ご存知のように最近あちこちが痛くて、五街道最後の”中山道”歩きに なかなか踏み出せません。
1日30~40kmを歩く街道歩きは、体調が万全であり、なおかつ翌日仕事が休みじゃないとダメ。
それでも”歩きたい病”は健在。
「行きたいところリスト」を見たら、「走水神社、浦賀」をいうのが目に留まり、そこに行ってきました。

京浜急行「馬堀海岸(まぼりかいがん)」下車。
20170225_1
ここにあるもので有名なのは、防衛大学だろう。
観音崎行きのバスに乗る。
帰りは駅まで歩いて戻るからしっかり道を確認しなきゃ。

10分くらい、走水神社下車。
20170225_2
20170225_3
手水舎。深さ30mより湧き出ている真水
20170225_4 20170225_5
祓い所の榊
20170225_6
階段
20170225_7

針の碑
針と衣類等に感謝
20170225_8

弟橘媛のレリーフが目を引く「舵の碑」
海の安全と平和を祈る
20170225_9
庖丁塚
包丁と鳥獣魚菜類等食物に感謝
20170225_10
弟橘媛命の記念碑と御神木
20170225_11 20170225_12
拝殿
20170225_13 20170225_15

拝殿から後ろを振り返ると、、、
すばらしい!
20170225_14

奉献 露国機械水雷 男爵 上村彦之丞
20170225_16 20170225_17
なんじゃこれ?と調べてみたら、日露戦争戦利品のロシア国の機雷であり、明治43年6月5日に横須賀鎮守府から奉納されたもの。記念碑の序幕にあたり、発起人の一人で建立のため中心的な役割を果した海軍中将上村彦之丞から走水神社に寄贈されたものです。 ということ。

稲荷神社。祭祀は、
豊受姫命(とようけひめのかみ)と宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
20170225_18
水神社
20170225_19 20170225_20
別宮
弟橘媛命に殉じた侍女をお祀りしている
20170225_21
さらに上に登る
20170225_22 20170225_23 20170225_24

三社。祭祀は、
神明社(天照大御神 あまてらすおおみかみ)
須賀神社(須佐之男命 すさのおのみこと)
諏訪神社(建御名方神 たけみなかたのかみ)
ここ、空気が違った。
20170225_28 20170225_25
20170225_26 20170225_27
下りの景色が素晴らしい。
20170225_29 20170225_30 20170225_31
絵馬は弟橘媛
20170225_32

歩いて馬堀海岸駅へ戻る
国道16号線。もしかして、走水って16号線のスタート地じゃない?
20170225_33
御所ヶ崎
20170225_34
展望台がありました
20170225_35 20170225_36

そのまま歩き続けると、、、、
走水のりフェスタ開催中だって!
20170225_37 20170225_41
地元の人達で盛り上がっていた。
横須賀ソウルフード海苔だんだん弁当(走水大津海苔使用)と
生海苔の味噌汁を食べました。美味しかったよ!
これぞ本当の"海苔弁当"。
なんせ 玉子焼き一切れとピンク大根の漬物以外は全部海苔か海藻。
20170225_38
走水海岸
20170225_42 20170225_43

のりフェスタに寄り道したから、駅までどのくらい時間がかかったかわからない。
距離的には3kmなさそう。

馬堀海岸駅の下りホーム
次が京浜急行の終点「浦賀」だから、乗る人がほとんどいない。
20170225_44 20170225_45

浦賀駅
20170225_46

私が乗ってきたのは京急ラブトレイン号だった。気がつかなかったよ。
20170225_47

終点だから線路が行き止まり。
20170225_111
じゃーーーーん!ここが「浦賀」だ!!!!
黒船とゴジラの街
20170225_48

「浦賀の歴史とふれあう散策ルート」東浦賀コースを散歩しよ。

散策ルートは載っていなかった「船守稲荷神社」
名の通り 船を守ってくれているんだろう
20170225_49
八雲神社・津守稲荷の看板
20170225_50
八雲神社は散策ルートに載っているけど「津守稲荷」は載ってない。
20170225_51
20170225_52 20170225_54
やっぱり小さくて誰も来なそうなところだった。
津守の津は港を表すそうだから、港を守ってくれるんだろう。
大好きな青面金剛の塔があった。
20170225_53
さっきの船守稲荷神社とこの津守稲荷神社は対になっている感じ。

