昨日の神様が呼ぶ玉置神社/熊野本宮大社の続き

旅行3日目:
24日(月)6:00起床。
昨夜スーパーで買っておいた おにぎり弁当を食べて 7時頃ホテルを出発。
5分くらいのところにある徐福公園へ。
20161024_1
徐福は、紀元前3世紀頃、秦の始皇帝に 東方の三神山にある不老不死の薬を持って帰ってくるよう3,000人の童男童女と多くの技術者を従え来日し、熊野地方に漁業や農業、その他の様々な技法を伝授したと言われている。
日本各地にゆかりの地があるが、ここにはお墓があるのです。
20161024_2 20161024_3 20161024_4 20161024_5
徐福が探した霊薬だと言われている天台烏薬の木。
実際に腎臓病、リウマチ、健胃に効果があるらしい。
まだ誰もおらず、お掃除をしているおじさんに挨拶したら、パンフレットを持ってきてくれました。
20161024_6

そこから徒歩10分くらいの阿須賀神社へ
20161024_7 20161024_8 20161024_9 20161024_11
後ろの山は蓬莱山って言うんだって。
徐福が阿須賀の地に上陸し、蓬莱山の麓に住みついて、農耕や捕鯨、造船、製紙などの技術を伝えたんだそう。
徐福之宮と阿須賀王子
20161024_10 20161024_12

次は新宮こと熊野速玉神社へ向かう。
途中にあった丹鶴城公園/新宮城跡
20161024_13 20161024_14
道路のプレートには熊野古道って書いてある
20161024_15

どのくらいかなぁ20〜30分くらいで熊野速玉神社(新宮)到着。
ここは5月に来たところなので、記憶もばっちり。
その時の日記とかなりかぶるけど、もう一度書いておこう。
20161024_16 20161024_17
まだ8時前。たぶん観光客としては一番乗り。
八咫烏神社。お掃除していた。
20161024_18 20161024_19
20161024_20 20161024_21
日本で一番古い梛の木。まだ葉がいっぱい付いていて元気だ。
20161024_22 20161024_23
20161024_24 20161024_25
全体像。すべてのお社を参拝した。6つくらい?
20161024_29
59代 宇田上皇から400年近くの間に訪れた上皇、女院、親王の名前と回数の碑。
20161024_26
じゃばらの木(邪祓)
20161024_27 20161024_28
武蔵坊弁慶の木像。
弁慶さん、おはよう!また来たよ。
20161024_30

次に 前回(5月)はツアーだったので行かなかった神倉神社へ。
バスの中からチラッと見ただけで、すごく行きたかったところだ。
なぜなら、ここが熊野三山以上に重要だと思うから。
いい感じの裏道。
20161024_31 20161024_32 20161024_33
15〜20分くらいで到着。
20161024_34
20161024_35 20161024_36
入ってすぐのところが猿田彦神社。
猿田彦神社もあちこちにあるね。そのひとつ。
20161024_39
手水の柄杓に大きなカタツムリがいました。これだけ大きいと気持ち悪い。
20161024_37 20161024_38
こちらが神倉神社の手水舎。
20161024_40
鳥居。ここからものすごーーーい石段が始まる。
ここで参拝して、この先は登らない人がほとんど。
地元の人が数人ここで祈っていた。
「おはようございます。私、登ってきます!」と言ったら応援してくれたよ。
20161024_41 20161024_42
石段の高さもけっこうあり、人生最難の石段!
手を石に付きならが登って写真撮る余裕なし、この1枚だけ。
20161024_43
途中に右側にお社がひとつあって「女坂」の看板がある。
復路はこの右側の女坂でも降りられるっぽい。
20161024_44
さらに登り続けると、神社の人が降りてきた。
女坂のほうが帰りはラクですかね?と聞いたら、
せっかく来たんだから、一歩一歩ゆっくり降りていきなさいという返事。
ぎゃーーーー(;◇;)修行だ。

ここがゴールのようです。
誰もいなかった。
20161024_45 20161024_46 20161024_47

あった!
写真で見て、絶対に行きたかったところ!
ゴトビキ岩と呼ばれる巨大石。よく落ちないなぁ。
20161024_48 20161024_49 20161024_50
階段を登って近くに行きましょう
20161024_51 20161024_52
こんなすごい石段があるから観光客が来ないのね(笑)
というか、来れないよ。

たくさん写真を撮りました。
20161024_54 20161024_55 20161024_56 20161024_57
展望もばっちり。
20161024_53

帰りは、、、、神社の人に言われた通り 女坂を行かず、一歩一歩降りました。
下が見えない角度。
20161024_58
重いリュックを背負っているので 不安定で危ない。
そんなに幅が広い石段ではないから、端だと崖に落ちそうだし、
前のめりすぎると頭から落ちそう。
ゆっくりゆっくり手をつきながら降りました。
この坂を登るんなら、身軽にしてくることをオススメします。
20161024_59
神倉神社、ゴトビキ岩、素晴らしいところでした!

遠くから見るとこんな感じ。
海からでも見えて、なおさら巨石が神様に見えたんだろう。
20161024_60

新宮駅の線路
20161024_61
ここで計画が狂った。
ゴトビキ岩に時間がかかりすぎた。
駅まで急いで歩いたけど、9:13の電車に5分の差で乗れませんでした。
9:18に着いたの(;_;)
20161024_63

ふと見ると、おおおお!
私が土曜に大和八木から乗った日本一の最長距離特急バスが!
ここが終点だもんね。
このバスが今から6時間半近くかかって、大和八木に行くのだ。
見れてラッキー!
安全運転でがんばって走ってきてね。
20161024_62

次は 1時間半後の10:52。
まぁ、もしかすると↑この時間に(10:52)なっちゃうかもな〜とは思っていたけどちょっとショック。
この辺の観光全部しちゃったし、することない。
駅の観光センターも開いてるし、記念に地図でももらっておこう。

観光センターで「ゴトビキ岩がシンドクてさっきの電車に間に合いませんでした。次の電車は10:52ですよね」と話したら、早く来るワケでもないのにお姉さんに確認した。
熊野市駅に行きたい、そこから歩いて花の窟(いわや)へ行く予定だと言ったら、
「花の窟なら目の前に止まるバスがありますよ」と教えてくれた!

10:52の電車で熊野市駅に行っても、花の窟までは15分くらい歩かなきゃ行けない。
バス(10:30出発)だと目の前に止まる(11:13頃)。
次の電車よりちょっと早く着けることが判明。
そりゃ、9:13の電車に乗れていたほうが全然早いけどね。

それでも1時間くらい時間があるので、近くのスーパーで時間をつぶしました。
20161024_64 20161024_65

10:30大又大久保行きに乗る。
このバス大丈夫か?赤字でしょ?
45分くらい乗っていたけど、他に4人くらいしか乗り降りしなかったよ。それも地元の人。
もっとお客さん 乗らなきゃ!
観光客はどうしても観光バスや電車を利用してしまう。路線バスも使ってあげたほうがいいね。
20161024_66

5月に行った時、身体がビリビリきて涙が出てきた花の窟。
誰もが知ってるイザナミノミコトのお墓。
どうしてもどうしてもまたココに行きたかった。ツアーでなくひとりで。
20161024_67
イザナミノミコトは日本人のお母さんだと私は思っている。
バスを降りた瞬間、身体がビリビリした。

もうこのへんは5月にたっぷり書いたから、今日の日記ではしない。
20161024_68 20161024_69
20161024_70 20161024_71 20161024_72 20161024_73
20161024_74 20161024_75 20161024_76 20161024_77 20161024_78 20161024_79 20161024_80
また来ましたよ!
20161024_81 20161024_82
20161024_83
最初は誰もいなかった。独り占めだ。
その後、数人来たから写真を撮ってもらった。
岩が御神体だけど、触っていいのだ〜
ハグ写真「また来ました!」
20161024_84 20161024_85
花の窟のすぐそばには土産物屋がある。
20161024_86 20161024_87

イザナミノミコトのお墓がここなら、カグツチノミコトを産んで亡くなった場所、産田神社へ行く。
土産物屋のおばさんにどのくらいか聞いたら、10分くらいって言われたから楽勝、、、、
だと思って元気に歩いたけど、全然着かないよ。
もしかして、10分って車でのことじゃない?!
歩いて30分くらいかかったよ。
20161024_101
20161024_88 20161024_89
ここはサンマ寿司発祥の地でもある。
20161024_90 20161024_91
20161024_92 20161024_93 20161024_94
20161024_95
土足厳禁なので置いてあったワラジにはきかえる。
20161024_97
ワラジをはくには靴下脱がなきゃね。
20161024_98 20161024_96 20161024_99
脱いだ時に気がついた。
どうみても左右の大きさが違う(笑)
20161024_100
熊野市駅よりも、有井駅のほうが近い(25分くらい)のでそちらへ向かう。
20161024_102
ところが、無人駅で切符販売機もなく、周りになんにもなかった。
一日の乗客64人の極小駅。ここで1時間半近くも電車を待つのはツライ。
20161024_103 20161024_104 20161024_105

熊野市駅なら何かあるはず。隣りだから1時間半も歩いてかからないハズ。
歩こう!
まさかこうなるとは思ってなかったから、いつもなら歩く時に用意しておく印刷した地図がない。
スマホのGPS機能を使いました。便利だね。
国道42号だったかな、に出ればあとは簡単。
20分くらいしたら花の窟。さっきサヨナラしたのにまた来たよ。
最初からココにまた戻っていれば良かったのかな。
20161024_106 20161024_107
20161024_108 20161024_109
獅子岩。ライオンの顔に見えるでしょ?
5月の時は、バスの中からでデジカメの用意ができてなくて写真撮れなかった。
20161024_110
20161024_111 20161024_112 20161024_113 20161024_114 20161024_115
そこからさらに20分くらいで熊野市駅到着。結局、産田神社から1時間くらい歩いたことに。
熊野市駅、大きな駅だと思っていたのに、食べ物屋さんがありませんでした(;_;)
20161024_116
お土産物屋さんで買ったドーナツと熊野マドレーヌを駅で食べて、40分くらいの時間つぶし。
20161024_117
今晩の宿、伊勢市までの切符を買う。
駅員さんが「紀伊長島駅で乗り換え時間が1時間あるから、駅の外に出ても大丈夫ですよ」と教えてくれる。
20161024_121 20161024_118 20161024_119 20161024_120

13:59 JR紀勢線/紀伊長島 行きに乗り 15:07 到着。1時間以上だ。
20161024_122
駅の改札出ても大丈夫ですよ、というから駅前に何かあると思うでしょ?
それが降りてビックリ!
何にもありません。
数人いたおばさん達は、民宿の車が迎えに来て乗っていきました。
ここで1時間15分つぶさなきゃいけない。どうしよ〜〜〜〜
20161024_123 20161024_124 20161024_125 20161024_126 20161024_127

カンで歩いて、5分くらいでスーパー発見。
あ〜〜〜〜良かった!
20161024_128
鶏五目おにぎり、チーズとベーコン焼きを買い、外のベンチで食べる。
かなり大きいスーパーで、地元の人が数人だけど絶えず後から後から来ていた。
20161024_129
16時に駅に戻り、16:20発 多気 行きに乗る。
20161024_131 20161024_132 20161024_133
2車両で4人くらいしか乗りませんでした。
途中で学生が乗下車するくらいで、ここも赤字路線だね(;_;)
20161024_134 20161024_135
約1時間後の 17:28 多気駅到着。
20161024_136 20161024_137
JR参宮線17:40発 伊勢市行きに乗り換え。
20161024_138
25分後の18:04 ついに伊勢駅到着。
熊野市から電車で4時間もかかったよ。
新横浜から新大阪まで往復できる距離(笑)
20161024_139 20161024_140
伊勢市駅から今日の旅館までは2分くらい。
机には古事記がありました。さすが!これにはマイッタ!
20161024_141
20161024_142 20161024_143

明日の天気は雨、イヤだなぁ。
明日が一番難度の高い計画なのに。
雨だと計画が狂っちゃう、自転車使えないから。
これはまったく想定外。

どんなに大変なことがあっても、個人旅行はツアーより楽しい!
だからやめられないんだな。

明日の夜 帰宅予定。
日記は書けないので、どんな冒険やハプニングがあったかは木曜に書きます。
とりあえずここまで。

前日、前々日のブログ↓
2016/10/22 日本最大の村で世界遺産「十津川村」へ
http://curiousmamiko.blog105.fc2.com/blog-entry-425.html

2016/10/23 神様が呼ぶ玉置神社/熊野本宮大社
http://curiousmamiko.blog105.fc2.com/blog-entry-426.html

翌日の日記
2016/10/25 最終日は伊勢巡り
http://curiousmamiko.blog105.fc2.com/blog-entry-428.html

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可