FC2ブログ
注意:この日記は今までの中で写真最多枚数になってます。

なぜ飯田線の秘境駅に行きたくなったのか?それは、
ひとつ前の日記を読んでからのほうがわかるでしょう。

ぶらり途中下車しながら豊橋まで来た翌日。

9月9日(土)
6:00発の飯田線天竜峡行きに乗るために4:30起床。
充分準備をしておいたので、早すぎた!
コンビ二で買ったパンを1個食べ、早めにホテルを出て 歩いてすぐの豊橋駅へ行き、青春18きっぷの5つ目のスタンプを押してもらう。

豆知識:
飯田線は、愛知県豊橋〜長野県上伊那郡辰野町の辰野駅を走る 6時間・94駅・195.7 kmのJR東海のローカル電車。
大嵐(おおぞれ)〜天竜峡の間に秘境駅と呼ばれる駅が6つある。

下調べしておいたロッカーへ荷物を預け身軽にして、飯田線の1番2番線ホームへGO!
20170909_1
ところが見て!
20170909_2
ええっ!(;◇;)
ない!6:00の天竜峡行きはどこ?どこ?掲示されてない!

6:21?本長篠なんて 秘境駅のずっと手前だよ。
あわてて周りを見回す。
時刻表があったのでよーく見たら、6:00の飯田線に限っては4番線の東海道線ホームから出発とのこと。
ありました! あーー良かった!
20170909_3
だんだん人が集まってきて、2両の飯田線天竜峡行き6:00に出発
20170909_6 20170909_4.jpg

実は今回これが一番大事なこと。
2〜3時間に1本しかない電車なのに、どうやって秘境駅6駅を全部降りるか?

ひとつ前の日記に書いた、
旅と鉄道2017年9月号「夏の秘境駅」
ここに書いてある上り下りを繰り返す「箱ダイヤ」をやれば可能なのです。
念のため図書館でJRの時刻表を見て、これと同じなのかも確認した。

これが今日の私のスケジュール。上り下りを繰り返す。
この表とは最後だけが違って、私は岡谷でなく豊橋に戻るやり方。
箱ダイヤ

豊橋から秘境駅の入口「大嵐駅」までの路線図。
そこまでですら各駅停車で2時間以上かかる。
iidaline2017

ということで、今 ここにいる乗客しか今日秘境全6駅を降りることができない。
チャンスは1日一度なのだ。
この中にそういう人、いるかな?
20170909_5

青春18きっぷデビューをこないだの冬にしたばかりのまだ素人の私にとって、今回の最後の1枚はいきなり難度の高い使い方。挑戦だ。

8月に飯田駅の昼神温泉に行った時(岡谷〜飯田)は、そこまでの全駅の写真を撮りましたが、今回のほうが駅数も多く、これから待ち受ける疲労を考えると、そんなことはしていられないので、前半はところどころしか撮っていません。

8つ目くらいの江島駅
20170909_7 20170909_8 20170909_9 20170909_10
13こ目くらいの茶臼山駅
20170909_11
イイ感じ〜
私、線路や道が好きなんだな。
20170909_12 20170909_13 20170909_14 20170909_15
17こ目くらい長篠城
20170909_16
18こ目くらい本長篠
20170909_17 20170909_18
この駅、どこだったかな?
20170909_19 20170909_20
19こ目三河大野駅。本長篠からこの駅までの間には駅がないので、
「この駅どこだったかな?」は この三河大野駅と判明。
20170909_21
ほら、普通は電車のドアの上に路線図が貼ってあるでしょ?
飯田線はあまりにも駅が多すぎる(94駅)ため、それがありません。
貼ってあるのは、東海道線や中央線のでした。 写真撮っておけばよかった。
20170909_22 20170909_23 20170909_24 20170909_25 20170909_26
21こ目 三河槙原
20170909_27 20170909_28 20170909_29
24こ目 池場
20170909_31
25こ目 東栄
20170909_32
26こ目 出馬(いずんま)
20170909_33 20170909_34
ここでフト思った。
駅の表示って、漢字で大きく書いてあって、その下にひらがなじゃなかったっけ?
飯田線は難読駅名が多いから大きくひらがななのかな。

