先々週、12月中旬のことですが、四万温泉に行ってきました。

東京駅八重洲口9:00発、関越バス。
乗って数分後に爆睡開始。
どこをどう走ったのは知りませんが、起きたら、上里PA。
チーズのいっぱい入ったパン2つ購入し、バスの中でムシャムシャ。
再び爆睡し、起きたら 渋川伊香保を下車するところ。

そこから70分くらいで、12:30頃 群馬県四万温泉(しまおんせん)到着。
四万温泉は、日本で最初の国民保養温泉に指定されたところ。
限りなく新潟県に近い山奥です。

そこから この道を歩いて1分程
四万温泉1

「千と千尋の神隠し」で油屋と呼ばれているところ。
本名、積善館。創業は元禄4年1691年。今から約320年前。
日本最古の湯宿建築の本館。
ああ、まるでタイムスリップしたみたい。
四万温泉3 四万温泉2

古き良き日本。もう大興奮
木造ですが、仏像並みの古さに見える。
わかるかな、このニュアンス(笑)
宿泊施設というより、古ーい神社仏閣と同じ。
四万温泉積善館入り口

フロントと2階への階段
四万温泉積善館入り口3 四万温泉積善館入り口2

1911年の宿泊代リスト。100年前ですよ!クリックして値段見て!
四万温泉積善館入り口4

チェックインは14時、まだ時間があるので荷物だけ預かってもらい、散策へ。
洋品店のマネキンのお爺さんがシブい!
四万温泉4

飲泉。飲んでみたけど、少ししょっぱいかなぁ?
どう表現していいのかわからない味。
胃腸に効くそうですが、私はどちらも丈夫なので効果ないかも。
がぶがぶ飲みたいとは思いません。
四万温泉5 四万温泉6

オシャレな喫茶店があったので入ってみました
四万温泉7 

柏屋カフェ、雑貨も売ってます。宿も隣接してる様子
四万温泉8

レアチーズケーキとコーヒーのセット
四万温泉9

四万川 水キレイです
四万川 四万川2

無料で入れる「河原の湯」
四万温泉10

階段を降りてみましょう
四万温泉11

ドア開けてすぐ脱衣所
四万温泉12

ドアを開けたら、だ~れもいません、狭いです
四万温泉13
タオルは預けた荷物の中なので、足湯だけつかる

中から外へ出たところ、目の前が川!
四万温泉14

13:30 積善館へ戻る

「積善館」は3棟に分かれていて、通路で結ばれています。
・江戸時代に建てられた湯治の本館
・その裏に昭和11年建築 桃山様式の山荘
・さらにその裏に昭和61年建築の佳松亭

私が泊まるのは国の登録文化財指定の「山荘」
入ってきたのは本館のフロントらしく、
エレベータを2つも乗り換えて、山荘のラウンジへ。

おしぼりと梅ジュースが出てきました。夕食&朝食時間を聞かれ、宿帳に記入。
四万温泉のDVDを見せられる。

四万の病が治療できるので、四万温泉と呼ばれるらしい。
部屋まで案内してくれる、お姉さんが宿の地図をくれました。
これがないと絶対に迷う!
斜面に立っているし、増床しているので、曲がったり上がったりしています。

山荘の通路。まるで、横溝正史の世界。
四万温泉17 四万温泉16 

部屋にはこたつ
お姉さんがお茶を入れてくれ、宿の説明が終了。
四万温泉18

さっ!元禄の湯へGO!
四万温泉21

ドアを開けた瞬間いきなりコレ!
四万温泉22

なんと脱衣所も風呂も一緒

他のお客様の迷惑になるので、撮影禁止と書いてあるけど、
だ~~れもいないので写真撮りまくろう!
そこへ おばちゃんが一人やって来た
すいません、先に写真撮らせてください、と申し出る。
年季の入った蛇口
四万温泉23

映画では、元禄の湯に八百万の神々がどんどん入ってきてたけど、
私は おばさん一人に会っただけで、
風呂~部屋との往復路でも、だ~れも会いませんでした。

夕食は20時から部屋で懐石料理のフルコース。
それでは足らないかも?と
オプションとして上州牛のたたきを事前に予約していました。
それがコレ↓直径20cm以上の器
四万温泉24

上州牛のたたき、下にはレタス等野菜たっぷり、
これで一人前?三人前くらいない?
と思って、お運びのお姉さんに聞いたら、
これでも一人前ですって!まじ?
ポン酢、ネギ、もみじおろしを付けていただく

