寒かったので去年の11月から中断していた街道歩きの続きを3ヶ月ぶりに再開。
3月1日岡崎入りし宿泊し、3/2〜3日歩きました。

3/2 寝坊したので予定より30分ちょっと遅れて7:35出発
すごーーーく風が強いし寒い。ダウンを着て行こう

初代 市川団○○の碑←読めない
岡崎1
岡崎城の前
岡崎2 岡崎3 岡崎4

ここは五十三次の道じゃないんだけど、前回の最終地へ向かうために通る。
駅でいうと中岡崎や岡崎公園前の近く国道1号から少しそれた道を歩く。

ここが前回の終点。左折する
岡崎5 岡崎6 岡崎7
八丁味噌のいろいろがある
岡崎8 岡崎9 岡崎10

矢作橋を渡る
岡崎11

現在は270m程の橋だが江戸時代はこれより100m程長く、 場所もちょっと違い、東海道の中で一番長い橋だったらしい。 浮世絵はこの橋を渡って西から東に見たところ。こんな感じ。
岡崎12 浮世絵岡崎

ここらへんに「日吉丸(豊臣秀吉)と蜂須賀小六」が出会ったと伝えられる場所の銅像があるはずなんだけど、反対側かな。向こうに渡るの車量が多くて難しいからあきらめよう。

歩いて暑くなってきたので強風の中、ダウンをくるくる丸めてしまい、ウィンドブレーカーを出すのは至難の業!

岡崎13

安城市に入りました
okazaki_14_20130309200241.jpg

道が別れています。さあどっちでしょう?
ここまでの道中日記の読者なら簡単、右。松のあるほう。
okazaki_15_20130309200244.jpg okazaki_16_20130309200246.jpg

熊野神社のすみっこに一里塚
岡崎17 okazaki_18_20130309200246.jpg 岡崎

来迎寺の一里塚。ここは愛知県に2つある左右どちらも一里塚が残っている貴重な場所。
地鯉附1 地鯉附2 地鯉附3

反対側はこちら、地味です。
こちらから向こうの一里塚を見るとこんな感じ。道幅広かったんだね
地鯉附4 地鯉附5

知立市に入り、知立の松並木
地鯉附6 地鯉附7

お掃除をしてました。少しお話したよ~。女ひとりで歩いていて驚かれた。
地鯉附8

知立の浮世絵。この場所どこだろう?ここかな?(笑)
地鯉附浮世絵 地鯉附9 地鯉附10

今は知立だけど、ホントはこう書きます。池鯉鮒。
何で変えたんだろうと思うけど、池鯉鮒だと説明しにくいからか?
地鯉附11 地鯉附13 地鯉附14 地鯉附12

知立城があったところ。今は何もなくて公園。マンホールのふた
地鯉附15 地鯉附16 地鯉附17 地鯉附18 
刈谷市へ入ります
地鯉附19

ここの一里塚跡。地図をくれた人が詳しーーーく場所をチェックしておいたおかげで見つけられました。知らないとまず無理。びっくりドンキーまで行くと行き過ぎている。ドンキよりだいぶ前のボロい歩道橋の下。日本橋から行って左側。
地鯉附20

何か下に書いてあります。いもかわうどんだって。
地鯉附21 地鯉附22

このマンホール。よーーーく見たらKARIYA(刈谷)って書いてある!
字がオシャレすぎてわかりにくい。
地鯉附23

道の向こうに渡るための、この地下道すごいわ。暗くて撮れなかったけど、雨が降ったらきっと渡れない。
地鯉附24

豊明市に入りました、後ろの大きな看板サッポロラーメンが気になりました。
地鯉附25

この先一里塚ありますの看板(笑)
地鯉附26

阿野一里塚。ここの左右2つ残っている。反対側は茶色いビルの隣にある。
地鯉附27 地鯉附28 地鯉附29
愛知県には18の一里塚があるけど、残っているのは4ヶ所。左右残っているのはさっきの来迎一里塚とここだけ。

