■Chaka Khan / Epiphany: The Best of Chaka Khan
■Marlena Shaw / Who Is This Bitch, Anyway
■Police / The Singles
■Joe Jackson / I'm The Man

ここからこの「無人島アルバム日記」を読んだ人には、さっぱりわからないと思いますが、
すでにここまでで9枚、書いてます。
そしてこれが最後の10回目。
すごく ズルイけど、4枚!

チャカ・カーン Epiphany: The Best of Chaka Khan
chaka

去年、ビルボードライブ東京で本物を見れて感激!
2曲目で登場。出た!I FEEL FOR YOU!!
「チャカ、チャカ、チャカ、チャカカーン、チャカカーン、シャカカーン」
こんなに自分の名前を連呼される曲、どう思います?想像してみてください。
ルーファス時代の Do You Love What You Feel も聞けて感動。

Through the Fireのイントロのピアノが始まると、場内空気が変わり拍手がひときわ大きく。
実は、私、バラードがあまり好きじゃない。
しかし、この曲だけは別。
現存する世界中のバラード、過去&現在そして未来のバラードの中で一番好き。


I look in your eyes and I can see
Weve loved so dangerously
Youre not trusting your heart to anyone~

ああ!高校生の時にハマって以来、コレが聞きたかったのだ。
ぞぞぞぞぞぞ~~~、鳥肌。昇天。
チャカは、全身スピーカーだった。
すべての楽器を足してもチャカの高音にはかなわない。
マイクをあれだけ離しても、なぜゆえ あれだけ声が聞こえる??
I FEEL FOR YOUよりもよかったし、この曲が本当に大好き。
チャカ・カーンで一曲なら、この曲を選ぶ。

マレーナ・ショウ Who Is This Bitch, Anyway
marena

ジャズとソウルの境を行き来する偉大なシンガー、マレーナ・ショウ。
デビット・T・ウォーカーのギター、ハービー・メイソンのドラム、ラリー・カールトンのギターのこのアルバムはチャカとは違った魅力。Street Walking' Womanのビッチな歌い方はステキ。もうすぐ、ビルボードライブ東京に来日するんだよ~。チケット代高い。。。。。行くかどうするか?

ポリス The Singles
police policegoods

27年待ったバンド、THE POLICE のコンサート、去年2月に見た。前回来日時は一人でライブに行ける年齢じゃなかったし、地方に住んでいたので無理だった。よって、今回はプレミアム 30,000円(限定グッズ付)の席。四半世紀以上待った身としては3万円も、グッズを1万円以上買おうがぜんぜんつらくない。
生きているドラマーで最も好きかもしれない スチュワート・コープランドをず~~っと見てた。アンディ・サマーズもね。So Lonelyの間奏のアンディはもうかっこよくてかっこよくて!!最大のヒット曲である、Every Breath You Take(邦題:見つめていたい)最後のほう、全観客で合唱。鳥肌~~~~!
もう二度と見れない人達だろうな。

ジョー・ジャクソン I'm The Man
joe.jpg

このアルバムは2ndで、1stから続くパンクロック系のアルバム。
I'm The Man と Fridayのギターとベースのかっこ良さ!疾走感。
ギターとベースが同時にソロをすると、ベースが勝つんだなあ(笑)
ここのベーシスト、グラハム・メイビーのベースラインにホレホレ。
ジョーはNight And Dayというアルバムも好き。
この人はアルバムごとにジャンルが違う、なんて器用な人だろう!


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可