忙しくてブログが書けず、実際に行った日から2週間がすぎてしまいました
これは 2012年11月11日に歩いた浜松〜二川の日記です。

前日は友達のお芝居を見るために藤枝泊だったので(詳細はひとつ前のブログ参照)今回は藤枝駅からスタート。
藤枝のホテル 5:30起床。天気予報は午後から雨の確率大。
浜松32

藤枝駅。6:42の豊橋行きに乗る。
浜松33 浜松34

7:40頃 浜松到着。ここは大都会。たしか 静岡県で静岡市の次に大きい都市。
前回は 楽器博物館へ寄り、本陣跡とか かんじんなところへは行っていないので 20分くらい歩いてそこまで行く。
途中のコンビニでおにぎりを2個買い1つ そこで食べる。
藤枝のホテルの朝食は7時からで、その前に出発したから食べられなかった
浜松35 浜松36

都会らしく本陣跡がいくつか残っているだけ。
次の宿場町「舞阪」へ向かう。
浜松37 浜松38
浜松39 浜松40

この道標を見て がが~~~~ん 今日の目標の豊橋まで37km!
浜松41

この時点で今日は豊橋まで歩くのは無理!と思いました。
だってもう8時を越えてるし、一日に37kmも歩いたことないもん(笑)
天気もよくない。薄曇り。
浜松42

高札場跡。タコみたいな滑り台がある神社にありました。
浜松43 浜松46

麦飯長者?いったいどんな長者だろう?むぎめしちょうじゃ。
浜松47

この標識、豊橋は左、舞阪は右。
浜松48

豊橋は次の次の次の次の宿場町。
舞阪に行かなければ豊橋は近いんだろう。

こんな家の中に一里塚跡が!
浜松50

大当たり宝くじの店。寄りたかったな。右は 休憩した坪井西というバス停のベンチ。
浜松市の東部にあった「お休み処休憩隊」のイスはもうありません。
浜松の西部ではそういうボランティアやってないんだな。
浜松51 浜松53

カブに乗ったおじいさんに「どこから来た?」と聞かれ、ここからキレイな松並木だよ〜と教えてくれる。
舞阪1 舞阪3

日本橋から始まるそれぞれの宿場町の石がある。
歩いたところをひとつずつ声に出して言って見るのは楽しい。
戸塚。ハトのフンなのかな、汚れてました。
舞阪4

舞阪はどんなのかな?と ひとつづつ見ていくと、、、
舞阪5
↑やはり特別扱い。ひとつだけこんなに立派(笑)

一番最後の京都はふつう。

その後にこんなのがありました。
浪小僧。太鼓を持ってて なんだか親しみがある
舞阪6 舞阪7 舞阪10

舞阪は本陣は跡だけ。脇本陣は立派に復元してありました。
舞阪12 舞阪13
舞阪14 舞阪15

浜松の道路標識のあたりからここまでず~~~~~~~っと真っすぐな道。
2回目の「真っすぐな道大賞」をあげたいくらい。

舞阪16 舞阪17

で、ここが行き止まり。この先は浜名湖。ここを右へ。
舞阪18

船渡し場と浮世絵「舞阪」 浮世絵の場所がここかどうかは不明。
舞阪19 浮世絵舞阪

弁天橋を渡って弁天島へ
舞阪20 舞阪21 舞阪22

地図だとめっちゃくちゃ整頓された四角形なので 人口島だと思われる。
橋の上から釣りをしないでくださいと書いてあるのに、、、

弁天神社
舞阪24
このあたりで 自転車に乗ってたおじさんに「どこから来た?」と聞かれた。自転車おじさんとしばらく並びながら走行。

ホテルやらレストランやらたくさんある。 まるでリゾート地。
浜名湖はすごーく大きいので、橋→人口島→橋→人口島という感じで横断して行く。
舞阪26 舞阪27

新幹線撮れた!
舞阪29

橋の上から釣りしちゃいけないってあちこちに看板があるのに、大勢の人がしてるんだな。その人達がまき散らしたゴミがいっぱい、草ぼうぼうだし。
釣りするのを止めるのは難しいだろうから、それならゴミ箱設置すればいいのに。
もしくは、2~3日に1度ボランティアか誰かに頼んで掃除してもらうとかね。
かかってる橋のおかげでイメージダウン。釣った魚(小さいやつ)もいっぱい捨ててあった。

舞阪のずんどまりのところを曲がってから、またまーーーーーっすぐ。
かれこれ浜松から2時間半くらいで曲がったのは あそこだけ。
この先も新居宿までまーーーーーっすぐなのはわかってるんだけど、 道路の先もまっすぐすぎてぜんぜん見えないし、ちょっと不安になった。
トイレも行きたいし。
道の反対側を見ると、、、
舞阪30
そういう時はここに行くのが一番。湖西警察署があった。
入ってすぐ地図を見せながら「すみません、今どの辺でしょうか?」と質問。
予想してたよりぜんぜん手前、まだまだだった。
11:30。警察署を出たら小雨。ついに降ってきた。折りたたみ傘をさす。

少し歩いたらJR新居町駅。
このあたりで おじさんにまた「どこから来た?」と聞かれる。
ここまで来ている人は半分越えているし、本気モードだもんね。
新居1 浮世絵新居

だんだんそれっぽくなってきた。
新居2 新居3 新居4 新居5

新居関所の記念館に入る。
この関所は女性に厳しかったらしい。
新居6 新居7 新居8 新居10
新居11 新居12

12:05出発。
この辺で久しぶりに(笑)道を曲がる。
新居14 新居16

浜松~舞阪~新居って、浜松ちょっとすぎたあたりからぜんぜん曲がらない。 信じられないくらいの直線です!不安になるかもしれないけど、勇気をもって進もう!

