昨日からの続き。
写真も多いし長いから、その覚悟で読んでください。

天国と地獄が味わえる「本興寺(せんこうじ)」に行ってきました。大阪のB級スポットとして、そのほうの趣味の方には有名です。

地下鉄谷町線「平野駅」4番出口を出て、こちらの方へ歩く。
平野1

もし、本気で行こうと思っている人がいたら、この写真は役にたつであろう。
どっちに歩いていいかわからないと思うから。10分以上歩くけど、道を曲がるのは一度だけ。
3時間歩くのも苦でない私には、全く問題ナシだった。

全興寺は、今から1300年くらい前に、聖徳太子が平野の野中の地に小宇を建立して、薬師如来の像を安置されたと寺伝にあり、これが全興寺の草創だそう。
全興寺1

ウソとつくと舌をぬくぞ、舌の字が本当に鬼に抜かれてます
全興寺2

思ってたより こじんまりしている境内。
ここに天国と地獄があるのか?
最初に本堂をお参りしてくださいと書いてあるので、本堂へ。
全興寺3

お賽銭を入れお祈りをし、後ろを振り向いたら案内がありました。
ほとけのくに と 地獄堂、どっちに先に行くか?
そりゃ~、ほとけのくによね。
全興寺4

仏足石
全興寺5
この仏足石をうやまえば生身の仏を拝むのと同じく、無量の罪障を滅するといわれています。

わんにゃん堂、子安地蔵尊、鎮守堂などがあり、そのあといよいよ、、、

「ほとけのくに」の入り口はこんなところ
階段の手すりには各寺院からいただいた「お砂」が収めてあるらしい。
全興寺6 全興寺7

151体の石仏に囲まれ、ステンドグラスのまんだら(曼陀羅)に座って瞑想する地下空間です。曼陀羅とは、仏さまの世界を描いたもので、宇宙の理法のすべてが含まれている絵図です。曼陀羅の上に座ってめい想すると、仏さまのいのちに包まれて、やがて仏さまと一体となる境地が開かれてくることでしょう。
全興寺7 全興寺8

ということだけど、
誰もいないし、暗~いし、静かだし、コワイのよ。
ココをコワイと思うことじたい、修行が足らないのか?
写真撮ってくれる人もいないし。

地獄の音がきこえるらしい。
ひとり頭を突っ込む図を想像してみてください。
全興寺9 全興寺10

写真撮ってくれる人がいないと、こういう時、証拠が残らず素晴らしい。
何か聞こえたかって?
特になにも聞こえませんでした。

そして、いよいよきました地獄堂
全興寺11

入り口に極楽度・地獄度チェッカーが!
全興寺12

全興寺13 全興寺14

読める?
読めない人のために、公式サイトでもチェックできるよ
http://www.senkouji.net/EnmaCheck/gokurakucheck.html

私は、7点で「極楽行き合格」でした。
これからも人のために尽くしましょう、とのこと。

お父さん お母さんへ お寺からのおねがいです。
全興寺おねがい

子供たちに「悪いことをしないこと」「自分のいのちを大切にすること」を教えるために開いたものです。中略。これを機会に子供達と「いのちの大切さ」についてもう一度話し合ってみてください、と。

正面には閻魔大王さま
全興寺15

右側には、責め道具を持った鬼。
さて注目。この鬼の目の数 いくつですか?
全興寺16

鬼には目が2つのと3つのがいます。
3つは 神仏のお使いをしている鬼。ここのは3つだね。

もし、あなたがこの先、鬼に遭遇するようなことがあれば、
3つ目なら安心されよ、2つ目なら逃げなさい。

鬼の隣には亡者の着物を奪い取るという奪衣婆(だつえば)。
三途の川を渡った後に、着ている服を脱がされて、その重さによって、罪の重さも決められるのです。そういうことはココには書いてなかったけど、鎌倉の円応寺の奪衣婆にはそう書いてある。私、奪衣婆ファンなの(笑)だってエバだよ、名前がかわいい(笑)
でも、ここの鬼も奪衣婆もリアルで怖いね。ここは、お化け屋敷みたいです。

ドラ(黒くて丸いの)を叩くと、閻魔様の横にある鏡(モニター)からお説教が始まる仕掛け。
全興寺17

これも公式サイトで最初の部分だけだけど見れます。
http://www.senkouji.net/jigokudo/jigokumirror.html

家で見ると笑えるけど、現地で誰もいないところで見るとコワイよ。
“子供向け”らしいけど最後まで見る子どもはいないのでは?
結構内容がキツいし、10分くらいある。
最終的には「命はひとつしかないから、大事にするように」』と解きたいようです。人を死に追いやるくらいいじめたり、自殺をしたり、悪いクスリをしたり、、、、

子供の頃読んだ 芥川龍之介の「蜘蛛の糸」で私は地獄を感じた。
今の子はどうなんだろう?
サンタクロースと同じで、地獄なんてないよ!と思っている子もいるかも。
最近は、天国や地獄を感じることが少なくなってきていると思うので、このお寺は良いかもしれません。

小さな駄菓子屋さん博物館、おばあちゃんのお部屋が覗けます。
みんなの想像のまんまだから、ここはあえて写真を載せず。
全興寺18

受付で「おもろいてら全興寺ご紹介ガイド」をもらい、御守りとおみくじを買いました。御守りなんて買わないし、おみくじも普段しないけど、もうこないだろうから買いました。「小吉」でした。
みずから自分の寺を「おもろい」と言っているので、個人に おもろくブログで紹介されてもOKなんでしょう。
全興寺19

でも、私がいる間、地元の人が続々とお参りにきてました。
マジメとオモロいが同居しているお寺なんですね。

本堂の裏側には、一願不動尊。後ろの 苔につつまれた仏像もシブい。
全興寺20

こっちが商店街側からの入り口。
全興寺21 平野2

とうふドーナツ
平野3
大阪に多い、パチンコ屋だらけのいやらしい雰囲気は全くない 純朴な商店街でした。ウチの近所の弘明寺商店街より、よっぽどイイ!


帰りの地下鉄構内の柱にあった広告。
互いに譲って うれシイタケ「どうぞ」の笑顔で すっきリンゴ
大阪市交通局

ご注意果&菜(クダ サイ)
大阪市交通局2

乗れん!にゴリ押し。←これはウケた!
大阪市交通局3

梅田に出て、そこからバスで伊丹空港へ。
帰りの飛行機はJALエコジェット(B777-200)でした。
09年伊丹777 777-200

お土産の一部
大阪みやげMAYOおかき
大阪名物 マヨおかき
グリコキャラメルプリン ← これは プリンの味はまったくしない。味は100%キャラメル。食感がプリンなだけ。ちょっと不思議な感じ。

全興寺
http://www.senkouji.net/
この公式サイトの上の「境内案内」をとりあえずクリックしてみて!



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可