八雲神社。須佐之男命が祀られている。
20170225_55 20170225_56
ハーシーズのチョコみたいな宝珠
20170225_57
20170225_58

東浦賀の裏通り。いい感じだ〜
20170225_59

東耀稲荷(とうよういなり)
ここの見どころは、瓦にいる恵比寿様と大黒様
20170225_60 20170225_61 20170225_62

東叶神社
祭神は応神天皇。西叶神社を勧請して創建された。
20170225_64 20170225_65

ふつうなら絶対に見逃す この石。探して発見。
20170225_84
入ってすぐ右の手水舎の横にあった。
人の名前と文字が刻まれいて、力持ち競技に使われたんだってー。

勝海舟が咸臨丸で太平洋横断前に、この井戸で水垢離(みずごり)をし、明神山山頂で断食をしたと伝えられている。
20170225_66 20170225_67
身代り弁天。
海難や他の難事の際に、身代わりとなって人々を救うってくださる。
20170225_68 20170225_69

耀真山永勝不動尊
目立たないところにいらっしゃるのだが気になったので撮影
20170225_71

拝殿
20170225_74
拝殿から見た景色。ひゃ〜〜〜きれいだ!
20170225_75

問題はここからです
恵仁志坂(えにしざか)この後、200段以上の石段を登る。
けっこう疲れる
20170225_76
着いた!
奥の院
20170225_78
左に勝海舟断食の跡の場所
20170225_77
浦賀ドックで殉職した人の慰霊塔
20170225_79
その裏にある浦賀城跡。ここからの長めが絶品。
20170225_81 20170225_82
階段を降りて、、次は対岸の西の叶神社方面へ行こう!
20170225_83

もう一度 浦賀駅へ戻って西側コースを歩くのは時間がかかるし疲れるよ。
浦賀湾の真ん中に東西を結ぶ渡し船があるから乗ろう!
20170225_85 20170225_86
ポンポン船で3分ほどの船旅。大人ひとり200円。
いつでも、ひとりでもお客さんがいれば運行してくれる。
乗客は私ひとりだった。
20170225_87 20170225_88
あっという間に西側に着きました。
20170225_89 20170225_90

愛宕山公園入り口。
もう階段登るのイヤだったから行かなかった
20170225_91

為朝神社
源為朝は、滝沢馬琴の「椿説弓張月」の主人公で、源頼朝の父の弟。
20170225_92 20170225_95
梅がチラホラ
20170225_93
この先に、大六天榊神社や浦賀奉行所跡があるが、疲れてきたので行かずここで折り返す。

対岸には、さっきの東叶神社が見える。ちょっと嬉しい。
20170225_96
西浦賀の通り
20170225_97

西叶神社
祭神は応神天皇
20170225_99 20170225_98
拝殿
20170225_100 20170225_105

奥に見える祠。左から稲荷神社・三峰神社・大鷲神社・淡島神社
20170225_102
福寿辨財天
20170225_103
絵馬
東叶神社の絵馬は文字が朱色だった気がする。ここは黒。
20170225_104

ピンクのあけぼのアセビ(馬酔木)
20170225_106

西叶神社の勾玉と東叶神社のお守り袋を買うと願いが叶うんだって〜
どっちも行ったけど、何も買いませんでした。
そこに行くだけでご利益があると思うから。
東西の叶神社、ライバルなのかな、公式サイトみたら、お互いリンクしてないもん。

叶神社に興味のある人はこちらが参考になるかも
渡し船が縁結び!横須賀・2つの「叶神社」はまるで天の川伝説
http://guide.travel.co.jp/article/11192/


