今日は仕事を早退して、グッドストック東京でのビートルズアナログ鑑賞会Vol.10 リンゴ・スター特集に行ってきました。

レギュラー:藤本国彦、朝日順子(英会話講師・翻訳家)、野口淳(ビートルズ資料館元館長)
特別ゲスト:サンコンJr.(ウルフルズ)、鍛冶陽子

東横線の自由が丘で大井町線に乗り換え。
常日頃から思うのだが、東急線は京急線と天と地の差がある。初めて乗る人にはわからないかもしれないが、乗っている人、車内広告が違うのだ。どっちが好きかは各自にまかせる。

大岡山駅下車、閑静な住宅街の中。
20170723_1
この青いドアが入口じゃないよ
20170723_2

15分ほど遅れて到着すると満席だったので 一番後ろにそーっと座った。
Love Me Doがかかってた。
途中だったので何だかわからなかったけど、たぶん、ピートとリンゴの違いとかそういうやつだろう。

【第1部 リンゴ・スターのドラミングの技法と魅力】

選曲はサンコンJr.さんだと思われます。

2曲目、All My Loving(With The Beatles UK stereo LP)
ゲストのサンコンJr.さんが、ジョージ・マーティンは ビートルズの2枚目のWith The Beatlesを聞いて「これはすごいお宝(ビートルズのこと)を発見したと思った と話していた。1stの時はそう思わなかったんだね」と語る。
ジョンの3連バッキング、リンゴのシャッフル、ポールのボーンボーンと下がって来るベース、ジョージの少し変わったソロ、この4つの全然違うものがミックスされた曲がこれ。

3曲目、I'm Gonna Sit Right Down and Cry ("Live at the BBC" UK LP)
1stの Please Please Meより前の作品なので、一般の人は知らない曲。私もコピバンやるまで知らなかった。
初期の簡単な曲しか叩いてない人はこれを聴くとひっくりかえるよ。すごく練習しないとダメ。
初期リンゴここにあり。

4曲目、What Goes On ("Revolver" UK stereo LP)
サンコンJr.さんが、この曲はまったくフィルが入ってない。左利きのリンゴが右で高速シャッフルをしているので、余裕がなかったんだろう。これでフィルをやったらズレる。リンゴのドラムをヘタクソという人がいるけれども、それなら利き手じゃない手でこのシャッフルやってみ!と思うと。

5曲目、She Said She Said("Revolver" UK stereo LP)
この曲、ポール不参加、ベースはジョージだって。
サンコンJr.さんが、リンゴのベストプレイは同じ時期の Rainと言われることが多いけど、ボクはこっちのほうが上だと思う。Rainはポールのベースがすごいのであって、ドラムはそうでもない。She Said〜はどうやって叩いているんだろうって思う。
ま、さ、に、私と同じ感想です!

6曲目、A Day In The Life("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band” UK stereo LP)
どうしてAbbey RoadのCome Togetherでなく、この曲を選んだのかは、 Come TogetherのドラムはRainと同じで そうでもない。She Said〜みたいにこっちのほうが 隙間を埋めるドラムをしている。
ジョンに何だったか忘れたけどジャズの曲を聴かせられて「こういうふうに叩いてくれ」と言われたそれは、ツインドラムだったらしく、そうするとこうなったんじゃないかな。ということです。

おお!サンコンJr.さん!まさにそうなのよ!
She SaidとA Dayのドラム、ぜんぜん違うけど、曲での役割は同じ気がするよ私も。A Dayのドラムはまるでセリフ。

7曲目、Oh Darlin’(”Abbey Road” UK stereo LP)
リンゴのスーパーフィルがある曲。Bメロからサビにいくところのフィル。Aメロのリズムからすると考えられないフィル。文章で書けませんが、口でフィルを歌い、パラディドルをやってくださいました。

