今年最後の小旅行(大人の遠足)は、その名前だけ知っていた「十国峠」
火曜に神代の湯に行った人とは別の友達と行ってきました。

通過は何度もしているけど初めて下車したJR熱海駅。街はハワイみたいな感じ。
20151226_1

バスで40分。十国峠登り口で下車。
20151226_3 

レストハウスに表示されていた気温は4度。でもそんなに寒さは感じない。
ここから見えるのは真鶴方面。
20151226_2

ケーブルカーは片道360円で3分。往復買っている人がほとんど。
私達はここから湯河原方面へハイキングだから片道。
十国峠とは、伊豆国・駿河国・遠江国・甲斐国・信濃国・武蔵国・上総国・下総国・安房国・相模国が展望できるからついた名前。
20151226_4 20151226_5
20151226_6 20151226_7

あっという間に到着。十国峠(日金山)770m。こんなにラクに山頂に到達していいの?山は自分の足で登るのが当然なのに。
残念ながら天気はいいのに富士山は見えません。
20151226_8

富士山はこういうふうに見えるんだって。写真はレストハウスの公式から
十国峠富士

展望は360度。
20151226_12 20151226_9 20151226_13
サウンドオブミュージックみたい
十国峠
お願い地蔵にささやかなお願いをする
20151226_10

すっごいラクなハイキングコース。
私の持っている「ハイキングとは "スキップしながら歩ける道”」 というイメージに近い。

20151226_11 20151226_14 20151226_15 20151226_16 20151226_17 20151226_18

10〜15分くらいで日金山東光寺。273年開山って!推古天皇よりはるかに前だわ。
20151226_19 20151226_25

お化けや幽霊が怖い人はこれを読んだらビビるかも
お寺のホームページより「日金の山に鬼がいる…昔から、伊豆地方の死者の霊魂は、みな日金山に集まるといい伝えられ、春秋の彼岸に日金山に登ると、通行人の中に、会いたい人の後ろ姿を見ることができると言われてきました。そして日金のどこかに地獄、極楽があると信じられているのです」

左:閻魔大王
右:死者が冥土へ行く途中、三途の河原で衣類をはぐ奪衣婆(だつえば)
20151226_20 2015奪衣婆
鎌倉の円応寺の閻魔様には何度か拝察したことがあるが、ここは初めて。
あちらに行った時 よい判決をしてもらえるよう、挨拶をしておく。
20151226_21
20151226_22 20151226_24 20151226_23

さ、これからが山歩きらしくなる。
道しるべとなる丁仏には、○丁目と刻んである。
これは湯河原から42丁の日金山東光寺まで半丁、1丁(109m)ごとに設置されているらしい。
20151226_26 20151226_27 20151226_28

湯河原への分岐点。
先に岩戸山へ行ってくるから また後でね〜 と道しるべ看板に声をかける。
20151226_29

末代上人の墓 宝篋印塔
20151226_30
なんてラクな道
20151226_31

土沢分岐点。ここまでは歩きやすくテクテクだった。
20151226_32 20151226_33

買った本には「岩戸山への道は急坂の近道とゆるやかな道の2通り」と書いてあった。
写真撮るの忘れたけど、しばらく行くとその看板があった。
「時間もあるから、ゆるやかな道を行こう」

それが間違いだった、、、、
目の前や足元が枯れた笹などで草ぼうぼう。
顔切れそうで、足元も見えない。

誰もこの道、歩いてないでしょう??
人が歩いていればこんなふうにはならないはず!
帰りもここ歩くのイヤだなぁ。
20151226_34 20151226_35

10分ほど進んだ所が山頂だった。
相模湾。東伊豆の海岸線はワニが3匹並んでいるように見える。
20151226_36
テーブルがひとつだけで地味な山頂。
60代のおばさんがひとりでお湯を湧かしてカレーヌードルを食べていた。
私はコンビ二おにぎりを2つ食べた。
20151226_36a

その後、40代位のご夫婦が私達と同じ”草ぼうぼう”のほうからやって来た。
「こっちの道、誰も歩いてへんねんな!危ないわぁ」と。関西系の人らしい。

カレーヌードルのおばさんは ここに来るのは初めてだが“急坂の近道”から来たそうなので、「坂、キツかったですか?草は?」と聞いたら「キツイ、、、とは思わなかったわね。草はぜんぜんないわよ」と。それを聞いて、“急坂の近道”を降りてみたら、なんとラクな事!たしかに木の根が張り出ている坂が3つ4つありましたが、ものの3分くらいで降りてこられて、人生と同じで なだらかでラクな方を選ばす、キツイほうを選ぶほうがいいんだなと思いました。
もし岩戸山へ行こうとしている人がいあるのなら「近道」のほうを行くほうがいいよ。

山頂から30分弱くらい戻り、さきほど通った「湯河原分岐点」へ。
そこから湯河原へは延々と2時間以上の下り坂。
坂が斜めで幅も狭く、崖で下は沢みたいな感じが続く。
スマホやりながらとか、酔っぱらっていたらすごく危険だ。
20151226_37 20151226_38 20151226_39 20151226_40 20151226_41

30分くらいすると、小さい川を渡りコンクリの地面のところに出たので、もうゴールかな?と思ったら、まだ全然で、30%くらいしか降りていないのでした。あと2倍はある。
でも、そこからは川沿いの森林浴という良い感じ。

ここから下へ進んでくださいという看板。県道はここから25分と書いてあるその通りだった。
川が流れていて湯河原!って感じ。
20151226_42 20151226_43 20151226_44
道のど真ん中に丁仏
20151226_45 20151226_46

出ました!
湯河原から来た人用の日金山登り口。
20151226_47 20151226_48 20151226_49

ひとつ言いたいこと。
この山「岩戸山はこちら→」など看板が多いのはいいが「あと○kmとか○m」もついでに表記して欲しい。
「あと○分」という表記は人によって歩く速度が違うから仕方ないとしても、○kmは誰にでも同じだからいいのでは?

カメの石像。なんでこんなものが?
20151226_50 20151226_51 20151226_52

この後は、去年行った万葉公園へ。
ここで熱海駅で買ったお弁当「箱根山麓豚弁当」を食べる。
レストランで食べるより、こういう時のお弁当は美味しいね(;_;)
20151226_53

ここらへんは去年マユ☆さんと来たところだから覚えている
20151226_54 20151226_55

町営「こごめの湯」でお風呂に入ろうとしたら、なんと年末まで改修工事のようで休館!
代わりに湯河原駅近くの日帰湯へ行き、デニーズでおやつを食べて帰宅。
20151226_56

これで2015年の冒険旅行はおしまい。
今年は 休日を音楽にあまり裂かず、旅行に使ったので、あちこち行けた。
バンドをしたり見たりするお金と 旅行をするお金は同じくらいだもん。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」か「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可