浦賀は、壁が高くてドックが全くといっていいほど見えないのが残念だった。
高いところに登らないとだめなんだな。

さ、帰ろ。浦賀駅。
20170225_108 20170225_109
電車接近メロディは、ゴジラのテーマ
1番線も2番線も「横浜・品川」方面だ
20170225_110 20170225_112

高校の時から横浜に住んで、しばらくは「浦賀行き」に乗っていた。
浦賀ってどんなとこだろう?とずっと思っていた。
これで、三崎口、新逗子、浦賀、京急の終点制覇。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

巣鴨は2009年10月30日 巣鴨商店街デビューで詳しい日記を書いているので
興味があればそちらもご覧ください。

巣鴨駅、2009年はJRの駅の工事をしていたが、もう今はキレイになってる。
商店街のアーケード屋根がソーラーになってるのかな、太陽光発電所と書いてある。
20170212_1
前回もあった「振り込めサギ注意」の窓。
写真の赤○の部分を見てください。
20170212_2
国道17号 中山道と書いてある。
あ~~~近々ここを歩くことになるんだ(笑)

ここが巣鴨地蔵通商店街の入口
20170212_3
すぐ右側に観光案内所と すがもんのおしりがあった。
触ってみる。
20170212_4 20170212_5
こういうの大好き
20170212_6
入口に近い「伊勢屋」と「すがも園」
20170212_7 20170212_9
この2つの塩大福の感想は前回書いている。

「みずの」前回、ここの塩大福が一番好きだったので、今回はここのを母へのお土産にする。5個600円が650円に値上がりしていた。
20170212_10 20170212_11 20170212_mizuno
昔若かったお嬢様達が食べ歩き中
20170212_8
この右にとげぬき地蔵尊
20170212_13 20170212_14
高岩寺、一般にはとげぬき地蔵。洗い観音はいつも人気者
治癒したい部分を濡れタオルで拭くと利益があるという。今回はしなかった。
20170212_15 20170212_16
おいもやさん
巣鴨のこの通りこそ ザ・ジャパンなのかも
20170212_17
前回行った「ときわ食堂」フライが美味しい。
長蛇の列
20170212_18
日本一の赤パンツ屋マルジ。
20170212_19
幸せの赤パンツだって
20170212_20
赤だけでなく黄色のハンドタオルもありました
20170212_22
赤パンは前回買ったので、今回は少し汚れていてアウトレットになっていた帆布製マルジの赤巾着。
864円が500円だったよ。
20170212_23 20170212_21
奥のほうにある「ときわ食堂」のほうが空いていた。2人待ち。
20170212_24
猿田彦大神庚申堂。最寄り駅は都電荒川線 庚申塚停留所
近くの人達が拝みに来ていた。
20170212_25 20170212_26
手水舎
20170212_27
狛犬でなく、狛猿
20170212_28 20170212_29 20170212_31

猿田彦系は熊野や伊勢でさんざん行た。
猿田彦は旅人の神様なんだよ。

気になる店が!
人生アドバイザー 巣鴨の母 手相鑑定士 真紀
20170212_32

中山道 待夢のちょうちん!何だろう?
20170212_33
答え:巣鴨地域文化創造館。無料なので入ってみた
20170212_34
地元の子供達の作品。
埴輪。かわいいぞ!
20170212_35
自分達の身の回りの物で作るパフェもかわいい!ヤラれた
20170212_paff 20170212_36
そして今回行きたかった「ファイト餃子」
20170212_37 20170212_38
2人ほど並んでいた。中をのぞいたらけっこう広い。
回転はいいようで、5分くらいで入れた。
ひとりだからカウンター席。

3番の半チャーハンと餃子5個のセットを注文。
最初に餃子が来て、全部揃ってから写真を撮りたかったんだけど、チャーハンがなかなか来なくて、もうダメだ~餃子を食べようとした瞬間「お待たせしました~」とチャーハンがきた。
20170212_40 20170212_41
こういうチャーハンが美味しいんだよね。上にグリーンピースが乗ったやつ。
20170212_42
従業員も6人くらいいて、テキパキしているから回転がいいんだろう。
きもちのいい店だった。

