歩いてからもう1週間以上たってしまいましたが、書きます。

10/26(金)仕事の後、街道歩きの続きをしに前回の最終地点 島田へ向かう。
しずてつバス横浜~静岡行き2,700円を利用。
16:45 元町・中華街・横浜人形の家からの乗客は私ひとり。
みなとみらいのパンパシフィックホテル前では、誰も乗ってこず。
横浜YCATで5人乗って、出発する寸前、2人乗ってきて、計8人で出発。

東名高速の横浜町田までが渋滞、その後はスイスイ。
足柄SAでネギトロ巻きとジャンボソーセージと安倍川もちを買い車内で食べる。

バスは清水市で高速を降り、いくつか地元停留所に停止。
静岡駅前には時刻表通り 20:20着。
運転手さんに「ありがとうございました。ピッタリですね!」と言ったら、テレていました。
JRで行くより200円高いけど、バスは乗りっぱなしでいいし、休憩するからラクチン。

月と静岡駅
夜の静岡駅と満月

JRで前回の最終地・島田へ。30分くらいかかる。
21時頃ホテルへ到着。
シングル予約なのに「ダブルルームをお使いくださいませ!」ラッキー(^^)v
コンビニで餃子とサラダを購入し部屋で食べる。

10/27(土)

ひゃっほう~~~~!今日も元気に出発だ!
朝食は食べ放題。ヘルシーなものばかり。お腹いっぱい食べました。
島田2

天気予報は晴れ。気温はこんな感じ。島田は御前崎が近いのでしょうか。
島田1

駿河の国、長かった~~~~~~!

さようなら駿河の国(沼津~島田)
こんにちは遠江の国(金谷~白須賀)


8時出発。歩いて20~30分かな、越すに越されぬ大井川。
さすが橋の向こうが見えません。
島田3 島田4

浮世絵とくらべる。ちょっと上から見た図だよね。
浮世絵島田

水はキレイ。川幅は とてつもなく広いが 流れ自体はところどころという感じ。
昔は水がいっぱいだったのかな。
島田5

箱根越えより大井川を渡る方がずっと楽だった(笑)

次の金谷の浮世絵は大井川を金谷側から見たところ。だいぶ違うね。
浮世絵金谷 島田6

川渡ってすぐを左折して この看板に従う。
金谷1 金谷2
金谷3 金谷4

ちょっと寄り道。大井川鉄道 新金谷駅。
鉄道マニアの人気スポット。
金谷5 金谷7
金谷8 金谷9

ホントは島田を7時半くらいに出たかったけど、ここの売店が8:30からなので、遅く出たのです。
日にちが入ってなかった↓
金谷6

街道に戻って進む。 しばらく直進。
金谷10 金谷11

ここを左折なのだが、もうすこーーし真っすぐ行って寄り道。
金谷12

寄り道したところは、JR金谷駅と大井川鉄道金谷駅のところ
金谷39 金谷40
観光課があって、金谷峠への道の確認をしたら、丁寧に教えてくれました。紙一枚も荷物を増やしたくないのに、数枚地図をくれた。嶋田の手ぬぐいを買いました。
島田てぬぐい

