9/14〜15日にかけて歩いた由比〜府中(静岡)の続き。

9月15日(日)
21時にベッドに入ったのに3時間くらい眠れず、結局 記憶がなくなったのが0時頃。
睡眠時間6時間。まっ、いいか〜
コンビニでサンドイッチ2パックと しずおかコーラを購入。ほんのり お茶の味のするコーラ。瓶なのがネック。
静岡1 静岡2

ニュースや天気予報をチェック。雨は降らなそう。
静岡3

ちなみに、私は道中、ネット環境がないのです!
驚かれるけど、印刷してきた地図だけを見て進んでます。


7時すぎにホテル出発。ほとんど人がいない静岡駅と地下街。
静岡4 静岡5

北口を300mくらい北上した江川町がスタート地点。
7:15出発。昨日とろろ汁を食べた「丸子」へ向かう。

土曜の朝、人 ぜんぜんいない。
静岡6 静岡7 静岡8

この道ね、今まで日本橋から歩いてきた中で一番長いまっすぐ道かも。
208号 本通りの一本東側。「まっすぐ道大賞」をあげます。
静岡9

有名な安倍川餅屋さん。開店前なのが残念。
静岡10 静岡11

安倍川を渡ります。向こうからは自転車に乗った中高生がわんさか来る。
静岡12 静岡13 静岡14

渡り終わって振り返ったら、富士山が見えました。写真でもわかるよ。
静岡15

藤枝まで17km。余裕で行けるな。今日はその先まで行きたいんだもん。
静岡16 静岡17

丸子→岡部→藤枝に行くので、こういう標札は丸子と藤枝が完全に離れてる感じがして、フクザツ。
静岡18

丸子宿エリアに入りました
丸子1 丸子2

道標の隣がゴミ置き場なのが残念
丸子3 丸子4

昨日からそうだったけど、家で穫れた野菜を家の前でほったらかし状態で売ってるところが多い。
丸子7

丸子5 丸子6

昨日はバスで行った「丁子屋」の手前はこんな感じ。
丸子8

8:20なので もちろん 開店前。昨日来ておいてよかった。
丸子9 丸子10

店の人が掃除をしていたので、挨拶して昨日来たことを話し「写真を撮ってもらえますか?」と言ったら、店の暖簾を出してくれました。開店まで2時間半もあるのに。親切。
丸子11 広重丸子
ね?浮世絵と同じでしょう?

店の前はこんな感じ。
三枚橋から箱根に向かうところちょっと似てる。
丸子12 丸子13 丸子14 丸子15

この先 道を間違えて時間をロスすること40分くらい。
なぜ間違えたのかと言うと、静岡は自転車専用道路が完備されており、
まさか地図に自転車専用道路が載ってるなんて思わず、正しい道を1本間違えてしまったのだ。
ここまで来たら「五十三次のカン」があるんだけど、石を積んだトラックが往復していて、なんとなくおかしいな〜と思いつつも進み、正しければ国道1号を横切るはず、でも、この地面がトンネルでそこを国道が走っているに違いない、と自分を信じて歩く。

一歩一歩 自信がなくなる景色
30分は間違って進んでることになる、
せっかくここまで来たのに戻る勇気がまだない。

山の入口になり「マムシに注意」の看板。
山を登るにしても、五十三次ならもっと登りやすく整備されてるはず。
これは間違ってる!と確信したのです。

ガックリと10分くらい元来た道を戻っていたら、おばさんが運転する軽トラが来ました。
手をふって軽トラを止める私。

私:すみません、道を間違えたみたいなんですけど、ココはこの地図のこの辺ですか?
おば:あんたどこへ行きたいの?
私:岡部
おば:そりゃ、ぜんぜん違う!あっちのほうだよ!
私:あ〜〜〜〜やっぱり。だいぶ歩いちゃった、戻らなきゃ
ありがとうございますぅ。

自分の間違いを認めたくない、もう少ししたら合流できるはず、、、それなのにそれが間違っていたとわかった時のショックは大きい。この2行は後で書き足した部分なのですが、この時の経験がこの先、活きることになりました。

