川崎市民ミュージアムで開催中の「MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958」に行ってきました。
2018025_1
昨日、頭痛とノド痛みがひどくて会社休んじゃったけど、元々休みの今日、朝刊でこのイベントを知り、いてもたってもおられず行ってきました。今日を逃すと行けるのはもう来月末だから。

「ツッコミ如来立像」を見る若者たち。おばさんたち。
2018025_2 2018025_3
「ツッコミ如来立像」とは、人間の生み続けるボンノウに対し、漫才師のように「もう、えーかげんにしなさい!」とツッコミを入れてくださる如来像。
2018025_5

階段を登ると常設像「笑い」手塚治虫先生の作品
2018025_6

大人料金800円。
受付のお姉さんが、土日はものすごい満員なので、ものすごーく少ない今日いらしたお客さまはいいですよ、と話してくれた。ちなみに、動画は×だけど写真は○でした。
2018025_8 2018025_9

みうら氏が5才の時の作品「クジラ」
2018025_10
8才の頃の「ケロリ新聞」
2018025_17
9才「怪獣・怪人・怪物しゃしん」テレビ映画
この時にはすでに氏の”スクラッパー"人生が始まっている
2018025_11

仏像スクラップにいたく感動した。
1969年〜と書いてあるから、11才頃にこんなのを作っていたとは。
私も、神社仏閣の半チケ、こういうふうにすればよかったな!もう遅い、、、、
2018025_13 2018025_14 2018025_15

天才のスケッチ・ブックの表紙を何枚か撮影。
2018025_19 2018025_20 2018025_21 2018025_22

「スキャンティ16才」の原画の左下のこの数字が気になった。
3335+水道代とは、生活費の計算だろうか
2018025_23

天才のスケッチ・ブックは、1983年の58までだった。
天才のアイディアブックにかわっていく
2018025_24
作詞帳
2018025_26
絵本のみうらじゅん
2018025_27
ウシブーム
2018025_28 2018025_29

アウトドア般若心経
般若心経の漢字の1文字を撮影したスナップ写真

2018025_30 2018025_31
これは凄い!こんなのよく考えたなーーとしか言いようがない。
仏説摩訶般若波羅蜜多心経・・・
たしかに1文字ずつの写真だ!
2018025_32
一番有名な羯諦羯諦は、、、、、こんなのだった。
羯が見つからず、掲を使ってる
2018025_33

仏画曼荼羅(2010〜2017年)
2018025_35
六波羅蜜寺の熱血ヴォーカル「空也上人」
ホンモノ、見に行ったことあるけど、小さくてびっくりした
2018025_39
興福寺の無著(むちゃく)菩薩
2018025_37
三十三間堂 婆藪仙人
2018025_38
恵光(えこう)童子
2018025_36

記念撮影スポット
2018025_88
机の上には大好きなテングー
消しゴムの消しカスがリアル感を増させる
2018025_43 2018025_44
怪獣俳優軍と志村喬さんの描き方
2018025_45 2018025_46

通学定期と学生証
2018025_47
多摩美術大学の受験票
2018025_49
こんなものまでまだとってあるなんて、みうらじゅんさんは、自分コレクターだね。

左:クリスマスの日に父親に買ってもらった密教法具(1968年)
10才の頃、こんな土産をもらっていたとは、、、、
右:初めて買ってもらった仏教土産(1968年)
2018025_16
西寺址で拾った瓦(年代不明)
2018025_16a
こんなの今、落ちてないよ〜〜

いやげ物ブームへ
「いやげ物」とは、もらったらイヤだけど、土産屋で探すのは楽しいおみやげ。
2018025_50
「二穴オヤジ」とは、こういう物。
これだけ見るとかわいいけど、こういうのがケースに入って壁一面に飾ってあると圧倒される。
2018025_51 2018025_52

バッグ・オブ・英字ズ。これは笑った!
英字の書いてある紙袋。みんなも一度は持っていたでしょう。
2018025_53
ひょうたんやヤシの実や貝殻でできた土産物
2018025_54 2018025_57

