京急の「葉山女子旅きっぷ」を使って逗子&葉山へ会社の友達と行ってきました。
30年以上京急を利用していますが、新逗子駅に降りるのは初めてでドキドキ。
単線なんだ!
20170128_1
降りた電車を振り返ると「急行の羽田空港行き」になっている。
ホームが長い。
20170128_2
新逗子駅南口
20170128_3
「葉山女子旅きっぷ」は
電車&京急バス乗車券+選べる逗子・葉山ごはん券+選べるおみやげ券がセット
になっていて、品川からだと3,000円、横浜からだと2,800円。もちろん京急の各駅でも買える。有効期間は1日。
20170128_5

しかし、道路幅、狭っ!
車どうしギリギリなのに、歩行者やバイクもいてこわいこわい。

海回りのバスで元町下車。
ランチを食べようと計画していた「魚寅」
なんと貸切で入れませんでした(;_;)
20170128_4

プランBに計画変更。
きっぷを使える近くの店「浜寿司」へ。
まだ開店15分前で閉まっていたので、近くの大きなドラッグストアでぼんやり時間をすごす。
現在4代目になるご主人が毎朝佐島漁港で仕入れてきた新鮮な地魚を使った、醤油漬けミニ海鮮丼&梅の茶碗蒸し&大根おでん。
ミニ海鮮丼をプラス500円で通常海鮮丼にもできるというので、そうする。
比べてみよう!左がミニ、右が通常。
20170128_6 20170128_7
店のご主人が地元のいろんな話をしてくれ、楽しかった
逗子はベッドタウンになってきていて観光地ではなくなってきているから、こういうお得きっぷを発行してお客さんが来てくれるのは嬉しいと。

葉山旭屋牛肉店へ
20170128_8
ここで「おみやげ券」を使い「葉山コロッケ8個と備長炭で焼いた焼豚200g」を引き換えることもできる。
しかし、ここでは使わず、パン1個と葉山コロッケ1個を買い、ソース(店に常備)をかけて、コロッケパンを作り、ハイキングの山頂で食べることにしました。
20170128_9

歩いて森戸神社へ
20170128_10 20170128_11
入口近くにある「おせき稲荷社」
せきが止まらない人、喉を使う職業の人たちの篤い信仰があります。
20170128_12 20170128_13
一年安鯛みくじ。安泰でなく安鯛。
釣り竿で釣り上げる方式。
20170128_16
今日もやっぱり良い天気!
20170128_14 20170128_15 20170128_17
江ノ島と富士山が見える。
この写真、富士山、薄すぎて見えないよ〜
20170128_18 20170128_19
夕方はこんなにキレイらしい。拾ってきた写真。
20170128_森戸神社

大峰山ハイキングへLet’s Go!

住宅地の中を通って、あじさい公園入口を曲がる。
20170128_20
ここから登る
20170128_22
階段、、、、
20170128_23 20170128_24 20170128_25
あっという間に着きました。山頂広場。
20170128_26
山頂からの景色。江ノ島と薄くて写ってない富士山が見える。
さっきいた森戸神社はよーく見える
20170128_27
標高124.4m展望デッキ
20170128_28 20170128_29
関東の富士見100景/三浦半島 葉山町からの富士
20170128_30
トンビのピーヒョロヒョロ♪という鳴き声がずっと聞こえるし、景色もよくてすがすがしい気分。
20170128_31 20170128_32
下り階段。かなりあるよ!
こちら側から登らなくて良かった!
20170128_33 20170128_34 20170128_35
降りたところにある熊野神社。
20170128_36 20170128_37
ここが真名瀬コースの登り口。
20170128_38
一般道路まですぐ。空には3本の飛行機雲。
20170128_39

バスに乗って葉山下車。
葉山御用邸が目の前。皇族の方が来られてなくても、しっかり警備している。
20170128_40 20170128_41

山回りのバスで葉山小学校前で下車。
おおかたの神奈川県民なら知るプリン&カフェの店「マーロウ」
プリン大好きだから聖地に来た気分♪
顔出しプリンやってみました。mixiでは目隠ししてません。
20170128_43 20170128_42

店名はレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説の探偵「フィリップ・マーロウ」からとっている。
マーロウは神奈川県にしかないお店だったけど、4月20日銀座にオープンする、銀座エリア最大級の商業施設GINZA SIXビルに出店するので、東京のみなさん、行ってみて!
マーロウ http://www.marlowe.co.jp/

すっごい行列。待ち用のイスまでプリン。
20170128_44 20170128_45 20170128_46 20170128_47
テラスで食べている人の、お皿の上のきれいな富士山の形をしたプリンを見て食べたくなりました!
イートイン順番名簿に名前を書いておく。

並びながらずっとレジを見ていたら、7,000円以上買っている人もいた。
普通、プリンを7,000円以上も買うか?