この後、神様&仏様のご加護があって、無事 正しい道へ戻る。
さあ!気を取り直して歩き始める。
こういう時こそ、落ち着かないとね。

私が間違って行った 採石場方面はこちら(笑)
丸子16 丸子17 丸子18 

空がすごくキレイ。でも暑いよ。
このあたりで むこうから60代くらいの地図を持ったおじさんが来たので声をかけた。
おじさんは、藤沢在住で五十三次歩きの2度目の途中だそう。
1度目は日本橋からだったけど、2度目は京都から歩いているそうな!
「来た時と見える景色が違ってイイよ」と言ってました。

大嫌いな歩道橋を渡る。京都方面。
この先に宇津ノ谷峠への入口があるはず。

丸子19 丸子21

次の岡部の浮世絵はこのあたり?
岡部1 広重岡部

ありました。道の駅。トイレと自動販売機しかありません。
岡部2

ここを右折。行ったことある人しかわからないよね(笑)
岡部4 岡部5

宇津の谷峠の入口
岡部6 岡部7

ぺっちゃんこの建物。
岡部8

こないだテレビで杏が「五十三次のど真ん中を歩く」をやっていたのを見て、もうすぐ行くとこだ~~~~~と思った。宇津ノ谷峠への入口、風情があるが早いからまだ誰もいない。
岡部9 岡部10 岡部11

かろうじて、観光客っぽい60代なかばの女性達10人組とすれ違ったので挨拶。
岡部12

上から見るとこういう感じ。
岡部13

さあ、登ります。ここでステッキを使いました。
岡部14 岡部15 岡部16 岡部17 岡部18 岡部19

あっという間に登り終わって、下った。
今までいくつもの峠を肥えているので、らくちん。
岡部20

髭題目碑。地面は苔。
岡部21 岡部23

またふつうの田舎道へ戻る
岡部24 岡部25

次の宿場町 岡部にはいりました
岡部26 岡部28 岡部29

たとえば、こういうところがあって、
岡部30
左が車やバスが通る道、右が人の家のほう。
であっても、右が旧東海道ならば、こっちを行かなくてはいけません。
こういう場合、それが遠回りであることがほとんど。
近道は使ってはイケナイのだ。

歴史博物館と公園
岡部31 岡部32

昔を保存しようと努力しているのがわかる街
岡部33 岡部34 岡部35

岡部36 岡部37 岡部38

西から来るとちゃんと ココが岡部宿の入口ですよ、ってわかる。
岡部39 okabe40.jpg

今 来た道を歩道橋から振り返る。さよなら岡部宿。
岡部41

次の藤枝宿へ向かう。
こういうところも、右の交通量の多いほうでなく、左の道が正解なのだ。
岡部42

火事の時に鳴らす?
藤枝1

この辺も 家の前には野菜販売。
藤枝2  藤枝4

須賀神社
藤枝5

弥次喜多道中にも載っている 須賀神社のクスの木
藤枝6 藤枝7

なかなか食べる場所がなく、やっとお昼。
モスバーガーの豚天バーガー
藤枝8

藤枝の浮世絵。人しか描かれていないのは場所を特定できない。
江戸時代 この辺にたむろしていたんだろうか?
広重藤枝 藤枝9

藤枝10 藤枝11 

暑くて誰もいない。道路にぜんぜん日陰がありません。
藤枝12 藤枝13

橋の下であそんでる人がいる
藤枝14 藤枝15 藤枝16

ぎゃ〜〜〜!名古屋という文字が出てきました!159kmだって!
何ということもない風景が続く
藤枝18 藤枝21

島田宿にはいりました、一里塚
藤枝22 藤枝24 藤枝25

ご自由にお飲みください。
藤枝26

島田刀鍛治
藤枝27 藤枝28

松尾芭蕉の碑
藤枝29

JR島田駅(東海道線)
藤枝30 島田駅

島田駅2 島田駅3

島田万歩計

府中(静岡)〜島田 49,654歩
(この万歩計は次の日に撮ったので、1日前となってます)