甘えた坊主
2018025_55 2018025_56
フィギュ和。これも一家にいくつかある(あった)ハズ
2018025_58

ゆるキャラブーム
2018025_59 2018025_60 2018025_67

山岳戦隊 テングレンジャー。撮影スポットになっていた。
2018025_61
パパはメキシコ人? ここには台になるようなものがなくて、自撮りできず。
2018025_64
フェロモンレコードブーム
2018025_65 2018025_66

顔に手足ブーム、プーちゃんブーム、ロッキンブーム、五円ファミリーブーム、、、、
もう疲れてきたし、細かすぎて撮影不能〜〜〜
2018025_68
金プラブーム。私も金閣寺持ってたーーーー
2018025_69
ヘンザラブーム。ヘンな灰皿
2018025_70

カスハガブーム
観光地で絵ハガキセットを買うと、10枚のうち1枚はまったく意図が掴めない絵ハガキがある。
それをカスハガキ、略してカスハガと言う。
2018025_71 2018025_72
今や、観光地には絵ハガキすら売ってないから、カスハガは貴重。
2018025_73 2018025_74

飛び出し坊やブーム
75 2018025_76

勝手に観光協会
みうらじゅんと安齋肇により結成された、日本各地を盛り上げるべく運動を続ける自称「大きなお世話」ユニット。
ロンリーオヘンローラー(香川県)
2018025_78
兵庫県
2018025_79
ダンシングクレイジーソンソンソン(徳島県)
2018025_80

18歳未満は入れないコーナーはたいしてエロくなかった。
2018025_81

これも1本とられた!と思った
SINCE ピクニックシート2018
“Since”が気になって仕方ない。”シンス”、その響きもマヌケだが、
年号がお尻につかないと全く意味をなさないところにもグッとくる、んだって。
そんな見過ごしがちの”Since〜”を集めたシート。
よくもまーーーーーー
2018025_82a 2018025_82

冷マブーム
冷蔵庫に貼るマグネットを略して『冷マ』って言うんだって!
冷マだらけの冷蔵庫が置いてあった
2018025_83

最後の 勝手に観光協会「ご当地スタンプコーナー」
すべての都道府県のスタンプがあった。
押してるうちに手が痛くなったよ。
2018025_84 2018025_86

むこうに見える壁は、ここまでのコーナーの名前が書いてあって、オモシロかったと思うコーナーにシールを貼るようになっていた。私も何枚か貼ってきた。
2018025_85

コクヨから贈呈された金のゴールデン・スクラップ(2017年)
2018025_87
KOKUYOとみうらじゅんの「スクラップは資料じゃない、作品なんだ!
http://www.kokuyo.co.jp/creative/tegakibito/miurajun/
そりゃこれだけ長い間、スクラップを愛したらコクヨから表彰されるでしょうな。

みうらじゅんにとって初となる公立美術館での大規模展覧会、と名乗るだけあって、ものすごいボリューム!
ゆっくり見たいなら平日に!
私は2時間いましたが、それでもかなりハショった。

3月25日までの開催だよ!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
土日祝日、お盆正月のない私もたまに祝日が休みの時があります。
それが昨日。
疲れがたまっているので、午前に箱根の温泉に入ってから、夜は歌舞伎町での友達のライブに行こうと計画していましたが、朝起きたら雨だったので、箱根は中止。
"都内に出た際についでに行くところリスト”上位を見ると、納豆食べ放題があったので、そこに行くことにしました。

納豆工房せんだい屋
池尻大橋店。着いたのは14:20頃。
20171123_1
初めて見た納豆の自動販売機
20171123_2 20171123_3

20席くらいしかないテーブルとカウンターは満席。
ひとりだと告げたら「座って待っていてください」とのこと。
20171123_5
丸椅子に座って、贈り物に納豆はいかがですか、と書かれた店内を見て時間をつぶす。
20171123_7 20171123_6 20171123_4
10分くらいしてカウンターが1席空いたのでそこへ案内される。
うわぁ!前後左右から猛烈な匂い!
私も含め、ここにいる人達は納豆が好きで好きでたまらない人なのだ。
向い合うテーブル席でなくカウンターで良かったと思うまで、あと5分。