27こ目 上市場
20170909_35
28こ目 浦川。学生さんが下車
20170909_36 20170909_37 20170909_38
29こ目 早瀬。目の前が出口
20170909_39 20170909_40
30こ目 下川合。学生さんどいて〜〜〜
20170909_41
31こ目 中部天竜。
20170909_42
32こ目 佐久間
20170909_43 20170909_44
33こ目 相月
20170909_45
34こ目 城西
20170909_46 20170909_47
35こ目 向市場
20170909_48 20170909_49
36こ目 水窪
20170909_50

この図をご覧下さい。
秘境駅と呼ばれる6駅は「大嵐駅」から先、「天竜峡駅」の間にある。
が秘境駅
20170909_秘境駅図

いよいよ次がその入口「大嵐(おおぞれ)駅」
おもしろいことに 車内が、ざわついてきた。
大嵐は秘境駅じゃないけど、ここから異世界が始まるのだ!ドキドキ!
20170909_51

箱ダイヤの表を見てもらうとわかるけど、私は3番目にこの駅に来るのだ。
なのでまだ降りない〜
箱ダイヤ

次の駅が、ひとつ前の日記に書いた日本秘境駅人気3位の「小和田(こわだ)」駅。
かなりの人達が「ここだ!ここだ!」と言いながら駅を撮影。
車内から撮る人もいれば、ドア開けてホームに出て撮影して急いで戻ってくる人達も。
私は、2番目にここに来るので撮影すらしない余裕(^^)v

豊橋を出てから約2時間20分。
20170909_53 20170909_54

8:22 中井侍(なかいさむらい)駅到着。
2017年度版秘境駅ランキング14位。
人生で最初に降り立った記念すべき秘境駅。

ひとりぽっつーーんを期待していたのに、いた!降りた人が!
60才代の女性3人組と、同年代か少し上の男性ひとり。
電車は私達を置いて行く。
20170909_55

話をすると、女性3人は2つ先駅まで同じ、男性は4つ先駅まで同じ行動予定と判明。
ほんの少しがっかり感あり、安心感もあり、、、、、

中井侍駅は、中井という姓の侍が多く居たことから地名がついたとか。
飯田側のホームの先。
右側に出る道があって、ガードレールがしてあって、車が入って来られないようになっている。
20170909_57 20170909_58
駅前。前を歩いていく女性3人。
20170909_59
この駅には20分しかいられないので、ホームを楽しみたい私は、これ以上は進まなかった。この坂をしばらく登ると民家が連続する集落があるみたい。

豊橋側のホームの先は鉄橋。
20170909_61 20170909_62
左の坂を上ると、ここにお住まいのたった1軒の家がある。
20170909_60
中井侍駅を検索するといろんな人のブログが出てきて、ここにお住まいのおじいさんとお話したと時々書いてある。
写真を撮っていたら、出てこられたので(たぶん掃除に)「こんにちは」と挨拶をした。
20170909_63
20170909_64 20170909_65
ホームから正面の風景
20170909_66
あっという間に20分経過。
みんな戻ってきてホームでおしゃべり。
8:43 豊橋行がちゃんと来たよ。
20170909_67
隣りの秘境駅3位の小和田駅へ向かう
20170909_68

8:49 小和田(こわだ)駅着。
2017年度版秘境駅ランキング3位。
電車はわれわれを置いていく。
20170909_70
小和田雅子さんが浩宮殿下と結婚された時、読み方は違うけど同じ名前ということでブームになった駅。
驚くべきことはここが浜松市天竜区ということ。
静岡、愛知、長野の3県の県境。
20170909_71 20170909_72 20170909_73
タイマーで撮影。
いや〜〜この駅、年季はいって貫禄あって素敵だわ!
20170909_74
飯田側
20170909_75
豊橋側
20170909_76 20170909_77
ここにいられる時間は1時間20分。
散歩コースがあるので、みんなばらばらの行動。

駅舎へ入る。
ネットで写真見て知ってはいたが、まるで映画のセットみたい。
ここに来られて本当に嬉しい!どこを撮っても絵になる。
20170909_78 20170909_79 20170909_80 20170909_81 20170909_82 20170909_83

来た人達が書いていく思い出日記ノートとアジ塩があったよ。
20170909_84 20170909_85
水は天竜川が流れてるし、塩があったらなんとか生き延びれるもんね(笑)
私もサイン書いてきた。

しかし、中井侍でノートに書いてくるの忘れたーーーーーー!
おしゃべりしてたからだ。
ノートがあったかどうかわからないけど、以降すべての秘境駅にあったから、きっとあっただろう。

