FC2ブログ
7月28日(土)

3泊4日のひとり旅、最終日。

8時起床。
ホテル近くの神社を前もって調べたら、青森市発祥の地・善知鳥神社(うとうじんじゃ)があった。
徒歩3分くらい。外の気温は暑くもなく寒くもなく快適。横浜なら10月上旬くらいかな。
20180728_5
正面右側になにやら碑と看板がある。
なんと「奥州街道終点記念の碑」
20180728_1 20180728_1a

一般的に知られている奥州街道のゴールは、福島県白河市の白河宿。
私も2014年9月30日 そこでゴールしました。
でも、白河より北、宮城県、岩手県を通って奥州街道は続いているのが正解。
たしか、徳川幕府が管轄していたのは、白河宿までだったからそこがゴールということに。

看板には「青森市道路元標識」 とも書いてある。
これは、東京でいう日本橋と同じだろう。
20180728_3

そんな重要なところが、駅前でなく、駅から15分くらいのところにあった。
善知鳥を ウトウと読むのはなぜかは自分で検索してね。長いから。

由緒が書いてある板
20180728_4
一の鳥居
20180728_7
二の鳥居
20180728_8
手水舎
失礼ながらこのレベルの神社で、こんなにきれいな手水舎はめったにない。
20180728_9 20180728_10
狛犬
20180728_11 20180728_12
拝殿
20180728_13

祭神は、宗像三女神(市杵島姫命・多岐津姫命・多紀理姫命)
倉稲魂命、宮比命、猿田彦命、海津見大神

本殿
20180728_14

裏に行ってみる
20180728_15
龍神之水 パワースポットと書いてある
20180728_16
裏は、うとう沼
20180728_17
弁財天宮
20180728_18

アジサイがまだこんなにキレイだったよ。
20180728_20 20180728_19
龍神宮
20180728_21
稲荷神社
20180728_22
猿田彦命と月夜見命の碑
20180728_23 20180728_24 20180728_25

善知鳥神社さん、さよなら。
良い気分で1日が始まりそうです。

さて、朝食!
朝食は、のっけ丼って決めてあるんだ〜
食べに行こ!

青森のメイン道路は、歩道と車道の間に立派な自転車専用道路があったよ。
20180728_26

市内を散歩。ここは献血センター
20180728_27
青い森公園
20180728_28 20180728_29
青森県庁
20180728_30

着きました。青森魚菜センター本店
20180728_31 20180728_32
テレビでもよく取材されているね。

「のっけ丼」食事券を案内所で買う(10枚券:1,300円・5枚券:650円)
もちろん、10枚券を購入。
早く食べたくて、食事券の写真撮るのを忘れたので、ホームページから拝借。
20180728_33 20180728_noke
最初に ご飯のお店へ
20180728_34

ここで、ご飯 並なら券1枚、大盛りなら券2枚 と交換。

それからは好きな具材を食事券と交換しながら丼ぶりへ乗せてもらうのだ。
乗せてもらう、というのは、
食券を買った時、
「たくさんになると、具を載せるの、難しいですね」と言ったら、
「大丈夫!上手に乗せてくれるから!」と言われたの。
自分で乗せると こぼしたり ヘタだから、プロに任せる、ということ!
写真は とりあえず、ぜーーんぶ許可をもらって撮りました。いちいち言わなくても、OKみたい。
店鋪紹介図
20180728_51
20180728_35 20180728_36 20180728_37 20180728_38 20180728_39 20180728_40 20180728_41 20180728_42 20180728_44 20180728_45 20180728_52
だいたいどこも同じ感じ。
何度も行って、なじみのお店ができたら、そこで全部選ぶのもアリだと思う。
私はひとつずつ全部違う店で選びました。

食べるところはところどころにある。
20180728_46
机の上には、醤油、割り箸、プラスチックの小皿、わさび。
20180728_47
ゴミの分別もばっちり。
20180728_49
お水も 好きなだけ飲めるよ。撮るの忘れた。

私が作ってもらったのは、
大盛りご飯(券2枚)
大エビ(券2枚)
すじこ(券2枚)
マダイ(券2枚)
ネギトロ(券1枚)
タマゴ(券1枚)
計:券10枚
20180728_50

券10枚って、ビミョーね。もっと乗せたかったわ。
おいしかったから、もう1杯食べたかった!
お楽しみ抽選券、応募してきたから、何か当るといいな。
20180728_48

まだ9時ちょいすぎ。
空港に行くバスも14時発だから、もう一度お昼に来ようかな〜

ホテルに戻る途中、
東北最大級 新鮮市場と青森市庁舎、青森市民図書館が同じ建物にあって、その異質さにびっくり!
↓こんな建物に市役所が入っているとは誰が思うだろうか?
20180728_53 20180728_55
入口
20180728_54

この三角の建物は、ハローワーク、貸会議室、レストラン、展望台もある「青森観光物産館アスパム」
後で行こうっと。
20180728_56

9時半頃、ホテル到着。
チェックアウトはゆったりの11時。
もう一眠りしようかな〜〜
その前にメールチェック。

【JAL国内線】欠航のお知らせ 7月28日(土) JAL146便

え!?!?

