青春18切符7回目の旅は、今話題の日本一星空が美しい天空の楽園 長野県「昼神温泉」へ、ドラマー&ギタリストたまちゃんと行ってきました。
今年の8月は毎日雨が降るような天候が続きましたが、晴女のわたくし、さてどうだったでしょう?
注意:飯田線、岡谷〜飯田間の36駅?全部の写真をアップしているので、それなりの枚数があります。

8月17日(木)

新宿駅でたまちゃんと待ち合わせ。
中央本線 8:26発←だったと思う。
9:09高尾着。
9:20発の甲府行まで少し時間があるので、下車して散歩。
甲州街道歩きの時、一度ここからスタートしたよなぁ。しみじみ。
20170817_1

心配していた天気は、どんどん良くなってきた。

待避駅(特急などの通過待ち駅)の甲斐大和駅で10分ほどホーム上で休憩。
20170817_2 20170817_4
20170817_3

1時間半ほどかかって 10:52甲府着。
10:56甲府発 中央本線松本行に乗り換え。
この写真、どこだか忘れた〜
20170817_5 20170817_6

各駅停車は 大きな駅で特急などに追い越されるために待避するのだが、その特急が遅れていると、待ち時間も長くなる。
茅野駅でそうなった。
12:24岡谷到着予定がギリギリになるので、飯田線に乗り換える人は先頭車輌の一番前のドアに移動し、最前ドアから降りたら階段を降りて地下道を通り 0(ゼロ)番線へ向かうようにとアナウンス。
しばらくして、岡谷には遅れて到着することになりました。飯田線はこの列車の到着を待っての発車となりましたが、なるべくお急ぎください、とのアナウンス。

大急ぎで0番線へ向かう人々
20170817_7 20170817_10

12:29天竜峡行き。待っていてくれてありがとう!
20170817_8 20170817_9

車内はこんな感じ。
終始、ガラガラではなく、常に学生や地元の人達が乗り降りしていた。
20170817_11

1つめ 川岸駅
20170817_12 20170817_13
時刻表、一番左が飯田線。平日も土日も関係ないのだ。
20170817_14 20170817_15
ちょうど隣りに電車が走っていたのでパチリ撮影
20170817_16 20170817_17

宮木駅
ほとんどの駅は、電車が動いている時に撮影しているので、駅名看板がキレイに写ってないことが多いのでご了承を。
20170817_18
伊那新町駅。伊那○○って、長野県って感じがしてグッド!
20170817_19
こういう風景大好き!
20170817_20
羽場駅
20170817_21 20170817_22
沢駅
20170817_23
伊那松島駅
20170817_24
木ノ下駅
20170817_25
北殿(きたとの)駅
20170817_26
田畑駅
20170817_27
伊那北駅。学生が目の前に〜〜どいてくれれば、、、
大勢乗ってきた
20170817_28
伊那市駅。下りは駅名看板がホーム上になく、上から吊るすタイプだったので撮れず。
ホーム柱の駅名を撮りました。
20170817_29
下島駅  ここも何らかの理由で(忘れた)柱の駅名しか撮れず
20170817_30
沢渡(さわんど)駅
20170817_31
赤木駅は右側にホームがあり(私が立っていたのは左側)先頭ドアはお客さんがいっぱいで、右側に移動できなかったので、左側の田んぼを撮影。翌日帰りに撮りました。
20170817_32赤木 20170817_赤木
宮田駅
20170817_33
この先の急勾配 見えるかしら。
少しずつ登って走っているのがわかる
20170817_34 20170817_35
大田切駅
20170817_36
駒ヶ根駅
20170817_37
小町屋駅
20170817_38
いい感じ〜
20170817_39
伊那福岡駅
20170817_40 20170817_41
田切駅
20170817_42
ここまで運転士さん、何度か代わっています。
飯田までの間、5人くらい代わったのでは?
20170817_43
飯島駅。それぞれの駅に観光地があればこういう看板がある。
20170817_44 20170817_45

20170817_46 20170817_47

伊那本郷駅。ピンボケだったので柱看板も撮影
20170817_48 20170817_49
七久保駅
20170817_50 20170817_51
高遠原駅
20170817_52
伊那田島駅
20170817_53
上片桐駅
20170817_54
20170817_55 20170817_56
伊那大島駅
20170817_57
山吹駅
20170817_58
下平駅
20170817_59 20170817_60
市田駅
20170817_61
下市田駅。下車した人がいたので、目の前の駅入り口を撮影。
改札なんてないのだ。
20170817_62 20170817_63
元善光寺駅
20170817_64 20170817_65
伊那上郷駅
20170817_66
桜町駅
20170817_67

