下がってきた!
間違いなく 4℃以下だよ。
前日のブログを見たら、2℃って書いてあったから「本当?」と思ったけど、本当だわ。

復路はさっき来た木道の反対側
20170603_69 20170603_70 20170603_71
さよなら水芭蕉
20170603_72
木道以外に、こういうすきまだらけの木の階段も多いから、つり橋が苦手な人は怖いかも?
20170603_73
ドロドロやツルツルも、下るより上るほうが滑りにくくてラク。
20170603_74 20170603_75
復路は上りだから80分くらいかかった。

ここが 国立公園ということを忘れずに。
何も持ってきてはいけないし、持って帰ってもいけない。
ゴミ完全持ち帰りを日本で最初に行動したのは尾瀬。

ツアー団体のお客さんがその日 身につけるシールも落としてはいけない。
どの会社かすぐわかるからね。
食べた後の飴玉の袋をポケットに入れておいて、何かのはずみでそれが落ちてしまう可能性だってある。
近所の公園にハイキングにいくのではないのだ。

鳩待峠でマイクロバスを30分以上待つ。寒かったよ〜
地元のマイクロバス総動員で何度も往復している感じ。
このバスの中で、赤城高原SAで買ったホルモンソーセージの存在を思い出し、食べた(笑)
パンの部分が固くなってたけど、ソーセージはボリュームがあって美味しかったな。お腹もすいてたし。

今日歩いたところはここらへん。
20170603_地図
尾瀬高原ホテル前で 大型バスに乗り換えた後は、爆睡。
気がついたら、上里SAでした。
横浜到着は21:30。

夏が来〜れば思い出すぅ〜
はるかな尾瀬 遠い空〜

7月上旬〜下旬がベストかも?

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
仕事の後、会社から徒歩10分もかからない。3/25〜6/4までの長きにわたって山下公園、港の見える丘公園、みなとみらい、ズーラシアのそばの里山ガーデンで開催されている第33回 全国都市緑化よこはまフェア(来年は八王子市で開催)を見て、神奈川県民ホールでの八代亜紀プレミアムコンサート2017に行ってきました。

横浜市が作ったもの、ランドマークタワー、みなとみらい地区等たくさんありますが、そんなの足下にも及ばない、一番素晴らしいと思うのが「山下公園」。
先週行ってきた母が「あんたも行ってき!会社から毎日行けるやろ!」と言う。
いや〜〜〜〜素晴らしい!今がまさに見ごろ。
夕暮れ時に近かったからあんまりきれいに撮れてないけど圧倒される!行って良かった。
20170517_b 20170517_c 20170517_e

30分くらい散歩した後、この道をはさんで向い側の神奈川県民ホールへ。
20170517_a 20170517_f
母も誘ったのに「おかあさんは、行かんわ」と言うので、ひとりで。
4列目ど真ん中。
チケット代は先日来日したポール・マッカートニーの3分の1。

メモで箇条書きしてきました。

・バックバンド7人編成 キーボード(兼生ピアノ)、ギター、ドラム、ベース、バイオリン、トランペット、サックス。
・衣装:赤→青→黒→白。すべてが似合うのは色が白いからか?
・4列目なので視界すべてがステージで まるでテレビを見ているみたい。
・イントロで司会者の声が聞こえてきそう。
・お辞儀がプロ。
・プレゼント渡しタイムがあって7~8人が渡していた。
渡してくれるひとりひとりに中身を聞いて「葛きり?大好きなのよ」とか、それぞれ返事をしていた。
・1幕のMCは、昭和歌謡の事、次の曲の歌詞の事。2幕はお父さんの事が多かった。
・ドラマーはずっとヘッドフォンをしてクリックを聞いているようだった。
カウントなしで全員で同時に入っている曲もあった、どうやってるんだろう?
・ドラムの音が小さい。ベースやバイオリンや管楽器のほうが音が大きいぞ、と思う曲も多かった。
 ドラマーの叩き方が リズムをキープを最小限の音でするという感じ。
ロックなら他のパートから「ドラム(の音)は大きいほうがいい」と言われ、全力で叩くドラマーが多いが、それとまったく逆。うっすら聞こえる程度でいいという感じだった。

ここまでではないが 私のドラムに対する考え方と同じ。ロックバンドは楽器の音が大きすぎる。フィルやソロの部分は別だけどね。
ボーカルがいないのであればそれでいいけど、ボーカル(歌)があるのなら、それを活かさないと!
ビートルズコピーバンドでさえ 歌が聞こえないところが多いよ。

やった曲で覚えているやつ
・Helen Merrillの「You'd Be So Nice To Come Home To」←鳥肌もん!
・Jazzの名曲「Sing Sing Sing」「Fly Me To The Moon」
・熊本大震災応援歌 Sweet Home Kumamoto
・ブルースアルバムから数曲
・去年モンゴルで歌った「JAMAAS 真実はふたつ」
・マーティ・フリードマンが八代亜紀のために作った「無情」
・雨の慕情 ←憎い♪恋しい♪憎い♪恋しい♪雨雨降れ降れ〜の振り!生で見れた!
・舟唄 ←ラストナンバー

グッズはDVD、CD、カセットやポーチ、折りたたみ傘くらいしかありませんでした。
タオルや手ぬぐいがあれば買ったのにな。
別に八代亜紀さんのファンではありませんが、一度は見ておきたい人だったので、神奈川県民ホールで見ることができて良かった。日本を代表する歌手、ボーカリストなら見ておいたほうがいいでしょう。
もうこれで日本人で一度は見ておきたい人がいないかも。

今回はFacebookにもたくさん写真を載せたのでこちらは少なめ。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。