仕事の後、会社から徒歩10分もかからない。3/25〜6/4までの長きにわたって山下公園、港の見える丘公園、みなとみらい、ズーラシアのそばの里山ガーデンで開催されている第33回 全国都市緑化よこはまフェア(来年は八王子市で開催)を見て、神奈川県民ホールでの八代亜紀プレミアムコンサート2017に行ってきました。

横浜市が作ったもの、ランドマークタワー、みなとみらい地区等たくさんありますが、そんなの足下にも及ばない、一番素晴らしいと思うのが「山下公園」。
先週行ってきた母が「あんたも行ってき!会社から毎日行けるやろ!」と言う。
いや〜〜〜〜素晴らしい!今がまさに見ごろ。
夕暮れ時に近かったからあんまりきれいに撮れてないけど圧倒される!行って良かった。
20170517_b 20170517_c 20170517_e

30分くらい散歩した後、この道をはさんで向い側の神奈川県民ホールへ。
20170517_a 20170517_f
母も誘ったのに「おかあさんは、行かんわ」と言うので、ひとりで。
4列目ど真ん中。
チケット代は先日来日したポール・マッカートニーの3分の1。

メモで箇条書きしてきました。

・バックバンド7人編成 キーボード(兼生ピアノ)、ギター、ドラム、ベース、バイオリン、トランペット、サックス。
・衣装:赤→青→黒→白。すべてが似合うのは色が白いからか?
・4列目なので視界すべてがステージで まるでテレビを見ているみたい。
・イントロで司会者の声が聞こえてきそう。
・お辞儀がプロ。
・プレゼント渡しタイムがあって7~8人が渡していた。
渡してくれるひとりひとりに中身を聞いて「葛きり?大好きなのよ」とか、それぞれ返事をしていた。
・1幕のMCは、昭和歌謡の事、次の曲の歌詞の事。2幕はお父さんの事が多かった。
・ドラマーはずっとヘッドフォンをしてクリックを聞いているようだった。
カウントなしで全員で同時に入っている曲もあった、どうやってるんだろう?
・ドラムの音が小さい。ベースやバイオリンや管楽器のほうが音が大きいぞ、と思う曲も多かった。
 ドラマーの叩き方が リズムをキープを最小限の音でするという感じ。
ロックなら他のパートから「ドラム(の音)は大きいほうがいい」と言われ、全力で叩くドラマーが多いが、それとまったく逆。うっすら聞こえる程度でいいという感じだった。

ここまでではないが 私のドラムに対する考え方と同じ。ロックバンドは楽器の音が大きすぎる。フィルやソロの部分は別だけどね。
ボーカルがいないのであればそれでいいけど、ボーカル(歌)があるのなら、それを活かさないと!
ビートルズコピーバンドでさえ 歌が聞こえないところが多いよ。

やった曲で覚えているやつ
・Helen Merrillの「You'd Be So Nice To Come Home To」←鳥肌もん!
・Jazzの名曲「Sing Sing Sing」「Fly Me To The Moon」
・熊本大震災応援歌 Sweet Home Kumamoto
・ブルースアルバムから数曲
・去年モンゴルで歌った「JAMAAS 真実はふたつ」
・マーティ・フリードマンが八代亜紀のために作った「無情」
・雨の慕情 ←憎い♪恋しい♪憎い♪恋しい♪雨雨降れ降れ〜の振り!生で見れた!
・舟唄 ←ラストナンバー

グッズはDVD、CD、カセットやポーチ、折りたたみ傘くらいしかありませんでした。
タオルや手ぬぐいがあれば買ったのにな。
別に八代亜紀さんのファンではありませんが、一度は見ておきたい人だったので、神奈川県民ホールで見ることができて良かった。日本を代表する歌手、ボーカリストなら見ておいたほうがいいでしょう。
もうこれで日本人で一度は見ておきたい人がいないかも。

今回はFacebookにもたくさん写真を載せたのでこちらは少なめ。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可