私の一番好きなドラマー、ど真ん中のドラマー、青山純さん。

何を聞いて好きになった?
と聞かれても、いつの間にか いた人。
あえて言えば 中学生の時、山下達郎を聴いてからかなあ。

とにかく、当時 聴いていた曲の演奏者を見ると
「ドラム:青山純」なのでした。
どっちかと言うと 歌モノ系のドラマー。
わたくし、10才の頃に「ドラム」という楽器に目覚めまして、
将来ドラムをする!と決断しました。
始めたのはもっと後ですが、その頃から音楽を聞く時は「ドラム中心」に
聞いていました。

大きい音でガンガン叩く人、それは見た目もかっこいいけど、
自分はそうじゃなくてイイ!と
まったく憧れず、歌を活かすドラムが好きでした。
それは今も変わらない。

青純さんはそーゆー人なのです。と私は思う。
ソロをしないけど、聴いただけで青純さんだとわかる。

今から20年くらい前、私がドラム(バンド)をしなくなる前。
青純さんのドラムクリニックに行きました。
クリニックと言っても 全員をひとりずつ前に出し 叩かせて
アドバイスをもらうと言った形で、私も大勢の前で叩き見てもらいました。
順番を待っていてセットに座るまでは 緊張でクチから心臓が出そうでした。
女性参加は私ひとり。

どーゆーアドバイスをもらったか、今でも覚えているし、
その後、17年間ドラム(バンド)から離れてたけど、再開している今、それを実行しています。

ドラムマガジン1986年春号の青純さん特集で、
「口でいえるものはすべてドラムで表現できると思うんです。」
と書いてあるのを読んで、これを教訓にしています。

なので、4年位前に17年のブランクを経て ドラムを再び始めた時、
頭は覚えてても、カラダが動かない、こんなハズでは!という状況だった時、青純さんのコトバを思い出し、
ドラムパートを口で歌いまくってました。

こんなの叩けるかしら?と思うようなところは、
そのフィルを歌えるようになるまで聞きまくる、
タッ、ドン、ダダダダ、とかハタから見たらバカみたいだけど。

そんな心の師匠が2013年12月3日、亡くなりました。
まだ56才でした。

横浜での小川美潮さんのライブの休憩時や終了後、
ドラムの質問をたくさんしても、イヤな顔ひとつされなかった。
まるでクリニックみたいな感じ。
2011_5 ストーミー

実使用スティックをもらいました。選ぶ青山さん。
2011_5 ストーミー3

2011年、初教則DVD発売記念クリニックでは、ドラムスクールの生徒でもないのに指名してもらい、隣で叩かせてもらった。一生忘れない!
2011_8 クリニック2

「中学生の頃からず〜っと好きで、そしてこれからもず〜っと好きです」
と言ったら、テレていたのが忘れられません。
いつも自信満々の青山さんなのに(笑)
言っておいて良かった!
次回どこかの世界で会ったら、今度は必ずドラム習いに行きます。

青山純さん、素晴らしいドラマーでした!
ドラムの音が世界一キレイ!バラードを叩かせたら天下一品。
永遠の One and Only. ありがとうございました。

青山さんと

スポンサーサイト
6月15日 小岩ジョニーエンジェルでの甲虫楽団の初ワンマンライブのために、なんちゃってサージェントペパーズ衣装を作っています。
サージェント表紙

5〜6年前に古着屋でショッキングピンクのジャケットを1000円で買っていました。
最近 痩せたので着られるようになり、念願のこれをサージェント衣装にしようと思い立ったのです。

元はこんな感じ
サージェント衣装1

両面テープを貼って、金色のリボンがどれくらい必要かを測りました
サージェント衣装2

金ボタンは家にあったものを使用。
作るのが難しい肩章(エポーレットというらしい)は、友達に作ってもらっている最中。

途中経過
サージェント衣装3

袖口の金ライン、本当は4本なんだけど、腕が短いので2本にしました。
左腕に黒いワッペンがあるんだけど、サージェントのワッペンを持っているのでそれを付ける予定。
サージェント衣装4 サージェント衣装5
サージェントワッペン

完成までもう少し。
少しずつしかできないので。

ちなみに、メンバーでなんちゃってサージェント衣装を着るのは私だけ。
見たい人は、6月15日のライブをぜひ見に来てください。
これを着て叩くにふさわしい曲、やります!