雑誌やネットで見たのと同じ!と感動する場所が何箇所もある。
20170909_87
散歩
20170909_88
あずま屋みたいなところには幸せを呼ぶ椅子がありました
20170909_89 20170909_90
塩沢集落まで1時間、高瀬橋まで25分
20170909_91
この民家、いつ頃まで住んでいたんだろう?
カーテンぼろぼろ。
20170909_92 20170909_93
廃屋がもうひとつ
20170909_94

あった!
20170909_96
小和田駅周辺の見どころの廃車のミゼット。
存在を知っていないと見過ごす場所にひっそりとある。
重要文化財にして欲しいくらいだ。
20170909_96
この駅がすごいのは、自動車・バイク・自転車などで行くのは無理といっても過言でないこと。
普通、鉄道の駅の近くには車道があるのに、ここにはそれすらなく、徒歩道があるだけで、近くに廃屋が2つあるだけ。
人が住んでいる家は駅から20分ほど歩いた場所に1軒あるのみで、集落や車の通れる道まで出るには、駅から1時間程歩かないとだめなんだって。秘境駅としては上級レベルの駅。
今日これから行く他の秘境駅はまだこれよりマシ。

なぜこんな状態になったかというと、佐久間ダムの完成により集落が水没、その結果、駅だけが取り残されたらしい

20170909_98 20170909_97 20170909_99 20170909_100 20170909_101 20170909_102 20170909_104 20170909_103
20分くらいすると、この先 高瀬橋 通行不可の看板。
先から3人のおばさん達の声がするから、こっちにいるんだろう。
ちなみに右の坂のほうには1軒民家があった。
20170909_105
廃車のバイクはさきほどのミゼットよりは貫禄がない。
20170909_106
この先400m通行できません、と書いてあるので引き返す。
20170909_107 20170909_108 20170909_109 20170909_110
皆、駅に戻ってくる。
あれ?ひとり知らない男の人がいるぞ?
上流で現場の仕事をしていた男性が、祭に参加しなきゃいけなくて、次の電車に乗るためにボートで降りてきたんだって。
ボート乗り場なんてないから、駅に近い川岸まで乗せてもらい、電車に間に合うように山道を登ってきたって。
なんたる珍しい遭遇。これだから旅行はおもしろいね。

20170909_111
小和田駅は、昔は列車交換可能駅で、痕跡としてホームの反対側に痕使用停止されたホームが残っている。
20170909_112
10:12 小和田駅発。ちゃんと迎えに来てくれた。またひとつ豊橋方面へ戻る。
20170909_113

3人のおばさん達はもう帰宅するそうで、車内でお別れ(^^)/

10:17 大嵐(おおぞれ)駅着。難読駅名。
トンネルに挟まれている駅。
20170909_115
豊橋側
ホームの一番先はトンネルとかぶってる。
このあたりの工事のために亡くなった多くの人達の慰霊碑があったよ。
20170909_116 20170909_117
20170909_118 20170909_119 20170909_120 20170909_121 20170909_123
飯田側
20170909_122 20170909_124
1977年に東京駅を模して作られたとは思えない立派な無人駅。
20170909_125
トイレも水道もないのにノートはある。
20170909_126 20170909_127
駅前にどこの誰のかわからない車が数台止まっていたけど、ここは車ではひじょーに行きづらいんだって。
20170909_128 20170909_129

滞在時間は55分ほどある。
駅から橋が見えたので行ってみた。
鷹巣橋。すごく立派。1956年竣工長さ168m、幅4.5m。
20170909_130
天竜川には大きな吊り橋がたくさんかかってます。
橋の下は天竜川だけどこの辺りは「佐久間湖」と言う佐久間ダムのダム湖だって。
このダムのために集落が水没。
こちら側は静岡県浜松市
20170909_131 20170909_132 20170909_133 20170909_134
すごく太いワイヤー
20170909_135
向こう側は愛知県豊根村
20170909_136 20170909_137
戻る
20170909_138 20170909_139
駅へ戻ると、
1日に2往復しかない特急ワイドビュー伊那路の通過を見れたよ。
20170909_140
11:14 大嵐駅発。今度は飯田方面へ12コ乗る
20170909_141
相変わらず、秘境駅でドアを開けて降りて写真を撮ってくる人々。
20170909_142

