6月25日(土)
3:45起床。
早朝すぎて最寄り駅までのバスがないので、30分弱ほど歩いて行く。
スネアドラムをコロコロ引いて歩くのはシンドイ。
駅に着く直前 ぱらぱらと雨が降った。
梅雨真っ只中。晴れ女どこまで通用するかな?
ほぼ始発に乗る。こんな時間でも人、けっこう乗ってるんだよね。

6:30羽田発、7:35大阪伊丹着

空港からはモノレールで蛍池駅へ
阪急電車で宿泊先のホテルへ行き荷物を預かってもらい、8時半頃すぐ有馬温泉へ向かう。
よかった、計画通りに進んでいる。

ライブハウスの入り時間までの7時間半を有馬温泉に行ってつぶすのだ。

十三駅で宝塚線に乗り換え、宝塚駅下車。
途中、弟が昔住んでいた駅、中山観音を通って懐かしかった。
中山寺から中山観音に駅名変わったのね。
20160625_zukastation

有馬温泉へのバスは1時間に1本。
9:20のに乗れるか心配だったが余裕で乗れた。

くねくねした急坂を何度も曲がって登っていくのは箱根みたい。
バスの中にいた関西弁の30代女性達の会話が面白く、ずっと聞いていて飽きなかった。
30分くらいあっという間に到着。
20160625_1 20160625_3

日本三古湯の一つ有馬温泉。
631年に舒明天皇が約 3か月滞在したことが日本書紀に載っている。
その後もいろんな天皇や上皇が御幸されたが、ここを有名にしたのは豊臣秀吉。

温泉街の中心部でひときわ目立つねね橋・ねね像。
20160625_2
有馬川を挟んで太閤秀吉の像と見つめ合っているそうだが、秀吉像には行かなかった(笑)
私は、ねね=佐久間良子だ。おんな太閤記。

太閤の湯や金の湯など、テーマパーク的な日帰湯は嫌いなので、検索しまくって見つけたのがココ。
竹取亭円山別亭康貴(こうき)
20160625_4 20160625_5 20160625_6
まさにこの写真の通り。どっかのサイトから拾ってきたやつ。
20160625_arima
10時オープンでまだ20分くらいしかたってなかったけど、5人いた。
その後も、入れ替わり立ち代わりでたえず5人はいた。
お湯の温度は やや熱め。

お湯は麦茶みたいな茶色の含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉。
鉄分が多いため、タオルにかけ続けると赤褐色に染まる金泉
タオルが茶色になりました。塩っぱいです。
諏訪の毒沢温泉もこんな茶色だったな。
透明のは、炭酸ラジウムで銀泉と呼ばれている。
ここには、金泉3つと銀泉1つ、両方ありました。

ちなみに「金泉」「銀泉」という名称は、有馬温泉旅館協同組合の登録商標となっているんだって!
うんうん、何でも 登録商標しといた方がいいよね。

温泉街を散歩。
20160625_7 20160625_8
20160625_9 20160625_10

日本人は女性客が圧倒的に多い。他は海外からのお客さん。

天神泉源(天満宮)。有馬を代表する泉源。
湯気もうもう。階段が茶色。
20160625_11 20160625_12 20160625_15

横を見ると、頭上注意 コンクリート牛 落下
コンクリート牛?どういう意味?!
20160625_13

牛って、、、、、
そばにあったこれか?
20160625_14

後で教えてもらったことですが、
天神泉源(天満宮)の
「頭上注意 コンクリート牛 落下」は、
コンクリート片 だそうです。
“片”の1画目が短くて、牛にしか見えなかった。

散歩を続ける。
20160625_16 20160625_17
外国人のお客さんが大勢。足湯をしていた。
20160625_18

滞在時間は短かったけど、有馬温泉も制覇(^^)v

再びバスで宝塚駅へ戻る。

宝塚劇場があるほうの改札。
20160625_19
劇場へ向かう花のみち。
両側にはタカラジェンヌグッズやお土産、レストランがいっぱい。
20160625_20
大劇場が見えてきた
この日、公演はあったのだろうか?
数人ファンがいるから上演中だったかも。
20160625_21 20160625_22
入り待ち?出待ちのファンがいた
20160625_38 20160625_39
宝塚音楽学校の表札。
20160625_23

見えてきた手塚治虫記念館
設立すぐの1994年に行って以来、20年以上ぶりだ。
20160625_24 20160625_25

入口には有名キャラ達の足あとと手形のプレートが。
写真でわかるが、ここで少し雨に降られた。

アトム/ウラン/ブラックジャック/火の鳥←いたのね〜/御茶の水博士
20160625_26 20160625_27 20160625_28 20160625_29 20160625_30

手塚治虫の長編マンガは大好きなのでほとんど読んでいる。
特に好きなのは、火の鳥、アドルフに告ぐ、ブッダ。
企画展「手塚治虫のヒロインたち〜可憐な少女から妖艶な美女まで〜」以外は撮影OK。
ヒロイン達の原画を見て、あ〜〜〜いたいた!と懐かしく思うキャラがいっぱい。
20160625_32 20160625_33 20160625_34

20160625_37

ホテルへ戻る。14:20頃。
チェックインは15時~だが、すでに部屋の掃除が終わっているとの事で、少し早いけどチェックインさせてくれた。ラッキー!
いらない荷物を少しでも置いてライブハウスへ行けるのはありがたい。
ホントにスムーズに進んでいる。

中津Vi-Codeへ。少年ナイフも以前ライブしたところ。
今日4度目の十三(じゅうそう)駅での乗り換え。
阪急線の万能駅、十三。

その隣、中津駅から徒歩すぐ高架下にある。
20160625_41 20160625_42 20160625_43
思ってたより広い。
20160625_44
リハ
20160625_reha

完全なビジターなのに、ホーム感充満で幸せに叩けました。ありがとうございました。
少年ナイフは曲がポップでキャッチーで良いから、誰でも楽しめるだろうと思ってました。聞く人を選ばない楽曲。
20160625_46 20160625_47 20160625_50

セットリスト 50分
1.Konnichiwa
2.Riding On The Rocket
3.Muddy Bubbles Hell
4.Pyramid Power
5.Flying Jelly Attack
6.E.S.P.
7.Brown Mushrooms
8.Wild Life
9.Twist Barbie
10.Girl’s Rock
11.Wonder Wine
12.Cobra vs Mongoose
13. Giant Kitty

楽屋の外ドアの貼紙。
のら猫が入ってきちゃうんだって。
20160625_51

復路も十三で乗り換え(5度目)ホテルに戻り、広島の勝ちのスポーツニュースやNHKの記憶力の番組を見て早めに就寝。

6月26日(日)
ゆっくりバイキングの朝食を取り、1泊2日で6度の十三駅乗り換えを経て、伊丹空港へ。
この空港は子供の頃から何度も利用しているから(大阪に住んだことはないけど 親戚縁者多数)、安心感がある。

空港で買った、まい泉ヒレかつサンド(3切)と柿の葉すし3種
伊丹空弁
大阪国際空港(伊丹空港)ゆるキャラ「そらやん」クリアファイル。バンダナが親しみを感じる。
20160625_53

初めての地方遠征。
8月末のリバプールでの演奏の参考になったかも?!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可