創香家・香司 今井麻美子さんの和の香の展示会にオカンと行ってきました。
場所は日本橋タカシマヤ7F。
長い間生きてきましたが、”創香家・香司”という肩書きのお友達は今までいません。
しかも 同じ年で同じ「まみこ」
そういう方と知り合えただけでも光栄。
20170803_1 20170803_4
最初は、匂い袋を買おうかな、と思っていましたが、麻美子さんの説明を聞いて変更、紫檀の塗香入れと、
"早朝の葉に溜まった一滴の朝露のような清々しさのある香り”の「朝霧」という塗香を買いました。
オカンは「紫の衣」という"紫の衣より立ち上るような、深い慈しみをのある甘い香り”のやつ。
どういう香りか想像してみて。楽しいよ。
香りを文章で表現してあるのを読むと、想像力がふくらむ。
20170803_3
塗香って知ってる?
ずこう、って読むんだよ。
手のひらにササッと少しふりかけて、軽くこする。
火を使わない お清め(浄化)のお香。
知りませんでしたーーーーー!
ひとつ賢くなった(^^ゞ


買った紫檀の塗香入れ↓
20170803_21
オシャレな七味入れみたいな感じ(笑)

高島屋を後にし、向かったのは、
島根県のアンテナショップ「にほんばし島根館」と隣りにある「主水」
島根の優れた食材を使った美味しい料理や、地酒を提供するお店。
2年前、2泊3日で島根県ひとり旅行したのをFacebookで思い出し、探して行ってみました。
20170803_5
海鮮がいな丼と三色割子そばを食べました。
がいな、って大きいとか凄いって意味。
20170803_7 20170803_8
え?2つも食べたの?
そうです(^^)
オカンはサバの乗ったソバを注文。
神様の住む出雲は食べ物が美味しい。

にほんばし島根館であご(トビウオ)のちくわ、しじみの味噌汁などを購入。
20170803_6

次は近くの新潟の「ブリッジにいがた」へ
入口右にあったトウモロコシ。試食したら 甘くてめっちゃ美味しくて買わずにいられない!
2本購入。
野菜が多く売られていたので、おばちゃん達がいっぱい。
20170803_9 20170803_10
↓この写真の左上の80cmを越える巨大なのは「夕顔」という干ぴょうらしい。
20170803_11

次は「奈良まほろば館」
入っていきなり 大好きな 柿の葉寿司に遭遇!4個入。
お腹いっぱいだったので買いませんでした。
オカンが懐紙とお線香を購入。
20170803_22

次「日本橋とやま館」
20170803_12
入ってすぐ日本一大きなスイカとして知られる「入善(にゅうぜん)ジャンボ西瓜」に遭遇。
20170803_13 20170803_14
傘かぶってるみたいでカワイイ。
ぬいぐるみみたいに見えたから近寄ってみたら、ホンモノでした。
網に入っているからぬいぐるみみたいな質感に見えたんだ。
値段、見て驚いた!泣いた!
8,640円(;◇;)

贈答品として出荷されているんだって。
そりゃ誰も買わないよ。
富山の店はオシャレだった。

三越の周辺には、三重と福島もある。
アンテナショップ巡り、知らないものが多くておもしろいな

そして最後にオカンを「日本橋」に連れて行きました。
ひとりで歩いた東海道五十三次、日光&奥州街道、甲州街道、すべてのスタート地点。
日本橋の東西南北の4隅を説明。
20170803_15 20170803_16

2012年の時、高札場の隣りは花の広場だったのに、インフォメーションになってた。
2012年
20170803_20 20170803_18
現在
20170803_19 20170803_17

いつかわからないけど、五街道歩き最後の「中山道」の時、またここに来るだろう。

匂いの話に戻って、、、
一番記憶に残りやすいものって何だと思いますか?
音?味?感触?それとも映像・・・・・・?
正解は「におい」なんだって。
脳は「匂い」に逆らえない。匂いで記憶をコントロールする方法。
http://studyhacker.net/columns/aroma-brain

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可