新居17 新居15

次はいよいよ静岡県最後の宿場町「白須賀(しらすか)」へ
松並木をまっすぐ。雨は降ったり止んだり。
新居18 新居19 新居20 新居21 新居22 白須賀1

火鎮神社。消防士さんがお参りにくるのかな
白須賀3 白須賀4 白須賀5 白須賀6 白須賀8

やっと曲がる!(笑)右折して潮見坂へ
白須賀9 白須賀10 白須賀11

けっこうきつい坂だけど、箱根の足元にも及ばない。
後ろをみるとこんな感じ。海が見えます。
白須賀12 白須賀13

ここは本陣とか旅籠じゃなくて、ただの休憩所「おんやど白須賀」
白須賀14 白須賀15
ここで 浜松のコンビニで買ったおにぎりを食べる。お茶は無料。
ノートに名前を記帳。ここまで記帳は何度かしてる。
13:40出発。

少し行くと 浮世絵のところ、ほとんど同じ!
こういうのが一番感動する
白須賀21 浮世絵白須賀

潮見坂公園跡。
ここで武田勝頼を滅ぼした信長が尾張に帰る時、徳川家康が信長をもてなしたんだって。
白須賀19 白須賀20 白須賀24 白須賀25 白須賀26 白須賀28

↑静岡県に入ったとたんの三島宿からここまで要所要所にず~~~っとあったこの道標。 ここは ○○宿のどこそこで、次は○○宿 あと○kmってやつ。 とても励み&目安になる看板。
それが愛知県にはひとつもないので、これが最後の筆文字道標。


いよいよ次の愛知県の宿場町・二川へ。5.7km。

この先の信号を渡って少しの標識の所から愛知県!
白須賀29 二川1

ガードレールを触りながら「長い間ありがとう!静岡県!イイ県だったよ!」と言い、 愛知県に入ったら「こんにちは愛知県!これからヨロシクね。コワイめ イヤなめにあいませんように!」と挨拶。

二川2 二川3

5.7kmのうち4km少しが、こんな国道沿い。つまらなくて大変でした。
たまたま写真には車 写ってないけど、たくさん走ってます。

浮世絵「二川」どの辺だかわかりません
二川5 浮世絵二川

また雨が降って来た
二川9 二川10

筆文字道標がないのに気がついたのは、この写真右の「東海道」を見て。
やっぱり愛知県にはないんだ。
ああ〜〜〜〜、なんて静岡県って 道中歩きの人にやさしい県だったんだろう。

一里塚のあるこの建物、二川宿の資料館。
二川11 二川12

どうぞお入りください、みたいなことが書いてあったので、真っ暗だけど入りました。
その瞬間、ピンポ~~ンと来客をつげる呼び鈴が鳴り、奥から「いらっしゃい~、ちょっとお待ちくださいね」と70~80代くらいのおばあさんが出てきた。
二川13 二川14

この左の写真は95年前。右は50年くらい前のココ。
二川15 二川16
50年以上前、おばさんがここに嫁いできた時はこんな感じだったらしい。

本来なら今日「大名祭り」の日なんだけど、選挙のため来週なんだって。
大名祭り、見たかったな。
すごーーく優しくて、いろいろ教えてもらったり、話たりして、20分くらいいました。
このおばあさんのおかげで、二川のイメージアップ!

よって、良い気分のまま本日はここ「二川」で終了!
雨はあいかわらず降ったり止んだりだし、天気悪いから 暗いし。
この先のJR二川駅までは15~20分くらい。

パーマの看板がイイネ
二川18 二川19

本陣。外から見るのは無料。中に入るのは有料。
二川21 二川23

一般庶民が泊まる旅籠、名前は壷屋
二川26 二川27

二川駅に到着。風がすごく強かった。
岐阜行きに乗る。ふだんの感覚だと「岐阜」というのは別世界。
ついにこんなとこまで来たんだ!
二川30 二川31

1時間に3本
二川32

隣の豊橋へ。ここは新幹線も止まる大きな駅。
ホテルはすぐそばだった。
明日は まだ二川まで戻って豊橋まで歩いて先へ!

この日の歩数
二川万歩計

荷物を置いて、コメダ珈琲へ。
コメダって、ウッディ調の1戸建というイメージ。
豊橋店は、ビルの1階のテナント。
客席も少なく、フルメニューがありませんでした!
せっかく、味噌カツサンド食べようと思ったのに残念。
スクランブルエッグトースト、たっぷりホットコーヒー、そして ミニシロノワール
豊橋コメダ1 豊橋コメダ6

駅には豊橋市のマスコット「トヨッキー」
豊橋トヨッキー

日本橋から二川まで約281.2km 完歩
京都三条まであと約210.9km
スポンサーサイト
コメント
浮世絵と現代の写真の対比がすごく面白いなあと思ってずっと見ていました。確かに!浮世絵とほぼ同じ風景ってめっちゃ感動しますよね
この一枚素晴らしい*\(^o^)/*
2013/05/11(Sat) 18:46 | URL | S崎 | 【編集
Re: タイトルなし
■S崎さま
そう!浮世絵と現在が変わってないところが一番感動します!
最初に感動したのは平塚。
由比、丸子、白須賀、坂下、京都くらいかな、ドンぴしゃり同じなのは。
なんとなくそれっぽい、とか、想像力を働かせたらこのへん、というのはけっこうありますよ。

道中歩きは まずその日に歩く宿場町の浮世絵を覚えてから、スタート。
どのヘンだろ?とキョロキョロしながらね。
2013/05/11(Sat) 19:04 | URL | まみこ☆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可