16日(月)3泊4日の最終日。仕事も年休を取得。
6:40起床。
今日は女湯が信玄の隠し湯なので入りに行く。
誰もおらず貸切状態。白濁湯もいいけど、麦茶みたいな色もいいね〜
ゆっくりつかりました(^^)
20160516_1 20160516_2
8:00 朝食
20160516_3

「宮乃湯」は80代の元気な女将さんが、息子さんと切り盛りされてます。
ゴハンを食べていると台所でのやり取りが まる聞こえ(笑)すっごい家庭的。
ちなみに「武田」さんというお名前です。

秋宮や街道分岐点のところまで3キロくらい。
チェックアウトして、出発しようとしていたら、ちょうど帰ろうとしていた おじさんの車に乗せてもらえることになりました。
ラッキー(^^)v ちなみに福井県にお住まいだそうです。
歩いたら40分くらいかかるから、朝から時間の貯金ができた。

計画していた時間より50分も早い 8:40くらいに到着。
下諏訪本陣はまだ開いてない。
20160516_4 20160516_5
20160516_6 20160516_7

何枚でも写真を撮りたい甲州街道と中山道の合流地点
20160516_11 20160516_8

ありがとう楽しかったよ甲州街道
20160516_9

そのうち来るからね 待ってて中山道
20160516_10

もう一度 諏訪大社下社秋宮へ行く。
20160516_12
20160516_13 20160516_14

今日は御柱祭(2ヶ月)の最終日、秋宮で冠落としと建御柱がある。
冠落としって、御柱の先をけずって尖らせること、建御柱は御柱を建てること。
境内は朝早いのに人がたくさん。
20160516_15
諏訪に神宿る 氏子の魂
20160516_16
どこに御柱を建てるのかは昨日のブログ参照
20160516_17 20160516_18
ちなみにその時間は 氏子でさえここに入ることはできないって書いてあった。
ここらへんに住んでる人、みんな氏子だからね。そりゃ全員見に来たら入れない。
今流行のパブリックビューイングで中継される。
雰囲気だけ楽しんだからいいや。
それにしても知れば知るほど御柱祭は奇祭だわ。

大社から見た町並み
20160516_19
奥が下諏訪駅。こちらに向かって来る人でいっぱい。
20160516_21.jpg

古い御柱がある下諏訪駅。
20160516_22 20160516_23

万治の仏像のレプリカがあったので駅員さんと写真を撮りました。
電車が来るまで15分くらいあったから、いろいろ話を聞かせてもらったよ。
20160516_24 20160516_25

何が驚いたって、木落しって2パターンあるのね!
上社は左の丸太ジェットコースター型で、下社ではV字型。知りませんでした!
丸太ジェットコースターだけかと思ってた。
20160516_29

この古御柱は平成22年に下社秋宮三之柱として使われていたもので、役割を終え諏訪大社より払い下げを受け、3分の1の長さにカットしたもの。
20160516_26 20160516_27 20160516_28 20160516_30

9:01下諏訪駅出発、15分くらいで茅野駅到着。
茅野は おとといも昨日もいたところだ。

下社の2つ(春宮・秋宮)を見たからには、上社の2つ(本宮・前宮)も行かなければ。
観光案内所で地図をもらい話を聞く。
そしたら、なんと無料で荷物を預かってくれるってーーーー
リュックは必要なので、貸してくれた箱に重いものだけ入れて預けた。
なんて親切なんでしょう。ロッカー代が浮きました。
帰りの「あずさ号」の切符も買っておく。
20160516_31 20160516_32

上社前宮・本宮へはタクシーでも行けるが(1800円位)当然歩いて行った。
おととい歩いた上川橋を西へ向かう。荷物も軽くなったし20分くらいで到着。
20160516_33

諏訪大社上社前宮。4つの中で一番古いところ。
この地図の下のほうね。
諏訪大社上社地図 20160516_34

人、少なーーーー
20160516_35
20160516_36 20160516_37 20160516_38 20160516_40
神紋 穀の木。何にも植わってない気もしたけど、、、
20160516_39

十間廊。諏訪の七不思議のひとつ。
中世まで諏訪祭政の行われた政庁の場で、すべての貢ぎ物はこの廊上で供えられた。
毎年4月15日の酉の祭には、75頭の鹿の頭が供えられたが、これらの中には必ず1頭 耳の裂けた鹿が入っている。
と書いてある。
20160516_41 20160516_42 20160516_43
これはどういう意味か、昨日紹介した高田崇史さんの本に書いてあるよ。
本に書いてある場所が目の前に。

