FC2ブログ
川崎市民ミュージアムで開催中の「MJ’s FES みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958」に行ってきました。
2018025_1
昨日、頭痛とノド痛みがひどくて会社休んじゃったけど、元々休みの今日、朝刊でこのイベントを知り、いてもたってもおられず行ってきました。今日を逃すと行けるのはもう来月末だから。

「ツッコミ如来立像」を見る若者たち。おばさんたち。
2018025_2 2018025_3
「ツッコミ如来立像」とは、人間の生み続けるボンノウに対し、漫才師のように「もう、えーかげんにしなさい!」とツッコミを入れてくださる如来像。
2018025_5

階段を登ると常設像「笑い」手塚治虫先生の作品
2018025_6

大人料金800円。
受付のお姉さんが、土日はものすごい満員なので、ものすごーく少ない今日いらしたお客さまはいいですよ、と話してくれた。ちなみに、動画は×だけど写真は○でした。
2018025_8 2018025_9

みうら氏が5才の時の作品「クジラ」
2018025_10
8才の頃の「ケロリ新聞」
2018025_17
9才「怪獣・怪人・怪物しゃしん」テレビ映画
この時にはすでに氏の”スクラッパー"人生が始まっている
2018025_11

仏像スクラップにいたく感動した。
1969年〜と書いてあるから、11才頃にこんなのを作っていたとは。
私も、神社仏閣の半チケ、こういうふうにすればよかったな!もう遅い、、、、
2018025_13 2018025_14 2018025_15

天才のスケッチ・ブックの表紙を何枚か撮影。
2018025_19 2018025_20 2018025_21 2018025_22

「スキャンティ16才」の原画の左下のこの数字が気になった。
3335+水道代とは、生活費の計算だろうか
2018025_23

天才のスケッチ・ブックは、1983年の58までだった。
天才のアイディアブックにかわっていく
2018025_24
作詞帳
2018025_26
絵本のみうらじゅん
2018025_27
ウシブーム
2018025_28 2018025_29

アウトドア般若心経
般若心経の漢字の1文字を撮影したスナップ写真

2018025_30 2018025_31
これは凄い!こんなのよく考えたなーーとしか言いようがない。
仏説摩訶般若波羅蜜多心経・・・
たしかに1文字ずつの写真だ!
2018025_32
一番有名な羯諦羯諦は、、、、、こんなのだった。
羯が見つからず、掲を使ってる
2018025_33

仏画曼荼羅(2010〜2017年)
2018025_35
六波羅蜜寺の熱血ヴォーカル「空也上人」
ホンモノ、見に行ったことあるけど、小さくてびっくりした
2018025_39
興福寺の無著(むちゃく)菩薩
2018025_37
三十三間堂 婆藪仙人
2018025_38
恵光(えこう)童子
2018025_36

記念撮影スポット
2018025_88
机の上には大好きなテングー
消しゴムの消しカスがリアル感を増させる
2018025_43 2018025_44
怪獣俳優軍と志村喬さんの描き方
2018025_45 2018025_46

通学定期と学生証
2018025_47
多摩美術大学の受験票
2018025_49
こんなものまでまだとってあるなんて、みうらじゅんさんは、自分コレクターだね。

左:クリスマスの日に父親に買ってもらった密教法具(1968年)
10才の頃、こんな土産をもらっていたとは、、、、
右:初めて買ってもらった仏教土産(1968年)
2018025_16
西寺址で拾った瓦(年代不明)
2018025_16a
こんなの今、落ちてないよ〜〜

いやげ物ブームへ
「いやげ物」とは、もらったらイヤだけど、土産屋で探すのは楽しいおみやげ。
2018025_50
「二穴オヤジ」とは、こういう物。
これだけ見るとかわいいけど、こういうのがケースに入って壁一面に飾ってあると圧倒される。
2018025_51 2018025_52

バッグ・オブ・英字ズ。これは笑った!
英字の書いてある紙袋。みんなも一度は持っていたでしょう。
2018025_53
ひょうたんやヤシの実や貝殻でできた土産物
2018025_54 2018025_57

甘えた坊主
2018025_55 2018025_56
フィギュ和。これも一家にいくつかある(あった)ハズ
2018025_58

ゆるキャラブーム
2018025_59 2018025_60 2018025_67

山岳戦隊 テングレンジャー。撮影スポットになっていた。
2018025_61
パパはメキシコ人? ここには台になるようなものがなくて、自撮りできず。
2018025_64
フェロモンレコードブーム
2018025_65 2018025_66

顔に手足ブーム、プーちゃんブーム、ロッキンブーム、五円ファミリーブーム、、、、
もう疲れてきたし、細かすぎて撮影不能〜〜〜
2018025_68
金プラブーム。私も金閣寺持ってたーーーー
2018025_69
ヘンザラブーム。ヘンな灰皿
2018025_70

カスハガブーム
観光地で絵ハガキセットを買うと、10枚のうち1枚はまったく意図が掴めない絵ハガキがある。
それをカスハガキ、略してカスハガと言う。
2018025_71 2018025_72
今や、観光地には絵ハガキすら売ってないから、カスハガは貴重。
2018025_73 2018025_74

飛び出し坊やブーム
75 2018025_76

勝手に観光協会
みうらじゅんと安齋肇により結成された、日本各地を盛り上げるべく運動を続ける自称「大きなお世話」ユニット。
ロンリーオヘンローラー(香川県)
2018025_78
兵庫県
2018025_79
ダンシングクレイジーソンソンソン(徳島県)
2018025_80

18歳未満は入れないコーナーはたいしてエロくなかった。
2018025_81

これも1本とられた!と思った
SINCE ピクニックシート2018
“Since”が気になって仕方ない。”シンス”、その響きもマヌケだが、
年号がお尻につかないと全く意味をなさないところにもグッとくる、んだって。
そんな見過ごしがちの”Since〜”を集めたシート。
よくもまーーーーーー
2018025_82a 2018025_82

冷マブーム
冷蔵庫に貼るマグネットを略して『冷マ』って言うんだって!
冷マだらけの冷蔵庫が置いてあった
2018025_83

最後の 勝手に観光協会「ご当地スタンプコーナー」
すべての都道府県のスタンプがあった。
押してるうちに手が痛くなったよ。
2018025_84 2018025_86

むこうに見える壁は、ここまでのコーナーの名前が書いてあって、オモシロかったと思うコーナーにシールを貼るようになっていた。私も何枚か貼ってきた。
2018025_85

コクヨから贈呈された金のゴールデン・スクラップ(2017年)
2018025_87
KOKUYOとみうらじゅんの「スクラップは資料じゃない、作品なんだ!
http://www.kokuyo.co.jp/creative/tegakibito/miurajun/
そりゃこれだけ長い間、スクラップを愛したらコクヨから表彰されるでしょうな。

みうらじゅんにとって初となる公立美術館での大規模展覧会、と名乗るだけあって、ものすごいボリューム!
ゆっくり見たいなら平日に!
私は2時間いましたが、それでもかなりハショった。

3月25日までの開催だよ!

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可