これだけハードに身体も神経も酷使しているので、疲れていても眠れない。
超即効性入眠剤を飲んでも、1時間以上も眠れなかった。
でも、それをふっとばすくらいアドレナリンが出てるから大丈夫。

5:50起床。睡眠時間5時間くらい。
6時から大浴場が使えるので朝風呂し、6:30朝食。
20160515_1
ロビーで昨日のブログをアップ。ほとんど部屋で書いていたので、アップするだけ。

茅野駅8:22発の電車で1つ目の青柳駅へ。昨日の最終地。
下車したのは私ひとり!

20160515_2
旧街道へ戻るのに数分かかったから、出発は8:30くらい。
さあ!今日はゴールだ、私の身体よケガをせず頑張って歩いておくれ!
20160515_3 20160515_4

駅から2kmほどで 金沢宿(石川県じゃないよ)宿内。
20160515_5 20160515_6 20160515_7
何にも残ってない。本陣跡の看板だけ。ここから次の上諏訪宿まで13.4km。

権現の森。
20160515_8 20160515_9 20160515_10

寒天の里だって!
地図にはセブンイレブンと記されているが、つぶれたんだろう。それっぽい建物だもん。
20160515_11
ちなみに、韮崎より前からコンビ二が街道沿いにはずっとなかった。
離れたところにはあったけど。やっと上諏訪でコンビ二に出会った。
かれこれ50km以上なかったのでは?

このへんに大池一里塚跡があるはず、探したけど、わからなかった。
川の向こうとだけ書いてあるから、振り返ってみたあのへんだろう。
20160515_12

ここ、道路の右側歩いてないと気がつかないかも?
気がつかなかったらずっと20号を行くことに、、、
20160515_13

無事に気がついて右を向くとこういう感じ。
20160515_14

そして線路に沿って道なりにかなりしばらく進む。
20160515_15 20160515_1620160515_17

右に石碑がたくさん。T字路を右へ。
20160515_18 20160515_19
20160515_20 20160515_21

中央高速の下をすぎ、しばらくすると本日の重要項目のひとつ「茅野の一里塚」探し。
街道歩きの先輩が「絶対に見つけられない場所にあるから」と注意するよう教えてくれたところ。
新田中のバス停。ここがポイント。
20160515_22

なんと幸運な!近所の人がいたので聞いたら「絶対にわからないですよ、普通の人の敷地内だから」と連れて行ってくれました。
要所要所で連続写真を撮ってきたので、これでわかるでしょう。
私有地だけど、歴史上重要物なので別に非公開でなく、見たければ見てOKとのこと。
20160515_23 20160515_24 20160515_25 20160515_26
20160515_27 20160515_28 20160515_29 20160515_30
あ〜〜見れてすっきりした(笑)

整備中の道路。どんどん変わっていくんだろうな。
20160515_31
上川橋。これを渡ると茅野の繁華街に入る。前日泊まったホテルの前を通る。
考えてみたら、この辺からもう最後まで迷いようがないな。
20160515_3220160515_3320160515_34
20160515_35

日本橋から51番目の一里塚(四賀神戸一里塚)
20160515_36 20160515_37
地元コミュニティバスのバス停も一里塚
20160515_38
20160515_39
諏訪大社常夜燈
20160515_40

すっきりのんびりした道
20160515_41 20160515_42

足長神社というのがありました。
20160515_43 20160515_44
足が長くなるんなら拝みに行こう!
ところが!!!階段見たとたんに、なぜこの名前なのかがわかった。
8段くらい登ってノックアウト。
足が長い人じゃないと行けないようになっている。
階段の1段が高い。身長2m以上ないとキツイよ。
この神社 1ヶ月に10人も行ってないんじゃないか?
20160515_45 20160515_46
20160515_47

林家碑。何の碑なのかな?
20160515_48

20160515_49 20160515_50
お酒のことが全くわからないけどたぶんこの左が宮坂醸造
20160515_51 20160515_52
立派な芭蕉の木像
20160515_53

最後からひとつ前の宿場町「上諏訪宿」
ここからゴールの「下諏訪宿」までは5km。1時間ちょい。
ラストスパート!
20160515_54 20160515_55 20160515_56

ちなみに、ご存知ないかたもいらっしゃると思いますが、諏訪湖の南が上諏訪で、北が下諏訪。
上(北)が下諏訪で下(南)が上諏訪。すごーーーく覚えにくい!

