群馬県吾妻郡嬬恋の万座温泉の日進舘に行ってきました。
去年末、某旅行雑誌を読んでいたら載っていて「あ!ここ行きたい!」ところだ!と発見。
前から思っていた温泉だし、新宿から直行バス送迎付き、1泊2食付きで1万円以下!
車を使わず自力で行くとなると、軽井沢まで新幹線、そこからバスで1時間30近くかかるのに!

新宿の都庁の大型車駐車場を9:00発。
平日なのにそこそこお客さんがいた。女子大生や年配の人達いろいろ。
201602万座温泉1

関越自動車道 上里SAで1回目の休憩。
渋川伊香保ICで降りる。
しばらくして八ッ場ダムを通過。反対運動で有名なところ。
見るからに「ダムを作っている途中です」という中途半端な状態がバスの中からでもわかる。
道の駅もあって、けっこうお客さんも入っている。
ここは、問題を先送りにしている間に、時代のニーズが計画当時と変わってきちゃったんだね。

2回目の休憩は、浅間酒造観光センター。雪が積もってる。
201602万座温泉3 201602万座温泉2

万座ハイウェイを通って、13:10頃やっと着いたよ。日進舘ゆけむり荘。
201602万座温泉4
来た方向を見るとこういう感じ
201602万座温泉12

上信越高原国立公園内にあって 標高1,800mとは知りませんでした。
神奈川県の大山や金時山よりずっと高い。
雪はそんなに積もってない。
日本一の高地温泉らしい。ウサギがいた。
201602万座温泉11 201602万座温泉10

201602万座温泉4 201602万座温泉5
売店
201602万座温泉6 201602万座温泉13

「なでしこ」という食堂にもなる広間で、お客様カードに名前や住所を書いて、ホテルの人の説明を聞く。
部屋に入れるまでまだ時間があるので、荷物をそこに置いたまま、館内や外を探検。

食事をするところ「こまくさ」
201602万座温泉7

温泉番付が貼ってあった
東の1位 第一滝本館(登別)は昔、母を行ったことがある。
日進舘は前頭2枚目だ。
201602万座温泉8

ゆけむり館の我々の部屋、遠かった!
廊下を何度も曲がり、エレベーターに乗り、また階段、廊下、、、
ホームページに載っている価格より安いから仕方ないね。

荷物を置いてすぐ「極楽湯」へ
ホテルの正面玄関から90mほどのところにある。自分の靴で行ってもよし、玄関の長靴を借りてもよし。
201602万座温泉15

こういう看板が「この下は空洞です 穴に落ちます」
201602万座温泉14

201602万座温泉16

脱衣所からお風呂までの渡り廊下が寒ーーーーい!10mくらい?
屋根と壁はあってカーペットも敷いてあるけど、ほとんど外と同じ気温。
でも、素晴らしい温泉に入るにはこれくらいガマン我慢。
修行だと思えばいい。

写っているのは友達。他にいませんでした。
顔は寒いけど、お湯の温度は最高!もう出たくないよ〜〜
雪見風呂がこんなにも素晴らしいとは!
201602万座温泉17 

しかし、入ったらいつかは上がらなければならない。
上がって走って脱衣所へ戻る。
着替えて部屋に戻るために外へ出ても、身体がほっかほかなので寒くない。

内風呂の長寿の湯へ
201602万座温泉9 201602万座温泉28

万座温泉は硫黄濃度日本一の温泉だって。

ここからの写真は日進舘の公式サイトから

苦湯
日進舘で一番大きな総天然木の湯船
201602万座温泉37

201602万座温泉39
きれいに写ってるけど、実際は前が見えないくらいの湯気もうもう。
近くに来ないと見えず、声で判別するしかない。
Nちゃん、そこにいるの?って。

屋根付き露天2つ。姥苦湯/ささ湯
ここも長湯できる環境。
何度も書くがこの写真はホテルの公式サイトから。実際は雪で真っ白だった。
外の極楽湯に行くのがめんどくさい人はここがオススメ。
201602万座温泉36
ささ湯は、熊笹が入った大きな袋が沈んでました。
姥苦湯より熱め。

真湯と滝湯
真湯は温泉ではなく、万座の湧水を温泉の熱で温めたお風呂で「箸休め」的なお湯らしい。
ぬるかったので入りませんでした。
滝湯は打たせ湯。
201602万座温泉40

姥湯
内風呂の中ではここが一番好き。一番長く入っていたかも。
ここが硫黄の独特の香りが強いんだって。
どうりで帰って来てからも丸1日以上硫黄の匂いがしたよ〜
何度も書くけど、これは日進舘の公式サイトですよ。
201602万座温泉38

夕飯は和洋中バイキング。大々満足!
201602万座温泉18 201602万座温泉19

大好きなエリンギの天ぷら7本くらい食べた!
201602万座温泉20
キーマカレー
201602万座温泉22
ミニシュークリームとマンゴープリン
201602万座温泉21
アイスクリーム(チョコ、ストロベリー、巨峰)
201602万座温泉23
群馬キャベツもパリパリで美味しかったな。

私達の部屋から一番遠い 万天の湯へ。
実際は雪が降っていて、窓、凍ってたよ(笑)
もう真っ暗だったから外も見えなかった。この写真から真っ暗を想像してね。
201602万座温泉41
ここまでエレベーターに3回も乗った。
とにかく遠いので、ここに来るなら長寿の湯に行くほうがいいかな。
とりあえず、お風呂全部制覇。

20時からロビーでやっていたショー(武間 恵洋さんのサックス)を見て、
お楽しみ抽選会ではずれを確かめて(笑)部屋に戻り、マツコの知らない世界を見て就寝。
抽選会は日進舘のペア宿泊券が4組8名に当る。
これ、毎日365日やってるんだよね。すごいわ。当りたいな。

外は雪がたくさん降ってきた。
この中、外の極楽湯に行く勇気はなかった。

17日、7時起床。朝食もバイキング。カメラ持って行くの忘れたので写真なし。
前夜、お腹いっぱいで食べられなかったトロロごはんをたくさん食べた。
ヨーグルトもグラノーラも大盛り。杏仁豆腐も。
なんだか、白い食べ物ばかりだ。

雪、すごく積もってるよ。
極楽湯まで足首まで埋まった。
201602万座温泉29 201602万座温泉30

これが16日
201602万座温泉15

これが17日。すごい違いだ〜
201602万座温泉31

入ったところから外を見たところ
201602万座温泉32

シャワーキャップがたくさん置いてあるのは、頭に雪が積もらないようにするため、髪が凍るのを防ぐためでもあるんだね。なるほどー。
生まれて裸足で雪の上を歩きました(笑)
雪の日は脱衣所からお風呂までが正念場。
201602万座温泉33 201602万座温泉34
あ〜〜、本当に極楽だ!
眉毛やまつ毛に雪が積もるのは仕方ない。
寒さよりも、幸せを感じるほうが強い。

チェックアウトは10時。帰りのバスは15時。
それまでお風呂は入り放題。大きい部屋に荷物を置いて、ゆっくりできる。

昼食はミニバイキングで20%引きの800円。
牛丼と撮ってないけどカレーを食べました。
201602万座温泉35

復路はチェーンを着けゆっくり下山。
降りたらあらまーーー、ぜんぜん積もってない。
やっぱり万座は雪山なんだなと痛感しました。

もろみ漬屋(中之条町)と三芳SAで休憩し、19:20頃、新宿駅西口に到着。

万座温泉すごい!名湯中の名湯!
遠いけどまた行きたい!。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可