メニューは、納豆定食、納豆鮭定食、納豆食べ放題、など。
20171123_8 20171123_9
納豆食べ放題は、ゴハン、ひじき、野沢菜、味噌汁付きで、国産小粒、国産大粒、国産ひきわり、えだ豆納豆、ごま納豆、わかめ納豆、ひじき納豆、きび納豆の8種から最初に2つを選び、食べたら追加していく方式。
ラストオーダーは15時までなので、急がないと!と思って注文する時に聞いてみたら、ゴハンおかわりなどのラストオーダーが15時で、それを過ぎても 納豆は追加して大丈夫とのこと。それを聞いてひと安心。

テーブルの上には醤油の他、納豆にはかかせないカラシと納豆のタレが使い放題。
20171123_10

最初に、えだ豆納豆と わかめ納豆を注文。
すぐ来ました。
かなりの量のひじき。
20171123_11

納豆達はパックに入って出てきます。
量はスーパーで売られているのよりやや多め。

1. えだ豆納豆/少しかきまぜた写真
えだ豆の味する?う〜〜〜んあんまりしないような、、、
20171123_12 20171123_13
2. わかめ納豆/少しかきまぜた写真
うん!わかめ、入ってます。
20171123_14 20171123_15

はっ!と気がつく。
納豆食べてる姿って、あんまり他人に見られたくないと思いませんか?

よかったカウンターで。
テーブルで相席で正面に知らない人がいたら、お互い気まずい。

3. ごま納豆/少しかきまぜた写真
写真だとひじきに見えますが ごまです。
20171123_16 20171123_17
4. きび納豆/少しかきまぜた写真
20171123_18 20171123_19
きび団子のきびです。
納豆と一緒になって、食物繊維がこれでもかっ!というくらいの迫力。
個人的には、この きび納豆が一番美味しかったです。ほんのり甘い感じ。

5. ひじき納豆/少しかきまぜた写真
これまた身体に良い ひじきと納豆のダブルパワー。
20171123_20 20171123_21

う〜〜〜さすがに5パック食べるとだんだん飽きてきたぞ。
それに、納豆を食べるって、あんがい疲れるのね(笑)

ここまで私はゴハンをひとくちも食べていません。
それぞれの納豆の味わって比べたいから。

ここで、定食についている ひじきが重要な役割を果たしてくれたのです。
ゴハンに ひじきをぶっかけて食べました。
もう口の中がねばねばで何だかわからなくなってきたところを、救ってくれた。
ごはんですよ、みたいな海苔があればモット食べられるな〜
20171123_25

6. ひきわり納豆/少しかきまぜた写真
ひきわり納豆って、見た目がアレだからあんまり、、、だったんだけど、美味しかったな!
20171123_22 20171123_23

胃の中、納豆だらけなのが わかる。

ここで 注文する順番をミスしたことに気がつく。
残りは、小粒納豆と大粒納豆だ!
大きさが違うだけの(ような)同じのしか残ってない!
あ〜〜〜。
ここで隣りの人が帰って、違う人が来た。
20171123_24
10cmくらいしか離れてなくて、まじまじと見れないが、
まるでレスリングの吉田沙保里さんみたいな感じの人。
ゴハンも大盛りを注文してる!
負けた〜〜〜〜
勝負するワケじゃないけど(笑)

さ、続けよ。

7. 小粒納豆/少しかきまぜた写真
20171123_26 20171123_27
8. 大粒納豆/少しかきまぜた写真
20171123_28 20171123_29

8種ぜんぶ食べた。お腹いっぱいになったから もうおかわりはしなかった。
20171123_30
えだ豆とひきわりと小粒と大粒が四角いパック
これは何か意味があるのかな。

ごちそうさまでした!

渋谷まで1駅なので、歩く。
途中にあった 上目黒氷川神社。このへんは昔、上目黒村って呼ばれてたんだって。
20171123_31

広重の名所江戸百景 目黒元不二 でも描かれている神社。
目黒の富士講の人々が目黒区上目黒に築いたという高さ12mほどの人工の富士山です。
20171123_目黒冨士
大山道の道標。国道246は大山(神奈川県)への道でもある
20171123_32 20171123_33
御祭神:素戔嗚尊、天照大御神、菅原道真
20171123_34
境内社の氷川稲荷大明神と富士浅間神社
20171123_35 20171123_36 20171123_37
境内は静かで誰もいなかった
20171123_38