ライブハウス獅子王へ
20170212_43 20170212_44

ここに来たのは1年ぶり以上。
友達の多くがここでよくやってるけど、申し訳ないが遠いからあんまり来たくないんだ~
でも今日は見たいバンドが1番目と4番目で19:20には終わるからよかった。

Hairspray Psyche(略してヘアスプ)
このバンドのメンバーさんと、2009年3月の新宿クロウダディクラブでのセッションで知り合った。買ったCDにジャケットが2枚も入っていたのも運命(笑)
オリジナル曲で独特の世界を持っていて、凄いなぁと。
ここのベーシストkaorunが今日で卒業。これは行かねば!
これからは本業のギタリストとして複数のバンドで活躍していくだろう。
kaorunとは家が近いから、どんなに会ってなくても、近く感じるんだな。
20170212_51 20170212_47

そして、Bon Joviのコピーバンド Boin Jovi。ギター以外は女性。
ボーカルのヒロミちゃんは料理好きで、ロミヒーBarで時々お料理披露会をしてくれ、 毎回楽しみにしている。
20170212_83 20170212_62
Livin' on a Prayerはあまりにも有名な曲。
NYのアメリカ人友達がウエディングパーティー等で演奏するキーボーディストをやっていて、個人的にこっそり連れて行ってもらった時、1曲目がこの曲で、バカみたいに盛り上がっていたのを思い出す。まるでアメリカの第2国家のようにね。大金持ちの結婚パーティーでまるで映画を見ているようだった。
日本人では歌うの難しいビヨンセのCrazy In Loveも猛烈に盛り上がっていたよ。
ボイン・ジョヴィのメンバー、みんな生き生きノビノビしていた
ヘアスプ、ボイン・ジョヴィ楽しい時間をありがとう。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

JR東海道線の小田原から熱海までの5つの駅、早川→根府川→真鶴→湯河原→熱海。
ここにある「根府川(ねぶかわ)駅」
晴れていれば乗客全員が海側を見る、JR東日本の無人で絶景駅のひとつ。
私も神奈川県の駅でナンバーワンだと思ってる。
20170206_1 20170206_2
20170206_3 20170206_4

ここからが今日知ったこと。
大正12年の関東大震災で地滑りが発生し、当駅に進入中の列車、駅舎、ホームもろとも海中に沈み、約130名が死亡するという大惨事。この事故で1番線ホームもろとも海中に落ちてしまったため、この駅は、1番線がなく、2〜4番線になっています。ホームは今でも海底に眠っているとのこと。
知らなかった!
改札の横に慰霊碑があるそうだから、いつか行ってみよう。

熱海駅でJR伊東線に乗り換え1つめの来宮駅下車。
20170206_5

改札出て左。高架下を出てすぐ。来宮神社へ。
20170206_6
わ〜〜〜人が多い。
20170206_7 z20170206_8
手水舎
20170206_9
すぐ脇にある大きな石。パンフにも公式サイトにも何の説明もみあたらず。
2010206_stone
来宮神社には2つの摂社(来宮稲荷神社と弁財天)と、1つの末社(三峯社)がある。
20170206_10
樹齢1300年を超える第2大楠。
約300年前の落雷にも負けず今なお息吹いている。
20170206_14 20170206_11 20170206_12 20170206_13

御神水取り
ここのお水は有料の様子
20170206_15 20170206_16
本殿
20170206_17a 20170206_17
20170206_18 20170206_19
来宮弁財天
20170206_20 20170206_21

御神木の大楠。
おおっ!
今までいろんな大樹を見たけど、これはすごい。
と思ったら、やっぱり本州1の巨樹で樹齢3000年。周囲23.9m。
ご神木の周りを1週するごとに寿命が延びるといわれています。
20170206_22 20170206_23 20170206_25 20170206_24
裏には滝
20170206_26
20170206_27 20170206_28
人の大きさから樹の巨大さがわかる
20170206_29

