2015年7月26日(日)
3日目最終日

出雲市駅7:20発のバスで日御碕へ。
途中、出雲大社を通るのだが、出雲大社から日御碕神社までが長かった!
凄いところ通る。断崖絶壁の絶景。
乗客4〜5人で日御碕まで行ったのは私ひとり。
日御碕8:05着。45分くらいかかった。

バス停に女性がひとり待っていて、私が乗ってきたバスが折り返しになってそれに乗った。
私もこうなるんだろうな。
帰りのバスが1時間30分後だから時間がたっぷりある。

迷い用がないくらい目の前が鳥居
20150726_1_6
楼門/手水舎
20150726_1 20150726_1_7

「日沈宮(ひしずみのみや)」天照大御神が鎮座
20150726_2 20150726_3

天照大御神は太陽神なのに日沈宮?
由緒書には「日出る所伊勢国五十鈴川の川上に伊勢大神宮を鎮め祀り、日の本の昼を守り、
出雲国日御碕の清江の浜に日沈宮を建て、日御碕大神宮と称して日の本の夜を護らむ」と書いてある。
なるほど。ということは伊勢神宮と同クラス?

「神の宮」素盞嗚尊(すさのおのみこと)が鎮座
20150726_4_5 20150726_5

1〜2日目に見た神社に比べ、ここは派手。
由緒書きには 現在の社殿は、徳川三代将軍家光公の幕命による建立にして西日本では例のない総「権現造」
なるほど。ということは、日光東照宮と色が違うけど同じね。

20150726_8 20150726_9
20150726_10 20150726_11
神紋石舎 不思議な感じの石
20150726_7
神の宮から見た日沈宮と本殿
20150726_6
この神社もかなり修復中だった。
20150726_12

横から外に出ると小さな漁村といった感じ
20150726_23 20150726_13 20150726_14
歩いて15分くらい。ダイバーショップがいくつかあった。
20150726_15 20150726_16
この海の向こうに海底神殿が眠っているんだって。
泳げないけど見てみたーーーーい!パンフもらってきた。
日御碕海底神殿パンフ
おそろしいくらいの晴れ
20150726_17 20150726_18 20150726_19
20150726_20

経島(ふみしま)ウミネコの繁殖地
上に鳥居が建ってるの見える?
20150726_21 20150726_22
年に一度、日御碕神社の神官が小舟で神域である経島に上陸し、経島神社神事が行われる。
写真は検索して拾ってきたもの。
経島1 経島2
バス停の近くにある 順式社/稲荷社 
20150726_24

日御碕9:39日発→稲佐の浜下車9:56
山の方へ歩いてすぐのところにある 屏風岩(別名国譲り岩)
20150726_25
因佐神社 摂社
現在、因佐神社は御修造中の為、御祭神 建御雷神は上宮拝殿にお鎮まりになっておられます の看板。
留守らしい
20150726_26 20150726_28

ここが神様達がやってくる稲佐の浜 弁天島
おそろしい快晴
20150726_29 20150726_30
海水はとてもキレイで海水浴してる人達いた。
20150726_31

ここから出雲大社まで摂社末社を見ながら歩く
下宮
20150726_32
現在、上宮本殿並びに随神門は御修造中の為、御祭神 素戔嗚尊・八百萬神・門神は上宮拝殿にお鎮まりになっておられます。の看板。ここもお留守。
20150726_33 20150726_34
大歳社
20150726_35

来た道をふりかえる。向こうに見えるのが海。後ろのほうに出雲大社がある。
20150726_36
元祖 歌舞伎 出雲阿国の墓
20150726_37
正面からと横から
20150726_39 20150726_38

出雲大社の日の丸、見えた〜〜〜っ!高さ47mの国旗掲揚塔。畳75畳分。たぶん日本一の大きさ。この写真に写っている家の人は出雲大社のご近所さん。いいな。
20150726_40

朝食がなかったので腹ぺこ。
八雲という店で割子そば
20150726_42 20150726_41
だし汁が美味しくて、レジ横に売っていたので会計の時に買おうとしたら、
「これは店で出しているのと違うんですよ、、」と申し訳なさそう。
「店で出しているのでしたら、要冷蔵で賞味期限2日でお分けできますけど」との事。
あ〜〜〜〜〜っ!それは無理なので泣く泣くあきらめました。