ここで「おみやげ券」を使う。
お好きなビーカープリン&葉山ボーロを各1つずつ
10種類以上あるプリンから好きなのを選べるのだから、値段が高いプリンを選ぶほうがいい。
1番人気は北海道フレッシュクリームプリン(750円)らしいが、
なめらかなプリンより昔ながらのぷるるんが好きなので、
人気2番の王様プリン(700円)にしました。
なぜこんなに全商品が高いかと言うと、入れ物がガラス製で計量できるメモリのついたビーカーだからです。

王様プリン 公式サイトの写真
201701custard
さらに、カスタードプリン1個とバレンタイン期間限定カップチョコケーキ(アメ色陶器入り)を購入。
ベルギー産ベルコラーデ社の高級チョコレートをアーモンド生地にたっぷり混ぜ、じっくり焼き上げてある。
公式サイトの写真
201701kingpdding 201701cupchoco

ああ、なんて幸せなんでしょう!
ケーキよりもプリンが好きだから。
20170128_48 20170128_49 20170128_50

カフェでプリン食べたかったのに、待ち時間がすごくて、どのくらい待てばいいのかわからず、あきらめて帰りました。

帰って食べたら、めちゃウマ(;◇;)
でも高いよ〜
20170128_51 20170128_52

逗子と葉山。
観光するところがないから、魅力的ではないけれども、住むには良いかな〜と思いました。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
仕事が休みの23日。
去年の夏まで一緒に働いていた友達が現在住む箱根の強羅へ。

箱根湯本駅から箱根登山鉄道に乗り換え。
この電車は何度も乗っていてそのたんびにブログにしているので、詳しくは書きません。

塔ノ沢駅
20170123_1
車窓から。
40分、座らず立って景色を見ながら乗るのがイイ。
20170123_2
大平台駅
塔ノ沢〜大平台〜宮ノ下の間は、標高差が283mもあるので、イッキには登れずスイッチバックをする
20170123_3 20170123_4
宮ノ下駅
20170123_5
小湧谷駅
20170123_6
彫刻の森駅
20170123_7
強羅駅
20170123_8

迎えに来てくれた車で一番行きたかった大湧谷へ
2年位前に地震活動が活発になり、規制がかかったけど、
今は一部「代行バス」が運行しているが、行けるようになっています。
ワケあって、長く滞在はできないため、写真撮って黒タマゴ買って終わり!
またいつかゆっくり来よう。
20170123_9a 20170123_10
20170123_11 20170123_12
20170123_12a

大湧谷に近い強羅でも、地面から地熱で湯気がもうもうと出てたり、
地球は行きてるんだ!と思いました。

1つ食べると7年長生きすると言われている黒たまご。
5個500円。
20170123_27 20170123_28

友達宅へ
某所の管理人をやっているので、そこの温泉に入らせてもらう。
今日はそのために来たのだ。
今日は誰もいないので貸切。
もちろん掛け流し。熱いので水道の水で冷まして入るらしい。
しばらくして温度になじんだら、水道を止める。
20170123_29 20170123_30 20170123_33
あ〜〜〜、いいお湯だった(^^)

車で姥子温泉(うばこ おんせん)秀明館
古くから眼病に効く温泉として知られていて、金太郎が目に怪我をしたとき、姥がお告げでここの温泉で目を洗ったところ全快したとの伝説がある所。
昔は湯治宿だったけど、今は宿泊はナシ、日帰温泉のみ。
今の時期の入浴のみの営業は、15〜16時の1時間だけ!
そして料金が高い(1,800円)!
外観は大正時代、内装は改修してある。
20170123_39 20170123_38
20170123_40

脱衣所で着替えをして、階段を降りるとすぐに温泉。
正面には注連縄が!
20170123_45 20170123_47 20170123_48
なんと神々しいお風呂!
神様の前で裸で禊ぎしてる感じ。
ここ、最高だよ!!!! ものすごく寒いけど(笑)
姥子の気温はマイナス2度