御朱印や御守り授与所。
すごーーく近代的でキレイ。
この神社は公式サイトもオシャレだった。
20170206_30 20170206_31
Alcohol trouble lucky charm. 酒難守り
私はまったく必要ないが友達のために5個買った。

ところどころにこのような台があって、ここで写真を撮ってInstagramにアップしてください、って書いてあるくらい。パワースポットとしても紹介されているから若い子達も多かったよ。
20170206_31a

今度はもう少し人が少ない日に来たいな。

歩いて20分くらい梅園へ。

右:三しま道/左:梅園、、、
ああ、ここは十国峠に行くバスで通った記憶がある。
20170206_33

線路と熱海の街と海が見える!
20170206_34

早咲きの河津桜が咲いていた
20170206_35 20170206_36 20170206_37
チケット売場
20170206_38 20170206_39
梅の香りを満喫!
20170206_40 20170206_42 20170206_44
いろんな種類の梅があった。
20170206_45 20170206_46 20170206_47
桜のように華やかではなく、丸い花びらでかわいらしいのが特徴。
そして、 ポコポコと枝にくっついていてスカスカ。
20170206_48 20170206_49 20170206_50 20170206_51

あ〜〜〜、癒された!

来宮駅方面、さらに海のほうへ歩く。
30分くらいかな。
20170206_52 20170206_53

熱海市渚町「まさる」
評判通りのボリュームの海鮮丼
20170206_54
20170206_55 20170206_56
高齢の女将に「ごちそうさまでした!美味しかったです」と言ったら、
「また、ありがとうね」という返事。

歩いて熱海駅方面へ。熱海サンビーチを歩く。
20170206_57 20170206_58 20170206_59 20170206_60
風は強くて冷たいけど、2月上旬とは思えない天気。
風がなければ、ザ熱海なんだろうな。
20170206_63
男尊女卑で海外の人には不評な貫一とお宮の像。
20170206_kan7.
お宮の松
20170206_61 20170206_62

さ、帰ろ。
熱海駅への最短距離は猛烈な階段を登ること。
20170206_64 20170206_65 20170206_66

今まで熱海には 十国峠や伊豆半島への経由として立ち寄っただけで、
こうやって散歩するのは初めてなのでした。

箱根と熱海、どっちも温泉というイメージしかなく、違いがわからなかったけど、
ぜんぜん違うんだな。
箱根は温泉湯治、熱海は海と日光浴なんだ!

30を超える種類の御守り。
酒難守 買ってきたよ。頼まれた人にはお会いした時にお渡しします。
20170206_67

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

京急の「葉山女子旅きっぷ」を使って逗子&葉山へ会社の友達と行ってきました。
30年以上京急を利用していますが、新逗子駅に降りるのは初めてでドキドキ。
単線なんだ!
20170128_1
降りた電車を振り返ると「急行の羽田空港行き」になっている。
ホームが長い。
20170128_2
新逗子駅南口
20170128_3
「葉山女子旅きっぷ」は
電車&京急バス乗車券+選べる逗子・葉山ごはん券+選べるおみやげ券がセット
になっていて、品川からだと3,000円、横浜からだと2,800円。もちろん京急の各駅でも買える。有効期間は1日。
20170128_5

しかし、道路幅、狭っ!
車どうしギリギリなのに、歩行者やバイクもいてこわいこわい。

海回りのバスで元町下車。
ランチを食べようと計画していた「魚寅」
なんと貸切で入れませんでした(;_;)
20170128_4

プランBに計画変更。
きっぷを使える近くの店「浜寿司」へ。
まだ開店15分前で閉まっていたので、近くの大きなドラッグストアでぼんやり時間をすごす。
現在4代目になるご主人が毎朝佐島漁港で仕入れてきた新鮮な地魚を使った、醤油漬けミニ海鮮丼&梅の茶碗蒸し&大根おでん。
ミニ海鮮丼をプラス500円で通常海鮮丼にもできるというので、そうする。
比べてみよう!左がミニ、右が通常。
20170128_6 20170128_7
店のご主人が地元のいろんな話をしてくれ、楽しかった
逗子はベッドタウンになってきていて観光地ではなくなってきているから、こういうお得きっぷを発行してお客さんが来てくれるのは嬉しいと。