下諏訪神社で御柱祭の真っ最中(14〜16日)なので、氏子さんや観光客がたくさんいる。
20160515_57

52番目の一里塚跡
20160515_58 20160515_59

右の温泉寺というほうに行きたいきもするが、左へ。
ちなみに温泉寺側には石碑がたくさんあり、一番左には聖徳太子とでっかく彫ってありました。
20160515_60 20160515_61

児玉石神社
20160515_62

地図では諏訪湖が近くに書いてあるけど、ここまで全く見えません。
20160515_63

先宮神社
20160515_64
自転車を押すおばさん。下り坂になると抜かれた。
20160515_65

左側、やっと諏訪湖が見えたよ!湖といえば、犬神家の一族だよね。
20160515_66
このへんから素晴らしい下り坂になります

20160515_67
立派な木だなと思ったら、下に甲州街道の碑がありました。
20160515_68 20160515_69
ロウソクのような常夜燈
20160515_70
下り坂 大好き!人生下り坂(笑)
20160515_71 20160515_72 20160515_73
20160515_74 20160515_75 20160515_76 20160515_77
あれ?また一里塚だ。早すぎる気もする、、、
20160515_78

地図ももうこの1枚だけ。
今まで3回経験してるけど(東海道、日光街道、奥州街道)、これで旅が終わるんだ〜〜
とすごく悲しく寂しい。
20160515_79

御柱祭に参加の氏子さんたち。引いているのは御柱ではありません。
20160515_80

あ〜〜〜〜この先が諏訪大社下社秋宮
20160515_81

着きました
20160515_82 20160515_83

ちなみに、私も今まで知りませんでしたが、
諏訪大社は全国に多数ある諏訪神社の総本山で、日本でも有数の古さを誇るお社。
それが4つもあるの、ご存知でした?

諏訪大社上社前宮
諏訪大社上社本宮
諏訪大社下社春宮
諏訪大社下社秋宮

私がゴールしたのは秋宮です。

20160515_84 20160515_85 20160515_86
明日御柱を立てる穴
20160515_87 20160515_88 20160515_90

本殿
20160515_89

境内から鳥居の外を見たところ
20160515_91 20160515_92

ここが中山道との合流地点。
この下諏訪宿は、甲州街道のゴールであり、中山道の途中の宿場の両方の仕事を持っているんです。
20160515_93

ここで石に感慨深く触っていたら、おじさんが写真撮ってというので、聞いてみたら、
さっきゴールしたばかりだって!おんなじだ〜〜〜
20160515_95

二人で盛り上がってたら、おじさん連中が近寄ってきた。
中山道のサイトをやっている有名な人だ。私もそのサイト見たことあるよ。
何回も歩いているらしい。
ツーショットしました(笑)1日に30〜40km歩いていると言ったら、長過ぎる!って言われた。
15kmで周囲も見るのがベストらしい。私もほんとはそうしたいよ。でもそんな余裕がない。
20160515_94 20160515_96

下諏訪宿歴史民俗博物館
20160515_97 20160515_98 20160515_99

中山道を歩いて春宮へ行く。
あ〜〜〜 いつかこの道を中山道歩きの途中として来るはずだ、私。
その時「甲州街道で来た時は御柱祭の時だったな」って思い出すんだろうな。
20160515_100 20160515_101 20160515_102
中山道の55番目の一里塚。
20160515_103

諏訪大社下社春宮。
秋宮よりちょっと小さめ。
20160515_106 20160515_105 20160515_107

建御名方神(たけみなかたのかみ)を祀っている末社。
20160515_108 20160515_109

諏訪大社じたいが建御名方神のための神社。
高田崇史さんの「QED 諏訪の神霊」を読んでいるので、御柱祭がどういう意味なのか、ちょっと考えが違うんだな私。
すごく面白いから読んでみて。この人のQEDシリーズはできれば出版順に読むのがいいんだけど。

春宮の御柱って4月に建てたんじゃないかな。
だからまだ新しい。御柱を触ってツーショット。
20160515_110 20160515_111
ドアップ。見たことないでしょう?
20160515_115 20160515_113