着いた!飯田駅!14:10
岡谷から 約2時間10分。全駅写真撮った私、すごい(笑)
8:26に新宿を出て6時間少し。家からだと8時間。
20170817_68
これが乗ってきた電車。
天竜峡、いつか行ってみたいな
20170817_70 20170817_69 20170817_71

予想よりずっと暑かった。ひんやりだと思っていたから。
20170817_72

ホテル送迎のドライバーさんに挨拶をすると「今月2回目の晴れの日なんですよ。ただし、夜はどうなるかわかりませんが」とのこと。
やっぱり私は晴れ女だわ
約30分、ユルイの宿 恵山へ。ユルイとは囲炉裏のこと。

この入口写真は翌日の撮影
20170817_73 20170817_74
20170817_75
ロビーから見た庭
20170817_75
案内された部屋が広すぎた!
新館の3部屋しかない最上階 貴賓室「望雲」
わたくしたちこのような部屋に泊まっていいのでしょうか?
なにかの間違いでは?
これって二人合計の値段だよね?ひとりじゃないよね?
予約完了メールを たまちゃんが何度も見る。
ま、何かが起きてこの部屋をあてがってくれた、と思うことにしよう。
20170817_77 20170817_78
部屋からの眺め
20170817_80
室内にヒノキ風呂があったが、大浴場へ。
旅行に行って一番の楽しみはお風呂なんだ〜
この写真は公式サイトより
20170817_風呂
夜は星空ツアーに行くので17:30に夕食。信州牛がでた。写真はほんの一部。
20170817_81

今話題の日本一星空が美しい天空の楽園「ヘブンスそのはら」ナイトツアー
20170817_82
18:50送迎バスに乗り20分くらいかなぁ、山麓駅ステーション”ベガ”へ。
ゴンドラ乗り場はテーマパークみたい。少しずつ並んで10人くらいで乗車。
JTBツアーの人はファストパスみたいな列があったよ。
20170817_84
全長2,549m、高低差610m、所要時間約15分。
けっこう真っ暗な中を登っていくゴンドラ。
復路で撮影
20170817_85 20170817_86

往路左側の空に、流星群が見えて感激。
今まで寝転んで上の空を眺めてなら何度も見たことがあるけど、
頭を上げずに通常目線で右上から左下に向かって流れる星は長かったし、マンガみたいだった。
15分の間に10個くらい見えたかな。


山頂駅ステーション”デネブ”
防寒対策して行ったのにぜんぜん寒くなかった。
20170817_87

持参したレジャーシート(必須)を広げて数百人の中にまざって寝転ぶ。
20170817_88 20170817_89
空は薄曇りのところもあるが、星がはっきり見えているところもある。
雲が広がってぜんぜん見えない時も、、、、

カウントダウンで20時になると、設置された照明が一斉に消灯され、お姉さんの星座探しのトークが始まった。
すると顔にポツポツと雨が落ちてきた。傘をさすレベルじゃないがレインウェアを着る。
何とも不思議、雨が降っているのに少し目線をずらせば星が見える!
頭の上にだけ雲があるんだろう。
少し雨が強くなってきたので、建物に移動して、しばらくして外へ出ると、雨は止んでばっちり星空が見えた

あ〜〜、天気にも恵まれ、部屋も広く、星も見れ、良い1日だった
たまちゃんと夜中2時までおしゃべりして就寝。
寝入りの悪い私はそれから1時間半以上眠れなかった。

8月18日(金)

6時起床し大浴場に行ってから散歩へ。
3分ほどで 阿智神社 前宮。
20170817_90 20170817_91
細い注連縄が胸の高さの位置に張られている。なぜだろう?
20170817_93
手水舎にはほとんど水がなく、鹿威しからポツポツと落ちてくる水を柄杓で汲む感じ。
20170817_94
祀られているのは天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)と天表春命(あめのうわはるのみこと))
すごく静かだった。奥宮はここから西に2kmくらいの所にあるみたい。
20170817_92 20170817_95 20170817_96

さらに3分くらい歩いて朝市へ。
20170817_97 20170817_98 20170817_99
にんにくが名産らしいので、極上品(本日のみ250円)を1つとそこまで上品じゃない3個入200円のを買う。
信濃レッドりんごは重くて荷物になるから買わなかった。
20170817_100 20170817_102
20170817_101 20170817_103