ま、さ、に、2〜7曲の選曲が私のBest of Ringo Drumと同じなのでした。
録音せず、覚えてきたのを書いているので少し表現が違ってるかもしれません。
20170723_4

次は、キルト作家の鍛冶陽子さんの、リバプールでのキルト展のご報告。
FBでドキドキしながら読んでいたので、それを生で聞けておもしろかったし、私も去年International Beatleweekで行った場所なので、あ〜〜そんなだったなと鍛冶さんの写真を見ながら思い出した。

10分休憩。
司会の野口さんは、ビートルズ書籍をたくさん書かれている人で、先日の甲虫ライブを見に来てくださったので、ご挨拶した。

1部だけで帰った人もいたようだ。
お客さんは、30人くらいで、女性10人くらい。
もしかしてウルフルズのファン?
知っている人がひとりもいなかった(笑)

【第2部 リンゴ・スターのソロ曲集・歌詞解説】

英会話講師・翻訳家の朝日順子さん登場。
リンゴの歌詞解説なんて初めてで、二度とないかも? と笑いながらおっしゃっていた。

そう、まるで今日はリンゴの追悼イベントみたいだった。
サンコンJr.さんもそうおっしゃっていた。

■■ソロ黄金期1971〜1974■■
1. It Don’t Come Easy(UK single)
2. Early 1970(UK single)歌詞解説
3. Back Off Boogaloo(UK Demonstration single)
4. Photograph(UK single)
5. Only You(UK Demonstration single)
6. Snookeroo(UK LP”Good Night Vienna”)歌詞解説

2曲目のEarly 1970の歌詞は、1番がポール、2番がジョン、3番がジョージの事を歌っているそうだ。
歌詞のプリントを受付時にもらったので、それを見ながら聞いた。
6曲目のSnookerooは、スヌーカーを1日中やってるようなだらしがないダメ男=自分の曲だそうだ。

■■元ビートルズのメンバーからの曲■■
1. I Am The Greatest(US Promo LP “Ringo”)
時間が押していて これ1曲だけだった。
順子さんが思う一番リンゴっぽい曲は、I Am The Greatest だそうだ。
自伝的で、大人のジョークが入っていて、謙虚さがあって、 ブーガルー等変な単語があって、ビリーシアーズが登場し、サージェントみたいな声援が入っている。BEATLESへのオマージュな歌詞。ちなみにこの曲はジョンがリンゴにプレゼントした曲。

いろんな歌詞のリンゴっぽい所の解説、すごくオモシロかった!

Don't Pass Me Byは ちゃんとリンゴ本人が書いただろう、
Octopus's Gardenは上手すぎる、ジョージが手伝ったかな?
Don’t Come Easyもジョージ、プロデューサーだし。
などオモシロい!!!

■■レア盤■■
1. Six O’clock (Long version US Promo LP)
2. Goodnight Vienna(? US promo single)印刷薄くてみえない
3. Weight of the World (French promo 12 inch single)
4. Drift Away(Steven Tyrer version US promo CDR)←スティーヴンタイラーだよ

ココ、前のほうのど真ん中にコンクリの柱があって、見にくい。
20170723_3
8/11は山崎ハコさんのライブが入ってる。狭いからファンにはたまらないだろう。
アコースティック専門のハコなので、アコやってる私の友人達、ここに出てみたらいいんじゃないかな。
すごく落ちついた良い雰囲気だよ。

以上、シェアはいいけど、無断転載禁止です。
ちなみに、ウルフルズ、名前は知っているけど他はまったく知りません。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします

スポンサーサイト
ニッポン放送は、中学〜高校生の頃、オールナイトニッポンやショーアップナイターをさんざん聞いた一番思い出のあるラジオ局。
それがココなんだ!と軽く感動。
20170624_1
オノ・ヨーコの許可ももらっているというB2階の「イマジンスタジオ」
20170624_2 20170624_3
20170624_4 20170624_5
20170624_6