途中、秘境駅とは呼ばれていない駅もあるんだよ。
鶯巣(うぐす)駅
20170909_143

平岡駅には、駅と隣接するホテル「ふれあいステーション龍泉閣」がある。
20170909_144
ハイキングして泊まる人達かな。
20170909_145
温田(ぬくた)駅
20170909_146
門島駅
20170909_147
唐笠駅。ここには天竜峡から下ってくる舟の港があった。
20170909_148

12:07 千代駅着。暑い!
2017年度版秘境駅ランキング26位。
20170909_150
看板さわるとご利益があるらしいので触っておく
20170909_157

ここにいられる時間は25分。

豊橋方面
20170909_151
なんと車が!ガンガンに音楽かけて、人、乗ってるし!
20170909_152
この駐輪場が見どころなのに、、、、と思っていたら、
後でもう一度来たら車がありませんでした。
20170909_153
左に赤い鉄の階段があったので登ってみた。
水が流れていたよ。
20170909_154
下に見えるホーム。ここまで同行のおじさんが写ってる(笑)
20170909_155
飯田側
上り坂をあがると集落があり、その先も家が数軒あった。
20170909_160 20170909_161 20170909_162 20170909_163 20170909_164 20170909_165 20170909_166

ここらへんの人達は電車を使わず車なんだね。
駅へ戻る
線路の向こう側へ行くのに遮断機がない
20170909_167
ここを渡った畑から駅を見たところが、千代駅のポイントショット。
20170909_168
タイマー撮影
20170909_169
ホームの上から正面はこんな感じ
20170909_170
20170909_156 20170909_158 20170909_159

迎えに来たよ〜
12:52 千代発 また豊橋方面へ下る、6つ目。
20170909_171
何度通っても景色が素晴らしい
20170909_175 20170909_177

13:18 為栗(してぐり)駅着。難読駅名。
2017年度版秘境駅ランキング17位。
20170909_180 20170909_182

今まで一緒だったおじさんは千代駅まででリタイア。
これで ひとりぼっちになるかな、と思ってたら、壮年夫婦と30代くらいの男性がひとり下車。


飯田側
20170909_181 20170909_198
豊橋側
20170909_184

駅の出口は1ヶ所。ここにいられる時間は約24分。
天竜川に沿うように道がある。
20170909_185
セルフタイマー
20170909_186
「してくりはし」
20170909_187
歩いて5分もしない天竜橋。長さ100mくらい。
車の進入は禁止。
20170909_188 20170909_189
この橋から駅を見る景色は素晴らしい!
20170909_190 20170909_191 20170909_192
この写真の真ん中すこし下あたりの向こうに為栗駅が見えている
20170909_193
望遠で撮ってみました
20170909_194
戻ろ
20170909_195 20170909_196
ここに24分は短い、もっといられたらなぁ!
残るは2駅。
駅のそばには自転車が捨ててあり、隣りには錆びた倉庫?駐輪場?みたいなのがあった。
20170909_197
セルフタイマー
20170909_201
迎えに来たよ〜
13:45 為栗駅発 飯田方面へ5つ目、金野駅へ。
20170909_199

14:08 金野駅着
2017年度版秘境駅ランキング7位。さよなら電車さん。
20170909_200

ここで下車したのは私ひとり。

ちなみに、何度も上り下りを繰り返していますが、電車はけっこう人が乗ってます。
満席で、しかも立っている人もかなりいる。
秘境駅の停車のたびに写真を撮る人はたくさんいるのに、降りたり乗ったりする人はほとんどいない。
乗って来ると、この人、秘境駅で降りてたんだ〜という視線をチラリと浴びる。

いられる時間は50分。
信州で最も利用客の少ない秘境駅「金野」にひとり!わははは!

NPO法人が運営している飲食&宿泊施設「ジジ王国」の人が植えたお花。
マリーゴールドかな。
20170909_201a
豊橋側
20170909_210
駅の出口
20170909_202
ここに2013年頃までは傾いた屋根がついた駐輪場があったらしいが、なくなっていた。残念!
昔は、通勤通学してた人がいたんだろう。
20170909_203 20170909_204
すぐ先に米川橋。
20170909_205 20170909_206
街道歩きでこういうところ何度も歩いているけど、今回は歩きが目的じゃないし地図もないし、
いくら時間があると言ってもこの先へは行かなかった。
20170909_207
駅に戻ってベンチでのんびりしよっと。
橋から見ると駅の上のほうは 尖った岩になっているのがわかる。
20170909_209