あ〜〜〜、ここ、泊まれたらいいのにな。
個室を借りることはできるので、朝から営業終了時間まで6〜7時間は滞在することはできる。
ここもまたいつか来たい場所だ。

もう一度友達の保養所に戻り、
すぐ近くに八代亜紀さんの別荘があるので見に行って写真撮ってきました。
う〜〜〜ん、ブログにはアップできない、、、
八代亜紀さん、いつかコンサートに行ってみたい人。

友達が箱根に住んでいる間に、箱根エリアのいろんな温泉に行こうと思っています。
あと2〜3年かな。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

去年から始まった普段は利用できないランドマークタワー非常階段を 展望フロア69階まで登るスカイクライミング。
去年に続き今年もチャンジしてきました。
20170122_ 1 20170122_2
20170122_3
去年、当日受付があると書いてあったのに事前予約だけでいっぱいになり、当日参加者不可でクレームが来た様子。
そりゃそうだよね、遠くから来た人、せっかく来たのに登れなかったら怒りたくもなる。
今年はそのへんを考えてありました。
どういうふうに違うかを書くのはメンドクサイので、省略します。

今年の参加者は去年の1,500人を700人越えた2,200人(事前受付2,000人・当日受付200人)。
10時〜11時〜など時間ごとの予約制。

私は10時グループ。受付をすませスタンプラリーカードをもらい、非常口の入口に並ぶ。
受付ロビーはこんな感じ。
20170122_4

少しずつスタートして行き、私がスタートしたのは10:15頃。
ダウンジャケット着てます(笑)これがイケなかった。
20170122_5
1階
20170122_6
階段にはところどころ標語が貼ってある。
標語を読んで階段登り♪ 96段
20170122_7

5階くらいでダウンを脱ぐ。暑〜〜い!

去年は1〜69階全部の写真を撮りましたが、今年は10階ごとにしました。
20170122_8
20階
20170122_9
25階だったかな、給水所&トイレ。
ポカリ飲み放題。冷たくなくて常温。
20170122_10
30階
このヘンまでくると、誰も余計なおしゃべりしてる人はいません。
放心状態の人もいる。
自分の事以外、考えられない。
他人に合わせたり待ったりする必要がまったくナシ
20170122_11
40階
20170122_12
1000段超えたケロ〜! 1004段
20170122_13
48階 再び給水&トイレ
20170122_14
さっきの休憩所よりはるかに人が少ない
20170122_15
50階
20170122_16
ただだよ!階段ジム 1208段
20170122_17

一段去ってまた一段 1235段
↑その通り。うまい事 言うなぁ
20170122_18
あと10階分だケロ〜!!
20170122_19
今日も1日元気に階段 1280段
20170122_20
60階を撮り忘れたので61階
20170122_21

撮り忘れようが何だろうが戻ることは絶対にしたくない
前に進もう

電気を使わず 脂肪を使おう 1325段
↑すばらしい
20170122_22
もうすぐゴール! 1434段
20170122_23
68階
20170122_24
69階 着きました
20170122_25 20170122_26

ゴール受付が第2スタンプポイント
20170122_27
スタンプは8つ集めなければならない。
え!?ゴールが8個目じゃないの?!と思うのが常識。
3〜8個目がどこにあるのかは、去年のブログ読んでくれている人ならわかる。今年も同じ。
20170122_28 20170122_29

ゴールの展望台360度パノラマと言われても、まだ頭が回らずどこだかわからない。
20170122_30 20170122_33 20170122_34
20170122_35 20170122_36 20170122_37 20170122_38

金太郎のゆるキャラかいたので、どこのキャラですか?と
付き添いのお姉さんに聞いたら、神奈川県のゆるキャラで「金ちゃん」です、
と教えてくれた。県を代表するキャラとツーショットする機会なんて もう二度とないだろう。
20170122_31

また、どこの誰ともわからないゆるキャラがいたので聞いたら、三菱みなとみらい技術館のキャラ「テクノくん」だって。これまた二度とお目にかかれないかもしれないからツーショット。
20170122_32

そうなのです。
3〜8個目のスタンプは、隣りのビルの三菱みなとみらい技術館でもらわなければイケナイのです。
入館料500円は、この大会参加費に含まれている。商売上手い。
20170122_39.jpg

