ひとつ前の袋井までの翌日に歩いた 浜松までの日記です。
アップするのが2週間以上遅くなってしまった

10/28(日)6時起床。朝焼けだけど、ちょっと曇ってる。
袋井41

今日の気温は20度。降水確率は午後から80%!
袋井42

早く出て 少しでも進んでおいたほうがいいね。
浜松までは22.2kmだから、13時頃には着くように。

朝食は350円で好きなだけ食べられる。
血が必要だから、ひじき、ソーセージをいっぱい食べた。
袋井43

7時半出発!

ホテルと駅の中間くらいに袋井本陣跡がある。
袋井44 袋井45

いざ西へ!

袋井46 袋井47

街ん中、どまんなかだらけ。どまんなかを売り&誇りにしている。
袋井48 袋井49

どまんなか小学校。本当の名前は 袋井西小学校
袋井50

国道へ出ると見たことがない大きいニワトリがいました。私の背くらい。
袋井51

この道を右側へ。
袋井52 袋井53

一里塚
袋井54 袋井55

袋井市とさようなら。磐田市へはいります
袋井56 袋井〜磐田市

松並木
袋井58 袋井59

緑のトンネル
袋井60 見付1

江戸の古道。この道を進むのではありません。
見付2

道、あってるのかな? ちょっと自信がなくなってきたが、こういうのがあれば大丈夫。あってる。
見付3

西側はこういう道。かなーーーーり真っすぐ歩きます。
でも、こういう道、大好きだ。
見付4

植物にも癒される
見付5 見付6

常夜灯。静岡県にはいったときから、ところどころにある。
見ると安心感がわく
見付7
「秋葉常夜灯」としるしてあるのがほとんど。
火防の神として古くからあがめられた秋葉山信仰によるもので、信仰や供養のあかしとして、人々が各地に灯籠を寄進したんだって。
道標の役目をはたしたり、分岐点に多いそう。←これすごく大事。

私はてっきり「秋葉」という大金持ちが寄贈したのかと思ってました。
箱根降りたあたりから、ずーーっとあるから、すんごいおカネモチだなと。

まーーーーすっぐ歩いてきて、坂を下ったところにあった記念碑
見付8
京都方面から来る人のためみたいな感じ

ここらへんから次の宿場町・見付。富士山が見えてたから「見付」らしい。
見付9

この見付から次の浜松までが 東海道五十三次の間の最長距離「16.4km」なのだ!
いざ覚悟!

後はJA
見付10

旧見付小学校
見付12 見付13

浮世絵のところ、まったく見当もつきませんでした。
浮世絵見付

磐田駅方面へ向かうと、姫街道への分岐点がありました。
見付15

姫街道というのは、
東海道見附宿(静岡県磐田市)と御油宿(愛知県豊川市)を結ぶ東海道の脇街道。
関所が「入り鉄砲に出女」に厳しかったことは有名だけど、この先にある新居関所では、『入り女』に対しても厳しい取り調べが行われていて、それを嫌った女性たちが、新居宿を避けて浜名湖の北側の陸路を通ることになったのが、東海道の脇往還『姫街道』の発祥と一般的には言われているそうです。

途中の神社で大骨董市をやってた。見たかったな。
見付17

Jリーグ、ジュビロ磐田のマスコット。男の子は反対側の道路にいた。
見付18 見付19

駅までの正面道路はキレイで人通りも多いのに、左右に曲がる道は誰もいない。
西へさびしい道を進む
見付20

何度も言ってますが、東海道はずっと国道1号線を歩けばいい、というワケではないのです。
あくまでの旧東海道ね。
見付21

一里塚
見付22 見付23

常夜灯
見付24 見付25
見付26 見付27 

天竜川
浜松1

数年前までは 左側にあるこの橋を渡らなくてはいけなかったらしい。
車と歩道者がギリギリでかなりキケンだったとか。
浜松2
私が歩いたのは最近?できた橋。歩道も車道も広い!
難所と言われる大井川より、水量も多いし、川幅も太い。
浜松3 浜松4

渡り終わるのに10分くらいかかりました!
大井川より川もずっと立派だったよ。
渡り終わって。左が歩いてきた橋、右が古い橋
浜松5

大きな川のそばには必ず神社がある。 川で命を落としてしまった人のために。
浜松6 浜松7

ここから先も、長ーーーーい間 まっすぐ歩く。

向こうから おばちゃんがやってきた。

おば:どこから来た?