2日で52.4km 約91,000歩。
これよりも、5月に1泊2日で歩いた
国府津~小田原~箱根~三島~沼津~原のほうがず~っとキツかった。

復路、島田→熱海 各駅停車でなんと2時間!
熱海→戸塚 1時間ちょい。
計、3時間乗りっぱなし!
今どき、新幹線でも3時間乗らないよ(笑)
おかげで 熱海がものすごく近く感じるようになりました(笑)

島田まで歩いておいたら次回がラクになったぞ~

さようなら駿河の国(沼津~島田)
こんにちは遠江の国(金谷~白須賀)

次回、島田→金谷→日坂→掛川→袋井 27.1km
袋井、ここが東海道五十三次のど真ん中!!わ~~~い(^^)/

前回は右足の甲が痛くて、疲労骨折寸前だったけど、今回は
腰が筋肉痛になったくらいで、他はどっこも全然痛くありませんでした。

道中地図

スポンサーサイト
コメント
No title
やはり峠は風情がありますね。

ところでモスの「豚天」、
「ぶたてん」と読みますか?「とんてん」と読みますか?
先日モスで店員さんが
「この間お客さんに『とんてんを1個』って言われて
 一瞬えっ?って聞き返しちゃった。私たちは
 『ぶたてん』って当たり前のように言ってたから」と
お話していたのを思い出しました。
まったく違う話ですんません。

ところで行き帰りの電車の中では何してらっさるの?
2012/09/30(Sun) 20:47 | URL | 鯖鰯光 | 【編集
Re: No title
■鯖鰯光さん

この先も峠はまだまだあるけど、いろんな人達のブログを読んでいたら「箱根に比べたら!」と言い聞かせて登っているようです。傾斜は箱根と同じくらいだけど、長さが違う。箱根は何度も何度もなのだ。

「豚天」?
え〜〜〜っ!考えてみたこともなかった!
私は「ぶたてん」でオーダーしたと思う。

豚まんは、ぶたまん。
西日本の人間なので、豚はブタと読みます。

> ところで行き帰りの電車の中では何してらっさるの?

ものすごく良い質問ですv-290

往路は、眠って行き過ぎてしまったら大変なので、起きて外を眺めてます。
道中は ばっちりな東海道線沿いではないので、「ひとつ向こうの道を歩いてたんだなぁ」とか「ここらへんは山のほう登ってた」とか「このへんは家のあたりを歩いてた」とかね。前回の想ひ出にふける。

復路は、、、、島田〜戸塚間の3時間。
焼津駅に停車した時、そういえば焼津は歩いてないな、その辺は岡部のあたり歩いてたんだ〜とか、そーゆー事考えてます。
眠っても30分くらいしか経ってなくて、ず〜っとぼんやりしてました。
海側を見るように座るか、山側か、とても悩みます。
復路が海側なら、次回の往路は山側にしようとかね。

2012/09/30(Sun) 21:12 | URL | まみこ☆ | 【編集
安倍川餅で有名な石部やさん、行けなかったんですね〜(T_T)残念。
こちらの安倍川餅は作りたてを出してくれ、パックのものとは風味も美味しさも全然違うの。次の機会に是非(^O^)/
宇津の谷峠、小学生の夏歩いたなあ。懐かしい!
2013/05/11(Sat) 18:35 | URL | S崎 | 【編集
Re: タイトルなし
■S崎さま
安倍川餅屋さんの前を歩いたのは朝の8時すぎ。
道中歩きって、朝早くから始めるから、小田原のういろう屋、かまぼこ屋、そういうところも、ぜーんぶ開店前でした。絶対にはずせない丁字屋みたいなところは、前日に行っておく。そういう方法しかないのです。歩いている最中でも、あんまり寄り道したくないからさっさとチラッと見るだけどか、ストイックですよ。
宇津ノ谷は秋に母を連れて行く予定です。
2013/05/11(Sat) 18:58 | URL | まみこ☆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可