FC2ブログ
12日のライブ翌日から仕事、昨日は休みだったので、何をしようかな〜と考えた結果、“やってみたいリスト”に書いておいた、江ノ電1日フリー切符で全駅を下車してきました。
藤沢〜鎌倉までの15駅です。

まずは最寄りのJR駅から東海道線で藤沢駅へ。
藤沢駅って、JRと江ノ電、離れてるのね。
1日フリー切符600円「のりおりくん」を購入。
20180515_pass

10:35藤沢駅発
10:36石上駅到着
たったの500mくらいだよ。
事前にすべての駅の”周辺”をWikipediaで調べておいた。
2016年度の1日平均乗降人員は742人であり、江ノ電全15駅の中で最も乗降人員が少ない。
もちろん無人。
20180515_1 20180515_ishigami
石上駅はこのとおり何もなし。住宅街。
20180515_2 20180515_3
20180515_4

路線図
20180515_5
周辺に何もない駅は、さっさと次の電車に乗ることにする。
20180515_6
江ノ電は単線。同じホームに上りと下りが止まる。
ローカル線とはいえ、人口も多く、観光に重きをおいているため、本数は1時間に4〜5本。
飯田線や大井川鐵道井川線を探索してきた者としては、時間を気にせず楽チン。

10:49石上駅発
10:50柳小路駅着

後ろと前に改札がある。どちらも無人。
20180515_7 20180515_8
ここも何もなし。
20180515_9 20180515_11

11:03柳小路駅発
11:04鵠沼駅着

20180515_12
鵠沼、これは今までよく聞いたことがある名前。
近くに 賀来神社 があるので行ってみよう!
改札を出て 目の前だった。
20180515_14 20180515_13
まず道祖神があった。サーフボードの形にみえる。
20180515_15
その近くの碑。
右に「小田急鵠沼本町」左に「藤ヶ谷橋ヲ経テ海岸」と彫ってある。
20180515_16
神社の名前を書いた石もサーフボード形
20180515_19

賀来神社
宇佐八幡よりの御分霊だそう。
御祭神は、武内宿禰命、大雀命、岩比売命、伊邪穂別命、墨江中津命
20180515_20 20180515_21 20180515_22 20180515_23

11:17鵠沼駅発
11:20湘南海岸公園駅着

20180515_27 20180515_29
藤沢〜鵠沼までは大きな住宅地を走っていたが、ここら辺から 江ノ電特有の “家の間ギリギリを走っている”感じがした。

ここから隣りの江ノ島駅までは歩いてみよう。
線路を渡らないと入れない店。
20180515_30

ちょうどおじさん2人が歩いていて、イイ感じの写真。
20180515_31

5分くらいで江の島駅。
江の島駅と言えば、毛糸服を着たスズメ像が有名。暑くても毛糸を着ている。
20180515_32 20180515_33
この写真を撮ってたら 知らない女の人に「かわいいプーさん!」と言われたよ。
20180515_34 20180515_35

せっかくここまで来たし、お腹もすいてきたから江ノ島へ。

江の島弁財天道標。
平成11年にここから170m南の地下から道路工事中に発見されたもの。
20180515_36
この橋はいつも風が強い
20180515_37 20180515_38 20180515_39

まずは、とびっちょ本店へ整理券をもらいに。
11:48に来て46番。35分待ち。
QRコードを読み込みいろいろすると、自分の番号が近づいたらお知らせメールが来るようにできる。
35分あるなら江島神社に行こうっと。店から江島神社まで参道を歩いて10分だった。
20180515_40 20180515_41 20180515_42

日本三大弁天の一つ。
辺津宮、中津宮、奥津宮の宗像三女神を祀る。
ここは以前、詳しい日記を書いたことがあるから省略。今日は時間もないし。
20180515_42a 20180515_43 20180515_45

八角のお堂、奉安殿。
弁財天の妙音弁財天がいらっしゃるから有料なんだろう。まだ入ったことない。
20180515_44
龍神の銭洗い。銭洗弁天みたいにお金を洗える。
20180515_46