ライブ終了の日記はこちら

サージェントポール サージェントリンゴ

そして6月中旬、完成しました!
サージェント完成2 サージェント完成1


2年位前サンタナと結婚したドラマー、シンディ・ブラックマン・サンタナのドラムセミナーに行ってきました。秋葉原Club Goodman。

2列目の顔もハイハットもフロアタムもよく見える位置。
このセットはシンディのではなくて、グレッチの日本代理店さんの貸出用らしい。
シンディのならバスドラがもっと小さいもん。たしか16か18のバスドラ。
2013cindy blackman1
2013cindy blackman3 2013cindy blackman2

男女比は8:2くらい?

最初にイケベのドラム担当の人が挨拶。

シンディのドラムセミナー、日本でやるの初めてなんだって!
何度もやってるかと思ってた!
私がシンディを知ったのはけっこう遅くて、レニー・クラビッツ(15年位やってたらしい)時代なら後半も後半。
レニーを見て知ったんじゃなくて、何かで女性ジャズドラマーってことで知って、経歴調べたらレニーのバックやってると知ったのです。

その後、ジャズ畑のほうに興味がわいて、CD全部揃えました(全部はなかなか難しいのだぞ)教本ビデオも買ったけど難しすぎて手も足もでない(笑)

数年前に12月ジャック・ブルースのバンドで来た時にモーションブルー横浜で見た。

初めてのセミナーということで、自己紹介から始まる。
オハイオで生まれ、コネチカットに住んで、ニューヨークのバークリー大学へ通って、、、、簡単に5分くらい。
今まで実現できなかった日本でのセミナーがとても嬉しいと。

その後、20分位のドラムソロ!
ジャズの人だけあって、スネア中心。

そして、ファンとのQ&A。
もうこれが良すぎた(;◇;)

基本パラディドルのさらに上をいく練習方法
何を考えて叩いているか
音楽が時代とともに変わっていくとドラムの演奏方も変わる
ハットこういう形になる前は、スネアでリズムキープをしていて、、、

など、答えるとともに、答えを演奏してくれるのだ!!
19時に始まって終わったのが21時すぎ。
その後、サイン会
叩いている時の顔はコワイけど、話す時はかっわいい(*^^*)違う人みたい。
2013cindy blackman4 2013cindy blackman5

どんな素晴らしいドラムレクチャーだったからは、文章で書けない!
少しづつ思い出しながらメモしてる。

2週間位前にリンゴ・スターをものすごい近くで見て、
今日はシンディ。幸せすぎる!


私のドラム動画です。


Hello Goodbye (The Beatles - Drum Cover)


Rain (The Beatles - Drum Cover)



来月Sexy Sadieもアップします。
秋には3曲新たに録画予定。



先月の事ですが、DIFFER有明で開催された「第2回リズム&ドラムマガジンフェスティバル」に行ってきました。
第1回は2009年1月、その時の日記はこちらです。
第1回 リズム&ドラム・マガジン・フェスティバル

17:40 有明テニスの森駅下車。
ここがドラマーにとっての天国。
2010ドラムマガジンフェス1 2010ドラムマガジンフェス2

前回は前売3,500円でしたが、今回は4,500円。
去年同様、入口のドラムマガジンのブースで、フェス記念Tシャツを購入。
去年は最終日で1,000円引きの 2,500円だったけど、
今年は2,200円が 本日限り1,800円でした。

家に帰って撮った写真。
去年は両面印刷。今年は裏だけ。だから安いのか?
2010ドラムマガジンフェス7

出店ブースをささっと見て、
16時~ トーマス・ラングのプレイを見るためにホールへ。
打ち込み演奏に合わせ、ローランドの最新V-Drumを使って、
諸君、オレを見たまえ!ってな感じで、上のYoutubeとはぜんぜん違う感じ。

ポパイみたいな体格で、スティック回しも満載のドラムソロでホレホレ
やっぱり、誰がどう考えても ドラムよりカッコイイのはない!

