FC2ブログ
11月5日(日)

某バスツアーで忍野八海・新倉山浅間公園・河口湖もみじ回廊に行ってきました。
この3ヶ所を自力で一般交通手段で行くと1日では無理でお金もかかる。
ちょうど仕事が休みで紅葉の時期ピッタリの日があって良かった。

私は車に乗らないので高速道路の事とかサッパリわからないんだけど、東名高速鮎沢PAの手前の線路が素敵だなと思ったので、帰宅してから調べたら、JR御殿場線でした。谷峨駅の近くね。御殿場線は去年青春18きっぷで乗ったところだ〜

東富士五湖道路も通った。
ふむふむ、路線バス停のバス停名をチェック。自力で来る時の参考になるだろう。

黄色い建物がたくさん並んでいる会社がとても気になったので、会社名をメモしてきて、帰って調べたら、FANUCという山梨県南都留郡忍野村に本社を置く、日本の電気機器メーカーでロボットとか作っている会社だった。へぇ〜。

忍野八海(おしのはっかい)到着。
思っていたのと違って、まるでテーマパークだった。

入口
20171105_3 20171105_4

Wikipediaによると、山梨県南都留郡忍野村にある湧泉群。富士山の雪解け水が地下の溶岩の間で、約20年の歳月をかけてろ過され、湧水となって8か所の泉をつくる。
かつてこの地に存在した忍野湖が干上がって盆地になり、富士山や近くの火山山麓の伏流水を水源とする湧水の出口が池として残った姿が忍野八海である。

すごいね、20年かけてやってきた水なんて。

駐車場から歩いて2分くらい。
濁池
20171105_5 20171105_6

ど真ん中のここには アジアのお客さん達がいっぱい。
富士山は台風22号の影響で雪が飛ばされなくなっていた。
よく見えてたのはいいが、ちょっと残念な気もする。
水はどこもかしも透明でキレイ
20171105_9 20171105_15
忍野八海ライブカメラでは、このあたりが映されているんだって。
20171105_40
塩焼き、おいしそうだ〜
20171105_8
湧池
20171105_11 20171105_12 20171105_7 20171105_13 20171105_41

里村っぽく演出されている
20171105_14 20171105_10
鏡池
20171105_17 20171105_16
菖蒲池
20171105_19 20171105_20
池以外も、昔の原風景がいっぱい。
20171105_18 20171105_21

道をはさんで隣りにある忍野八海浅間神社へ
1200年前に創建。摂社と末社もたくさんあったので撮ってきました。
20171105_22 20171105_23
手水舎
20171105_24
忍野八海の8つの池の水がお供えしてあったよ。
20171105_25
西五社。忍草区の一族の屋敷神。
20171105_26
天狗社。武甕槌神←鹿島神宮と同じ神様
20171105_27
大神宮社。天照大神と豊受大神
20171105_28
大ケヤキ
20171105_29
庚申信仰の碑
20171105_30
八坂神社。素戔嗚尊
20171105_31
八幡社。誉田別命
この写真好き〜
20171105_32 20171105_33
熊野三社。家都御子神・熊野速玉神・熊野牟須美神
20171105_34
諏訪神社。建御名方神
20171105_35
獅子神楽と神輿
20171105_36 20171105_37
坐摩社。あまりよく知らない神様5人ほど
20171105_38

池へ戻ろうっと
20171105_39 20171105_44

有料の資料館に入ると人工池「榛の木池」何枚でも写真を撮りたくなる。
20171105_45 20171105_46
20171105_51

底抜池を見るにはココに入らないといけないのだが、ちょうど庭の手入れをしていて「順路」の矢印の位置が微妙で(笑)肝心の「底抜池」をスルーしている人がいた。
私はちゃんと見れたよ。
20171105_47 20171105_48
鯉やカモのえさやりもOK
20171105_49 20171105_50

2階に上がると、あんまり人がいない景色が撮れる。
反対側とはえらい違いだ。
20171105_52 20171105_53
駐車場へ戻ります
銚子池
20171105_42 20171105_43 20171105_54
お釜池
20171105_55 20171105_56
コレね、樹が映ってるんだよ。それほどキレイってこと。
一番深い水深は4メートルで、その部分はコバルトブルーに見える。
20171105_57 20171105_58