そうこうしているうちに、
「番号がお近くになりましので、お店の近くでお待ち頂くようお願い致します。」と呼び出しメールが来た。

瑞心門から見る景色は絶景だわ。鳥居の向こうに海が見える。
20180515_49 20180515_50 20180515_51

店に戻ったけど、さらに20分は待たされたよ〜〜
やっぱり合計で1時間は待ったなぁ。

あれも食べたいこれも食べたいと迷わせられるメニューがどっさり。
釜揚げしらすと生桜エビ丼(生のり味噌汁付)、活あじの刺身を注文。
20180515_52

ひとつ心痛いことが、、、、
活あじの刺身の詳細が「お店の水槽で泳いでるあじをオーダーが入ってからさばきます」と書いてある。
(;_;)
さっきまで泳いでいたあじ
20180515_53
美味しくいただくよ。私の血となり肉となるのだ。
この部分って、食べられるの?
20180515_54

クーポン提示でもらえる しらすパン。
揚げパンの中にしらすととろ~りチーズ!カリッともちもちした食感。3個250円相当。
20180515_55
ああ、毎日来たいなココ(笑)

運動がてら、江ノ島駅の隣りの腰越駅まで歩くことにした。
ということで、江ノ島駅だけは乗り降りしていません。
写真とっただけ
20180515_56 20180515_57

ここが江ノ電が路面電車になる場所。
20180515_58

江ノ電車両が埋め込まれているこの和菓子屋さん、有名だけど、もうつぶれそうだよ。
20180515_59 20180515_60

電車が来たーーーーー
20180515_61 20180515_62

龍口寺。日蓮龍ノ口法難の霊場、霊跡本山。
20180515_64
10年?くらい前に行ったけどあんまりいい印象残ってない。

どんどん歩く。また電車が来たよ。1時間に上下で10本くらいあるもんね。
20180515_65 20180515_66

左に行けば腰越駅だけど、右へ。
20180515_67

小動神社
難読。こゆるぎじんじゃ と読む。
私も今日まで読めなかった。
小動物 に見えた。
20180515_68 20180515_69
ご祭神は、 建速須佐之男命、 建御名方神、日本武尊
20180515_70 20180515_71 20180515_72
わーーーこれは!
狛犬が ほっかむり をしている!
誰のアイデア?
20180515_73 20180515_74

摂社・末社も参拝。
海神社(わたつみじんじゃ)祭神:綿津見神 漁業と航海の神
20180515_75
隣りの龍王海神をなにげなく見て、気がついた!
20180515_76
上に亀が!
20180515_77
稲荷社 祭神 宇迦之御魂神、併神 猿田彦神、天鈿女命
20180515_78
金刀比羅宮 祭神 大物主神
20180515_79

境内はこんな感じ
20180515_80

幕末相模湾の防備を固めた腰越八王子山遠見番所
20180515_81
登ってみよう。
わーーーーキレイな景色!
20180515_82 20180515_83

六天王 祭神 第六天神
諸願成就の神様だそうで、気合いを入れてお願いしてきました
20180515_84 20180515_85

来た道を戻らず海のほうへ少し行ってから戻る。
20180515_86

義経腰越状旧跡 満福寺
まんぷくじ、なんてイイ名前なんでしょう
20180515_87
左上に「踏切あり」の表示。
20180515_88
カンカンと警報が鳴り、電車が来ました。ラッキー。
20180515_89

電車が来た方(藤沢側)
20180515_90
電車が向った方(鎌倉側)
20180515_91

満福寺は、街道歩きを始める前に足腰の御守りを買ったお寺。それ以来。
ケガしませんでしたよ!ありがとうございました、とお礼。
20180515_92
義経公と弁慶の像。
20180515_93
弁慶の手元。腰越状は弁慶が書いたのかな?
20180515_94
この石に腰掛けて書いたと言われている。
20180515_95

駅に戻ろう。
20180515_96 20180515_97
腰越駅
20180515_98 20180515_99

14:37腰越駅発
このあたりから電車は海岸沿いを走る
20180515_100
14:39鎌倉高校前着
20180515_101 20180515_103 20180515_102
20180515_104 20180515_106 20180515_105

人いっぱい。
ほとんどが外人観光客。
20180515_107 20180515_108
「スラムダンク」の聖地巡礼がココ。
スラムダンク、読んだことも見たこともないけどとりあえず行っとく。
20180515_109