阿智川と恩出橋(おんだしばし)
元気な こどもの人形があったよ。
20170817_104 20170817_105
川沿いを散歩してホテルへ戻る。
20170817_106 20170817_107 20170817_109
途中、たいへん立派な「玄竹」というホテルがあったので調べてみたら、
プロが選ぶ日本の小宿10選のひとつでした。私達の部屋の窓からもすごい立派に見えたもん。
20170817_108

雨に降られることなくホテルへ戻り、8時すぎ朝食。これも一部です。
20170817_110
この後、すごい大雨になった。
小降りになった10時、送迎車で飯田駅へ。
20170817_111 20170817_112
車を降りると小雨。今回ここで初めて傘をさした。
今回はホントに天気に恵まれたなぁ!
20170817_113
駅員さんに「JR東日本とJR東海の境目はどこですか?」と鉄道オタクみたいな質問をしたら、
嬉しそうに「辰野と宮木の間です」と教えてくれた。
車内から何かそういう表示が見えるかも聞いたら、あることにはあるけど、わかりにくいと言っていた。
往路と同じく各駅停車はひとつずつ丁寧に駅に止まっていく。
20170817_114
単線での対向列車のすれ違いは「待避」ではなく「交換」って言うんだね。
交換駅で対向電車が遅れ、駒ヶ根駅(写真)で15分くらい待った。こんなに待つなら改札外に出たかったなぁ。
20170817_115

辰野駅で飯田線とさよなら、中央本線岡谷行きに乗り換え、13:57岡谷駅下車。
20170817_118
ここで1時間の乗り換え待ち時間があるので、駅前のララ オカヤレストランよしので昼食。
たまちゃんは、トンカツラーメン、私はトンカツ冷やし中華。
20170817_116 20170817_117
メニューは何かの上に何かが乗っているのが多かった。

岡谷駅の改札内には諏訪大社秋宮の3の柱があったよ。
20170817_119
14:54 岡谷駅発、塩山行きに乗る
途中で特急の追い越しが何度かある。
16:50塩山下車、17:05塩山発
20170817_120

復路は寝っぱなし!

18:15八王子着、ここでたまちゃんとお別れ。
たまちゃんとは、趣味や思考が似ているところがあり、(広島ファンだし)、道中も宿でもしゃべりっぱなしで楽しかった!またどっか行きたいね。

横浜に着いたのは19:21でした。
飯田を出て8時間。

飯田線といえば複数ある秘境駅が有名。
その秘境駅は、今回乗車した飯田線の北のほうでなく、豊橋側の南のほうにあるのです。
青春18切符、残り2枚。
それを使って9月にひとりで秘境6駅下車してくる予定。
豊橋6:00発に乗らないとできないんだから、これは大冒険でしょうなぁ(笑)

帰宅した翌日、6月に受けた神社検定3級の合格認定証が届きました。
神社検定認定証3

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。


スポンサーサイト
創香家・香司 今井麻美子さんの和の香の展示会にオカンと行ってきました。
場所は日本橋タカシマヤ7F。
長い間生きてきましたが、”創香家・香司”という肩書きのお友達は今までいません。
しかも 同じ年で同じ「まみこ」
そういう方と知り合えただけでも光栄。
20170803_1 20170803_4
最初は、匂い袋を買おうかな、と思っていましたが、麻美子さんの説明を聞いて変更、紫檀の塗香入れと、
"早朝の葉に溜まった一滴の朝露のような清々しさのある香り”の「朝霧」という塗香を買いました。
オカンは「紫の衣」という"紫の衣より立ち上るような、深い慈しみをのある甘い香り”のやつ。
どういう香りか想像してみて。楽しいよ。
香りを文章で表現してあるのを読むと、想像力がふくらむ。
20170803_3
塗香って知ってる?
ずこう、って読むんだよ。
手のひらにササッと少しふりかけて、軽くこする。
火を使わない お清め(浄化)のお香。
知りませんでしたーーーーー!
ひとつ賢くなった(^^ゞ


買った紫檀の塗香入れ↓
20170803_21
オシャレな七味入れみたいな感じ(笑)

