11/15(金)第1回横浜ブルーライトマラソン10キロ 完走しました。
私にとって、人生初マラソンです!
ちなみにこの大会には 42.195キロはありません。4.2キロか10キロ。
19時スタートなのでフルマラソンだとゴールが翌日になってしまう人がいる、、

小雨降る寒い中、象の鼻パーク方向から赤レンガへ向かう。
第1回横浜ブルーライトマラソン1 第1回横浜ブルーライトマラソン2

前の人、傘さしてるでしょ?
第1回横浜ブルーライトマラソン3 第1回横浜ブルーライトマラソン4

私は 猛烈な晴れ女なんだ!雨よ止め!と念じる。

到着したら、止みました。恐るべし私の実力よ。
第1回横浜ブルーライトマラソン5 2013blulight_6.jpeg

受付までまだ時間があるので、赤レンガ内をぶらぶら。

スタートとゴールは表と裏
2013blulight_8.jpeg 2013blulight_9.jpeg

これが着替え用テント
2013blulight_20.jpeg

17時受付開始。ゼッケン、荷物入れる透明のビニール袋、ゼッケンと同じ番号の書いたリストバンドをもらう。
第1回横浜ブルーライトマラソン22

参加賞のTシャツを見せてもらう。やっぱりダサかった。
第1回横浜ブルーライトマラソン7

日が暮れて着替えるためにテントへ。
わっ!暗っ!中はランタンがひとつだけで ロウソク5本くらいの暗さ。手探りでカバンの中をかき回す。店の照明が届いている外のほうがまだマシだ。
しかも 下のビニールシートも雨で濡れて 靴下びちゃびちゃに。冷た~~い!ブルブル。
荷物は ここじゃなく、受付横のテントの下にビニール袋に番号札と一緒にいれて置いておける。男性はそこで着替えてたなぁ。

ミニマラソン(4.2km)が10分遅れていたので、10kmマラソンも10分遅れ。19時スタート予定が19:10に変更。サプリやアミノ酸飲んでスタート前の30分くらいず~っと超スロージョギングしてました。薄いウィンドブレーカーを着て走るかどうか最後まで迷ったけど、身体があったまったので脱ぎました。
私にはローディー(応援者)がいなかったので、スタート間際で脱ぐことなんてできず、早めの決断が必要。
実際には脱いで走った。
第1回横浜ブルーライトマラソン21

19時集合。最後の説明の時、大桟橋に停泊していた飛鳥2が汽笛を「ぶぉ~~っ♪ぶぉ~~っ♪ぶぉ~~っ♪」と3回鳴らして出向。まるで映画のシーンみたいで参加者全員大感動 大喜び!こんな豪華客船の夜の出向を見られるなんて、めったいにないわよ!
第1回横浜ブルーライトマラソン23

お月様と飛鳥2
第1回横浜ブルーライトマラソン25

男女に別れて並んでそれぞれスタート。
スタートって、最初の人と最後の人で時間に差が出ると思いませんか?
よーいドン!で最初にスタートする人と、最後にスタートラインを出る人には時間差がある。最初にいる人って速い人、最後は遅い人と決まっている。
ここですでに差がついているのに、制限90分とはどういうことか?
遅い人を最初にスタートさせるべきではないか?
10キロ75~80分を想定している私にとっては大問題。
後のほうでスタートしたら90分ギリギリになってしまう!そう思うでしょう?
遅い人を先頭にさせなければ不平等。

それが解消される策がとられていました。
まだあんまり普及されていない、ショットガンスタートというらしい。
ショットガンと言ってもピストルは使いません。
受付時にもらったリストバンドにチップが入っていて、これでスタート&ゴールに置いてある機械に触ると「ピヨピヨ♪」と音がして計測されるのだ。

5周なんて絶対に何周走ってるかわからなくなるので、ゴムを右手に5本して、1周終わると左に1本ずつ移動させました。天才的アイデア(笑)大会関係者にもそう言われたよ。

私がスタートしたのは19:15くらいかな。
みんな速い速い!特に男性。35分くらいでゴールしてる人がいた。

大会の目玉のコース(インターコンチネンタルホテルへ向かっての海沿い)あたりは、すばらしい夜景だった。
走ってるので写真は撮ってないしカメラも持ってません。誰も途中で写真撮ってる人なんていない。
たぶん日本一のナイトマラソンでしょう。ネオン広告なし。ここ以上の夜景はあるだろけど、マラソンコースとしては走れない所でしょう。光の中を入っていく感じ。ディズニーランドの夜みたいにゴージャス。
下の写真は イメージとして夜の横浜が載ってるサイトからもらってきました。
横浜夜景2 横浜夜景1

今後の参考のためにも、たえず「どっか痛くないかな?」と身体をチェック。
どこも痛くないけど、左手の感覚がない しびれて腫れてる感じ。ジムでいつも痛くなる右足裏は痛くない。

1周するたびに右手にしたゴムを左手に移す。
スタートでありゴールである場所に給水ポイントがある。
給水は私の問題点のひとつだった。歩きながらでも飲めないのに走りながらなんて不可能!ジムではいつも顔から浴びる感じだった。

しかしですね、給水ポイントにある紙コップには、ひとくちしか入ってないのですよ。
知ってました?私は 7~8割くらい入ってるのかと思ってました。
ひとくちなのでこぼさず飲めました。


私より遅くて追い越した人がゴールしてたり(笑)1周サバ読んでるでしょ?と言いたくなること満載でしたが、私はちゃんと5周しました。タイムは思ってた通り75分くらい。私の後は そうねぇ、、20人くらいしかいなかったかな。正確なタイムと○人中○位、年代別順位は後日送られてくるのだ~

ゴールしたらリストバンドを機械にタッチして、完走証(正確な時間が書いてある)をもらい、記念品をもらう、という手順だったのに、プリンターが途中で壊れたとかで、遅かった私は完走証がもらえませんでした。後日自宅へ発送だって。

TシャツもXLしか残ってなかったよ。良い素材なのに、、このサイズは着れないな。
ゴールは 20:30くらいだったかな。なんせ暗いので時計がよく見えない。75~85分を想定していたので、思った通りで満足。
ゴール後のわたくし。ぜんぶ自分撮り。
第1回横浜ブルーライトマラソン26

もらったプログラムに 参加者全員の名前とゼッケン番号、居住県、カテゴリー(年齢のくくり)が書いてあるんだけど、参加者で最高齢の女性(75~84歳)がいて、一番最後でしたが完走してました。赤レンガ賞(市民局長賞)をもらってたよ。
最初に並んでる時からこの女性には気がついていました。だって断トツのお年寄りだから目立つ。走ってる時もすれ違って様子を見たら 楽しそうに走ってました。エライなあ!

閉会式までいたのは私を含め10人くらい。
なんせ寒すぎるし、周りにいられる場所がない。赤レンガ内の店は入りにくい雰囲気。

このマラソン大会、問題&課題が大有り!(笑)
来年は「もっと温かい時にやります」って言ってたな。
企画のEarth Run Clubのパンフには来年は10月予定って書いてある。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可