ここの狛犬を正面から撮るには階段からじゃないとだめなんだね。
後ろから顔のほうに回るのは危険。

後ろから見た阿吽(あうん)の”あ”の犬は、首に真珠の首輪をしていたよ。
20171123_40
“うん”のほうは しっぽに真珠。
20171123_39
けっこう急な階段。この階段を迂回できる道も横にある。
20171123_41

渋谷まで歩いて30分くらい。
20171123_42
東京五輪に向けて?大工事中の渋谷駅西口駅前。
20171123_43

山手線で新宿、歌舞伎町2丁目のクラウダディクラブへ
新宿歌謡祭
20171123_44

THE CHERRY’Sはジャニーズのコピーおやじバンド。
すごーーーい!こんな難しいのをギターの人をメインに全員で歌ってる!!
しかも演奏上手い。
嵐の A・RA・SHI のラップのとこはドラムの人だよ!
20171123_45
あんまり感動したんで、セットリストもらってきました。
パラダイス銀河は1曲目にぴったり
20171123_46

2番目は Goofyさん。初ライブとは思えない。
ツイストの 宿無し、SOPPO、萩原健一バージョンのBe My Baby、桑名正博のセクシャルバイオレットNo.1、HOUND DOGのff (フォルティシモ) など。
20171123_47

そしてトリが我らがナイトメアさんのラストフラワーズ
恋のフーガ/ザ・ピーナッツ
ブルドッグ/フォーリーブス
天使のウィンク/松田聖子
京都の恋/渚ゆう子
魔法使いサリー
少女A/中森明菜
オレンジの雨/野口五郎
イルカに乗った少年/城みちる
ジュリアに傷心/チェッカーズ
タイムマシンにお願い/サディスティックミカバンド
20171123_48
ライブは終始超満員でお客さん合計で70〜80人は来ていたと思います。
20171123_49
ゲストでサックスにking chan、ベースにRayさん、ダンスにスクールメイツ登場。
20171123_50 20171123_51 20171123_52

昭和歌謡っていいね!知らない曲もあったけど楽しかった。
やっぱりSMAPやりたいな(笑)

すごく充実した1日でした。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

創香家・香司 今井麻美子さんの和の香の展示会にオカンと行ってきました。
場所は日本橋タカシマヤ7F。
長い間生きてきましたが、”創香家・香司”という肩書きのお友達は今までいません。
しかも 同じ年で同じ「まみこ」
そういう方と知り合えただけでも光栄。
20170803_1 20170803_4
最初は、匂い袋を買おうかな、と思っていましたが、麻美子さんの説明を聞いて変更、紫檀の塗香入れと、
"早朝の葉に溜まった一滴の朝露のような清々しさのある香り”の「朝霧」という塗香を買いました。
オカンは「紫の衣」という"紫の衣より立ち上るような、深い慈しみをのある甘い香り”のやつ。
どういう香りか想像してみて。楽しいよ。
香りを文章で表現してあるのを読むと、想像力がふくらむ。
20170803_3
塗香って知ってる?
ずこう、って読むんだよ。
手のひらにササッと少しふりかけて、軽くこする。
火を使わない お清め(浄化)のお香。
知りませんでしたーーーーー!
ひとつ賢くなった(^^ゞ


買った紫檀の塗香入れ↓
20170803_21
オシャレな七味入れみたいな感じ(笑)

高島屋を後にし、向かったのは、
島根県のアンテナショップ「にほんばし島根館」と隣りにある「主水」
島根の優れた食材を使った美味しい料理や、地酒を提供するお店。
2年前、2泊3日で島根県ひとり旅行したのをFacebookで思い出し、探して行ってみました。
20170803_5
海鮮がいな丼と三色割子そばを食べました。
がいな、って大きいとか凄いって意味。
20170803_7 20170803_8
え?2つも食べたの?
そうです(^^)
オカンはサバの乗ったソバを注文。
神様の住む出雲は食べ物が美味しい。

にほんばし島根館であご(トビウオ)のちくわ、しじみの味噌汁などを購入。
20170803_6

次は近くの新潟の「ブリッジにいがた」へ
入口右にあったトウモロコシ。試食したら 甘くてめっちゃ美味しくて買わずにいられない!
2本購入。
野菜が多く売られていたので、おばちゃん達がいっぱい。
20170803_9 20170803_10
↓この写真の左上の80cmを越える巨大なのは「夕顔」という干ぴょうらしい。
20170803_11

