FC2ブログ
■■18日(月)■■

12/16から2泊3日の大井川鐵道旅の最終日。

16〜17日を先に読んでからのほうがいいです。
1日目:大井川鐵道秘境駅「尾盛」〜接岨峡〜奥大井湖上!
2日目:井川線廃線散歩、カレンダー最後の1部


5:30 起床
外は真っ暗、窓は結露がすごい。
このあたりの日の出は6:50頃。
時間厳守の朝食は7:50。
寸又峡プロムナードコースの往復は90分。
6:20には出発しないと戻ってこられないので、まだ薄暗い6:30に出発した。
寒さ対策完全防備の6枚重ね着。

この地図は千頭の観光局や宿泊先で手に入る。
感覚的に描いてあって、実際とは距離が違うので注意。
201712寸又峡マップ

写真では明るく見えるけど、ほんとはもっと暗かった。
20171218_1 20171218_2 20171218_4

日本カモシカの像があるここが寸又峡温泉のバス停終点であり、プロムナードへの入口。
20171218かもしか

間違えようがない一本道。
20171218_67 20171218_68
右は崖。左は崖崩れ防止網。
20171218_5
天子のトンネル(210m)は長くて暗かったよ。
車と歩道はわかれているけど、どこからかしたたってきた水と落ち葉でぐちゃぐちゃの箇所もあった。
コワイから走ってクリア。
20171218_6 201712tenshi
トンネルを出るとすぐ。中央右下に小さく見えるのが夢の吊り橋。
20171218_7

どうせ行くなら遠いほうから!
先に飛龍橋に行くことにしました。
走ったり歩いたり、、、6枚重ね着は、さすがに暑くてダウンを脱ぐ。
夢の吊り橋も見えるよ。
20171218_8

飛龍橋は近代的な普通の橋。
時間がない人は無理して来ないでイイと思います。
20171218_9 20171218_10

戻って夢の吊橋へ。
時計を見るとギリギリなので走る!
暑いーーーー
ここから見ても夢の吊橋はキレイだなぁ。
20171218_11
子知らずの険。親知らずの険は往路で見たけど復路で撮り忘れた。
20171218_12
もうすぐ。
20171218_13

飛龍橋との分岐点やっと着いた!ここからすぐだろう。
20171218_14
げげげっ!階段と下り坂。
20171218_15 20171218_16

着いた!
日本で唯一「死ぬまでに一度は渡りたい世界の徒歩吊り橋10選」に選ばれている。
一度に10人しか乗れないので、観光シーズン中は往復で2時間くらいかかることもあるとか。
20171218_17
渡る板、ほっそーーーー。
左右の板がないところのほうが面積多いじゃん!
20171218_18 20171218_19
5歩ほど歩いてみたけど、怖ーーーーい!
20171218_22a
真ん中くらいまでも行けなかった。
朝食時間まであと30分しかないから、戻らないといけない。
左右見て、
20171218_20 20171218_21

走って戻る。
入口に着いて振り返ると、日がどんどん当ってきていたよ。
20171218_23
千頭森林鉄道「大間駅」跡と、美女づくりの湯の顔だし看板。
20171218_24 20171218_25
20171218_3
温泉街は芸者やネオンサインなど一切なし。
20171218_26 20171218_27

7:49 ペンション着。
朝食間に合った〜〜〜
ヒートテックとフリースとダウンを脱ぐ。
真冬のランニングの後に食べる 分厚いキツネ色のトーストにバターとジャムをたっぷりは、すごく美味しかったよ。
20171218_29 20171218_28

荷物をまとめチェックアウトをして、バス停近辺を散策。
20171218_30

外森神社へ行ってみよう。
20171218_31
祀られているのは、大歳神誉田別尊。
見慣れない神様だから調べてみたら、
大歳神は、豊穣を司る神様。誉田別尊は、応神天皇だった。

入ってすぐのところに、遥拝所がある、ということは、、、、
20171218_31a
やっぱり!急階段!!段数は少ないけど急!
20171218_32

天狗の落ちない大石
20171218_33
昔、貧しかったこの村に天狗がやってきて、穀物の神を呼び寄せ、五穀を持参するよう願った。
穀物の神から袋いっぱいの穀物を受取り、この石に登って袋を広げると、五穀がお社の外にまで溢れたという。
という伝説。
20171218_34 20171218_35
落ちてはいけない人達、受験生、就職、選挙の立候補者、高い所で作業をする人の守り神として祀られてる。
私自身、受験とか、この先の人生でそういうのと縁はないだろうから、人生に落ちないようお祈りしてきました。

空を見上げてみたら、天狗がいそうな気がしたよ。
20171218_36 20171218_37

行かなかったけど、この先に外森神社があるのかな?
地図ではそういう感じ。
ネットで検索しても、落ちない石のことを書いている人ばかりで、神社の写真を載せている人はいなかった。
次回行った時に外森山ハイキングコースを散歩してみようっと。

日が当たってきたよ。快晴だ。
20171218_38

千頭駅行きのバス。
20171218_39
8:45 寸又峡温泉発
寸又峡へリポート。急を要する時に使うのかな。
20171218_40
20171218_41
アプトいちしろ駅が眼下
20171218_42

9:25 千頭駅着
20171218_43
2泊3日で5回降りたり乗ったりした駅。
9:30 千頭駅発 ありがとう&さよなら!
20171218_44 20171218_45 20171218_46

20171218_47
十津川や熊野、飯田線に行った時、すべて川沿いを通った。
そうだ!私はこういう所が好きなんだね。

地名(じな)駅。日本一短いトンネル?がある。
短すぎて乗っていては写真に撮れない(笑)
20171218_48 20171218_48a
地名駅の駅舎。やっと撮影に成功。
20171218_49

川根温泉駅そばの撮り鉄が集まる場所。
ここも撮影に成功(笑)
初日に初めて見た時、帰りにゼッタイに撮ってやろうって思った。
20171218_50
彼らが狙っているのはこの場所。車内から撮ったからちょっとわかりにくいかな。
川+橋+SLかトーマスなんだろうね。
20171218_51
茶畑、大和田駅
20171218_52 20171218_54 20171218_53
神尾駅のタヌー達
20171218_55

10:42 金谷着
20171218_56

路線検索をすると、興津駅で熱海行きに乗り換え、30分ある。
五十三次歩きで、興津は何にもない事を知っている。
じゃあその手前のどこかで降りてみよう。
静岡駅は何度か降りてるし、大きすぎて30分じゃ足りない。
焼津、草薙、清水あたりか、、、、

清水駅で降りました。街道歩きでは「江尻宿」と呼ばれている清水。
20171218_62 20171218_57 20171218_59 20171218_60
西口(江尻口)コンビ二でおやつを買い食べる。
20171218_58
東口(みなと口)
20171218_61

吉原駅に近づくと富士山が大きく見えた。
20171218_63
20171218_64

15時頃には最寄りJR駅に到着。

2泊3日に渡る 奥大井の渓谷・絶景・秘境の旅は、良い天気、良い人々達に恵まれ、本当に楽しく、良い思い出になりました。また行きたいな!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可