スタンプ全部集まったらこんな感じ。
20170122_40 20170122_41
これを見せると抽選会に参加できる。
去年は参加賞の袋に「あたり紙」が入っている方式だったけど、今年は商店街でやるようなガラガラ。
ハズレで参加賞でした。
去年は1,500分の20のGARMIN社の体力測定のできる腕時計当った。
さすがに連続当選は無理ね。

しかし、去年よりはるかにキツかった!
ゴールの展望台にいた人達で、去年参加した人達も口々にそう言っていた。
たぶん、みんな去年より1つ年をとったからだろうね(笑)

それにダウンジャケットとフーディージャケットの2つ着てたからな〜
この日は午後〜夜にかけて甲虫楽団のリハで、帰りが寒かったらいやだからたくさん着て行ったのだ。

また来年も参加しよう。

去年は1段1段すべて階段を撮影してます。
去年のブログ参照

桜木町駅の改札前に 魅力的なガチャガチャがあった。
20170122_50 20170122_51 20170122_52

以上。
この後、昼ゴハンを食べて新宿へ移動。
新宿ペンタで甲虫楽団の4時間リハ。
20170122_42
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandのアルバム全曲通しとして、
最難曲 Within You Without You の練習をしました。
3月5日のライブで披露する予定!

この日は階段登りイベントとリハのため、仕事は年休を取得したのでした!
翌日(23日)は強羅と大湧谷へ!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

街道歩きをしていて気がついていたもの。ご存知の方も多いと思いますが、相鉄線天王町駅からJR保土ヶ谷駅の環状1号の 大門通りの信号機までの道路沿いのポール。
家からそんなに遠くなくて何度も見ているので、写真に撮ってみました。

よーく見てください。
保土ヶ谷 侍ポール1

前アップと後ろアップ
保土ヶ谷 侍ポール2 保土ヶ谷 侍ポール3
背中には横浜市のマーク。

ね?かわいいでしょう?
侍ポール SAMURAI POLE
私はそう呼んでいます。

天王町〜保土ヶ谷までの全部じゃなくて、大門通りの交差点までですが、両側にこれがバーーーッと何本もあるんですよ。
侍ポール

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

某旅行会社のバスツアーで見つけた富士山麓5つの神社巡り。
催行日程と仕事の休日がどうしてもあわず、年休をとって参加してきました。
以下の5つの神社。上の4つは名前がそっくり。

富士山本宮浅間大社
冨士御室浅間神社
河口浅間神社
北口本宮浅間神社
新屋 山神社

7時 横浜駅出発。
東名高速 足柄サービスエリア。
20170113_1 20170113_2

まだ早いのに開いてて良かった「パン工房 ベルべ」

足柄限定 人気No.1 はねつきメロンパン
20170113_3

人気No.2 わさびロール
20170113_4

人気No.3 富士山メイプル
20170113_5

限定じゃない定番人気No.1 クリームチーズのカレーパン
20170113_6

2つ買いました。
さて、どれでしょう?

答え:
20170113_7

わさびロールとクリームチーズのカレーパン

わさびの葉っぱたっぷり入っていてびーっくり!
わさびを愛する者としては、限定にせず、家の近所でも取り扱って欲しい。
20170113wasabi

車窓から。富士山東側。
上のほう雲じゃなくて、雪が舞ってる感じ。
20170113_8
ニュースで言っていましたが、今日の富士山頂は”雪煙”で−26℃だったそうです。
なるほど”雪煙”ね。

一番最初に行ったのは富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
全国に約1,300社ある浅間神社の総本社、富士信仰の中心地。
赤い大鳥居と富士山がベストマッチ!
20170113_9 20170113_10
20170113
富士山の8合目より上は、ここの境内地なんだって。
奥宮が富士山頂にある。