次は「奈良まほろば館」
入っていきなり 大好きな 柿の葉寿司に遭遇!4個入。
お腹いっぱいだったので買いませんでした。
オカンが懐紙とお線香を購入。
20170803_22

次「日本橋とやま館」
20170803_12
入ってすぐ日本一大きなスイカとして知られる「入善(にゅうぜん)ジャンボ西瓜」に遭遇。
20170803_13 20170803_14
傘かぶってるみたいでカワイイ。
ぬいぐるみみたいに見えたから近寄ってみたら、ホンモノでした。
網に入っているからぬいぐるみみたいな質感に見えたんだ。
値段、見て驚いた!泣いた!
8,640円(;◇;)

贈答品として出荷されているんだって。
そりゃ誰も買わないよ。
富山の店はオシャレだった。

三越の周辺には、三重と福島もある。
アンテナショップ巡り、知らないものが多くておもしろいな

そして最後にオカンを「日本橋」に連れて行きました。
ひとりで歩いた東海道五十三次、日光&奥州街道、甲州街道、すべてのスタート地点。
日本橋の東西南北の4隅を説明。
20170803_15 20170803_16

2012年の時、高札場の隣りは花の広場だったのに、インフォメーションになってた。
2012年
20170803_20 20170803_18
現在
20170803_19 20170803_17

いつかわからないけど、五街道歩き最後の「中山道」の時、またここに来るだろう。

匂いの話に戻って、、、
一番記憶に残りやすいものって何だと思いますか?
音?味?感触?それとも映像・・・・・・?
正解は「におい」なんだって。
脳は「匂い」に逆らえない。匂いで記憶をコントロールする方法。
http://studyhacker.net/columns/aroma-brain

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
4月中旬 会社のビンゴ大会でもらったハート型のミニトマト「ハートマト」の栽培キット。
4/17に種をまいて、6/9に小さい緑色の実が成り、7/24にやっと赤くなりました。
少しずつ写真を撮っていたのでアップします。

4月17日 3つぶ種をまいた日
2017417tomato
4月27日 芽が出る
2017427tomato
5月1日
201751tomato
5月3日 間引きで3つを1つにしました
201753tomato
5月8日 支柱を立てました
201758tomato
5月11日
2017511tomato
5月15日
2017515tomato
5月18日
2017518tomato
5月21日
2017521tomato
5月24日
2017524tomato
5月29日2枚 右側ちいさーい花が咲いている
2017529tomato 2017529tomato2
6月4日 花が大きくなってきた
201764tomato
6月9日 実がなった!左:この位置だと見えないけど角度を変えると
右:ちゃんとハートの形してる!
201769tomato 201769tomato2
ひとつ前のと合わせて3個実った
201769tomato3
7月1日 3週間たってもあんまりかわらない
20170701_2 20170701_3

実が成ってから1ヶ月以上 緑色のままが続く
だんだん心配になってくる、、、

7月24日 ひとつ赤くなりました!ほーらかわいいハート形だ。
20170724_1 20170724_2

そして今日。7月27日。
収穫!もう外暗かったので室内で撮影。
20170727_1
かわいい形
20170727_2 20170727_3
切ってみました
20170727_4

味はふつうのミニトマトでした(笑)
まだ実ってるからしばらく味わえる~

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします
六本木ミッドタウンにある富士フィルムスクエア内の写真歴史博物館で開催されている、
130年前にタイムスリップ!?
「幕末明治の写真家が見た富士山 この世の桃源郷を求めて」
を見てきました。
20170515_fujifilm 20170515_3

写真はたったの23点だったけど、まだ写真が貴重だった時代、一枚一枚丁寧に撮ったのがはっきり感じられました。こういう古い写真(特に日本の)大好きで、これらを撮ってくれた外国人に感謝!

でも、もっと前にカメラがあったならなぁ!
タイムスリップできるのなら、絶対にカメラを持っていくな。

田んぼと茅葺き屋根の家の前に立っている農民、
松原の間からまっすぐに富士山を見つめる旅人、
精進湖、本栖湖からの富士山、
ぜーーーんぶ持って帰りたかったよ!

チラシを写真に撮りました
20170515_5 20170515_6

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。