6月5日(日)
個人旅行が圧倒的に多い私ですが、和歌山の熊野三山に2泊3日で行くにはツアーが一番便利。
会社の友達のHさんと二人で行きました。なお、私は晴女ですが、Hさんは雨女です。
今日も雨でスタートしました!

新幹線ひかり号503号、7:52新横浜発。
9:17名古屋着。バス乗車。すごい年配女性のガイドさん。
新名神高速で四日市JC、伊勢自動車道の安濃SAで休憩。
20160605_1 20160605_2
駐車場で天童よしみのツアートラック発見。
20160605_3
車内で名古屋三大名物幕の内弁当と御福どらやきを食べる。
(天むす、みそカツ、エビフライ、わかめご飯、きのこご飯、玉子焼、煮物、紅てまり串、蓮根はさみ揚げ、からあげ、ちくわ天、きしめんサラダ)
20160605_4 20160605_5.jpg

紀勢自動車道に入り、日本一降水量の多い尾鷲で降り国道42号線の みかんパーク七里御浜で2度目の休憩。
20160605_6 20160605_7 20160605_8
20160605_9
じゃばらみかんドリンクと(紀州北山村でしか穫れないミカン)
20160605_10
さんま寿司(最後の1個だったので100円引)を買い、バスの中で食べる。
20160605_11 20160605_12

途中で通った海山(みやま)というところは、種まき権兵衛の出身地でした。
種まき権兵衛なんて久しぶりに聞いたよ。

三重県と和歌山県の県境は橋の真ん中。
初めましてこんにちは和歌山県。これで行ったことがない県残り11県。
20160605_13
熊野古道の入口、大門坂の駐車場には、八咫烏の像となでしこジャパンの選手の足形があった。
20160605_14 20160605_15
ようこそ世界遺産の町 那智勝浦町へ!歓迎されてる?
ここから地元の「語り部さん」の案内が付く。
20160605_16

大門坂まで300m。熊野那智大社・那智山青岸渡寺まで1.6km。
20160605_17
ここから熊野古道のひとつ大門坂。
ちなみに、熊野古道って、たくさん道があるんです。ひとつじゃないの。
20160605_18 20160605_19 20160605_20 20160605_21

新宮藩の関所跡/南方熊楠が3年間滞在した大阪屋旅館跡(今はふつうの人が住んでます)。
南方熊楠は、博物学者、生物学者、民俗学者、 菌類学者として知られている。
語り部さんの「偶数月に一度もらえる年金じゃないのよ、粘菌ね」には笑った。
20160605_22 20160605_23 20160605_24
一の鳥居。ここから神聖な場所に入る。
20160605_25 20160605_26
鏡石。
20160605_27

20160605_28 20160605_29
夫婦杉。
20160605_30
多富気王子(九十九王子最後の王子跡)。
このへんには 何とか王子というところがたくさんある。
神社があった場所で、旅人が休んだりしていたらしい。
20160605_31
樹齢800年の楠大樹。
なんと、根本にはドアがあって鍵がかかってます。
スズメバチが巣を作らないようにドアをつけたけど、年に一度開けて木の点検をするらしい。
20160605_32
上のほう。立派です。
20160605_33

20160605_34
大門坂で一番いいところ。まだちょっと小雨。
熊野古道の写真で一番よく使われるところなんだって。
20160605_36

那智大社への467段?の階段のスタート。
20160605_37
雨が上がった!あじさいがキレイ。
20160605_38 20160605_40
途中にある実方院跡(参拝された上皇や法皇の御宿所だったところ)
20160605_39

世界遺産熊野三山熊野那智大社!
20160605_41 20160605_42 20160605_44 20160605_45 20160605_46 20160605_49 20160605_48
天然記念物 那智の楠(くす)樹齢800年。
20160605_51

すぐ隣が西国第一番礼所、青岸渡寺。
20160605_52 20160605_5320160605_54
ここから三重ノ塔と滝が見える!
20160605_55
ゆるキャラ。やた殿、やた姫。
20160605_56
20160605_57 20160605_58 20160605_59
塔と滝
20160605_61 20160605_60
すごくかわいい三ツ石
20160605_62

自分へのお土産は八咫烏おみくじ。
八咫烏がおみくじを持っていてすごくカワイイ!
20160605_63

バスで3分くらいで那智大滝と飛瀧神社。
落差133m、一直線の滝としては日本一で日本三名瀑の一つ。
熊野那智大社の別宮、飛瀧神社の御神体であり、第一代天皇、神武天皇が見つけ神として祀ったのが始まり。
20160605_75 20160605_76 20160605_64 20160605_66
20160605_65 20160605_70 20160605_69 20160605_72

光ヶ峯 遥拝石。
熊野の神様が降臨されたとされる御山で、那智山信仰の原点。
石を撫でるとその原点の御力を頂くことができると伝えられています。
しっかり触ってきた。
20160605_67 20160605_68

サヨナラ那智大社と滝。たくさんマイナスイオンをもらったよ。
20160605_77

国道42号で串本へ。50分くらい。
20160605_78
本州最南端の道の駅。
20160605_79
橋杭岩。弘法大師が大島に渡るため、石を並べて渡ろうとしたところ。
20160605_80 20160605_82
この地図の真ん中あたりです。
20160605_81

泊まっているのは串本ロイヤルホテル。
20160605_83 20160605_84
黒潮の湯はこんな感じ(公式サイトより)サイコー!!!
20160605_86
夕飯
20160605_85

明日は熊野本宮大社、瀞峡めぐり、なんとか王子(笑)です。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可