デザートにまで手抜きがない、素晴らしい料理でした。
この料理達は月替わりらしい。

米粒ひとつ、汁一滴、レタスひとかけら、残さず食べました。
これこそ、私(笑)
ああ!なんたる、幸せ。

俗世に戻ってしまったので、再度、夢の世界へ
今度は「杜の湯」

「杜の湯」への廊下
四万温泉25

だ~れもいませんでした
四万温泉26

外には露天風呂。上が熱いので棒でかきまぜてお入りください、と貼紙。
かきまぜても熱いよう!
四万温泉27

もうひとつの「岩風呂」
なんと混浴です!
でも、20:30~21:30は女性専用なのでした。
ここは、ぬるかった~
四万温泉28 四万温泉29

部屋に戻って22時には、お布団へ。
ふだんこんな時間に寝ないので、なかなか眠れませんでした。


目が覚めたら4:47、ふだんより1時間早い起床。
当然、まだ真っ暗。
もう眠れないので、まだ行ってない風呂へ

山荘の湯(家族風呂、貸切用)
「使用中」の札にして、鍵をかけて貸切にして入ってくださいと言われていたので、その通りにする。積善館で一番小さい お風呂だけど、これくらいの風呂しかない宿も多いよ。これで4つの風呂全制覇(^^)v

四万温泉30 四万温泉31

再度、浪漫のトンネルをくぐり、元禄の湯へ

何度も書くけど、横溝正史か江戸川乱歩の世界
横溝正史

外の温度計は3度
5時台、だ~れもいません。あ~極楽極楽!
暗いとちょっと違う雰囲気
四万温泉32 四万温泉33

朝食も素晴らしいものでした。

スティック並みのデカイお箸↓
四万温泉34 四万温泉35
と驚いていたら、分ける時に使うやつで、
普通に使うお箸は手元にありました。


館内で見つけた、おもしろいもの
四万温泉36

エレベーター「5歩先の右側」

なんじゃこりゃ?!
と思うでしょうが、そうなんです!
造りが複雑で、いろんなところにドアがあったり階段があったりするし、
エレベーターそのものが目立たないんです。溶け合っていて気がつかない。
カメレオンみたい。
たったの5歩!
5歩右に行ったけど、最初は4秒くらいエレベーターを見つけられませんでした。

部屋に戻った後、帰り支度をして、再び「杜の湯」へ
昨日は夜だったからちょっと違う感じ。
四万温泉38 四万温泉37

チェックアウトは10時なのに、9時半まで入ってました
あ~~~、お風呂を持って帰りたいよぅ!

チェックアウトをした後、坂を登り、ちょっと高いところから積善館を見るとこんな感じ。
四万温泉39

平日で人が少なかったけど、四万温泉は観光地じゃなく、
湯治目的の人が来るところなんだな、と激しく思いました。
大勢で行っても、ぺちゃくちゃギャーギャー騒ぐところじゃない。
本当に静か。山&川のセットで森林浴&マイナスイオンでいっぱい!

心身の浄化に行ったので、風呂に入るか部屋でテレビを見る以外、
本気で何もしませんでした。
やっぱり温泉はいいな!


スポンサーサイト
コメント
素敵な温泉ですね~ 
古き良き日本! 
角から、袴姿の女学生が出てきそうな雰囲気です。



2010/12/31(Fri) 21:40 | URL | カメラ好き | 【編集
うわ
温泉行きたいです。まさにタイムトリップ出来そうな場所ですね。

湯船につかったウサギの絵を年賀状にガンガン描いてたので、温泉熱がちょうど盛り上がってたのです。

うー、来年もよろしくお願いいたします(笑)
2010/12/31(Fri) 22:03 | URL | お灸 | 【編集
Re: タイトルなし
■カメラ好きさん

> 角から、袴姿の女学生が出てきそうな雰囲気です。

袴じゃないけど、食事を運んでくれるお姉さんがそういう感じでした。現実とぜんぜん違う世界に足を踏み入れた、映画と同じような経験ができました。オススメの宿ですよ。でも、ほ~~~~んとうに何にもすることがありません(笑)





2011/01/02(Sun) 00:02 | URL | Mamiko☆ | 【編集
Re: うわ
■お灸さん

本当、タイムトリップした感じ!
しかも、一人で行ったからまるっきり日頃の生活を忘れられましたよ。ココに長い間いたら、現実に戻れないでしょう(笑)

2011/01/02(Sun) 00:05 | URL | Mamiko☆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可