DIFFER有明で開催された日本最大級のドラム&パーカッションの祭典、
『第1回 リズム&ドラム・マガジン・フェスティバル』に行ってきました。

新橋から12コ目、ゆりかもめ線「有明テニスの森」下車。
17:15、降りたのは私だけ。改札も駅員さん見当たらず。さびしーーー。
駅から夕日のレインボーブリッジを見たところ。

odaibasunset

改札出たら「2016年東京オリンピック 選手村予定地」の看板が。

mura

DIFFER有明とはどういうところか?
調べてみました。Wikipediaより。

日本初の格闘技専用アリーナを謳い文句に、2000年にオープンした。プロレス団体プロレスリング・ノアが本社事務所を置いている。バブル期に存在したライブハウス・ディスコの「MZA有明」と同一の建物である。

なーんだMZAか。

differ


入り口のだいぶ手前でチケット(前売3500円)もぎのスタッフがいて、
チラシがはいったドラムマガジンの黒いビニール袋をくれる。

入口のドラムマガジンのブースで、フェス記念Tシャツを購入。
1,000円引きで2,500円だったんだけど、初日は3,500円だったのかしら?

幕張や晴海での展示会には何度も行ったことがあるけど、それをものすごーく狭くした感じ。出店楽器メーカーは20くらいでブースは12くらい。あっという間に見て回れる。だいたいどのブースもスネアドラムが数台展示してあり、みんな叩きまくっている。うるさ~い。
9:1か8:2くらいで圧倒的に男性多し。

ドラマーじゃない人もいると思うけど、ドラマーがうじゃうじゃ。なんだか嬉しい。
もし今ここが壊滅して全員死亡したら、路頭に迷うバンドがいっぱいいるだろなー。
ここでメンバー募集をしたら、良い人材が見つかると思うなー。
などとバカげたことをいろいろ思う私。

17:30~ 大儀見元 presents PALMA HABANERA
Sayaka(vln) 小泉哲夫(b) 斎藤崇也(key) 柴田亮太郎(flamenco guitar)
のライブ演奏を見る。この人は、オルケスタ・デ・ラ・ルスを作った人で、米米クラブや渡辺貞夫、日野晧正、熱帯JAZZ楽団、、他のツアーやライブに参加してる人。

わたくし思うのですが、パーカッションの楽譜って(見たことあるけど)複雑きわまりない!丸覚えというか、フィーリングでやるしかない。パーカッションは決まったセッティングがないので一番個性が出ると思うし、運搬大変だし、お金かかる。もっとも原始的で奥の深い楽器だと思います。パーカッションをやる人は凄い!

18:30~ファンク・ジャズ・ロックバンド、ギャラクティックのドラマー、スタントン・ムーアのライブパフォーマンス。私は知らなかったけど近年のニューオーリンズを代表するドラマーらしい。まだ若そう、いや若い!ホールの中央にステージを作りそこでの演奏&講習。とてもフレンドリーで、かっこいいドラミングを教えてくれたので、メモメモ。

再びブースコーナーへ戻り、Music Land Keyで3,000円の福袋購入。

このイベント最大の目玉、テリー・ボジオのパフォーマンス30分前にホールに入り、立ち位置確保。鼻の穴までは見えないけど、目や顔の表情が見える位置をゲット。3,500円でこの距離で見られるなんてコンサートでの来日だと考えられない。

テリーを知ったのはいつ頃かを考えてみたら、高校生の頃、プログレバンドUKのNight After Night(1979年発表)を聞いたのが最初だと思う。それと、Missing Persons。
フランク・ザッパのバックでも有名だけどね。
Missing Personsはテリーの唯一商業的に成功したバンドらしい。

驚くべき テリーのドラムセット。クリックで拡大。

terryset

近年は30枚以上のシンバル、計27個のスネア、タム、6個のバスドラム、10以上のフットペダルに囲まれた要塞セット。タイコの音階を細かく変えることで、ドラムでメロディを奏でることに近年傾倒している。当然、組み立てにかかる時間も世界屈指で、数名のローディーが同時進行で作業を行っても数時間を要するらしく、最近では、輸送にも莫大な金額と手間が掛かるようになったため、日本を含む世界各国にドラムセットを保管してあり、ツアーの際にはそちらを使っている、そうだ。

このドラムの要塞をどうやって使うのかと言うと
こうです↓

Terry Bozzio Drum Solo



ふつうのロックのやかましい&かっこいいドラムソロを期待する人は裏切られる。タムには、コードが書いてあり音階が付いていて、ティンパニーやマリンバみたいに使うのだ。6個の音階のあるバスドラを使うことにより、ベースの役割をする。
東南アジアや南米の植物を乾燥させたような楽器もあり、効果音みたいに使っていた。そして一度しか使わなかった(笑)

「リズムを刻むドラム。音楽の要となるドラム」ではない。
足でベースをやりながら、手ではメロディを奏でる、ちょっと癒し系、そんな感じ。
だから、ふつうのドラマーがこのセットに座っても、用途が違うから 叩けないかも。
ただ、座ってみたいとは思う(笑)

アンケートで、見てみたいドラマーは?というのがあったので、
シーラE.とシンディ・ブラックマンと書いておきました。
来年もあったら絶対に行こ~っと!