次は、大儀見元、加瀬田聡、Juan Carios Lopez他計11人のサルサバンド。
最前列で大儀見さんのど真ん前で見ました。
日本の誇る世界的なパーカッションプレイヤーで、オルケスタ・デ・ラ・ルスを作った人です。両腕が手首まで入れ墨。この人なら似合うから許す。
パーカッションって、難しいんだなあと痛感。

今日はドラムマガジンのイベントだから、難しいリズムの曲をしようと思います!
クラーベを拍手でやってください、とか言ってたな。
たしかに、ここに来ているお客さんは、そこらへんで集めた人よりは、
リズム感はイイかもしれませんねー

大儀見さんが終わった後、中央ステージでのセッティングのため
スティーヴ・ジョーダンが登場!
黒ヒョウみたいな人でした。
2010ドラムマガジンフェス6

ホールには各メーカーの最新ドラムセットが2台づつ置いてあって、叩き放題。
ホントにすごくウルサいです!私は耳栓してたもん。
ずっと雷鳴りっぱなしの感じ。
普通の神経なら耐えられないでしょうなあ。
2010ドラムマガジンフェス4

いったんホールを出て、メーカーのブースへ。
東京ドラムと違って、狭いメーカーブースごとにスネアやセットがあり、来場者が容赦なく叩きまくっているので、会話がまったく聞こえません。
Tシャツ買うのもジェスチャーで。
Pearlのブースで買った 裏にThe Best Reason To Play Drumと書いてある骸骨のTシャツ。たったの1,000円。
2010ドラムマガジンフェス5

買いもしない、買えもしないのに、パンフレットをもらい放題もらう。
しばらく読書の秋にふけれそうです。

そろそろ福袋を買いに。
なんせ大きいので「終わったら買いに来ます」と言ったら、
今だと、もれなくTETSUさんがサインしますよ!との事。
そして、その本人が目の前にいらっしゃる。

申し訳ありませんが TETSUさんが誰だかぜんぜん知りませが、その場で福袋買いました。
前回同様 3,000円。TETSUさんがヘッドにサインしてくれました。

家に帰ってググッてみたら
ヴィジュアル系のルーツ D'ERLANGERのドラマーなんだそうですね。

次の出番は、村上ポンタ秀一。
彼の演奏を聞いたことがない人はいない、
昭和歌謡の父、歌モノの神。
私がなりたかったピンク・レディーのドラマー、
彼がそう。

この日のプレイでも、ソロをば~~っと見せることはなく、
打ち込み演奏にあわせ、ひとつひとつ丁寧に叩いている。
途中で スティックをブラシに持ち替えたり、戻したり、
大音量でなく繊細。難しいことはしてない。
私はこういうのに憧れる。

時間が押していたので、ポンタ終了後、すぐトリのスティーヴ・ジョーダンの登場。

今回はThe Verbsのツアーでの来日のついで(笑)らしい。
The Verbsはスティーヴ・ジョーダン(Vo, Dr)と彼の奥さんミーガン・ヴォス(Vo, G)の2人による夫婦バンド。それに 奥田民生 氏が入ったのです。

最初の本人挨拶で「ドラムソロはしない。最初に少し叩くけど、その後はみなさんからの質問や、誰それの○○という曲を叩いて欲しいと言われれば、受け付ける」ということでした。
前回の テリー・ボジオは1時間叩きっぱなしだったけど、スティーヴは違うのね。

最初10~15分、ソロがない グルーヴ感バリバリのビートを聞かせてくれた。

その後は質問コーナー。このブログには詳しく書かないけど、とても役にたつコーナーでした。

また来年も行くぞ~~!

やっぱりドラムは最高です。