ノートにはかわいいイラストが。
私のように箱ダイヤでなく、数時間滞在した人が描いたんだろうな。
20170909_211 20170909_212

鳥のさえずりしか聞こえない、何もしない時間が流れていく。
世の中が動いていても、ここは動かない。
動かない物には時間が存在しないと時間展覧会に行った時に書いてあったことを思い出した。

雨降ってたら寂しいだろうな。。。
晴女でよかった!
20170909_213 20170909_214
ホームのベンチに座って見る正面はこういう感じ。何にも考えないってイイね。
20170909_215

まみちゃん、迎えに来たよ〜とやって来た飯田線。日本の鉄道は素晴らしい。
15:17 金野発 豊橋方面へ3つ目
20170909_216
到着した時とほぼ同じアングルだ(笑)

15:31 田本着
2017年度版秘境駅ランキング4位。
20170909_220 20170909_221
最後の駅。
ここもひとりだろうなと思ったら、降りたおじさんが1人いた!
秘境駅巡りをしているワケじゃないんだって。理由はしばらく後で知ることになる。
千代まで一緒だったおじさんと似てた(笑)
おじさんBと呼ぶことにしよう。
飯田方面側
20170909_226
豊橋方面側
20170909_230
こちら側に階段があり、トンネルの上に行ける。
ここが唯一の撮影スポット。
20170909_231 20170909_232 20170909_233
滞在時間の間にここから特急ワイドビュー伊那路の通過を見られるそうだが、それがいつ通過するのか不明。

田本駅にいられる時間は小和田駅と同じ1時間20分で長い。
小和田は見どころがけっこうあったのに、ここは断崖絶壁しかない。
いつまでも待つのももったいないから、先に進んでみた。
20170909_234
田本集落へは左の坂を登る様子(後から知った)

竜田橋まで250mの看板
20170909_235
ここか?
20170909_236
セルフタイマー
20170909_237
一緒に降りたおじさんBが向こうから戻ってきて、「もう少し向こうに大きい橋があるよ。
でも、渡ったら奥に男の子が座っていてびっくりした」と教えてくれた。
これが竜田橋
長さ105m 幅2.2m
20170909_238 20170909_239

最後まで渡って左を見ると、若い男の子が座ってスマホをやっていた。
脇にはリュックが置いてある。何してるんだろうこんなところで。
誰もいないところよりも、誰かいるほうがコワかったりするので、戻る。
セルフタイマー
20170909_240
トンネル上まで戻り、しばらくボーッとこの素晴らしい景色を見る。
20170909_241 20170909_242

ホームに戻ると、おじさんBが冷たい缶コーヒーをくれた。
上まで行ったら普通に人が住んでいて自動販売機もあったよって。ありがとうおじさん。
20170909_243
真っ黒に写ったセルフタイマー
20170909_225
上は崖
20170909_224
正面はこんな感じ
20170909_223 20170909_228 20170909_229
時刻表
20170909_227

大嵐駅でも見た1日に2往復しかしてない特急ワイドビュー伊那路の通過をまた見れた。
これを橋の上から見たかったなぁ。通過時間がわからないからなぁ。
20170909_244

16:57 田本駅発。天竜峡行き。
まみちゃん、迎えにきたよ〜
20170909_245

おじさんBはこのまま豊橋に帰るそうだ。
ちなみに、おじさんBが今日来た秘境駅はここだけなんだって。
その理由は、会社の友達が先月この田本駅のノートに「○○、おまえもここに来てみろ!」と書いたらしく、その返事を書きたかったんだって。
そのページを嬉しそうに見せてくれ、友達の書き込みの隣りに、「来てやったぜ!」と書いてあった。
すごいね。挑戦に答えてる。どこから来たのか聞いたけど、忘れちゃった(笑)そんなに遠くなく近隣県だったような。

以上、秘境6駅巡り終了!

