セットリスト載せてます!知りたくない人は要注意。

7月24日(土)横浜アリーナ、30th Anniversary SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2010 My Preludeに行ってきました。

後ろのほうだったけど、ど真ん中。クリアファイルをもらいました。
聖子クリアファイル

まずはセットリスト。
これから行く人は見ないほうがイイかも?

1. Into the mirror world
2. You are my ideal
3. I just want to be
4. Tomodachi
5. 風に揺れながら
6. 30th Party

新アルバムからのスタート。
マイケル・ジャクソンへのオマージュかマイケルをイメージさせるような男装の衣装、そして次は、マドンナをイメージさせる衣装。このへんの曲はさっぱり知らなくても、衣装とダンスで楽しめた。

「松田聖子です」と自己紹介した時、鳥肌が立ちました。今までテレビでしか見たことがない人。

7. ハートのイアリング
8. 渚のバルコニー
9. 野ばらのエチュード
10. 赤いスイートピー
11. いくつの夜明けを数えたら

いろんなカキコミやブログを読んで行ったのだけど、聖子はファンと対話する、と書いてあって、どのくらいかなー?と思ってたんだけど、すごいっ!ファンがばんばん聖子に話かけ、それに答えてるっ!だからMCが長い(笑)

本日はDVD撮影が入ったため、演奏者もファンも異常な盛り上がり。10年前の20周年記念DVDも横浜アリーナで撮影したようで、今日は横浜スペシャル!と何度も言ってました。

12. Sweet Memories
13. 瞳はダイアモンド ←鳥肌!
14. あなたに逢いたくて~Missing you~

不思議の国のアリスの世界に入り込んだ聖子の映像をバックに、今までのシングルジャケットがすべて紹介され、30周年を迎えられた事に対するファンへの感謝メッセージ。

出ました!アリスの衣装(ブルーと白)の聖子!
48才でこういう衣装が着れるのは彼女しかいない。

15 時間の国のアリス

ファンからのリクエストに答えるコーナー。

すでにツアーの2/3が終わっているので、セットリストを検索して調べて行ってたけど、やっぱり、横浜スペシャルだった!他会場は3曲くらいしかやってないのに、横浜はこの↓5曲!

16. シャララ
17. 制服
18. マンハッタン
19. 天国のKiss
20. スコール

「今日誕生日の人いる?」という聖子の問いかけに、誕生日だった人が何人かいて、その人達のためにHappy Birthday も歌ってくれた。こういうのもやるの、初めてとか言ってたな。同行の友達の誕生日は3日後、私は11日後なので、惜しかった。

21. ヒットメドレー
 裸足の季節
 青い珊瑚礁
 風は秋色
 風立ちぬ
 Rock'n Rouge 
 チェリーブラッサム
 夏の扉

怒濤の最強メドレー
すっご~~~い!大感激(泣)

=アンコール=

22. 天使のウインク 一番好きな曲!

23. 20th Party

=アンコール2回目=

24. 30th Party

↑この曲、実は6曲目にやってたんだけど、その前にいつもやってる恒例行事みたいなのを忘れてたのをファンに指摘され「じゃ、やり直す?もう一度やる?」とやってくれました。すごーーーーい!

そしてこれが本当の最後の曲↓

25. Only My Love

メドレーを7曲と数えると 計31曲。3時間。衣装&髪型変えは6回位。

客層は女9:男1か8:2くらい。年齢層 高い(笑)

一緒に行ったのは高校時代の友達だったので、完全にその当時の私達に戻ってました。今まで、友達が歌う松田聖子、しか知らなかったけど、今日、その本物を見れて感激。好きな曲、全部やってくれたし!