少し戻ってさっきのところを曲がる。
金谷13 金谷14
金谷15

これ登るの? す、すごい急です!
金谷16 金谷17

3大難所のひとつ、金谷坂の始まり。すぐ 石畳茶屋がある。
金谷18 金谷19

雨だったらツルツルで大変だ!
金谷20 金谷21
金谷22 金谷23 金谷24

まみプーと茶畑
金谷25

登ったら必ず 下りがあります
金谷26 金谷27 金谷28

間の宿、というのは宿場街と宿場町の間にある、準宿場町みたいなもの
53次には入らなかった時点の宿場、菊川宿。
金谷29 金谷30 金谷31

ここからコンクリートのキョーレツな坂のはじまり。
金谷32

浮世絵日坂
浮世絵日坂 金谷33
金谷34 金谷35

茶畑のまんなかをかなり歩き続けます。
金谷36 金谷37 金谷38

間の宿 菊川
日坂1

このへんが「小夜の中山」と言われるところかな。
久延寺。夜泣き岩がある(写真右)
日坂4 日坂5

接待茶屋跡
日坂2

小夜の中山公園
日坂7

日坂8 日坂9
日坂10 日坂11

こういうふうに真ん中に道標があるとわかりやすい。
ここは左側へ
日坂12 日坂13

夜泣き石跡。どんどん下る。
日坂15

ちょっと来た道を振り返る。きれいだねぇ。
日坂16後ろ

あいかわらず茶畑
日坂17

七曲がり坂。すっごい急!
日坂18 日坂19
日坂20 日坂21

やっと下界へ降りました
日坂22
こんな感じだったらしい
日坂23 七曲がり

扇谷本陣跡
日坂25 日坂26 
日坂27 日坂29

本陣跡。ご自由にご覧くださいと書いてあって、中には誰もいませんでした
日坂30 日坂31 日坂32

川坂屋旅籠
こちらには解説のおじさんや観光客がいました
日坂34 日坂35 日坂36

高札場。おふれ等を貼り出してた 掲示板のようなもの
日坂37

ここを右へ。これからは現実的な道。
日坂39

一番左のは島田へと書いてあり、真ん中は掛川へ、右は袋井・浜松へ。
私は島田から来て、掛川を通って袋井へ行くので、この看板はフクザツ。
ここから左で元来た島田なんて、遠回りしてきた感がありあり。
日坂40 日坂41 
掛川2 掛川4

道路脇にハンバーガーとホットドッグとたこ焼きの店がありました。
ドライブしてる人達があとからあとからやって来ます。
私もたこ焼きを食べ、ここでこの日 初めての休憩をしました。
12:10くらい。4時間歩いた~
掛川5 掛川6 掛川7

ここもまっすぐ行きたいところだが、左へ。
500mくらい歩いたら合流するんだけどね。
掛川8 掛川9 掛川10

浮世絵の「掛川」凧が飛ばされています。
昔から風の強いところなんでしょう。このあたり?
浮世絵掛川 掛川11 掛川12

ここ左だと思うでしょう?
掛川15
ところが真左に行く道があるんだな、この両方でもない。
七曲がり。ここは詳しい地図がないとキビシイ。
掛川16 掛川17 掛川18 掛川19 掛川20

ちょっと淋しい商店街
掛川21

掛川駅のそば。13:15くらいに着いた。
掛川22 掛川24

清水銀行には驚いた!
掛川25 掛川26 掛川27 掛川28 掛川30 掛川31 掛川32 掛川36

松並木。こういう道を歩くのが一番好き。
だって、間違えないし。
左側は田んぼ。
掛川37 掛川38 掛川39

目安箱がありました。こんなとこでどんなことを投書するのでしょう?
掛川40 掛川41

車がかなり走ってる道にぶちあたる。
道中を歩いている人が渡っちゃうんだろうな。
地下道を歩くように!という看板。
掛川44 掛川45

逆行で見えにくいけど、袋井市に入りました!
東海道を京都に向かって歩くのは、西に進むことになるので、昼すぎると逆光になるのが難点。
袋井1 袋井2
袋井3 袋井4

矢を向けられて ひゃ~~~っ!命だけはお助けを!
よーーく見ると案山子でした、という浮世絵。
袋井5

右側は大きな工場が並ぶ
袋井6 袋井7

着いた!袋井宿。日本橋からも京都三条からもどまんなかの宿場。
袋井11 袋井12
袋井13 袋井14
袋井15 袋井17

この 弥次さん喜多さんの顔出し看板は、三嶋と見付にもあったな〜
袋井18 袋井16

浮世絵のところが「どまんなか茶屋」
浮世絵袋井 袋井19

ここの店にいた 2〜3人のおじいさん達につかまること40分(笑)
袋井22 袋井24 袋井25
袋井26 袋井27 袋井28
袋井29 袋井31

ホテルにチェックインして万歩計を見る、40242歩。16:12。
袋井32

部屋でちょっと休憩して、寿司屋「山梨屋」ふわふわセット1350円 を食べに行く。
袋井33 袋井34 袋井35 袋井36 袋井37 袋井38
レンゲでの感触はビール。上はタマゴを泡立てたやつで下がダシ汁。
茶碗蒸しとぜんぜん似てません。使っているタマゴは1個だそうです。

袋井駅まで散歩。
袋井39

ど真ん中の夜 オワリ。
日本橋からでも、京都三条からでも ど真ん中の 袋井。
もう半分来た。まだ半分。
これから後半だ!

写真 かなり はしょってます。
ホントはもっとたくさんあるし、距離も実際はながーーいんだから!

↓「拍手」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
No title
わぁ、確実に歩を進めてる! どんどん差がつくなぁ・・・必ず追いつくぞ!
2012/11/10(Sat) 08:15 | URL | Hobo | 【編集
Re: No title
■Hoboさん

返コメント遅くなってすみません!
この日記は袋井までですけど、翌日 浜松まで歩いたんですよ。
忙しくてなかなかアップできないんですv-356
そして、11/11と12で浜松〜岡崎まで歩いてきました!
なんだか先が見え始めましたよ。
もう今年は歩かないので来年になりますが、、、、
がんばりましょう!
2012/11/13(Tue) 23:47 | URL | まみこ☆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可