鳥居の横にある富士山大金剛杖。
7月の大金剛杖パレードの時に使うのかな?
20170113_12 20170113_13
20170113_11
鉾立石。
明治の初めまで行われていた山宮御神幸の際、神鉾を休め奉った所。
20170113_15 20170113_16
20170113_17 20170113_14
20170113_18 20170113_19
20170113_20 20170113_21 20170113_2 20170113_23
拝殿の後ろ2階建ての本殿。2階建はめずらしい。
20170113_24
富士山御霊水。
水は無料で汲むことができるけど、空のペットボトルも有料で売っている。
私はマイボトルを持参して行きました
ただし、そのまま飲むことができないので、煮沸して飲んでくださいとのこと。
ということは、この場では飲めないということだ。
20170113_25 20170113_26
国指定特別天然記念物「湧玉池」
20170113_27
ごらんの通り すっごいキレイな池。
富士の雪解けの水が溶岩の間から湧き出たもので、水温は摂氏13度。
20170113_28
禊所。
気温4度。さわったら暖かく感じた。
20170113_29 20170113_31

何度ももぐってくれた、池にいたのサービスショット
20170113_30

道真公の天神社
20170113_32
本殿後ろ
20170113_34 20170113_33
火山弾。富士山噴火の落下石。
20170113_35
南極の石。第7次南極観測船ふじ の乗員により採取された石。
20170113_36

移動。車窓から。
スプーンでえぐったような宝永噴火口。
朝霧高原側から見る富士山はゴツゴツした感じ。
20170113_37

2番目に参拝したのは、冨士御室浅間神社(ふじ おむろ せんげんじんじゃ)。山梨県南都留郡富士河口湖町。
武田信玄が愛した神社で今日行った5つの中では一番古いらしい。
西参道から入る。雪が積もってるよ。
20170113_37a 20170113_38
20170113_39 20170113_40
20170113_41 20170113_41a 20170113_42 20170113_43
こちらが表参道
20170113_44

移動。河口湖大橋を通って湖畔へ。
20170113_45
向こうに大きく見えるのが富士山。雲がかかってて残念。
20170113_46 20170113_47
七福神のおひとり、寿老人がいらっしゃいました
20170113_48
おやつ。かねたまる餅と木花咲耶姫。
20170113_49

3つめ 河口浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
貞観6年(864年)に始まった富士山の噴火鎮祭のため、貞観7年(865年)に浅間神を奉斎したのが始まり。
20170113_50
20170113_51 20170113_52
20170113_53 20170113_54 20170113_55 20170113_56 20170113_57
「美麗石(ヒイラ石)」すごい大切な石らしいけど、雪に埋もれてました。
20170113_59

ここで、拝殿に昇殿して祈祷していただきました。
壁などない吹きさらしなので、すごく寒かったよ。
数年前に世界遺産になるまでは、年間参拝者が500人ほどだったとの事。
隣りの部屋の壁には、ムササビが飛んでくるという穴が開いていた。
20170113_58

「七本杉」と呼ばれる7本のスギの神木が境内にずらり。
20170113_60
1の杉/2の杉
20170113_61 20170113_62
3本目以降。巨木が立ち並び森林浴に最適。
20170113_63 20170113_65
拝殿と本殿
20170113_64


4番目、北口本宮浅間神社(山梨県富士吉田市)へ
いちばん最初に行った富士山本宮浅間大社とどう違うのかな?(笑)

どこもかしこも「我こそが本当の浅間神社だぞ」という感じ。

木製の鳥居としては日本で一番大きいらしい。
熊野本宮の大斎原を2度も見ているから、そんなに大きいとは思わなかった。
20170113_67 20170113_68
狛犬のあたまの上に雪が積もっててカワイイ。
20170113_69 20170113_66
20170113_70

手水舎マニアとして見逃せなかったここの手水舎。
ここのは今まで見た最大。子供はきっと届かなくて手を洗えないよ〜

20170113_71 20170113_72 20170113_73

鶴岡八幡宮の舞殿みたいな神楽殿が拝殿の前にある。
20170113_74
樹齢千年の富士太郎杉
20170113_75
拝殿
20170113_76

順路通りに地図を見ながら進むと「高天原」と書いてあるところにあったのがココ。
20170113_77 20170113_78
ここでいいんだろうか。他、見回したけど、ここ以外に考えられない。
きちんと囲ってあるから聖地なんだろうな。

その奥にある、諏訪神社。
20170113_79
Wikipediaによると、
古来より社中に「諏訪の森」が位置し、諏訪神社の鎮座地に浅間神社を勧請したと伝わる。
ああ、ここが実は重要なところなのかもしれない。

