FC2ブログ
今年の4月、その存在に気がついた近所の山谷天神(六ツ川4丁目)。
その時のブログ 横浜市南区 山谷天神/山谷 沢稲荷

先々月頃、バスで通った時に鳥居手前にA型バリケード(ハードルみたいなやつ)がしてあったので、神社の持ち主がここを売ってしまうのか、ただ単に土砂崩れなどで危険でしてあるのか気になった。
なくなるのはイヤだよ〜

永谷天満宮と区政推進課企画調整係に問い合わせてみたら、
どちらも真剣に調べてくれたようで、数日後に返事が来たが、不明とのこと。

年末年始なら誰かいるかも?と仕事が休みの今日(12月30日)行ってみた。

バリケードがなかった!
もしかして駐車場の駐車禁止のためのものだったのかな?
なんにせよ、あーーーー良かった!

平戸桜木通り(県道218号)のどんづまり、山谷交差点の120mほど手前。
山谷交差点方面
20171230_2
弘明寺・井土ケ谷方面
20171230_3

ここ。マンションのすき間。
車が止まっていたら気がつかないかも?
20171230_1

鳥居は平成元年の奉納。石灯籠は平成4年の奉納。
20171230_4
20段ある階段にはちゃんと手摺がついている。
20171230_5
右のイチョウの木は大変立派で御神木のよう。
20171230_6
2つのお社。
20171230_7

境内右には、かわいい手水舎。
これ、前回気がつかなかった。
20171230_8

鳥の餌付けスタンド
20171230_9
このリンゴ、まさにこの日に置かれたものと思われる。
20171230_10

お社。中を覗いてみたら前回と同じ、菅原道真公の像、永谷天満宮の神札が左右に2枚。
水、塩、米 が供えてあった。←これは前回あったか不明。
20171230_11 20171230_12

隣りの山谷 沢稲荷。
中はこちらも前回と変わっておらず、正一位稲荷大神社と祀ってあり、伏見稲荷のお神札が左右に2枚。
水、塩、米 が供えてあった。←これも前回あったか不明。
20171230_13 20171230_14

巳待講の石碑前には、お供え物。
やっぱり 今日、誰か来ている。
その人に会えれば由緒など聞くのにな。

天保3年壬辰九月吉日と彫ってある。1832年だ。185年も昔。
20171230_16 20171230_17

後ろの丸い石はもっと古そう。
20171230_18

「山谷天神様を見つけた2017年は良い年でした、ありがとうございました」
と挨拶してきたよ。

2018年1月3日に行ったところ、お社が開いていました!
その時の日記はこちら

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可