招待客150名、こういうイベントは当日キャンセルが何割かあったりするのだが、今日はほとんどキャンセルなし!と司会の上柳昌彦アナウンサーが言っていました。
ゲストの宇崎竜童さん、萩原健太さん登場。
SNS等で宣伝してくださいということで写真撮影はOK。
20170624_7 20170624_8
宇崎さんは、このアルバムが出た時21才。
「このアルバム(サージェント)みたいな 1stアルバムから想像もできないようなアルバムを自分も作りたいと思った」そうです。
上柳アナも、
「自分達は(ビートルズは)もうライブ活動をやっていない、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドという名前の新しいバンド。2曲目のWith A Little〜を歌うのはリンゴじゃなくて、ビリー・シアーズいうコンセプト」
今日のイベントは「大きなスタジオで大音量でサージェントを聴く会」みなさん心ゆくまで堪能してください!
とスタート。
20170624_9

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band〜With A Little Help From My Friendsと続けて再生。
前身を耳にして聴いた。
私がふだん聴いているCDとやはり違うのだろう、ハイハットがちょっと違って聴こえた。
この後、Lucy In The Sky With Diamonds、She's Leaving Home、と進んでいく。
宇崎さん「この素晴らしさはドラッグが生んだと思う。どれだけイイ作用をしたのかと思って聴いた」
「なぜ半音上げるのかわかった!音がキリッとするんだ!音が立つ!際立つんだね」

Within You Without Youは、甲虫楽団の7/15でのサージェント通しライブのために何度も聴いている難曲。
大きな音で聴くとイイ!イヤフォンだと負けちゃうんだ。

When I'm Sixty-Four、宇崎さん「これはステレオで聴く必要がない(笑 ラジオ向けということ)」
今日の招待客に対して「ビートルズの専門家ばっかり来てるね(笑)」

ジャケットの事、ジョージとインド音楽のこと、4トラック録音のこと、などのトークもあり。

次はもう最後で Sgt RepriseとA Day〜となりそうでしたが、時間が少しあったので、ここまでで再生していない曲のリクエストタイム。
Getting BetterとBeing For The Benefit Of Mr.Kite!がリクエストされた。
う〜〜、Getting Betterはさんざん聴いているのに、初めて聴こえたドラムがある(笑)
こういう場合、どうしたらいいんだろう?今のままで?

Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) 〜A Day In The Life。
Repriseの最後、ポールがすごく叫んでいる!コレ私が持ってるCDもそうなってるかな?おもしろーーい!
A Day〜は一番イイところでなぜかしら止まってしまい、もう一度Repriseから聞き直し。
ちょっと得した感じ。
再生されなかったのは、Fixing A Hole、Lovely Rita、Good Morning Good Morning。

当時、まだできない事をやろうとしたビートルズってすごい!

最後にマスコミ用写真を撮って終わり。

20170624_10 20170624_11
20170624_12

終了後、ジョン・レノン スピリットファンデーションを通じてアジア・アフリカの子供たちのために学校を設立するための支援のイマジンスタジオ チャリティ募金をしてきた。

歩いて東京駅へ。行きたかった東京キャラクターストリート。
20170624_13
日本を代表するありとあらゆるキャラクターのお店の通り。
店鋪は広くないので、すべてのグッズがあるわけじゃないけど、"ちょっとお土産”を買うには最適。
20170624_14 20170624_15 20170624_16 20170624_17 20170624_18 20170624_19 20170624_20 20170624_21
今、マイブームのミニオンズのマグと広島カープコラボキーボールダーを買った。
20170624_22

あ〜〜楽しかった!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。


今までやったorやっているレパートリー、及びセッション可能の曲。
2017年7月中旬現在ついに182曲。 中後期が好きなのでラバーソウル以降が得意です。
表には載せてますが、Live at the BBCとアンソロジーからの曲、ドラムの入ってない曲はカウントしてません。 目指せ全曲制覇!ここは「カテゴリー:ビートルズ」に入れて今後も更新していきます。
My repertoire of Beatles.