池は全部キレイでした。
人、多いし、人工的だし、一度行けばいいかな。

昼食は「ほうとう不動」という店へ。
20171105_59 20171105_60
ここ、10年近く前に甲虫楽団の合宿を河口湖でやった時、帰りに寄った店だ〜
この南店じゃなく、他の店鋪だったかもしれないけど(河口湖北本店か?)造りは同じだ。
めちゃ熱いのが出てきたが、猫舌じゃないのですんなり食べられた。
20171105_62
味噌仕立てのお汁と白菜やカボチャの野菜。身体にイイね。
でも、夏はこれ食べられないなぁ。
この店のマーク。
ヒゲと口かと思ったら、富士山と湖なのでした。
20171105_61
店の駐車場からも富士山が見える。
20171105_63
途中、薬屋さんの店名の上のマスコットがかわいかったのでバス中から撮影。
20171105_64

次は今回一番行きたかった 新倉山浅間公園へ。
下吉田駅のロータリーでバスを下車。
個人で自力で来るなら、この駅で降りればいいのか。
20171105_65 20171105_66 20171105_67
道案内看板があるので間違えることはない
20171105_68

↓写真の「ここ」と書いてある場所が新倉山浅間公園。
20171105_69
歩いて5分ほどで入口。
20171105_70 20171105_71
わーーーーすごい、降りてくる人達みんながYOUだ。
アジア系だけでなく、白人も多い。
20171105_72 20171105_73 20171105_74 20171105_75 20171105_81
紅葉もしているし、天気もよく、富士山もばっちりだ。
20171105_76
ここはまだ入口。
ここから 咲くや姫階段 397段の階段を上る。
20171105_116 20171105_100 20171105_101
20171105_102 20171105_103
後ろを振り返って富士山を見ながらマイペースで上る。
20171105_78
富士吉田市街地
20171105_111

この有名な塔は、太平洋戦争での戦没者の忠霊塔。
20171105_113 20171105_112

さらにここから階段を少し登ると、、、、
あ〜〜〜、写真で何度も見た、富士山+桜+五重塔がいっぺんに見れる場所はここなんだ!
今は桜じゃなくてモミジだけどね。
20171105_106 20171105_107 20171105_108 20171105_109

外国の航空の機内誌や、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン改訂第4版の表紙になったこともある場所。
The best place of Japan.
京都よりも日本らしい日本の象徴。


まさしくこの写真を撮るための場所、撮影用ひな段になってました(笑)
大勢のYOUたち。
20171105_104 20171105_110
みんな、日本を好きになってくれるとイイな。
今度は桜の季節にひとりで自力で来よう。
この写真、カレンダーとかネットで見たことある人 多いはず。
20171105_arakura

富士山をみながらゆっくり、、降りたいが、足元みないとね。
20171105_114 20171105_115

神社は入口のほうにありました。
新倉山浅間神社、ただいま改装中。
20171105_79 20171105_80
ここには寄らず、公園だけに行く人も多い。
祀られているのは木花咲耶姫(このはなさくやひめ)
とお父さんの大山祗命(おおやまずみのみこと)と旦那さまの瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)

次は、河口湖もみじ回廊へ。
富士河口湖紅葉まつりの期間中で、ここもまた大勢の人!人!
日本人はもちろん、世界中から集まってました。
駐車場から歩くこと10分くらい。
それはみごと!
20171105_82 20171105_83
このあたりは今年の1月に冨士山麓5神社巡りで来ていて久しぶりという感じ。
20171105_84 20171105_85 20171105_86 20171105_87 20171105_88
奥のほうはあんまり日があたってないせいか、まだ緑色だった。
20171105_89
さ、戻ろ。
20171105_90 20171105_91
河口湖と富士山。
ありがとう!楽しかったよ。
20171105_92

今回も天気に恵まれ、紅葉もばっちりで大満足の日帰り旅行。
が、、、帰り中央道が大渋滞で横浜に着いたのが予定の2時間遅れでした。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可