FC2ブログ
甲虫楽団ホワイトアルバム通しライブの翌日に行った11/4 ゴダイゴ Our Dacade通しコンサート(中野サンプラザ)
20181104_1
正式タイトルは、〜平成という一つの時代の終わりに"our decade”〜
20181104_2
グッズを買うために並ぶ人々。
20181104_3

ゴダイゴのコンサートに行くのは4回目。
中1の時に九電記念体育館、中3の時に福岡サンパレス、そして10年以上前の再結成の時の神奈川県民ホール。
神奈川県民ホールでがっかりだったので、それ以来はミッキーやトミーのコンサートには行ったけど、ゴダイゴのは行かなかった。

しかし、1979年のアルバム”Our Dacade”は、ビートルズで言えばAbbey Road、ユーミンで言えば REINCARNATIONのような作品といえばわかるかな。曲と曲の繋がりに意味があり、捨て曲なし。絶対に見ておかなければならない。

メンバーは
浅野孝已
ミッキー吉野
タケカワユキヒデ
スティーヴ・フォックス
トミー・スナイダー
吉澤洋治
コーラス3人(女性2、男性1)
ゴダイゴホーンズ3人

セットリスト:
1. A Boring Day (Up on the Moon)
2. Progress and Harmony
3. Easy Rider
4. Shock,Shock,Shock!
5. Try To Wake Up To A Morning
6. Close-Ups
7. Deep Red
8. Purple Poison
9. Lightin Man
 ここでやっとMC. A面終了。途中MC一切入れずやってくれた。
10. Imitation
11. The Sun Is Setting On The West
12. The Dragon's Come Alive
13. Where'll We Go from Now
14. Promise at Dawn
—— ここまででアルバム通し終了 MC ——
16. ザ・マリンエクスプレス ←手塚治虫原作 1979年 24時間TVアニメスペシャル作品
17. ハピネス
------------------
18. Taking Off  999のシングルのB面
19. Beautiful Name 途中のう〜わ〜う〜わ〜らららら♪はスティーブ&ミッキー組でした。
20. Holy and Bright ぎゃーー(;◇;) 超大好きな曲
21. ガンダーラ
22. モンキーマジック
——アンコール——
23. Sights and Sounds
24. 銀河鉄道999

1曲目の A Boring Dayは本当はB面の1曲目なんだけど、そこだけが違った。
まぁ、これはオープニングにするのほうがいいのかな。
個人的には、中学生の時1曲目の Progress and Harmonyでゴダイゴに魂を奪われてしまったから、
コーラスで始まるこの曲で開始して欲しかったんだけど、まあいいかな。

2曲目がその Progress and Harmony。
このアルバムの顔だと思う。涙が出た。これを生で聞けるなんて。
人気があるのは、9曲目の Lightin Manかな。ピアノで始まるすてきな曲。

アルバムが終わってからは、同じ年に発売されたソロシングル2曲。
トミーボーカルのザ・マリンエクスプレス
ルパン三世のテーマの大野雄二さんの曲。演奏はトミーじゃないので、
ドラムコピーしたんだろうな(笑)
タケカワユキヒデのソロ、ハピネス。
この曲を17才で作ったなんて天才だと思う。
この2曲、どっちも大好きで聞きたかったから夢みたいだ。
ソロだし、ゴダイゴのコンサートでは絶対にやらない(権利の問題でもやれない?)と思ってた。

ふつう、アルバム発売のコンサートツアーでも全曲演奏することはないでしょ?
ゴダイゴもそうだった。タケカワユキヒデがMCで当時はできなかったと言っていた。
それが40年たった今、再現された。
それを見に行けたことの幸運に感謝。

ミッキーが40年前、このアルバムリリースの時の平均年齢は27才で、若く油ものっていた。
今回はライブの1週間前ヒマだったので、練習したけど難しかったって(笑)
スティーブも そうそうとうなずいていた。

最後の999の前には、タケカワユキヒデがミッキーのところへ。
何話してるのかな?と思ったら、キーの確認をしたらしく、ミッキーに「今回は昔と同じテンポでやる、同じキーでやるのが目標!」みたいなことを言って、999も原曲キーでやった。ホントは下げてリハしていたのかもしれないね。

前日に甲虫楽団でホワイトアルバム通しのライブをした。
楽器の持ち替えや、切り替えなどがあるので、ゴダイゴみたいにMCを入れずにはできなかったけど、自分がやった翌日にゴダイゴがそういうことをやったのが、苦労感、親近感というか、面白かったよ。
甲虫もチェロやバイオリンやトランペット入れたし!

Our Dacadeはレコードでもライブでも最高だった。

数年前、ミッキー、浅野さん、トミーにサインをもらったLPジャケット。
20181104_4

読んでくださってありがとうございました
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可