葉山旭屋牛肉店へ
20170128_8
ここで「おみやげ券」を使い「葉山コロッケ8個と備長炭で焼いた焼豚200g」を引き換えることもできる。
しかし、ここでは使わず、パン1個と葉山コロッケ1個を買い、ソース(店に常備)をかけて、コロッケパンを作り、ハイキングの山頂で食べることにしました。
20170128_9

歩いて森戸神社へ
20170128_10 20170128_11
入口近くにある「おせき稲荷社」
せきが止まらない人、喉を使う職業の人たちの篤い信仰があります。
20170128_12 20170128_13
一年安鯛みくじ。安泰でなく安鯛。
釣り竿で釣り上げる方式。
20170128_16
今日もやっぱり良い天気!
20170128_14 20170128_15 20170128_17
江ノ島と富士山が見える。
この写真、富士山、薄すぎて見えないよ〜
20170128_18 20170128_19
夕方はこんなにキレイらしい。拾ってきた写真。
20170128_森戸神社

大峰山ハイキングへLet’s Go!

住宅地の中を通って、あじさい公園入口を曲がる。
20170128_20
ここから登る
20170128_22
階段、、、、
20170128_23 20170128_24 20170128_25
あっという間に着きました。山頂広場。
20170128_26
山頂からの景色。江ノ島と薄くて写ってない富士山が見える。
さっきいた森戸神社はよーく見える
20170128_27
標高124.4m展望デッキ
20170128_28 20170128_29
関東の富士見100景/三浦半島 葉山町からの富士
20170128_30
トンビのピーヒョロヒョロ♪という鳴き声がずっと聞こえるし、景色もよくてすがすがしい気分。
20170128_31 20170128_32
下り階段。かなりあるよ!
こちら側から登らなくて良かった!
20170128_33 20170128_34 20170128_35
降りたところにある熊野神社。
20170128_36 20170128_37
ここが真名瀬コースの登り口。
20170128_38
一般道路まですぐ。空には3本の飛行機雲。
20170128_39

バスに乗って葉山下車。
葉山御用邸が目の前。皇族の方が来られてなくても、しっかり警備している。
20170128_40 20170128_41

山回りのバスで葉山小学校前で下車。
おおかたの神奈川県民なら知るプリン&カフェの店「マーロウ」
プリン大好きだから聖地に来た気分♪
顔出しプリンやってみました。mixiでは目隠ししてません。
20170128_43 20170128_42

店名はレイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説の探偵「フィリップ・マーロウ」からとっている。
マーロウは神奈川県にしかないお店だったけど、4月20日銀座にオープンする、銀座エリア最大級の商業施設GINZA SIXビルに出店するので、東京のみなさん、行ってみて!
マーロウ http://www.marlowe.co.jp/

すっごい行列。待ち用のイスまでプリン。
20170128_44 20170128_45 20170128_46 20170128_47
テラスで食べている人の、お皿の上のきれいな富士山の形をしたプリンを見て食べたくなりました!
イートイン順番名簿に名前を書いておく。

並びながらずっとレジを見ていたら、7,000円以上買っている人もいた。
普通、プリンを7,000円以上も買うか?