■ Please Please Me(14) 全曲制覇
I Saw Her Standing There
Misery
Anna (Go To Him)
Chains
Boys
Ask Me Why
Please Please Me
Love Me Do
P.S. I Love You
Baby It's You
Do You Want To Know A Secret
A Taste Of Honey
There's A Place
Twist And Shout

■ With The Beatles(13)
It Won't Be Long
All I've Got To Do
All My Loving
Don't Bother Me
Little Child
Till There Was You
Please Mister Postman
Roll Over Beethoven
Hold Me Tight
You Really Got A Hold On Me
Devil In Her Heart
Not A Second Time
Money

■ A Hard Days Night(13) 全曲制覇
A Hard Day's Night
I Should Have Known Better
If I Fell
I'm Happy Just To Dance With You
And I Love Her
Tell Me Why
Can't Buy Me Love
Any Time At All
I'll Cry Instead
Things We Said Today
When I Get Home
You Can't Do That
I'll Be Back

■ Beatles For Sale (12)
No Reply
I'm A Loser
Baby's In Black
Rock and Roll Music
Mr. Moonlight
Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey!
Eight Days A Week
Words of Love
Honey Don’t
I Don't Want to Spoil the Party
What You're Doing
Everybody's Trying to Be My Baby

■ HELP!(13) 全曲制覇
Help!
The Night Before
You're Gonna Lose That Girl
I Need You
Another Girl
You're Gonna Lose That Girl
Ticket to Ride
It's Only Love
You Like Me Too Much
Tell Me What You See
I've Just Seen a Face
Yesterday(ライブでやっているのは武道館バージョン)
Dizzy Miss Lizzy

■ Rubber Soul(14)全曲制覇
Drive My Car
Norwegian Wood
You Won't See Me
Nowhere Man
Think For Yourself
The Word
Michelle
What Goes on
Girl
I'm Looking Through You
In My Life
Wait
If I Needed Someone
Run for Your Life

■ Revolver(14)全曲制覇
Taxman
Eleanor Rigby(ドラムなし)
I’m Only Sleeping
Love You To
Here, There and Everywhere
Yellow Submarine
She Said She Said
Good Day Sunshine
And Your Bird Can Sing
For No One
Doctor Robert
I Want To Tell You
Got To Get You Into My Life
Tomorrow Never Knows

■ Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(13)全曲制覇
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
With A Little Help From My Friend
Lucy In The Sky With Diamonds
Getting Better
Fixing A Hole
She's Leaving Home (ドラムなし)
Being For The Benefit Of Mr. Kite!
Within You Without You
When I'm Sixty-Four
Lovely Rita
Good Morning Good Morning
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
A Day In The Life

■ Magical Mystery Tour(11)全曲制覇
Magical Mystery Tour
Fool On The Hill
Flying
Blue Jay Way
Your Mother Should Know
I Am The Walrus
Hello Goodbye
Strawberry Fields Forever
Penny Lane
Baby You're A Rich Man
All You Need Is Love

■ The Beatles (White Album)(17)
Back In The U.S.S.R.
Dear Prudence
Glass Onion
Ob-La-Di,Ob-La-Da
While My Guitar Gently Weeps
Happiness Is A Warm Gun
Martha My Dear
I'm So Tired
Blackbird
Birthday
Yer Blues
Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
Sexy Sadie
Helter Skelter
Long Long Long
Honey Pie
Savoy Truffle
Cary Baby Cry

■ Yellow Submarine(2)
Hey Bulldog
It's All Too Much

■ Abbey Road(13)
Come Together
Something
Maxwell's Silver Hammer
Octopus's Garden
I Want You
Here Comes The Sun
Because(ドラムなし)
You Never Give Me Your Money
Sun King
Mean Mr. Mustard
Polythene Pam
She Came in Through the Bathroom Window
Carry That Weight
The End
Her Majesty(ドラムなし)