高島屋を後にし、向かったのは、
島根県のアンテナショップ「にほんばし島根館」と隣りにある「主水」
島根の優れた食材を使った美味しい料理や、地酒を提供するお店。
2年前、2泊3日で島根県ひとり旅行したのをFacebookで思い出し、探して行ってみました。
20170803_5
海鮮がいな丼と三色割子そばを食べました。
がいな、って大きいとか凄いって意味。
20170803_7 20170803_8
え?2つも食べたの?
そうです(^^)
オカンはサバの乗ったソバを注文。
神様の住む出雲は食べ物が美味しい。

にほんばし島根館であご(トビウオ)のちくわ、しじみの味噌汁などを購入。
20170803_6

次は近くの新潟の「ブリッジにいがた」へ
入口右にあったトウモロコシ。試食したら 甘くてめっちゃ美味しくて買わずにいられない!
2本購入。
野菜が多く売られていたので、おばちゃん達がいっぱい。
20170803_9 20170803_10
↓この写真の左上の80cmを越える巨大なのは「夕顔」という干ぴょうらしい。
20170803_11

次は「奈良まほろば館」
入っていきなり 大好きな 柿の葉寿司に遭遇!4個入。
お腹いっぱいだったので買いませんでした。
オカンが懐紙とお線香を購入。
20170803_22

次「日本橋とやま館」
20170803_12
入ってすぐ日本一大きなスイカとして知られる「入善(にゅうぜん)ジャンボ西瓜」に遭遇。
20170803_13 20170803_14
傘かぶってるみたいでカワイイ。
ぬいぐるみみたいに見えたから近寄ってみたら、ホンモノでした。
網に入っているからぬいぐるみみたいな質感に見えたんだ。
値段、見て驚いた!泣いた!
8,640円(;◇;)

贈答品として出荷されているんだって。
そりゃ誰も買わないよ。
富山の店はオシャレだった。

三越の周辺には、三重と福島もある。
アンテナショップ巡り、知らないものが多くておもしろいな

そして最後にオカンを「日本橋」に連れて行きました。
ひとりで歩いた東海道五十三次、日光&奥州街道、甲州街道、すべてのスタート地点。
日本橋の東西南北の4隅を説明。
20170803_15 20170803_16

2012年の時、高札場の隣りは花の広場だったのに、インフォメーションになってた。
2012年
20170803_20 20170803_18
現在
20170803_19 20170803_17

いつかわからないけど、五街道歩き最後の「中山道」の時、またここに来るだろう。

匂いの話に戻って、、、
一番記憶に残りやすいものって何だと思いますか?
音?味?感触?それとも映像・・・・・・?
正解は「におい」なんだって。
脳は「匂い」に逆らえない。匂いで記憶をコントロールする方法。
http://studyhacker.net/columns/aroma-brain

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
春の青春18切符では、身延線、成田線などで遊びに行きました。
その時の「青春18切符」カテゴリはこちら。

さーて今回は?!
最寄りJR駅を7:10発。
熱海で乗り換えまで25分くらいあるので、改札を出る。
20170729_1 20170729_2
熱海8:47発 沼津行き乗車
20170729_3 20170729_4
沼津で島田行きに乗り換える。乗り換え時間は5分。
民族大移動のようにゾロゾロ乗り換え。9:10発。
20170729_5 20170729_6
一番前の車輛の一番前へ。
隣りにすわったご年配の女性が話かけてきたので、登呂遺跡や柿田川湧水群に行くことを話したら、「そこに(柿田川湧水群)に住んでるのよ、昔はすごい水量でね、今の倍の量があったんだよ」など、いろいろ盛り上がり、たぶん「片浜」(沼津の次)で降りる予定が、その隣りの「原」まで行ってしまった様子。
ごめんね、おばあちゃん。

