乱歩の誕生日の翌日、10月22日、神奈川近代文学館での「大乱歩展」を見てきました。地元横浜での開催、嬉しかった!

まずは中華街の関帝廟通りを通って元町へ向かう。
左に見える愛群という店は、豚の角煮丼が美味しいのよ~。
乱歩2

チープなパンダグッズがいっぱい、大好きな「ぱんだや」
乱歩3

元町の奥のほうから港の見える丘公園へ向かう。
谷戸坂
乱歩4

谷戸坂 を登っていくとずっと坂道なので、
ちとキツいけど、こっちを行くほうがショートカット。
乱歩5

この階段を登るとすぐが、港の見える丘公園。
平日の午後なので誰~もいません
乱歩6

現在の 港の見える丘公園から見える景色。
港、見えてます?ちょっとだけだよね。
正面の橋がベイブリッジ
乱歩7

右を見ると公園があって、その向こうは、大佛次郎記念館。
おさらぎ じろう と読みます。大仏じゃないよ。鞍馬天狗を書いた人ね。
乱歩8

その奥、霧笛橋を渡ったところに、近代文学館があります
乱歩9 乱歩10

入場料600円。物販で売ってた1000円のパンフレット
乱歩パンフ

展示されていたものはすべてパンフに載ってた。

小説好きのお母さんの影響も大だが、祖母の名前が「わさ」
このばあちゃんがクセものだと私は思う。
まず、名前がシブい。私の好きなワサビのワサだ。

ばあちゃんと父ちゃんが作ったという百人一首が展示してあり、
読み札、取り札とも、ワサばあちゃんの手蹟。絵は父親の筆によるものだった。
この血統にして平井太郎(乱歩の本名)あり!と思った。

竹中英太郎さんの「孤島の鬼」の原画や、「二銭銅貨」の原稿はもとより、写経、
いつ見てもその細かさに驚かされる「出世ヨリ四十七才マデ」と書いた自分の年表、
夢野久作が乱歩に送った「ドグラマグラ」の初版、
乱歩の葬式で、横溝正史と松本清張が読んだ直筆の弔辞文、などが興味深かったです。

作家としてはもとより、海外のすぐれた作品を日本国内に紹介すること、推理小説作家を育てること、そういう方面もすぐれていたんだなと思いました。

乱歩の作品で好きなのは、

芋虫 究極の愛は愛する人のために死ぬこと。初めて読んだ時、しばらく何も考えられませんでした
人間椅子 革製の椅子を見ると「コレ、中に入ってるんじゃ?」と思ってしまう。
・赤い部屋
・屋根裏の散歩者
・押絵と旅する男
・堀越捜査一課長殿
・化人幻戯
・ぺてん師と空気男
・パノラマ島奇譚
・蜘蛛男
・孤島の鬼 最後の一行に泣かされる


10/22のGoogleのロゴ
乱歩1


スポンサーサイト
コメント
No title
おさらぎジローさんは大の猫好きで
たくさんの猫を飼っておりました。

江戸川乱歩といえば
「スッパイ」という思いでが蘇ります。
小学校に図書館がありまして(図書室でない)
とても薄暗くカビくさい館内がとても好きでした。
そこで怪人二十面相を借り、
図書館の裏口に回り、しばらくボッーと過ごし
野イチゴを見つけて食べ、
それがヒジョーにスッパイ。そして教室へ戻る。
翌週も同じことの繰り返し。
思えば本を借りるというよりもその行為が好きだったのかも。

少し大きくなって人間椅子を読んだときは
具合が悪くなりそうになりました。
もう近所の床屋に産毛剃りに行くのやめようと
誓ったのを思い出します。
もういい大人なのできちんと乱歩を読んでみたくなりました。

マミさんのブログは私に色々なことを思い出させてくれますなぁ。
長文駄文失礼~v-15
2009/10/27(Tue) 21:39 | URL | 鯖鰯光 | 【編集
Re: No title
鯖鰯光さま

私のレスもめっちゃ長いです。

> おさらぎジローさんは大の猫好きで

知らなかったので、調べてみたところ、、、、すごいですね。
以下、引用。
大佛は、旅先での滞在が長くなると、猫の姿を探し始めたという。パリに取材旅行に行けば、日本から届いたタタミイワシを自分より先に街角にいる猫に食べさせ、川や海から遠い、京の山寺に行けば、「顔見知りの猫」に、「好物の魚類を恵まれる機会がなかろう」と、イワシの目刺しを手みやげに持っていくほどだった。書斎でも、「猫と本とが手もとにないといけない」と、置物の猫たちに、仕事ぶりを静かに見守らせた。

これはもう病気ですな(笑)
前世も来世も猫。たまたま今世が人間だった。

> とても薄暗くカビくさい館内がとても好きでした。

わたくしも文学少女でしたが、外では読めず、借りて家で読んでました。
今はね、、、ビニールのブックカバーして風呂の中で読んでます。極楽v-48

> そこで怪人二十面相を借り、

これが私の人生の後悔のひとつ。
なぜ、小学生の頃、少年探偵団を読まなかったのか?!
最初になりたいと思った職業のひとつが「探偵」なのに。あれだけ探偵ごっこしたのに。
なぜでしょうね?ワザと読まなかった気もする。

> 思えば本を借りるというよりもその行為が好きだったのかも。

子供心ながらアヤシげな本を借り、裏口で、ボーッとし、禁断の実を食べる、
この4つの表にはできない行為が魅力的だったのかもしれませんv-114

> もう近所の床屋に産毛剃りに行くのやめようと

ぎゃははははは!想像できん!

> もういい大人なのできちんと乱歩を読んでみたくなりました。

今度、創元推理文庫のベストみたいなやつ、お貸ししますわ。


2009/10/27(Tue) 23:58 | URL | Mamiko☆ | 【編集
No title
大佛次郎記念館の中、猫の置物でいっぱいです。
猫好きなら、中に入ってみる価値アリ!

江戸川乱歩、私も小学生の時に図書館で借りて読んで、具合が悪くなりました。
それ以来、手が出ない。
今ならちゃんと読めるだろうか?
2009/10/28(Wed) 21:57 | URL | Kazoo | 【編集
Re: No title
Kazooさま

> 猫好きなら、中に入ってみる価値アリ!

猫はあんまり好きじゃないんだけど、今度近くに行ったら入ってみますね!

> 江戸川乱歩、私も小学生の時に図書館で借りて読んで、具合が悪くなりました。

小学生だと、、、、乱歩は向き不向きがあるのでは?
あまりに衝撃を受けると、将来に影響がでる(笑)





2009/10/29(Thu) 00:51 | URL | Mamiko☆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可