本殿
20160515_112
境内にある この坂、御柱を落としたって言ってたな。
有名な木落しは、一度じゃなくて、4つの宮で4本あるから16回くらいするんじゃないかな?
木落の場所もいくつかある。まだ勉強不足。
20160515_116
春宮境内から鳥居の外を見たところ
20160515_117

そして、絶対に行かなければならないところがもうひとつ。
岡本太郎氏が大絶賛した「万治の石仏(まんじのせきぶつ)」
高さ2m60cm、横3m80cm、胴回り11m85cm。
20160515_118 20160515_119 20160515_120

回り方があって、

1.正面で一礼し、手を合わせて「よろずおさまりますように」と心で念じる。
2.石仏の周りを願い事を心で唱えながら時計回りに3周する。
3.正面に戻り「よろずおさめました」と唱えてから一礼する。

ちゃんとやってきましたよ。

川で遊んでいる人達。私も足を冷やしたいな。
20160515_121

今日の宿泊先へ。また坂だよ。3kmも先。
20160515_123

途中でお祭りに遭遇。
みんな日焼けして真っ黒、
20160515_124 20160515_125 20160515_126
じっとしている時間が長く、眠そうな馬。
20160515_127

■毒沢鉱泉(どくさわこうせん) 宮之湯
大正12年創業 家族的な温もりを感じさせる内装や調度品で信玄の隠し湯。
20160515_128
ひとりなのにツイン部屋
20160515_129 20160515_133

由来:
1.武田信玄が金鉱採掘の際のケガ人や戦傷で傷ついた兵士を癒すために訪れ、
その薬水の所在を隠すために「どくさわ」の地名を付けたと言われています。
2.武田信玄が金鉱の場所を隠すため、「どくさわ」の地名を付けたと言われています。

毒沢鉱泉の不思議
1.源泉は無色透明ですが、温めるとオレンジ色になります。
2.源泉にサイダーを混ぜると、無色から緑色になり、びっくり
3.源泉にお茶を混ぜると、真っ黒になり更に、びっくり!
4.源泉は強鉄味、酸味、苦味、炭酸味を有する…、などといわれます。

今日は39,544歩でした。
20160515_130

夕飯
20160515_131 20160515_132

以上。
甲州街道 日本橋〜下諏訪210kmひとり歩きしました(^^)v
ただし!笹子峠を越えられなかったので、秋に再挑戦してきます。めんどくさーーーー

次は五街道の最後のひとつ、中山道(日本橋〜京都三条大橋520km)です。
たぶん5年くらいかかるんじゃないかなー
とりあえずは、下諏訪までを目指すとします。

この3日間のブログは少しずつ手直ししていきます。

明日は茅野に戻って、御柱を建てるイベントを見て、
茅野に戻り、諏訪大社上社前宮と上社本宮を見てきます。
だから、横浜に戻るのは遅いだろうな。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。


【1】日本橋~内藤新宿8.5km
内藤新宿~高井戸7.5km
高井戸~布田五ヶ宿7.8km
布田五ヶ宿~府中5.0km

【2】府中~日野8.2km
日野~八王子6.8km
八王子~駒木野6.1km
駒木野~小仏3.3km
小仏~小原4.4km
小原~与瀬2.5km

【3】与瀬(相模湖)〜吉野3.1km
吉野〜関野3.4km
関野〜上野原3.1km
上野原〜鶴川1.6km
鶴川〜野田尻4.2km
野田尻〜犬目2.8km
犬目〜鳥沢5.1km
鳥沢〜猿橋3.9km
猿橋〜駒橋1.5km
駒橋〜大月1.2km

【4】大月~花咲 2.2km
花咲~初狩 4.2km
花咲~初狩4.2km
初狩~白野2.4km
白野~阿弥陀街道2.2km
阿弥陀海道~黒野田0.9km
黒野田~駒飼9.0km
駒飼~鶴瀬1.3km
鶴瀬~勝沼4.3km
勝沼~栗原2.9km
栗原~石和2.6km

【5】石和~甲府柳町6.2km
甲府柳町~韮崎12.2km

【6】
韮崎~台ヶ原18.6km    
台ヶ原~教来石6.0km
教来石~蔦木3.8km
蔦木~金沢12.8km

【7】金沢~上諏訪13.4km
上諏訪~下諏訪 5.0km
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可