その前にひっそりとあった祠。地図にも何も載ってない。こういうのが好き。
20170113_80

西側にずらりと並ぶ摂社末社
20170113_81
西宮本殿
20170113_82
大国主神と事代主神の幟旗
20170113_83
本殿ま裏にある、ガラス越しで見にくい恵比寿社
20170113_84
東宮本殿
20170113_86 20170113_85
寒くて雪が積もってるから、シーンとして気が引き締まる思いだった。

最後が 新屋 山神社(あらややまじんじゃ)山梨県富士吉田市。
ご縁のある方だけが辿りつける!?富士山二合目の金運神社とか、日本一の「金運神社」とかネット上書かれている神社。ふつうの民家の中にあるから探しにくい。
20170113_87 20170113_88 20170113_89 20170113_90.jpg
20170113_91 20170113_92
人気の奥宮まではこの時期、行けなくて残念。

お伺い石。すごく重いよ!
20170113_93
大黒様
20170113_94
伊邪那伎命、伊邪那美命を祀ってある夫婦木社
20170113_95 20170113_96

最初に参拝した富士山本宮浅間大社以外は、すべて雪が積もっていて、遠くに来たな〜という感じがしました。
20170113_97

雪煙と雲で半分くらいしか見えない富士山。またね!
20170113_98

帰りも足柄SAに寄って、富士宮焼そばを買った。
20170113_100 20170113_101

一度に富士山麓5つの神社を参拝。
疲れたけど、日本の神様に命の源をいただけた気がしました。
ひとつ前の1月11日のブログで満開の菜の花を見たばかりなので、その差!
神奈川県と山梨県や静岡県、隣りなのに、ずいぶん違うんだなぁ!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

昨夜「明日仕事が休みだから どこかに行こうかな〜」と検索して見つけた満開の菜の花。
今まさに満開です。と書いてあったので行ってきました。
神奈川県二宮町 吾妻山公園(あづまやまこうえん)

二宮駅の電車の発車音は童謡「おぼろ月夜」でした!♪菜の花畑〜に入り日薄れ♪
二宮駅北口から吾妻山公園へ登る役場口へは歩いてすぐ。
階段すごいぞーーーー!
20170111_1 20170111_2
途中、相模湾が見える。
20170111_3
浅間神社
20170111_4
みんな息を切らして登っている。
着いた!吾妻山公園(あづまやまこうえん)。吾妻山 標高136.2m
20170111_5 20170111_6
展望台からは 富士山が見えました。
20170111_7 20170111_8
20170111_12
360度とは言いませんが、目の前の相模湾からぐるっと見渡せました。
満開!1/7〜2/17が見頃だそうですが、1/11の今日が見頃だよ〜
20170111_round1 20170111_round3 20170111_15
20170111_18
黄色と青
20170111_21
水仙も。
20170111_22

吾妻神社へ向います。すぐそこ。
20170111_23 20170111_24
展望台から近いのに地元の人と思われる2人しかいませんでした。
由緒正しい素晴らしい神社だから、みんな来ればいいのに。

Wikipediaによると、日本武尊(ヤマトタケル)が東征の折り浦賀水道で暴風にあい。それをおさめるためその妃である弟橘姫命が入水し、その後弟橘姫命の櫛が流れ着き、それを祀ったのがこの神社とされる。

手水舎は自分で蛇口をひねる
20170111_25 20170111_26
元来た道へとは違う梅沢口 方面へ降りる。
ここが正面の鳥居っぽい。
20170111_27

1,700mくらい離れた川匂神社(かわわじんじゃ)へ。

20170111_28 20170111_29
垂仁天皇の時代の創建と伝えられ、師長国(しなが)の一之宮だったらしい。
ここで 知らない言葉が出てきました。
師長国(しながのくに)
相模国のもっと前の名前だって!覚えられるかな〜〜

646年(大化2年)に発布された改新の詔によって、
相武国と師長国が統合され相模国となったとき、一之宮の地位を寒川神社に譲ったのだという。

相模国総社六所神社はこう↓○は行ったことがある神社
一之宮:寒川神社○
二之宮:川匂神社○
三之宮:比々多神社
四之宮:前鳥神社
五之宮:平塚八幡宮○
六之宮:六所神社○

鳥居の左には、初代首相伊藤博文公揮毫の神額。
20170111_30
茅葺きの随神門
20170111_31
振り返って見たところ
20170111_37
手水舎
20170111_32
20170111_34 20170111_33
祈祷を受けている男性がひとり。
他は誰もいませんでした。
20170111_35
かつての御神木と以前の石鳥居
20170111_36