静岡駅10:06着。
20170729_7
ちゃんとバス停を調べておいたから、迷わずにすみ、南口22番乗り場から、
10:11発 しずてつジャストラインバス登呂遺跡行きに乗れた。
190円、10分くらいで登呂遺跡着。
20170729_8
降りたらいきなりこんな感じ。目の前に遺跡がバーーーン!
20170729_9
ひゃっほ〜!
日本史の教科書に載っているところで、今まで一番古かったところは法隆寺。
今回それを越えた!
20170729_10
Wikipediaより
弥生時代の集落・水田遺跡で国の特別史跡に指定されている。
弥生時代後期に属し、1世紀ごろの集落。
1世紀ですよ!
堅穴住居、祭殿、高床倉庫など7つくらいある。
中にも入れるよ
20170729_11 20170729_12 20170729_13 20170729_14 20170729_15 20170729_16 20170729_19
祭殿
20170729_17 20170729_18
弥生時代の水田を復元
20170729_水田 20170729_20
登呂博物館
20170729_23
その手前の火起こしの像
20170729_22 20170729_21
博物館は1階は無料
登呂遺跡ゆるキャラ、トロベー
20170729_30
グッズ売場には トロベーようかん
20170729_24
弥生時代の衣服、貫頭衣(かんとうい)。頭からすっぽり着る服。
どうぞ着てみてください、
着たかったな〜(笑)
20170729_25 20170729_26 20170729_27 20170729_28 20170729_29
外に戻ると、火起こし体験と土器炊飯をやっていた。
20170729_31
ボランティアの方が火起こしをやっている。
20170729_32 20170729_33
古代米である赤米(あかまい)を土器で炊飯。
火はチャッカマンでつけていました。
20170729_34 20170729_35 20170729_36
プラスチックじゃない木のスプーンなのがイイ
こんなちょっとじゃ味がわかんないよ(笑)
20170729_37
弥生時代の人が食べていたのは、これよりずっとマズイはず。
この赤米は品種改良されてきたやつだもんね。
サヨナラ登呂遺跡。
20170729_38

11:30頃静岡駅へ戻る。
東海道五十三次歩きをした時、静岡おでんを食べたかったけど、
朝7時に出発したから食べられなかった。そのリベンジ。
魚河岸 大作 にて桜えびのかき揚げ、黒はんぺん、静岡おでんの3種が1,500円の静岡セットを注文。
黒はんぺんにはワサビ漬けが付いている。これはウマいっ!
私の次に入ってきた男性もコレを注文していた。
20170729_39

11:53静岡発 熱海行きで三島へ向かう。
けっこう時間かかるのよ、約1時間。
12:52三島着。
観光案内所で地図をもらおうと入ったら、かわいいウナギのぬいぐるみが!
20170729_40
目の前に柿田川湧水群へ行くバスが止まっていたので乗車。
20分200円で到着。
湧水群の写真だけ見たら、すっごい山の中とか田舎にあるんだろうなと思うけど、違う!
調べて行ったので知っていた。
三島駅からバスで20分、徒歩でも2.3キロくらいのところ。
田舎のハズがない。
柿田川公園のバス停は、大きなショッピングモールがあり、道路も何車線もありたえず車がたくさん。
そいういうところでした。
20170729_41 20170729_42

柿田川は長良川・四万十川とともに日本三大清流に数えられている。

第一展望台へ。
20170729_43 20170729_44
これこれ!見たかったの。
水が透明すぎ。
20170729_46 20170729_45
水が湧き出ている
20170729_47
有名な第二展望台へ。
20170729_48 20170729_49 20170729_50 20170729_52
この湧き水は昔、紡績工場が井戸として利用していたもの。
日の光と砂が思わぬ水の色を造り出しています。
一定の水温を保ち、水位もほどんど変わらないため、手付かずの河川の姿を今日まで残していますだって。
飛び込みたいね〜
20170729_53 20170729_54

京都の貴船神社を勧請した貴船神社があったよ
20170729_55 20170729_56 20170729_58 20170729_57
湧水広場
20170729_62 20170729_61 20170729_60
八つ橋、だったかな。八つ橋があるから。
20170729_65 20170729_64 20170729_63 20170729_66

三島駅へ戻って沼津魚がし鮨 三島駅南口店へ。
この店、チェーン店でけっこうどこにでもある。ネタが大きくて有名。
ランチで 10貫とサラダと味噌汁がついて1,280円。
この値段で20貫先着30名で食べられる。とっくに終了してた。
20170729_67

いつも思うのだが、三島〜沼津って毎度 お客さんいっぱい。
3輌じゃなく、もっと増やせないのかな?!