大国主大神様の祭祀をつかさどられる天穂日命の子孫、出雲国造家千家国造館
20150726_43 20150726_44
神迎の道
20150726_45
竹内まりやさんの実家 竹野家
20150726_47

あちこちに大国主命の像が
20150726_48
なでなでしてもらってご満悦の まみプー
20150726_40

出雲大社は鳥居が4つ。
だいたいの人は2番目の勢溜から入ることが多い。
4つの鳥居全部を通るとイイことがあるとどっかで読んだので、2番目の鳥居の入口まで来ておいて、中にはまだ入らず、わざわざ一の鳥居まで歩いて行った。
これがその一の鳥居。神門通りの大鳥居(鉄筋コンクリート製)
高さ23.5mで真ん中の「出雲大社」と書いてある額の大きさは畳6畳
20150726_50
2番目の勢溜の正面鳥居(木製)
20150726_52 20150726_53

いよいよ!
20150726_54
この「下り坂」を降りながら涙がこぼれた。
鳥居をくぐって本殿まで「下り坂」でしかも「川を渡る」ように作られているってどういうことか知ってる?
ふつうは平か上りなのに。

反王権だった神社の特徴的な構え。
祀る側(朝廷)が「低く」見ている神社だから。
たとえ表向きだけ 立派に造ってあっても、内心では決して敬ってはいない。
出雲大社は大国主命を閉じ込めておく牢獄なのだ。

祓社も修繕中
20150726_55 20150726_56

そして下っていく
20150726_57

野見宿禰(のみのすくね)の土俵。
横綱になったら必ずここで土俵入りをする。
20150726_58

祓社 野見宿禰神社に仮住まい中でした。
20150726_59 20150726_60
うさぎのお相撲さん
20150726_61

3番目の鳥居。松並木の参道の鳥居(鉄製)
20150726_62

うさぎの像があちこちに
20150726_63 20150726_64
たぶん 斎館・勅使館
20150726_65

ムスビの御神像
20150726_68
真横からと斜め後ろから見たところ
20150726_66  20150726_69
御慈愛の御神像
20150726_67

そして4番目の鳥居。拝殿前の銅鳥居(銅製)
これで全部制覇だ!と思ったら、、、、
20150726_70
ががーーーーーーん!修繕中なのでした!

手水舎/牛馬舎
20150726_71 20150726_72

拝殿
20150726_73 20150726_76
空が真っ青

(東)十九社は改装中
20150726_74
八足門
20150726_77 20150726_75
360度撮っているのでどこだかわからなくなった(笑)
20150726_78 20150726_79

この おみくじの量を見よ!
20150726_80  b101
さっき裏から見た国旗掲揚塔。まだこれだけ離れていてもかなり大きいのがわかる。
20150726_81

(西)十九社 
本殿正面の拝殿の両脇にある南北に細長い建物で、拝殿に向かって右手にあるのが東十九社(現在改装中)
左手にあるのがこの西十九社。普段は全国の神々の遥拝所として使われているが、出雲の神在月になると、八百万の神様達の宿舎になる。
神様、かなり小さいぞ。
20150726_82

神楽殿へ
20150726_83
ここが皆様ご存知の神楽殿。出雲大社というとここの写真だが、本殿ではないのよ。
20150726_84 20150726_87
ちょうど正午くらい。参拝客多くて、お願いするのにも30mくらい並んでいたので、この時はしなかった。
近くと、真下から撮ってみました
20150726_85 20150726_86
金刀比羅宮/祓社
20150726_88
神楽殿の後ろの国造家鎮守社 ここは誰もいなかった
20150726_89 20150726_90

(北)氏社と(南)氏社
20150726_91

そしてこれ(左)が出雲大社の本殿!
大国主命がいらっしゃるところ。誰も入れない
20150726_92

ふつうは拝殿に来る参拝客に対して正面を向いてご本尊はいらっしゃるのに、大国主命は西を向いていらっしゃる。参拝客は大国主命の左側を見てることになる。
これはやっぱり、正面からは拝ませないぞ お前は死んでいるんだ という制作者の魂胆が見える。
かわいそうな大国主命。