14:52鎌倉高校前駅発
14:55七里ケ浜駅着

江ノ電15駅の真ん中らへん。
20180515_112 20180515_113 20180515_114
海が見える
20180515_115
のんびりしてたら次の電車が来るまで7分。
この写真の左にあったセブンイレブンでカフェオレをイッキ飲みし、駅に戻る。
20180515_116
駐車場、長時間止めておく人が多いのかな、セブン利用者のみ20分無料。
他は終日10分200円だって。
20180515_117

15:07七里ケ浜駅発
15:10稲村ケ崎駅着

20180515_118 20180515_120
改札出てみたけど、何もありません。
20180515_121 20180515_122
ホームでくつろぐ
20180515_123 20180515_124 20180515_125

15:24稲村ケ崎駅発
15:26極楽寺駅着

20180515_126 20180515_127 20180515_128

1999年10月に関東の駅百選に選ばれた駅。
こうやって見ると、秘境駅みたいだねー。
20180515_129 20180515_130 20180515_131 20180515_132

ここから先の駅は何度か来たことがあり、極楽寺や成就院は何度か行っている。

煉瓦作りの坑門 極楽洞。ちょうど電車が来た!
20180515_133 20180515_134
極楽寺。アジサイの季節には激しく混雑する。
20180515_135
目の前が駅ホーム
20180515_136

極楽寺駅は乗車せず、隣りの長谷駅までは歩く。
見どころが多いんだ〜
鎌倉七口のひとつ、極楽寺坂切通。
右は成就院への階段。ここもアジサイの季節には激混み。
20180515_137 20180515_138 20180515_139
切り通しはひんやり。

星月の井。鎌倉十井のひとつ。
「昔はこの井戸の中に、昼でも星の影が見えたのでこの名が付けられた。 ある日、近所の人が誤って包丁を井戸の中に落としたので、このとき以来星影が見えなくなりました」
20180515_140

なんと、力餅家、今日は休み(;_;)
20180515_141
無計画だとこういう時があるんだな。

御霊神社
ちょうど電車が通過
20180515_142
ここは数年前までだーーーれもいなくて大好きな神社だったのに。
きっと、ぶらタモリで放送されてから人が多くなったんだろう。
20180515_143 20180515_144 20180515_146
権五郎さん(権五郎神社とも言う)、人がたくさんくるようになって良かったね〜
樹齢約400年、御神木たぶの木
20180515_145
鎌倉江ノ島七福神 面掛 福禄寿
20180515_147
景正公 弓立の松
公が、ご領地を見まわる際に弓を立てかけられたと伝わる松の古木。
20180515_150 20180515_151

摂社・末社
稲荷神社
20180515_148
秋葉神社
20180515_149
拝殿正面
20180515_152
横から見たところ 後ろ本殿
20180515_156

左:手玉石(約105kg) 右:袂石(約60kg)
権五郎景正公が手玉に取り、袂に入れたと伝えられる。
20180515_153
粗霊社
20180515_154
第六天社
20180515_155

20180515_157
御嶽神社
20180515_158
金毘羅社
20180515_159
石上神社
20180515_160
地神社
20180515_161
さ、あと残す駅は 長谷、由比ケ浜、和田塚の3つ。
20180515_162
線路って、見ているとドキドキするのはどうしてだろう?
20180515_163

極楽寺駅までは戻らず、長谷駅まで歩く。ほんの数分。
ここは大仏様があるから人が多い。
20180515_164 20180515_165

16:05長谷駅発
16:08由比ケ浜駅着

20180515_167 20180515_168
おじさん達がぜんぜんどいてくれなかった、、、
20180515_166
周りは民家。ホームでじっとしていた。
20180515_169

16:18由比ケ浜駅発
16:20和田塚駅着

20180515_170 20180515_171 20180515_172 20180515_174
もう次が終点の鎌倉駅。
次の電車が来るまで10分、ぼーっとする。
このカーブがいいんだよね。
20180515_175

16:32和田塚駅発
16:34鎌倉駅着

20180515_176 20180515_177 20180515_178

すぐJRには乗り換えず、外に出て駅舎を撮影。
20180515_179

10:35に藤沢をスタート、ところどころ観光し、16:34鎌倉着。
通常の鎌倉観光とは違う鎌倉を 楽しく堪能しました。
23,027歩。

あと1ヶ月後にはアジサイの季節。
観光客ものすごく多いけど、朝早く行ってみようかな、やめとこうかな(笑)

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可