仙台出張してた13日の夜、Oceanchildのライブでご一緒したことがある
激ウマ・ビートルズブルースアレンジバンド、Riceburgerさんから
「3/1のLazybonesでのライブ、ドラマーが出られないので代わりにやってもらえませんか?
全曲まみこさんのレパートリー曲です」とお誘いをいただきました。

え"~~~!私が?!私でいいの?!と驚きましたが、
3/1は仕事も休みで用事もないし、すごく光栄なので、引き受けました。
おかげで、その夜は緊張して眠れず(笑)

翌日、セットリストをいただき、びっくり!
全曲まみこさんのレパートリー曲、って言ったくせに~!
そうじゃないのが4曲もあるじょ~~!しかも、1曲どえらい難曲!
その上、当日のリハーサルのみで本番。練習なし。
ひやあ~~~~!
演奏曲はビートルズだけど、Riceburgerはそれをブルース的にアレンジしてやっているのです。
ま、私は原曲を練習していけばいいか・・・

LazebonesのHPを見たら、OCで対バンしたことがある女子バン、チェルシーも出る。
こりゃ~~~ますます、がんばらねば!知っている人達が見てくれると思うと安心。

16時 Live Bar LAZYBONES(関内というか伊勢佐木町近く)着。
今から2時間弱リハ、それで雰囲気をつかまなければならない。
いろいろメモしながら、一生懸命やりました。
予定の曲を1曲差し替え。予定外でまったく練習してませんでしたが、甲虫楽団でやっている曲
なので大丈夫。差し替える前の曲より安心曲(笑)

ドラムの場所から見た外。
イイ景色でしょう?こういう景色を見ながら叩くなんて、ふつうありません。

lazybones窓

Riceburgerのメンバーと。お手伝いをしましたという証拠写真(笑)

ライスバーガーメンバー

あっという間にリハ終了。
チェルシーの女の子達が入ってくる。ひゃ~1年ぶりだねぇ!
チェルシーのリハを少し聞いて、Riceのリーダーさんに本番用のセットリストを教えてもらい、
少し打ち合わせ。

焼き鳥屋さんへ(笑)
ジョージのMackさんとポールのJoさんとご一緒。
どちらもすごい有名な人達と一緒にやったり、知り合いだったりする人。
ふつうなら私が一緒にできるワケないのだ。
お二人と、いろんなスタジオミュージシャンの話や70~80年代音楽のめちゃくちゃマニアックな
話で盛り上がる。すごーく楽しかった。

19:40 Lazybonesへ戻る。
お客さんいっぱい。

チェルシーの演奏。
ここも女子バンとしてはちょっと変わった選曲をしている。
ジョンもえっちがキーボードを担当。
Yellow Submarineや Let It Beをやるとは!
いいなあ~~~!私もこの2曲やりたいよぉ!
Yellow Submarineなんて、私にとっては珍しいリンゴで好きな曲だもん。

20時、いよいよRiceburger本番。

↓こういう曲をやりました。

1. You Can't Do That ←まるっきりやったことない曲
とりあえず無難な曲からスタート。アレンジしてあるけど、原曲に近い。

2. A Hard Days Night
3. Help!
メドレー。この2曲はぜ~んぜん違うアレンジ。ゆっくりなテンポ。

4. Hey Bulldog
Jazz風に始まって、Funk、そしてRapで終わるアレンジ。
こういうアレンジ大好き!一番上手くできたと思う。

5. The Long and Winding Road
これが突然差し替えになった曲。原曲通りなので大丈夫でした。

6. Don't Let Me Down
やったことないけど甲虫のお遊び会でやったことあり。
これも原曲通り。

7. Come Together ←まるっきりやったことない曲
だいたい原曲通り。

8. Yer Blues ←まるっきりやったことない曲
9. Helter Skelter ←やったことないけど甲虫でお遊びあり
10. Money ←まるっきりやったことない曲

多々あるビートルズの曲でも難度最大級のYer Blues。
タイトルの通りブルース。しかも変拍子。
この曲だけは、その場でできるたぐいの曲ではありません。
でもがんばりました。
これで、この曲をいつか自分のバンドでする時にラクになるかな。

Helter Skelterは暴れまくり。
ビートルズの曲でこれほどストレス発散できる曲なし(笑)
失禁、間違えました、失神する気でやりました。

11. Kansas City/Hey-Hey-Hey-Hey! ←まるっきりやったことない曲

この曲、イイですねぇ。
ぜひ Oceanchildでもやりたいですわ。

ライスバーガー1

終わった後、お客さんに「女性が叩いているなんて思わなかった!途中で気がついた」と言われ、
すごく嬉しかったです。チェルシーのメンバーにもカッコ良かった!と言われ嬉しい。

ドラムが一番大事!って言うけど、
上にかぶさる楽器が上手なら上手に聞こえる、というのが証明された夜でした(笑)

ライスバーガー2

Riceburgerの皆さん、私なんかに声をかけていただいて、ありがとうございました。
一緒に演奏させていただいて、本当に本当に光栄でした。一生忘れません。

またこういう機会があればいいなあ。絶対に上手くなるもん。

ライスバーガー3
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可