2017年春発売分の青春18きっぷでの旅(3)

今回はひとりでなく会社の友達Nちゃん同行。
18切符は同で駅で乗り降りすれば、友達とでも使える。(2枚必要)

7:40 東戸塚駅発
7:50 大船駅下車 エキナカをフラフラする
8:10 大船駅発

花曇りで富士山が見えないよ(;_;)

9:14 熱海駅着
乗り換え時間が23分あるので改札を出て駅前をフラフラ
20170325_1
熱海の駅前
20170325_2

9:37 熱海駅発
原、吉原のあたりで、富士山はぼんやり見えたが、これじゃ由比では見えないな〜
10:28 由比駅着

ここまで正規料金 2,270円。
青春18きっぷは、1枚2,370円なので、往路だけでモトがとれたと言っていい。

3/11に旅した時、行ってみた由比漁港の”浜のかきあげや”。
まずはここへ。
20170325_3
開店は10時。
10:40くらいに到着してこのくらいの行列。
席はほぼ満席。食べ終わった人と次に来た人がちょうどいいくらい。
20170325_4
今回も由比丼セット
20170325_5
桜えびドーナツ
98%ドーナツ、2%桜えび といった感じだった。
自家製のまんまるドーナツって、美味しいね。
20170325_6
漁協直売所には、桜えび餃子、コロッケ、ソーセージ、カレー、さつま揚げ、ありとあらゆる 桜えび加工品があった。干し桜えびをたくさん購入。
20170325_9 20170325_8
由比漁港を散歩
20170325_7 20170325_10
かきあげ屋、こーーーんなに並んでる!
私達が来た頃の4〜5倍くらい。
200食なんてあっという間に売り切れるだろう。
20170325_11
由比駅へ戻る
20170325_12
東海道五十三次の「由比」の浮世絵の場所、さった峠へ。
駅からは西へ4キロくらい。
本当はこういう字を書きますが、変換できないので、ひらがなで書いています。
20170325_13 201703satta
20170325_14

2012年9月15日に「東海道五十三次ひとり歩き」でここを歩いた時の日記はこちら

途中の小池邸
明治期に建てられた名主の館で現在は静岡市生活文化局文化財課が管理している無料の休憩所。
2012年の本チャン歩きの時は、開いておらず、今回初めて入ってみた。
20170325_15 20170325_16
管理人のおばちゃんが出てきて、庭園ある水琴窟(すいきんくつ)の説明をしてくれたよ。
ひしゃくで水を取り、地面に敷かれた石に水をかけると隙間を伝った水が、地中の空洞に溜まった水面に落ち、音が出る仕組み。より良く聞こえるように、地中に竹を刺しており、そこに耳をあてて音を聞く。
騒音に慣れてしまっている我々には、天の音だった。
20170325_17
あかりの博物館。開いていたけど行かなかった。
20170325_18
20170325_19 20170325_20

ものすごい急階段の八坂神社。
何にも書いてなかったけど、八坂神社だから祀られているのは須佐之男命だろう。
こんな高い場所でなく、このまま下にあれば、20mくらいで近いのにな。
近いのに上にあるから遠い神社。
20170325_21
行ってみました。階段というよりハシゴ。
20170325_22
開かない格子扉の中に小さい賽銭箱があって、
お金を入れるのがすごく難しかったよ。でもきちんと入りました。
上からは絶景。
20170325_23
横から見るとその角度のすごさがわかるでしょう。
黄色いバーが手摺。
20170325_24 20170325_26
鞍佐里神社
20170325_27

旧街道に戻る。
20170325_28
一里塚跡
20170325_29

懐かしい!!
三島宿から白須賀宿まで何度も道を教えてくれた静岡県内だけの道しるべ。
「ひさしぶりだね、こんにちは!また来たよ!」と挨拶。
20170325_30

坂を登りはじめる。
むこうに見えるのは静岡市の三保の松原(たぶん)
20170325_31
駿河湾を眼下に、まわりには「びわ」や「みかん」がいっぱい
ビワや甘夏やハッサク
20170325_25 20170325_32

歌川広重「由比」左上の崖にいる旅人がポイント。
20170325_さった峠 20170325_33
静岡観光コンベンション協会のサイトより
20170325_さった峠2 20170325_さった峠3

次の興津宿への道はこちら
20170325_34

1袋100円が相場。ここのは不知火(しらぬい)という種類。
ノドが乾いた時にミカン、いいね。
20170325_37 20170325_38
20170325_35 20170325_36 20170325_39 20170325_40 20170325_41 20170325_42 20170325_43 20170325_44

さ、駅に戻ろう
ミカンの木の向こうに海が見えて気持ちがいい。
20170325_45 20170325_46 20170325_47 20170325_48 20170325_49 20170325_50

14:00 由比駅発
14:35 沼津駅着 乗り換えまで25分あるので改札を出てフラフラ
静岡で知らない人はいないのっぽパンを買う。
塩キャラメルしか残っていなかった。
20170325_51

15:00 沼津駅発 御殿場線に乗り換え
20170325_52
御殿場線が昔は東海道線だったって知ってた?
知らなかったからびっくり!黒が御殿場線、オレンジが現在の東海道線。
20170325_御殿場線

熱海と三島の間の全長7,804mもの距離があり、1933年に世紀の大工事の末に完成した「丹那トンネル」の数々の物語はこちら

開業年:1889(明治22)年
営業キロ:60.2km(国府津〜沼津)
所要時間:約1時間30分
駅数:19駅

18切符(1)の身延線の時は、ほぼ全駅写真が撮れたけど、御殿場線は、人、多すぎ。
満員だったので撮れなかったよ〜。あの状況で写真撮るのはかなりの勇気がいる。
かろうじて撮れたのは、南御殿場駅と御殿場駅だけ。外人がたくさん乗ってきた。
20170325_55 20170325_56 20170325_57

15:58 山北駅着
帰りまで50分滞在できる。
20170325_58 20170325_59
駅前の美容院が昭和っぽい
20170325_60
むこうから駅を見て見ると
20170325_61
この日、山北つぶらの公園がオープンだったが、それらしき形跡はまったく見当たらず。
山北駅から徒歩70分、となりの谷峨駅から60分だもんねー。
この日に限りバスが出てたようだけど、もう16時すぎだったので、それも終わっていた。
本当は今日最初に、この公園に行こうと計画していたけど、徒歩往復2時間以上かかるのでやめた。
18きっぷを使わなくても、ここなら往復2,000円以下で行けるし。

鉄道公園で のっぽパンを食べてSL見てのんびり。
20170325_62 20170325_63 20170325_65
桜がぜんぜん咲いてない桜まつり
寒かったー
20170325_64 20170325_66 20170325_67 20170325_68
御殿場線、沼津〜国府津まで乗ってみたが、乗客おおすぎて、じっくり外を見られなかったのが残念。
19駅の中で一番素敵な駅は山北だった。隣りの谷峨も大自然みたいで良かったかな。

16:48 山北駅発
17:15 国府津駅着
17:19 国府津駅発
17:47 大船駅着

Nちゃんと「寒いからお好み焼を食べて帰ろう!」ということで大船駅で下車。
チーズたっぷりのお好み焼とノーマルなやつ。身体、あったまったよ。
20170325_69 20170325_70

4/10まで使える青春18きっぷ、あと1回残ってる。
どこに行こうかな?
次の発売(夏)では、青春18きっぷ上級者みたいな旅をしてみようっと。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可