5/15、Mixiの友達の間で行われた、新宿21世紀でのビートルズ&ポール・マッカートニーセッションに行ってきました。

関西圏で有名なポール声の持ち主のペニーさんと三重県や長野県のビートルズバンドの方、我が甲虫楽団のミートさんとのコラボありなので、すごく楽しみにしてました。

新宿駅西口から徒歩8分。お墓の横に 21世紀がありました。
48776940_1775881294.jpg

ここのドラムはラディック。
ビートルズ&ポールセッション3

ハイタムが私の好きな10インチ。ドラマーからみて左のクラッシュが16、これは普通としても、右のクラッシュも16、そしてライドが22。なんじゃ~~~~コレは?!

ドラムがベースやギターさん達より1段高い位置にあるんだけど、ライドシンバルスタンドの位置がギリギリ。これ以上1cmも後ろに置けない。しかも大きい22インチだから、ライドがフロアタムの上、半分くらいまでかぶっている。これはやりにくい~。フロアを叩く時に常に注意が必要。

15時、いよいよ4時間半 50曲以上の耐久セッションの始まり!
最初の1時間は ペニーさんと 美男子達のアコースティック。
1曲だけジョンのRevolution 1があったけど、他は全曲ポールナンバー。

16時、いよいよ私の出番だぁ!

ポールソロ編メンバー
G&V:ペニーさん B:ジェームス坂尾さん Key:あくあさん D:まみこ☆
ビートルズ&ポールセッション1

My Love
Maybe I'm Amazed
Listen To What The Man Said(あの娘におせっかい)
Treat Her Gently~Lonely Old People
Wanderlust
Baby's Request

私が知ってたのは、上の3曲だけ。下の3曲は知らなかった曲。
Treat Her Gently~Lonely Old People なんて、壮大な中国を思わせるようなイントロ→これぞポール節→3拍子の構成。ホント、難しかった。でも、テンポが速い曲より、ゆっくりな方が自分では得意だと思っているので、それを信じてやりました。

無事にすみました。
1度も合わせたことなくてこれなら イイかな?もいっかいやりたいくらい。

続いては、三重県のジョージ・ハリソン、ヒオキさん登場。

ビートルス初期?ナンバー編
G&V:ペニーさん G:ヒオキさん B:ジェームス坂尾さん D:まみこ☆
ビートルズ&ポールセッション2

Good Day Sunshine
Fool On The Hill
One After 909 アンソロジーバージョン
You're Gonna Lose That Girl
Anna
Ticket To Ride
I'll Follow The Sun

Fool On The Hill はマラカスを使用。
女性リコーダー2人も参加。楽しかったね!

One After 909 アンソロジーバージョンは、、、
アルバム Let It Beに入っているふつうのを甲虫楽団でやってるから、ごちゃごちゃにならないように注意でした。
この曲の依頼を受けて約10日、ふつうバージョンは絶対に聞きませんでした。だって、ぜんぜん違うもん。どう違うって、リズムが違うし、ピアノがあるかないか。

これらも無事に終了。
よかったよかった。

セッションは入れ替わり立ち代わりパターンが多いけど、ここまで 続けて1時間くらい座って叩きっぱなしだったので、ちょっとはラクだったかなぁ。時間がたつのが早かった。

この後、ペニーさんとミートさんの夢のコラボ。
ああ、ペニーさんが関東にいればなあ!

最後は Hey Jude。急遽、叩かせてもらいました。
1ヶ月ぶりなので、忘れてる(汗)

私は 合計14曲。中後期得意の私にとって、初期ナンバーとポールソロをすることは、羽根をもがれた鳥と同じ(笑)でも、すっごく勉強になりました。

ご一緒させていただいた方々、聞いてくださった方々、本当にありがとうございました。またこういう機会があれば、参加させてください。知らない曲でも喜んでやります(笑)
4時間近く、ギター弾きながら唄いっぱなしのペニーさん。凄いっ!風邪をひかれているそうなのに、がんばってくださいました。本当にお疲れさま&ありがとうございました。

まっか浅野。さんのリッケンバッカーベースをお借りして 入り口で撮影。
ビートルズ後期はベースだよね!

まみこ&リッケンベース

ベースのジェームス坂尾さんが私の事をブログに書いてくださってます。坂尾さんは、Jacaranda のベーシストです。
感激!うれしい

Jamesの独り事「努力家のドラマー」
http://sky.ap.teacup.com/james/51.html

読んだら↓クリックしてネ!
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可