こちら方面にこられたことがない人、東海道線で静岡方面に行く時は、必ず熱海か沼津で乗り換えが必要なんです。
ここがJR東日本とJR東海の境目だから。
沼津をすぎると生活圏が変わるのを感じる。熱海だとまだ小田原や横浜や東京に行っている人がいるけど、沼津はさすがにいない。

次は8/17〜18の1泊2日で中央線そして飯田線の旅で18切符を使うよ。
話題の昼神温泉に行くのだ!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
4月中旬 会社のビンゴ大会でもらったハート型のミニトマト「ハートマト」の栽培キット。
4/17に種をまいて、6/9に小さい緑色の実が成り、7/24にやっと赤くなりました。
少しずつ写真を撮っていたのでアップします。

4月17日 3つぶ種をまいた日
2017417tomato
4月27日 芽が出る
2017427tomato
5月1日
201751tomato
5月3日 間引きで3つを1つにしました
201753tomato
5月8日 支柱を立てました
201758tomato
5月11日
2017511tomato
5月15日
2017515tomato
5月18日
2017518tomato
5月21日
2017521tomato
5月24日
2017524tomato
5月29日2枚 右側ちいさーい花が咲いている
2017529tomato 2017529tomato2
6月4日 花が大きくなってきた
201764tomato
6月9日 実がなった!左:この位置だと見えないけど角度を変えると
右:ちゃんとハートの形してる!
201769tomato 201769tomato2
ひとつ前のと合わせて3個実った
201769tomato3
7月1日 3週間たってもあんまりかわらない
20170701_2 20170701_3

実が成ってから1ヶ月以上 緑色のままが続く
だんだん心配になってくる、、、

7月24日 ひとつ赤くなりました!ほーらかわいいハート形だ。
20170724_1 20170724_2

そして今日。7月27日。
収穫!もう外暗かったので室内で撮影。
20170727_1
かわいい形
20170727_2 20170727_3
切ってみました
20170727_4

味はふつうのミニトマトでした(笑)
まだ実ってるからしばらく味わえる~

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします
今日は仕事を早退して、グッドストック東京でのビートルズアナログ鑑賞会Vol.10 リンゴ・スター特集に行ってきました。

レギュラー:藤本国彦、朝日順子(英会話講師・翻訳家)、野口淳(ビートルズ資料館元館長)
特別ゲスト:サンコンJr.(ウルフルズ)、鍛冶陽子

東横線の自由が丘で大井町線に乗り換え。
常日頃から思うのだが、東急線は京急線と天と地の差がある。初めて乗る人にはわからないかもしれないが、乗っている人、車内広告が違うのだ。どっちが好きかは各自にまかせる。

大岡山駅下車、閑静な住宅街の中。
20170723_1
この青いドアが入口じゃないよ
20170723_2

15分ほど遅れて到着すると満席だったので 一番後ろにそーっと座った。
Love Me Doがかかってた。
途中だったので何だかわからなかったけど、たぶん、ピートとリンゴの違いとかそういうやつだろう。

【第1部 リンゴ・スターのドラミングの技法と魅力】

選曲はサンコンJr.さんだと思われます。

2曲目、All My Loving(With The Beatles UK stereo LP)
ゲストのサンコンJr.さんが、ジョージ・マーティンは ビートルズの2枚目のWith The Beatlesを聞いて「これはすごいお宝(ビートルズのこと)を発見したと思った と話していた。1stの時はそう思わなかったんだね」と語る。
ジョンの3連バッキング、リンゴのシャッフル、ポールのボーンボーンと下がって来るベース、ジョージの少し変わったソロ、この4つの全然違うものがミックスされた曲がこれ。

3曲目、I'm Gonna Sit Right Down and Cry ("Live at the BBC" UK LP)
1stの Please Please Meより前の作品なので、一般の人は知らない曲。私もコピバンやるまで知らなかった。
初期の簡単な曲しか叩いてない人はこれを聴くとひっくりかえるよ。すごく練習しないとダメ。
初期リンゴここにあり。

4曲目、What Goes On ("Revolver" UK stereo LP)
サンコンJr.さんが、この曲はまったくフィルが入ってない。左利きのリンゴが右で高速シャッフルをしているので、余裕がなかったんだろう。これでフィルをやったらズレる。リンゴのドラムをヘタクソという人がいるけれども、それなら利き手じゃない手でこのシャッフルやってみ!と思うと。

5曲目、She Said She Said("Revolver" UK stereo LP)
この曲、ポール不参加、ベースはジョージだって。
サンコンJr.さんが、リンゴのベストプレイは同じ時期の Rainと言われることが多いけど、ボクはこっちのほうが上だと思う。Rainはポールのベースがすごいのであって、ドラムはそうでもない。She Said〜はどうやって叩いているんだろうって思う。
ま、さ、に、私と同じ感想です!