スポンサーサイト
コメント
ワオッ!
早速のリポを有難うございました!

そうですね!こうなるとドラムだけで一種のオーケストラですね!
UKの頃のテリー,若かったですね。今はいい歳の食い方してますね!

昨日,神保さんも行ってましたが,楽器に終わりはないですね!
今月の「ドラム・マガジン」の表紙,シンディ・ブラックマンですかね!?

24日のシェーン・ガーラス,近くで見たかったなぁ!
シェーン!カムバック!!(違うか~)
2009/01/27(Tue) 00:48 | URL | りーまんどらまー | 【編集
Re: ワオッ!
> 今月の「ドラム・マガジン」の表紙,シンディ・ブラックマンですかね!?

そうで~す!創刊号から買ってますが(全号ではないけど)こんなに大勢の女性ドラマー特集は初めて。知っている人も載っていて、おもしろかったです。
「載ってるよ!」と教えてあげたら、本人知らなくて、あわてて買いに行ってました(笑)
2009/01/27(Tue) 18:45 | URL | Mamiko | 【編集
ショック!
創刊号からですか!?
恐らく「ドラムマガジン」は200号は出てますね!

タイトルの何が「ショック」かって?OCEAN・甲虫楽団・Harbor’sどらまーさんの
ドラムに対する真摯な態度です。
「パパロック」に入ってまず感じたのが,MAMIKOさんのスネアを大切にしてる姿でした。
他の(SHADESも含めて)バンドのドラマーはリハが終わって,スネアーをステージに置いていたのに,MAMIKOさんは各BANDの控エリアでスネアを大事そうに抱えていましたね!
その時から「んっ!この人は・・・ただ者じゃない!」と感じました。
見習わなくては!

今月号,シンディ・ブラックマンさんのジャズとロックのドラミングの違いとか,体力とか,ヤッパリ練習あるのみとか,女性だからこその努力が
よく出てましたね。
えつこさんもチャイナさんもシーラEさんも載ってましたね。

この続編の「帰りの電車の中で福袋を開けちゃいました!」は笑えました。可愛いですよ!(失礼)
でも,凄い福袋でしたね!

2009/01/27(Tue) 22:55 | URL | りーまんどらまー | 【編集
Re: ショック!
最近スネアにハマっていて、コレクションしたくなってきました。
ギターやベースと違って、スネアだけだと何もできないのにね。

楽器って キレイじゃないですか?
LudwigのLM400なんか、ピカピカでうっとり。
他のSONORとPearlのやつも、ウッドシェルがかっこよくてうっとり。
ブラックビューティーなんか買ったらどうなるんでしょ?(笑)

叩いた時のアノ、腕にくる衝撃も。
ドラマーじゃないとわかりません!!キモチいい!

今月号のドラムマガジン、チャイナが載っててびっくり。
故人なのに載って、、、、チャイナも天国で喜んでいるでしょう。


2009/01/28(Wed) 20:35 | URL | Mamiko | 【編集
こんにちは。
告知失礼いたします。

スタントン・ムーアがGarage A Troisにて来日決定!
Garage A Troisのニューアルバム「POWER PATRIOT」も12/17発売!

ニューオーリンズ出身のファンク系ジャムバンドの雄・ギャラクティックのドラマー、スタントンムーアが「自らが最もやりたい演奏を体現しているプロジェクト」と公言し、シアトル出身の奇才サックス奏者、スケーリック、その盟友でパーカッショニスト兼ヴィヴラフォン奏者、マイク・ディロンの3人を中心としたサイドプロジェクトとしてこれまでの数々の名演を繰り広げてきたGarage A Troisに、フジロック'06の雨のフィールド・オブ・ヘヴンの演奏も鮮烈だったベネヴェント・ルッソ・デュオのキーボード/コンポーザー、マルコ・ベネベントが加わり更にスケールアップ。

ジャム/インプロシーンを代表するプレイヤーの突発的かつ刺激的すぎる究極のプロジェクト、ガラージ・ア・トロワがついに、初来日!

Organic Groove feat. Garage A Trois
~岩ト開キ~

2010/01/31(Sun)
Shibuya DUO
open 17:00 / start 17:00
adv 4,800yen / door 5,500yen

Live:
Garage A Trois
and more...

more info
http://www.contrarede.com/top.html
http://www.myspace.com/organicgroove

Please join the Organic Groove Community!!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=53273
2009/11/05(Thu) 11:21 | URL | オーグル | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可