■ Let It Be(11)
Two Of Us
Dig A Pony
I Me Mine
Dig It
Let It Be
Maggie Mae
I've Got A Feeling
One After 909
The Long and Winding Road
For You Blue
Get Back

■ Past Masters Vol. 1(14)
Love Me Do
From Me To You
Thank You Girl
She Loves You
I'll Get You
I Want To Hold Your Hand
Long Tall Sally
I Call Your Name
Slow Down
I Feel Fine
She's a Woman
Bad Boy
Yes It Is
I'm Down

■ Past Masters Vol. 2(13)
Day Tripper
We Can Work It Out
Paperback Writer
Rain
Lady Madonna
Hey Jude
Revolution
Get Back
Don't Let Me Down
The Ballad of John and Yoko
Old Brown Shoe
Let It Be
You Know My Name (Look up the Number)

その他
■ Anthology 1(2)
Free As A Bird
Cry For Shadow

■ Anthology 2 (1)
Real Love

■ Live at the BBC(3)
Keep Your Hands Off My Baby
Nothin' Shakin'
Soldier Of Love
東京・八重洲にある「Gibson Brands Showroom TOKYO」のシアタールームでの
『ザ・ビートルズ MONO LP BOX』試聴会に行ってきました。
9/10に発売される 59,800円もする11作品14枚組BOX SET。
ビートルズは毎年毎年なにかしら「○○周年記念」モノが発売され、ファンは大変です!
そしてそれが安くはないんだな~

20140908_1

今年の7月にできた ギブソン、ティアック、オンキヨー3社のコラボレーションによる世界初の一般向けショールームだそうで、もうこれ以上の音響設備は存在しない!という場所。

さすがGibsonだけあって、ギタリストならヨダレが出るであろうギターがいっぱい。
インターFMとユニバーサルミュージックの公募(各30名ずつ?)計60名くらい。

2台のステレオアンプ(P300R M300R)を1台のモノラルアンプで鳴らすので、
変則的な使い方をしてる。
ステレオとモノラルの針は違うらしく、今日のモノラル用”針”は18万円のもの。
今日は最高の機材を最高のオペレーションで試聴、、、
など、説明がありました。
メモしてきたのを書いているので間違ってたらすみません。

ピーター・バラカンさんが司会進行役。
自分の番組やビートルズの歴史、うんちく等をまじえながら曲をかけていく。

1. I Saw Her Standing There
2. Twist and Shout
3. Money
4. Not A Second Time
5. A Hard Days Night

↓試聴者のリクエスト
6. Paperback Writer

↓ピーター・バラカンさんのリクエスト
7. Rain
8. Yes It Is

↓ここから試聴者のリクエスト
9. In My Life
10. Nowhere Man
11. All My Loving
12. Birthday
13. Lucy In The Sky With Diamonds
14. Flying
15. I Am The Walrus ←私のリクエスト!
16. Tomorrow Never Knows
17. You've Got To Hide Your Love Away
18. I Don't Want To Spoil The Party
19. Rock 'n' Roll Music
20. I'm Down

I Am The Walrus が終わった後、「ぶっとんだ曲ですよね、良いリクエストありがとう」と私を見てニッコリしてくださいました。
この曲のモノラルは、ドラムで悩むところ(難しいところ)が聞こえないのが印象的。
これだと その部分 うまく叩けるかな?とドキドキしなくていいですね(笑)

最後はA Days In The Lifeを聞きたかったけど、日本公演での最後の曲 I'm Down。

私の持っているCDよりずっと音が良かった!(笑)
モノラルは、ボーカルやコーラスがよく聞こえる気がしました。

日本で現在最高の音響システムの中で聞くビートルズの音。
家で iTuneで聞くのとぜんぜん違う。
こういう会が今後も行われることいいな。