内御玉殿
諏訪明神の祖霊がやどるといわれる御神宝が安置されていた御殿
20160516_44
御室社
由緒書きを読むと面白い
20160516_45 20160516_46 20160516_47

左右に 前宮一之御柱と二之柱がいっぺんに見える
20160516_48

右の前宮一之御柱
20160516_49 20160516_50 20160516_63


大国主命の息子 建御名方命(たけみなかたのみこと)と妃 八坂刀売命(やさかとめのみこと)を祭ってあり、この前宮の奥に鎮まる
ところが墳墓と伝えられ、古来より禁足地になっている。
20160516_51 20160516_52 20160516_54
20160516_54

左にある前宮二之御柱
20160516_55

右後ろに見えるのが三之御柱
20160516_57
前宮三之御柱とアップ
20160516_56 20160516_58

街を見たところ
20160516_59

前宮四之御柱
20160516_80
本殿の裏
20160516_61

一柱と四柱(右後ろ)
20160516_62

旧上社大祝の居館・神殿跡
20160516_65 20160516_64

次は上社本宮へ。10分くらい。

その途中にあるここ!
神長官 守矢資料館。
20160516_66 20160516_67
守矢家の敷地内。守矢さんは、古代時代からすごい名家。
20160516_68 20160516_69 20160516_70
20160516_71
御柱祭と並んで重要な祭礼である「御頭祭」の復元展示があって、すごく見たかったけど月曜は休館日なのでした。
20160516_72

茅野市から諏訪市へ
前宮は茅野市で本宮は諏訪市なんだ、、、
20160516_73

こんなところに道標が!また歩きたくなるじゃないか!
20160516_74 20160516_75 20160516_76

つきあたりが本宮。正面からでなく横からの入口。
20160516_77 20160516_78
20160516_79 20160516_80 20160516_81

20160516_82 20160516_83 20160516_84

本宮二之御柱
20160516_85

20160516_86 20160516_87 20160516_88 20160516_89
20160516_90 20160516_91 20160516_92 20160516_93

本宮一之御柱
20160516_94

三柱と四柱はどこ?と思ったら、遠いのでした(;_;)
バスの時間までに戻ってこれない
20160516_98

史上最強のお相撲さん、雷電為右衛門(1767〜1825年)の像。
生涯成績は、254勝10敗、引き分け他21、勝率.962!
20160516_95

上社筒粥殿跡。食べ物の字を見ると気になる
20160516_96

由緒書き
20160516_97

天流水舎
どんな晴天続きでも、雫が3滴は屋根上の穴から落ちると言われている諏訪大社七不思議のひとつ。
20160516_99 20160516_100

神楽殿
太鼓の皮は一枚皮では日本一だそう。元旦の朝のみに打たれる。
20160516_101 20160516_102

ここは手水舎がいくつかあったな。
20160516_103

さよなら4つの諏訪大社。
20160516_104

自然の中にあるって感じで前宮が一番好きだな。
復路はバスで茅野駅へ戻る。260円で10分くらい。

買ったもの
御柱のはいったお守りと御柱のお箸(4膳)入
20160516_105
セブンイレブン地域限定御柱nanacoカード
20160516_110

ダイナマイトみたいな御柱塩羊羹
20160516_107

3日間、茅野駅に行くといつも待合室近辺に人がたくさんいて、どうしてだろう?
と思ってたけど、原因がわかった!
そば屋だ!
あずさ号に乗る前に私も食べました。特上かけそば330円。
20160516_107 20160516_109

さよなら茅野駅。
20160516_111

またいつか来るような気がする。神長官守矢資料館と上社を見に。

甲州街道38宿(日本橋除く、下諏訪含む)の中で良かったところは、
駒木野〜小仏〜小原〜与瀬〜吉野〜関野〜上野原〜鶴川〜野田尻〜犬目〜鳥沢〜猿橋〜駒橋〜大月の間40キロと、
金沢(茅野以降)〜上諏訪〜下諏訪の14キロくらいかな。

甲州街道は里山という雰囲気が多くとても良かったです。
今のところ、4街道中 2位かな(笑)

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可