女ベーシスト、まるちゃんと下総国「北総」と呼ばれる千葉の北へ行ってきました。
うちから3時間!
「佐原駅」下車
2016佐原 2016佐原2

こういうところって電車の到着時間にあわせて路線バスがあるはずなんだけど、ない!
タクシーも3台くらいで回しているのか、待っている人は少ないのに 来ない!
観光案内所に行くと「あと30分後にバスがあるけど、香取神宮までの道が大混雑しているので、バスもタクシーも時間通りには来ないし、どのくらいかかるかわからないから歩いて行くほうがいいかも?」と言われる。
歩くと3〜4kmくらい。一日8〜9時間歩ける私にはまったく問題ないけど、まるちゃんはどうかな?
歴女どうしおしゃべりしながらなら大丈夫だろう。

佐原は水郷の街。そして、尊敬する伊能忠敬先生の街。
忠敬橋(ちゅうけいばし)と言われるところが、観光スポット。
神宮の帰りに寄ろう。ちょっとだけ見る。
2016佐原3

あった!2018年のNHK大河ドラマに伊能忠敬を!の旗。
2016佐原4

2016佐原5

それにしても、車、ぜんぜん動いてないわ。やっぱり歩くほうが早いよ。
20160110_76 20160110_77

「香取神宮」は全国約400社の香取神社の総本社で下総国(千葉県北部)の一宮。
「神宮」と名のつく神社は今ではいくつもあるけど、平安時代から伊勢の他に神宮と呼ばれたのは、鹿島神宮と香取神宮だけ。それだけ別格の格式の神宮だ。
初詣、成人式の人達でいっぱい。
20160110_78 20160110_79
二の鳥居の先にまで的屋が並んでいたのは驚いた
20160110_710 20160110_711
20160110_712 20160110_713
20160110_714 20160110_15
20160110_16 20160110_17
20160110_18

樹齢1000年を越える御神木
20160110_19 20160110_20

お焚き上げ
20160110_21
お団子屋さんは行きも帰りも並んでいたから買わなかった。
帰りももちろん歩いた。
20160110_22

忠敬という名前を見るだけで一緒に写真を撮りたくなる(笑)
20160110_23

2018年のNHK大河ドラマに伊能忠敬を!の署名にサインしてきました。
佐原だけでなく、日本全国のロケになるからいいんじゃないかな。大賛成です。
20160110_24 20160110_25
20160110_26

伊能忠敬先生の旧宅
20160110_27
ただいま〜〜(笑)
20160110_28 20160110_30

歩きが趣味の人には神様の伊能忠敬。
江戸時代半ば17才で養子に来て、才気を発揮し名主として大儲け。飢饉で税金が払えなかった地元民の代わりにもう一人のお金持ちと二人で全税金を払った大物。かっこいい〜
50才で家督を長男に譲り、51才から日本中を歩いて測量し、現在とほぼ変わらない地図を作った人。

ということなら、私、これからでも余裕で日本一周できるんだね(笑)
弟子になりたーーーーい!
20160110_31 20160110_32
20160110_33 20160110_34
20160110_35 20160110_36
20160110_37 20160110_38
20160110_39 20160110_40
20160110_41
ちょうど水を落とす?瞬間
20160110_42 20160110_43 20160110_44

伊能忠敬記念館
記念館の資料に、第○次測量の時の弟子は○人と書いてあって、羨ましくて、
隣に私の写真を貼ってこようかと思いました。
あ〜〜〜いいな〜〜〜
20160110_45 20160110_46
20160110_47 20160110_49

東京バンドワゴンと書いてあるココ。
何だか知らないけど若い人達がこの前で写真撮ってました。
20160110_48
昔のたい焼きは、私達の目の前でもう売り切れと言われましたが、最後にぎりぎり1個だけ作れると言われ、1匹をまるちゃんと半分こで食べました。
20160110_50 20160110_51

佐原駅ホームには0(ゼロ)番線がありました。どこ行きだろう?
20160110_52

すごく遠かったけど、ずっと行きたかった伊能忠敬先生のゆかりの地と香取神社のセット。
行って良かったです

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」か「いいね」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可