ここで「おみやげ券」を使う。
お好きなビーカープリン&葉山ボーロを各1つずつ
10種類以上あるプリンから好きなのを選べるのだから、値段が高いプリンを選ぶほうがいい。
1番人気は北海道フレッシュクリームプリン(750円)らしいが、
なめらかなプリンより昔ながらのぷるるんが好きなので、
人気2番の王様プリン(700円)にしました。
なぜこんなに全商品が高いかと言うと、入れ物がガラス製で計量できるメモリのついたビーカーだからです。

王様プリン 公式サイトの写真
201701custard
さらに、カスタードプリン1個とバレンタイン期間限定カップチョコケーキ(アメ色陶器入り)を購入。
ベルギー産ベルコラーデ社の高級チョコレートをアーモンド生地にたっぷり混ぜ、じっくり焼き上げてある。
公式サイトの写真
201701kingpdding 201701cupchoco

ああ、なんて幸せなんでしょう!
ケーキよりもプリンが好きだから。
20170128_48 20170128_49 20170128_50

カフェでプリン食べたかったのに、待ち時間がすごくて、どのくらい待てばいいのかわからず、あきらめて帰りました。

帰って食べたら、めちゃウマ(;◇;)
でも高いよ〜
20170128_51 20170128_52

逗子と葉山。
観光するところがないから、魅力的ではないけれども、住むには良いかな〜と思いました。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

仕事が休みの23日。
去年の夏まで一緒に働いていた友達が現在住む箱根の強羅へ。

箱根湯本駅から箱根登山鉄道に乗り換え。
この電車は何度も乗っていてそのたんびにブログにしているので、詳しくは書きません。

塔ノ沢駅
20170123_1
車窓から。
40分、座らず立って景色を見ながら乗るのがイイ。
20170123_2
大平台駅
塔ノ沢〜大平台〜宮ノ下の間は、標高差が283mもあるので、イッキには登れずスイッチバックをする
20170123_3 20170123_4
宮ノ下駅
20170123_5
小湧谷駅
20170123_6
彫刻の森駅
20170123_7
強羅駅
20170123_8

迎えに来てくれた車で一番行きたかった大湧谷へ
2年位前に地震活動が活発になり、規制がかかったけど、
今は一部「代行バス」が運行しているが、行けるようになっています。
ワケあって、長く滞在はできないため、写真撮って黒タマゴ買って終わり!
またいつかゆっくり来よう。
20170123_9a 20170123_10
20170123_11 20170123_12
20170123_12a

大湧谷に近い強羅でも、地面から地熱で湯気がもうもうと出てたり、
地球は行きてるんだ!と思いました。

1つ食べると7年長生きすると言われている黒たまご。
5個500円。
20170123_27 20170123_28

友達宅へ
某所の管理人をやっているので、そこの温泉に入らせてもらう。
今日はそのために来たのだ。
今日は誰もいないので貸切。
もちろん掛け流し。熱いので水道の水で冷まして入るらしい。
しばらくして温度になじんだら、水道を止める。
20170123_29 20170123_30 20170123_33
あ〜〜〜、いいお湯だった(^^)

車で姥子温泉(うばこ おんせん)秀明館
古くから眼病に効く温泉として知られていて、金太郎が目に怪我をしたとき、姥がお告げでここの温泉で目を洗ったところ全快したとの伝説がある所。
昔は湯治宿だったけど、今は宿泊はナシ、日帰温泉のみ。
今の時期の入浴のみの営業は、15〜16時の1時間だけ!
そして料金が高い(1,800円)!
外観は大正時代、内装は改修してある。
20170123_39 20170123_38
20170123_40

脱衣所で着替えをして、階段を降りるとすぐに温泉。
正面には注連縄が!
20170123_45 20170123_47 20170123_48
なんと神々しいお風呂!
神様の前で裸で禊ぎしてる感じ。
ここ、最高だよ!!!! ものすごく寒いけど(笑)
姥子の気温はマイナス2度

あ〜〜〜、ここ、泊まれたらいいのにな。
個室を借りることはできるので、朝から営業終了時間まで6〜7時間は滞在することはできる。
ここもまたいつか来たい場所だ。

もう一度友達の保養所に戻り、
すぐ近くに八代亜紀さんの別荘があるので見に行って写真撮ってきました。
う〜〜〜ん、ブログにはアップできない、、、
八代亜紀さん、いつかコンサートに行ってみたい人。

友達が箱根に住んでいる間に、箱根エリアのいろんな温泉に行こうと思っています。
あと2〜3年かな。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。