オモシロい名前の駅。前後駅だって。ぜんごと読む。
地鯉附30

強風で倒れた自転車。ここまでもこの先もず~~~っと強風。 かなり体力消耗!
地鯉附31

中京競馬場の近く。「馬車馬」ってお食事処だって(笑)
地鯉附32

桶狭間古戦場。100mなので行ってみました
地鯉附33 地鯉附34

いつの間にか名古屋市へ入ってました。国道1号を歩いていたら、ここからだよ!って看板があるんだろうけど、1国じゃないからね。
地鯉附35

知立~鳴海の間にある「有松」というあたり。すごく良い感じ。
地鯉附36 

道中、昼ご飯たべない事が多いんだけど、美味しそうな店なので入りました。
地鯉附37

寿限無茶屋(名古屋市緑区)有名な店でした。
地鯉附38 地鯉附39

寝坊したうえに、昼飯食べてるから、今日の目的地・宮に着くの遅いだろうな、、、
急ごう。岡崎といいココといい、愛知県は高速がすごい。岡崎なんてぐるぐるだった。
地鯉附40 地鯉附41 地鯉附42

ここから鳴海宿
鳴海1 鳴海2

鳴海の浮世絵。どこらへんかわかりません。まだ三重県じゃないけど三重銀行があった
鳴海3 鳴海浮世絵 鳴海4

天白区なのかな。風がすごくて自転車の人、途中で降りてました。
鳴海5 鳴海6

笠寺一里塚
鳴海7

名鉄が来たので撮影。京急より派手な赤
鳴海8 鳴海9 鳴海10

鎌倉街道?
鳴海11 鳴海12

だんだん都会という感じに。しかし、この先またどうやって渡るの?っぽいぞ。
鳴海13

ほらやっぱり、今度は歩道橋だ~~
鳴海14

犬がおしっこしそうな東海道の道しるべ
宮1 宮2

ついに宮地区らしい
宮3

裁断橋
宮4

同じ場所にすごい碑が!!都々逸発祥の地!
宮5

あ~~~やっと宮のゴールが近い、伝馬町です
ここも直進できず、ちょっと右の横断歩道を使う
宮6

ここのどんずまりを右へ曲がったらゴール!
宮7

15:30頃 着いた!宮の渡し公園
宮8 宮9
宮10 宮11

ここで東海道五十三次の陸路、終わりなんです!

この先は桑名(三重県)なんだけど、宮から桑名までは昔は渡し船で行ってたの。
でも、今は電車で移動していいのです。

岡崎から8時間かかったよ~~~

熱田神宮へ行きましょう!歩いて10~15分くらい。
20代前半の時に一度行ったことがあるから初めてではない。

熱田神宮の鳥居が五十三次の「宮」浮世絵
私は西門から入りました。
宮浮世絵 2013熱田神宮1

名古屋コーチンがいた!
2013熱田神宮2 2013熱田神宮3

本殿
熱田神宮まで歩いてきたなんて感慨深い。しみじみ。
2013熱田神宮4 2013熱田神宮5 2013熱田神宮6

ゴールした安堵と歩くスピードが落ちたので寒くなってきた。

名鉄・神宮前駅でウィンドブレーカーからダウンに着替え、名古屋駅へ(220円)
JRと近鉄のどっちで桑名へ行くかちょっと迷ったけど、JRを選びました(330円)

途中、長良川とか大きな川をたくさん渡る。
あ~~~~~~ここを歩かなくていいなんて幸せ!(笑)
信号でだいぶ止まったので30分かかって桑名へ。
初めての三重県、こんにちは!伊勢の国だ!

ホテルにチェックインして万歩計を見たら 50,914歩、34.6km
桑名万歩計

正確じゃないだろうけど、強風の中よく歩きました。がんばった!
名古屋駅でのアナウンスで「強風のため遅れが、、」って言ってたもん。

桑名と聞いて、、、何も思い浮かばない。
フロントで聞いたら はまぐりが名物なんですって。

ということで食べに行くことにしました。お酒飲まない私が居酒屋です(笑)
はまぐり
桑名居酒屋1
私、一番好きな食べ物が肉じゃなくて、魚貝類なの。
そして、魚より「貝類」がナンバーワン

海老の乗った海鮮丼、お刺身全部すごく美味しい!
桑名居酒屋2

もうひとつの名物:小女子(こうなご)と桜エビのかき揚げ
柚子塩で食べました。あ"~~~~幸せ。
桑名居酒屋3

3/3 桑名〜庄野へ続く
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可