今年も良い年になりますように!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

都営地下鉄大江戸線の両国駅A3出口(エレベーター)を出て、目の前の歩道を渡り、まっすぐ進み2つ目?の信号を右折したところ。緑町公園の中。徒歩4〜5分くらいアクセス抜群。
20170106_1 20170106_13

去年11月22日 両国に出来た「すみだ北斎美術館」
この地で生まれ、生涯のほとんどを区内で過ごした墨田区LOVEの北斎。
きっと喜んでいるだろうな。
20170106_2 20170106_3 20170106_北斎

しかし、Wikipediaでこの美術館ができるまでの経緯を見ると、何度もいろんなことがあり、かわいそうになってきたよ(;_;) 墨田区が30年もかかって完成させたんだ、、、
苦労があったけど、その分、展示品の入手法はまことにラッキーとしか言いようがない。

世界最大の北斎コレクター、アメリカの故ピーター・モースさんの所蔵品を遺族が「世界中に散らばせたくない」ってことでオークション会社からの引き合いをすべて断って、破格値で墨田区へ戻してくれた。
なんてイイ遺族でしょう。
数十億の価値がある 版画691点、北斎研究の蔵書約3000点を1億4500万円で譲ってくれたんだって。
それくらいだったら出せるよね 墨田区。

すっごい近代的な建物。妹島和世氏の設計。
20170106_4 20170106_5

入口でチケットを買ったら、エレベーターで4階へ

開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-」
20170106_北斎2
撮影できるのはここまで。
20170106_6
たぶん、私が最年少だったと思う。ほとんどが高齢者。
海外に流失していて今日まで100年余まったく行方の知られていなかった、幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」全巻一挙公開に群がる人々。
延々と自己解説をしているおじいさん達もいて、歩みがノロい。
なかなか見られなかったよー。隙間からチラ見ですませたのもある。
2階はありません。
たぶん展示していない蔵書とスタッフの休憩室かな。

3階
20170106_7

北斎と言えば、誰でも知ってる「神奈川沖浪裏」
写真はグッズ売場で買ったスヌーピーコラボ神奈川沖浪裏クリアファイル
スヌーピーがサーフィンしてるよ
20170106_かながわ
赤富士と呼ばれている「 凱風快晴(がいふうかいせい)」これも有名だよね
20170106_赤ふじ

これらは、富士山をいろんな方角から見た36枚の『富嶽三十六景』の中の作品なんだけれども、人気が出すぎて、さらに10枚追加されたため、46枚あります。
追加の10枚を「裏富士」と呼ぶんだそうです。

そのひとつ「甲州石班澤(こうしゅうかじかざわ)」は外人に大絶賛されている。
20170106_神奈川沖
Wikipediaより:画面中央には岩場から波打つ富士川に向かって投網を引く漁師の姿が描かれ、三角形の構図が富士の稜線と相似形を成す。漁師の傍らには子どもと籠が描かれている。
かわいい

グッズ売場には 若い女性もいた。
富嶽系全部のポストカードが売られていて、私の地元「保土ヶ谷(程ケ谷)」を買いました。
でもね、1枚250円近くするんだよ~~。
ふつう博物館などでポストカードは お土産として手軽に買えるように 108円くらいなのに!
20170106_保土ヶ谷

以上。
私は歌川広重派ですが(笑) 話のネタとして行ってみました。

ちなみに 広重の美術館は、東海道五十三次の由比宿の本陣跡地が利用されていて 「静岡市東海道広重美術館」と、
もうひとつ岐阜県恵那市 に「中山道広重美術館」の2つがあります。
確かに街道沿いにあるのは、歩いていて励みになるけれども、やはり都会にあって欲しいな。すみだ北斎美術館を見ていて、すごくうらやましかった!広重ならもっとお客さん入るよ!って。
広重の命日に毎年行われている「一日だけの広重展」に行った時の日記

すぐ近くにある 野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)にも行ってみました。
20170106_9 20170106_10
相撲の神様だけに、境内を囲む石柱には多くの相撲関係者の名が彫られていた。
が、なんと!中に入れませんでした。
20170106_8
見れるのはここまで。あ〜、残念。
20170106_11 20170106_12

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。