天竜峡駅へ。
ここまで何度も上り下りを繰り返したけど、一度も座らなかった。
そんなに長く乗らないし、空いてないし。
やっと落ち着いて座ったよ。
20170909_246

20分くらいで天竜峡駅着17:16。
20170909_248 20170909_252
飯田方面
20170909_249 20170909_251
豊橋方面
20170909_250
20170909_253 20170909_254

18:44の豊橋行きで帰るから、滞在は1時間20分くらいしかできない。
とりあえず、観光案内所へ行くと、同じ年くらいの女性スタッフがいた。
パンを朝1個食べたきり空腹なので、どこか食事するところはあるかと、
30分くらいで観光できるところはないか聞いた。
天竜峡は観光地、2時間あれば充分可能だが、なんせそこでおしゃべりしすぎた(笑)
箱ダイヤで1日がかりで6秘境駅に降りてきた話をしたら、大感動してくれ、お互い大盛り上がり!
20170909_255 20170909_256
天竜峡に着いたのは17時すぎ、秘境駅巡りが目的だったので、天竜峡観光はしなくてもいいのだ。
もし本気でしたいと思うのなら泊まるもん。
20170909_257 20170909_258 20170909_259 20170909_260 20170909_261 20170909_262 20170909_263
橋を渡ってちょこちょこっと見ただけで、食事へ!
辻本屋。
20170909_264 20170909_265
ざるそばを注文。
20170909_266
これだけじゃ足らないので単品メニューを見ると「おたぐり」と書いてある。
何でしょう?おたぐり。
聞くか調べるか、、、
カウンターにお店の人がおらず、スマホで検索。
Wikipediaによると、長野県の伊那谷へ伝わる郷土料理。馬の腸をじっくり煮込んだもの。
20170909_267
唐辛子をかけて食べる。ぷにょぷにょ。
上手に処理されているのか、臭みがない。
ソバも太麺でどっしりしていて、空腹が満ちた。美味しかったよ。
店を出たらもう暗かった
20170909_268
もうちょっと時間があれば、日帰り温泉にも入ったのにな。
20170909_269 20170909_270

18:44 天竜峡発。豊橋行き。
乗車時間は3時間10分くらい。
もちろん、ひとつづつ丁寧に停車していく。

20170909_271 20170909_272

真っ暗だからほとんど写真が撮れなかったから数枚だけ。
平岡駅
20170909_273

今まで下車した秘境駅をもちろん停車したが、真っ暗。
ちなみに「小和田駅」こんな感じ。20代くらいの男の子が3人ほど乗ってきたよ。
秘境駅は景色を楽しむもの。ここは駅舎があり 電気が付いているとはいえ、こんな真っ暗な中で待ってたなんて!
20170909_274
中部天竜駅
反対側の下り電車(水窪行き)を見ていたら、女の人がひとり降りて、
その後、じっと見たら2両にはもう お客さんひとりも乗っていなかった。
20170909_275

3時間10分、爆睡だろうなと思っていたのに、ぜんぜん眠くなかった。
部活が終わった高校生が乗ったり降りたり。
ガラガラだし、誰も話さない。聞こえるのは電車のゴトゴトという音だけ。大好きだこういうの。

通った駅の数だけ聞いたアナウンスが頭から離れない。
「ドア横ランプ点灯後、開けるのはボタンを押してお降りください」
だったかな(笑)

豊橋21:57着
20170909_277

トイレで顔を洗い、ロッカーの荷物を取って、深夜バスまでマクドナルドで時間つぶし。
長い1日でした。

2017夏、青春18きっぷ、これでおしまい。
20170909_276

箱ダイヤで秘境6駅降りる旅オススメしませんと書いてあったけど、やりとげた。電車は必ず来る、という日本の鉄道に対する信頼と安心感があるからだ。
それでも心配な人は、土日にやれば、誰か降りる人が他にいるかも?
平日だとたぶんひとりでしょう(笑)
降りる駅数を2つくらいに減らすという方法もある。

JR東海が年に1〜2度やっている「飯田線秘境駅号」に乗るという方法も。
ただしこれは3両編成で100人以上で巡るツアーだから、全員が下車するので、ホームいっぱいに人がいて、秘境の感覚がまったくないでしょう。ひと駅の滞在も20分くらい。

ちなみに、青春18きっぷを使わずにこの旅程をすると代金はこんな感じ。

豊橋→中井侍 1660円
中井侍→小和田 190円
小和田→大嵐 140円
大嵐→千代 670円
千代→為栗 320円
為栗→金野 320円
金野→田本 210円
田本→天竜峡 240円
天竜峡→豊橋 2270円
計:6,020円

飯田線、秘境駅、また行くぞ!(笑)
安く早く行く方法がわかった。

長文、読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックやコメントお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可