彼女は死ぬまで「アイドル松田聖子」として歌い続けるでしょう。いや~本当にすごい人だわ。

スポンサーサイト
第55回ビートルズ大会に出てきました
2010/7/19大塚1

出番は 7バンド中、6番目。
わはははは!
我々は女子高生バンドの次だったのだ~~~っ!
まるで○○年前の自分を見るようで、とっても新鮮でした。

始まる前に、店長さんがバンド紹介をしてくれるんだけど、甲虫の事を
「注目のバンドです」と言ってくれたのが、嬉しかった!

セットリスト:演奏時間は30分

1. Hello Goodbye
2. The Ballad of John and Yoko
3. Don't Let Me Down
4. While My Guitar Gently Weeps
5. Happiness Is A Warm Gun
6. Here Comes The Sun
7. I've Got A Feeling
8. One After 909

2010/7/19ウェルカム1

Hello Goodbyeは今回で3回目の演奏だけど、エンディングを変えてみました。アカペラで終わるの。店長さんにはこれが気に入られたようです。


しかし、店側で録画した映像を見ると、前方右席にお客さん、いないね(笑)
左と後ろにはいっぱいいたんだけどな。
後ろのほうのヒト達、前に座ってくれたらよかったのに~

ミートさんの前は汗が飛ぶし、迫力ありすぎだから、座りたがらないか?(笑)
終わった後も、店長さんがメンバーにインタビューするんだけど、ミートさんが呼ばれて、「今までどこに隠れていたんですか、このバンドは?」と聞かれていて、他にもメンバーや練習の事について、ねほりはほり聞かれていて笑えました。

女性の方に「まみこさんがこのバンドで紅一点で、しかもドラムをしているのは、見ていてとても痛快。わたしたちも嬉しくなる」と言われ、すごーーーーく感激しました。

ミスもあったし完璧じゃなかったけど、楽しく演奏できました。
おごる事なく、これからもまた練習して、もっと上手になりたいと思います!
見に来てくださった方々、どうもありがとうございました。!

多少のミスもありますが、この日の全曲を見たい方は、こちらへ 甲虫楽団Youtube

初めての集合写真(笑)
大塚2010メンバー集合

I've Got a Feeling (The Beatles Cover)




新ドラマー、えみちゃん、
福岡、高知、大阪、欧州ツアーを経ての
東京初登場ライブ。

東京のライブはとても重要。
ファンも多いし、ミュージシャンも来るし、メディアも来る。

ライブ前、マネージャーに えみちゃん宛の手紙をお守りを託した。
ライブ後じゃダメな内容。

えみちゃんの印象、
まだナイフに参加して間もないのに、明るく元気でコーラスもバリバリにこなしていて、まるで前からいるかのよう。
今までのドラマーと比べ、タムがひとつ少ないワンタムなので、古くからのファンには手数が少ないように見えるだろうけど、シンプルで、少年ナイフの音楽ならば、これでもアリだと思った。

音階のある楽器は、その曲で絶対に使ってはいけない音、コードを間違えてはイケナイ、とかあるけど、ドラムにはそれがない。絶対にこう叩かなければならない、というのはないのだ。

ナイフの初代ドラマーは、あっちゃん。
その次のマナちゃん、エッちゃん、そして えみちゃん、
誰一人同じ人はいない。
ドラムの楽しいところはそこなんだな(^^)


そして、隣(ベース)が代わろうが、後ろ(ドラム)が代わろうが、変わらない直子さん。
この人がいれば、少年ナイフなのだ。
712day 2010渋谷クアトロ

セットリスト:
1. Konnichiwa
2. Super Group
3. Concrete Animals
4. Bear Up Bison
5. Boys (Beatles cover)
6. Flying Jelly Attack
7. Move On (New Song)
8. Ah Singapore
9. オウムのポリネシア
10. カピバラ
11. Barnacle
12. みなみのしま
13. Devil House
14. Banana Chips
15. Perfect Freedom
16. Muddy Bubbles Hell
17. Explosion!
18. Economic Crisis
19. Cobra Versus Mongoose
Encore:
20. Sushi Bar
21. Riding On The Rocket
Encore2:
22. Antonio Baka Guy