なので、正面になる場所ココでお参りできるようにしてありました。
立看板をチラッと見ても拝んでいく人は少ない。
私はここでも泣いてきました。
ちょっと離れたところにいた警備員さんにじっと見られていた。
20150726_93

どんよりとした気持ちで裏のほうを歩くと、
本殿の真裏にあたるところに、日陰なので真っ暗にしか撮れなかったけど、
20150726_94
あ〜〜〜、大国主命に助けられたウサギが見守ってくれている(涙)
ウサギがずっと一緒なんだね。
ちょっとホッとして癒されました。

そしてそこに(本殿裏)あるのが素鵞社(そがのやしろ)。
素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られている。
正面からだと実はこの 素鵞社を拝んでいることになるのだ。
20150726_96 20150726_97
稲佐の浜から持参した砂をここの納めよと書いてある。
20150726_98 20150726_99
ああ、なんだかここすごいな。

釜社(かまのやしろ)
若くてキレイな女性がけっこう長い間お祈りしていた。どうしてだろう?と何の神様か読んでみたら、
食物をつかさどられる神様。
おお!これは失礼いたしました。
食べ物、大事です。
たぶんその女性は レストラン関係者とか食べ物の仕事の人でしょう。
20150726_100

一旦、出雲大社を出る。
北島国造館へ
20150726_102 20150726_103

社家通り
由緒ある北島国造さんのご近所は普通の人の家。兄弟喧嘩とか聞こえた(笑)
20150726_104

リュックのペットボトルのポカリスエットがお湯になっていた。
自動販売機がなくて、ノド乾いて 倒れそう。
まぶしすぎて目の前真っ暗。
でも、もうすぐ水の飲めるところがあるんだ!がんばろう。

20150726_108

命主社(いのちのやしろ)摂社
樹齢1000年といわれるムクの巨木がある
20150726_105 20150726_106

裏には真名井古墳(まないこふん)
20150726_107

あーーーーもうすぐ水が飲める!

真名井の清水
20150726_109 20150726_110
じょうごが置いてあったので、空のペットボトルに入れ、ガブ飲み。
美味しかった〜〜〜〜身体に染みた。
1本分以上飲んで、さらに満タンにした。救われました。

古代出雲歴史博物館
パーフェクトパスを見せると値引きになる
20150726_112

元気な時なら食い入るように見るんだろうけど、
なんせ連日の炎天下の中、帽子もサングラスもしてないから疲れている。
そんな中、照明を落とした博物館は、、、、、眠くて眠くて目を開けていられなかった。
でも、大国主命の物語のフィルム(20分)は最初の10分は寝ずに見れたよ。
もっと元気な時にまた行きたいな。

出雲大社参道 ご縁横丁 へ
スタバが!
20150726_46
焼きさば寿司/氷抹茶ぜんざい
20150726_113 20150726_114

フラフラと 一の鳥居近くの昭和喫茶「ノワール」へ。
出雲大社に近ければ近いほど店が混んでいるので、来る時に見つけておいた離れたココへ。
1時間くらい涼んで時間をつぶす。すごくいいおばさんでたくさんお話しました。
20150726_115

もう一度 出雲大社へ戻る。
本殿をもう一度見ておこう。さすがに人、少なくなってた。
西側には行けなそうだったので、ここで大国主命に最後の挨拶。
20150726_116

バスで出雲市駅へ
出雲市駅 17:50発→出雲空港18:15着
JAL286便19:00→羽田20:25着

行ったことがない県「島根県」終わり。
島根県の人達、優しかった!
道を聞いても、何かを聞いても、すごく親切丁寧。

パーフェクトチケットでバスを使い、これだけ回れて大満足!
ありがとう島根県!また行きたいな!
長浜神社、須佐神社、行き残してるもん。
それと米子方面、大神山神社、皆生温泉!

今回のひとり旅で参考にした本は以下です
ゼロからわかる神社入門 日本人なら知っておきたい神社のすべて Gakken
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106208722


入門日本の神社 伊勢神宮と出雲大社の謎 洋泉社MOOK
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106234526/subno/1


参考にしたサイト
出雲国神仏霊場
http://www.shinbutsu.jp/


一畑バス 路線バス
http://www.ichibata.co.jp/bus/rosen/


よろしければ、拍手/イイネ クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可