    様
ご予約便が欠航となりました。
以下の便情報をご確認ください。
■便情報 7月28日(土) 09:25現在
--------------------
7月28日(土) JAL146便
青森 → 東京/羽田
定刻 15:15発 - 16:30着

台風12号のため欠航となっております。
ご不便・ご迷惑をおかけいたしますことを、心よりお詫び申し上げます。

ぎゃ〜〜〜〜〜〜マジ?マジ?
晴れ女なのに?(;◇;) こっちはよくてもあっちは台風なの?

だいたいのことは プランB を考えてあるけど、これは想定外だ!
幸い、日曜も休みだから、もう1泊する?
ホテル空いてるかな?
検索したら、今泊まっているホテルは空室ありのようだ。
う〜〜〜ん、でもどうやって時間をつぶす?どこに行く?
もう洗濯してないから、着替えがないよ。
明日の便に振り替える?満席だったら?

数分、"滞在すること" を考えていたが、ふと思い出した。
ここには新幹線がある!
東北新幹線は、東京〜仙台までしか乗ったことないし。
岩手県も見たことがないから見れるし。
山形、秋田、青森、岩手、宮城、福島、東北を一周することになるわ。
そうしようそうしよう!
あっさり決定。

まだ荷物の整理してないし、青森駅まで歩いて10分として、
新幹線の新青森駅までどのくらいかわからないけど、
昨日乗ったシャトルバスがすぐあれば15分くらいだし、
JRなら隣りの駅だし、
えーーーーと2時間後くらいかな?と推測し、検索。
今はネットがあるから便利だね。

荷物をまとめ、チェックアウト。
青森駅まで歩く。
シャトルバス(200円)は次は40分後、15分かかって、新幹線に乗るまで10分しかない。
JR(190円)は残念ながら行ったばかりで、次は40分後。でも、3分で着くし、
新幹線に乗るまで25分くらいある。

JRで行くことに決める。
ホームの待合室で 全く想定してなかったぼんやりタイム。

JRが来た。
次の新青森で下車し、すぐ新幹線チケットを購入。
20180728_57 20180728_58 20180728_59

窓側、通路側は全部売り切れで中央しかなかった。

それでも、窓から 見たことがない岩手県の景色を見ようと思ったら、
窓側の席に、巨漢の男性が同じ新青森から乗車(;_;)
1つしかない窓の半分くらいをその男性の上半身が占めたのでした。
ほとんど景色が見れなかったよ。

景色が見れない飛行機や新幹線ってサイアクね。
昔は、速く着けばいいと思っていた。

でも、今は逆。
そこに着くまでの過程が好き。

一番いいのはやっぱり徒歩。
もう一度見たい!と思えば、引き返せばいいのだ。
乗り物はそれができない。
立ち止まってそれを見ることができない。
目的や考え方にもよるけど、ここ数年のマイブームは、スロー移動です。

傘を持ってきていなかったから、どうやったらなるべく濡れずに帰れるか?を考え、実行した。
地元駅のバス停で 家の前まで行くバスを 軒下で待っている時、猛烈に降り、
バスが来て乗る瞬間の5秒くらい、濡れた。

それが 家の前のバス停に着いた時は、雨が止んでいた。
だから、あの台風の中、雨に濡れたのは5秒だけ。
晴れ女とはいわないけど、雨に降られづらいのかも。

今回の旅の目的は、4つ。
1. 五能線リゾートしらかみに乗ること
2. 世界自然遺産白神山地十二湖に行くこと
3. 黄金崎不老ふ死温泉に泊まること
4. 三内丸山遺跡に行くこと

ぜーーーんぶ順調に完璧に達成!
最後に欠航のハプニングがあったけど、青森県に納税してきたと思うことにしよう。
ホテル代も3泊の合計が2万くらいで安かったし。

あ、もしかすると、青森から飛行機で帰れず、マイレージポイントが戻ってきたのは、青森がまた来なさい!って言ってるのかな?


初日の日記はこちら
青春18切符で横浜〜秋田へ 12時間越え、停車駅120!

2日目:リゾートしらかみで秋田→十二湖→不老不死温泉

3日目:不老ふ死温泉から青森へ三内丸山遺跡も

3泊4日の長文、読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可