6曲目、A Day In The Life("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band” UK stereo LP)
どうしてAbbey RoadのCome Togetherでなく、この曲を選んだのかは、 Come TogetherのドラムはRainと同じで そうでもない。She Said〜みたいにこっちのほうが 隙間を埋めるドラムをしている。
ジョンに何だったか忘れたけどジャズの曲を聴かせられて「こういうふうに叩いてくれ」と言われたそれは、ツインドラムだったらしく、そうするとこうなったんじゃないかな。ということです。

おお!サンコンJr.さん!まさにそうなのよ!
She SaidとA Dayのドラム、ぜんぜん違うけど、曲での役割は同じ気がするよ私も。A Dayのドラムはまるでセリフ。

7曲目、Oh Darlin’(”Abbey Road” UK stereo LP)
リンゴのスーパーフィルがある曲。Bメロからサビにいくところのフィル。Aメロのリズムからすると考えられないフィル。文章で書けませんが、口でフィルを歌い、パラディドルをやってくださいました。

ま、さ、に、2〜7曲の選曲が私のBest of Ringo Drumと同じなのでした。
録音せず、覚えてきたのを書いているので少し表現が違ってるかもしれません。
20170723_4

次は、キルト作家の鍛冶陽子さんの、リバプールでのキルト展のご報告。
FBでドキドキしながら読んでいたので、それを生で聞けておもしろかったし、私も去年International Beatleweekで行った場所なので、あ〜〜そんなだったなと鍛冶さんの写真を見ながら思い出した。

10分休憩。
司会の野口さんは、ビートルズ書籍をたくさん書かれている人で、先日の甲虫ライブを見に来てくださったので、ご挨拶した。

1部だけで帰った人もいたようだ。
お客さんは、30人くらいで、女性10人くらい。
もしかしてウルフルズのファン?
知っている人がひとりもいなかった(笑)

【第2部 リンゴ・スターのソロ曲集・歌詞解説】

英会話講師・翻訳家の朝日順子さん登場。
リンゴの歌詞解説なんて初めてで、二度とないかも? と笑いながらおっしゃっていた。

そう、まるで今日はリンゴの追悼イベントみたいだった。
サンコンJr.さんもそうおっしゃっていた。

■■ソロ黄金期1971〜1974■■
1. It Don’t Come Easy(UK single)
2. Early 1970(UK single)歌詞解説
3. Back Off Boogaloo(UK Demonstration single)
4. Photograph(UK single)
5. Only You(UK Demonstration single)
6. Snookeroo(UK LP”Good Night Vienna”)歌詞解説

2曲目のEarly 1970の歌詞は、1番がポール、2番がジョン、3番がジョージの事を歌っているそうだ。
歌詞のプリントを受付時にもらったので、それを見ながら聞いた。
6曲目のSnookerooは、スヌーカーを1日中やってるようなだらしがないダメ男=自分の曲だそうだ。

■■元ビートルズのメンバーからの曲■■
1. I Am The Greatest(US Promo LP “Ringo”)
時間が押していて これ1曲だけだった。
順子さんが思う一番リンゴっぽい曲は、I Am The Greatest だそうだ。
自伝的で、大人のジョークが入っていて、謙虚さがあって、 ブーガルー等変な単語があって、ビリーシアーズが登場し、サージェントみたいな声援が入っている。BEATLESへのオマージュな歌詞。ちなみにこの曲はジョンがリンゴにプレゼントした曲。

いろんな歌詞のリンゴっぽい所の解説、すごくオモシロかった!

Don't Pass Me Byは ちゃんとリンゴ本人が書いただろう、
Octopus's Gardenは上手すぎる、ジョージが手伝ったかな?
Don’t Come Easyもジョージ、プロデューサーだし。
などオモシロい!!!

■■レア盤■■
1. Six O’clock (Long version US Promo LP)
2. Goodnight Vienna(? US promo single)印刷薄くてみえない
3. Weight of the World (French promo 12 inch single)
4. Drift Away(Steven Tyrer version US promo CDR)←スティーヴンタイラーだよ

ココ、前のほうのど真ん中にコンクリの柱があって、見にくい。
20170723_3
8/11は山崎ハコさんのライブが入ってる。狭いからファンにはたまらないだろう。
アコースティック専門のハコなので、アコやってる私の友人達、ここに出てみたらいいんじゃないかな。
すごく落ちついた良い雰囲気だよ。

以上、シェアはいいけど、無断転載禁止です。
ちなみに、ウルフルズ、名前は知っているけど他はまったく知りません。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします