某旅行会社のバスツアーで見つけた富士山麓5つの神社巡り。
催行日程と仕事の休日がどうしてもあわず、年休をとって参加してきました。
以下の5つの神社。上の4つは名前がそっくり。

富士山本宮浅間大社
冨士御室浅間神社
河口浅間神社
北口本宮浅間神社
新屋 山神社

7時 横浜駅出発。
東名高速 足柄サービスエリア。
20170113_1 20170113_2

まだ早いのに開いてて良かった「パン工房 ベルべ」

足柄限定 人気No.1 はねつきメロンパン
20170113_3

人気No.2 わさびロール
20170113_4

人気No.3 富士山メイプル
20170113_5

限定じゃない定番人気No.1 クリームチーズのカレーパン
20170113_6

2つ買いました。
さて、どれでしょう?

答え:
20170113_7

わさびロールとクリームチーズのカレーパン

わさびの葉っぱたっぷり入っていてびーっくり!
わさびを愛する者としては、限定にせず、家の近所でも取り扱って欲しい。
20170113wasabi

車窓から。富士山東側。
上のほう雲じゃなくて、雪が舞ってる感じ。
20170113_8
ニュースで言っていましたが、今日の富士山頂は”雪煙”で−26℃だったそうです。
なるほど”雪煙”ね。

一番最初に行ったのは富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)
全国に約1,300社ある浅間神社の総本社、富士信仰の中心地。
赤い大鳥居と富士山がベストマッチ!
20170113_9 20170113_10
20170113
富士山の8合目より上は、ここの境内地なんだって。
奥宮が富士山頂にある。

鳥居の横にある富士山大金剛杖。
7月の大金剛杖パレードの時に使うのかな?
20170113_12 20170113_13
20170113_11
鉾立石。
明治の初めまで行われていた山宮御神幸の際、神鉾を休め奉った所。
20170113_15 20170113_16
20170113_17 20170113_14
20170113_18 20170113_19
20170113_20 20170113_21 20170113_2 20170113_23
拝殿の後ろ2階建ての本殿。2階建はめずらしい。
20170113_24
富士山御霊水。
水は無料で汲むことができるけど、空のペットボトルも有料で売っている。
私はマイボトルを持参して行きました
ただし、そのまま飲むことができないので、煮沸して飲んでくださいとのこと。
ということは、この場では飲めないということだ。
20170113_25 20170113_26
国指定特別天然記念物「湧玉池」
20170113_27
ごらんの通り すっごいキレイな池。
富士の雪解けの水が溶岩の間から湧き出たもので、水温は摂氏13度。
20170113_28
禊所。
気温4度。さわったら暖かく感じた。
20170113_29 20170113_31

何度ももぐってくれた、池にいたのサービスショット
20170113_30

道真公の天神社
20170113_32
本殿後ろ
20170113_34 20170113_33
火山弾。富士山噴火の落下石。
20170113_35
南極の石。第7次南極観測船ふじ の乗員により採取された石。
20170113_36

移動。車窓から。
スプーンでえぐったような宝永噴火口。
朝霧高原側から見る富士山はゴツゴツした感じ。
20170113_37

2番目に参拝したのは、冨士御室浅間神社(ふじ おむろ せんげんじんじゃ)。山梨県南都留郡富士河口湖町。
武田信玄が愛した神社で今日行った5つの中では一番古いらしい。
西参道から入る。雪が積もってるよ。
20170113_37a 20170113_38
20170113_39 20170113_40
20170113_41 20170113_41a 20170113_42 20170113_43
こちらが表参道
20170113_44

移動。河口湖大橋を通って湖畔へ。
20170113_45
向こうに大きく見えるのが富士山。雲がかかってて残念。
20170113_46 20170113_47
七福神のおひとり、寿老人がいらっしゃいました
20170113_48
おやつ。かねたまる餅と木花咲耶姫。
20170113_49

3つめ 河口浅間神社(山梨県南都留郡富士河口湖町)
貞観6年(864年)に始まった富士山の噴火鎮祭のため、貞観7年(865年)に浅間神を奉斎したのが始まり。
20170113_50
20170113_51 20170113_52
20170113_53 20170113_54 20170113_55 20170113_56 20170113_57
「美麗石(ヒイラ石)」すごい大切な石らしいけど、雪に埋もれてました。
20170113_59

ここで、拝殿に昇殿して祈祷していただきました。
壁などない吹きさらしなので、すごく寒かったよ。
数年前に世界遺産になるまでは、年間参拝者が500人ほどだったとの事。
隣りの部屋の壁には、ムササビが飛んでくるという穴が開いていた。
20170113_58

「七本杉」と呼ばれる7本のスギの神木が境内にずらり。
20170113_60
1の杉/2の杉
20170113_61 20170113_62
3本目以降。巨木が立ち並び森林浴に最適。
20170113_63 20170113_65
拝殿と本殿
20170113_64


4番目、北口本宮浅間神社(山梨県富士吉田市)へ
いちばん最初に行った富士山本宮浅間大社とどう違うのかな?(笑)

どこもかしこも「我こそが本当の浅間神社だぞ」という感じ。

木製の鳥居としては日本で一番大きいらしい。
熊野本宮の大斎原を2度も見ているから、そんなに大きいとは思わなかった。
20170113_67 20170113_68
狛犬のあたまの上に雪が積もっててカワイイ。
20170113_69 20170113_66
20170113_70

手水舎マニアとして見逃せなかったここの手水舎。
ここのは今まで見た最大。子供はきっと届かなくて手を洗えないよ〜

20170113_71 20170113_72 20170113_73

鶴岡八幡宮の舞殿みたいな神楽殿が拝殿の前にある。
20170113_74
樹齢千年の富士太郎杉
20170113_75
拝殿
20170113_76

順路通りに地図を見ながら進むと「高天原」と書いてあるところにあったのがココ。
20170113_77 20170113_78
ここでいいんだろうか。他、見回したけど、ここ以外に考えられない。
きちんと囲ってあるから聖地なんだろうな。

その奥にある、諏訪神社。
20170113_79
Wikipediaによると、
古来より社中に「諏訪の森」が位置し、諏訪神社の鎮座地に浅間神社を勧請したと伝わる。
ああ、ここが実は重要なところなのかもしれない。

その前にひっそりとあった祠。地図にも何も載ってない。こういうのが好き。
20170113_80

西側にずらりと並ぶ摂社末社
20170113_81
西宮本殿
20170113_82
大国主神と事代主神の幟旗
20170113_83
本殿ま裏にある、ガラス越しで見にくい恵比寿社
20170113_84
東宮本殿
20170113_86 20170113_85
寒くて雪が積もってるから、シーンとして気が引き締まる思いだった。

最後が 新屋 山神社(あらややまじんじゃ)山梨県富士吉田市。
ご縁のある方だけが辿りつける!?富士山二合目の金運神社とか、日本一の「金運神社」とかネット上書かれている神社。ふつうの民家の中にあるから探しにくい。
20170113_87 20170113_88 20170113_89 20170113_90.jpg
20170113_91 20170113_92
人気の奥宮まではこの時期、行けなくて残念。

お伺い石。すごく重いよ!
20170113_93
大黒様
20170113_94
伊邪那伎命、伊邪那美命を祀ってある夫婦木社
20170113_95 20170113_96

最初に参拝した富士山本宮浅間大社以外は、すべて雪が積もっていて、遠くに来たな〜という感じがしました。
20170113_97

雪煙と雲で半分くらいしか見えない富士山。またね!
20170113_98

帰りも足柄SAに寄って、富士宮焼そばを買った。
20170113_100 20170113_101

一度に富士山麓5つの神社を参拝。
疲れたけど、日本の神様に命の源をいただけた気がしました。
ひとつ前の1月11日のブログで満開の菜の花を見たばかりなので、その差!
神奈川県と山梨県や静岡県、隣りなのに、ずいぶん違うんだなぁ!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可