私:今日は袋井から来ました。昨日は島田~袋井で。

おば:そりゃすごい。あんた 歩くの早いね。わたし、今 美容院でセットしてきたんだけど、向こうから見てたら、どんどん来るんだもん。早い早い。

あめちゃんをくれました。
浜松9

「お休み処協力隊」というのが所々にある。
浜松10

家の前にベンチがあって立ってコーヒー飲んでたら、家の人が出てきました。
浜松11

私:すみません、休ませてもらってます。
おばちゃん:どーぞ!どーぞ!こういうの、市が「置かせてくれ」ってやってるのよ。

えらい!浜松市!
見どころが何にもないぶん、こういう面で努力している。

お休み処は そこらじゅうにある
浜松12

吉原~蒲原なんて、見どころはあっても、ベンチや座れるところがぜんぜんなくて困ったもん。

ひたすら真っすぐ歩く。
浜松15 浜松16

横に延びてしまった松。
反対側からならきちんと撮影できるんだろうけど、同じ側だと撮れません。
浜松17

荷物がなかったら すあまが大好きな友達に買って帰るのに。
浜松19

浜松アリーナ
浜松22

あと3キロだ~
浜松23 浜松24

この相生町が、浮世絵のところと言われている
浜松25 浮世絵浜松

浜松市の繁華街に入りました
浜松26

寄り道して、浜松市楽器博物館へ 。浜松と言えばYAMAHAだよね。
小さい頃からオルガン教室やエレクトーンに通ってましたから。
浜松27

打楽器、弦楽器、管楽器、ぜ~~~んぶある。日本古来の楽器もね。
一番最初のシンセや もちろん一世風靡したDX-7もありました。
ドラムセットはなくて、メロディドラム。
エレキギターもありました。ベースはなかったな(笑)
グッズ売り場は まあまあ。クラシック系のグッズが多い。

ここ、すごーーーくキレイな建物でいいんだけど、一つ改善したほうがイイことがある。

トイレットペーバー。シングルでしかも紙が硬い。
まるで半紙だわ。残念!
こういうのはどこに言えばいいんだろう。

博物館を出たら大雨。
折りたたみ傘をさして、あまり濡れずに駅へ。
浜松の本陣などは、次回!
歩いている時は雨降らなかった。さすが晴女のわたくし

餃子を食べに駅チカへ。
ラーメン餃子セット、酢豚のついたセットとか
私はそーゆーのはいらん、餃子とゴハンだけでいい。
餃子12個とライスだけ頼みました。
浜松28
なんというか、家で作る餃子と同じ!
遠くまで来たのに家のと同じ味で、感動がない。

ここまでで34,466歩。23.4キロ。ぜんぜん疲れませんでした。
浜松29

前回(島田)までの帰りは、JRの各停を使ってたけど、今回からはさすがに新幹線利用。
うなぎは お店で食べると5000円とかするので、弁当にしました。
さっき餃子食べたのに、もう弁当!だってお昼、食べてないもん。
浜松30 浜松31
付いていた「静岡わさび」をつけると美味しかった。

14:11 発。静岡と新横浜に止まる「ひかり号」
15:23 新横浜着。

初めて復路で新幹線。
途中、あ~~~、この辺は 山道を歩いてたんだっけ、など記憶が蘇り感慨深い。
スピードが速いから思い出すのも早くしないと。

日本橋から浜松まで約252km 完歩。
京都三条まであと約240km

実は先週末11/11〜12に浜松〜豊橋まで歩いてきました!
そのブログをアップするの、今週末くらいになります。

読んでいただいてありがとうございます。
↓「拍手」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可