繁忙期も一息つき、久々のゆっくり休める休日。
”関東のお伊勢さん”と呼ばれている伊勢山皇大神宮に行ってきました。
JR桜木町駅そばの紅葉坂を少し登ったところにある 矢印道標。
迷うことなく行ける。
20170418_1
20170418_2 20170418_3
人、少なーい。
でも、たえず後から後から ひとりはやってくる。さすが!
20170418_4 20170418_5
一の鳥居
20170418_6 20170418_7
20170418_8
二の鳥居
20170418_9 20170418_9a 20170418_10

祀られているのは天照大御神。

伊勢神宮が20年に一度式年遷宮で建て替えられるのは皆さんご存知のこと。
では、20年間”伊勢神宮”として使っていた建物をどうするか知ってる?

全国の神社に部分的に「下げ渡し」されるんだって。
いただいた側の神社は、今まで使っていた建物をさらに別の神社へ「下げ渡し」をする。

ここから下はほぼ「はまれぽ.com」のコピー
http://hamarepo.com/story.php?story_id=4256

伊勢神宮の社殿には漆が塗られていないので、表面を削って使われる。
伊勢神宮は建て替える時期に全国の神社に「誰か欲しい人いますか?」とお達しをするらしく、ダメ元で「丸ごとください」と恐る恐る言ってみたら、最初は「無理です」と断られたそう。

今まで伊勢神宮の「一部」をもらう、ということが定説で、「社殿を丸ごと」もらうことは、滅多にないらしく、東日本大震災で破損した神社が多くある東北地方に優先的に下げ渡しをする、という理由もあったらしい。

現在、伊勢神宮の社殿をそのまま譲り受けている神社は名古屋の熱田神宮。
「横浜市民にもください」と熱心に交渉をした結果、2014年11月に伊勢神宮から社殿を丸ごともらえることが決定しました。

本殿完成は2019年。
伊勢神宮の内宮の古社殿がやってくるんだって。
楽しみだ〜〜

ちなみに、現在の伊勢山皇大神宮の社殿が「下げ渡し」で行く先は、
震災の被害を受けた宮城県石巻市にある鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ)。
かしまみこじんじゃですぞ!まみこじんじゃ!

伊勢神宮をどういうふうに運搬してくるかは、上に書いた「はまれぽ.com」読んでね。
何年もかかるんだねー

写真もう少し続けます。
拝殿
20170418_11 20170418_12 20170418_13 20170418_14 20170418_16
裏の本殿。ちょっとしか見えない。
20170418_15
境内
20170418_34 20170418_35

大神神社磐座(おおみわじんじゃいわくら)
御祭神:大物主大神
20170418_36
杵築宮/子之大神(きづきのみや/ねのおおかみ)
御祭神:月読命、須佐男命、大国主命、住吉三柱大神
20170418_37
神楽殿の場所が今は更地
20170418_33

伊勢山皇大神宮から歩いて5分ほどの掃部山公園(かもんやまこうえん)へ。難読名だ。
桜も散ったばかりで、道の脇には花びらが積もっている。
2〜3人いただけ。
20170418_17.jpg 20170418_19

1884(明治17)年に、幕末の大名 井伊直弼(いい なおすけ)の井伊家の所有地になったことから、1909年に井伊掃部頭直弼(いいかもんのかみなおすけ)の銅像が建てられた。
井伊直弼は「掃部頭(かもんのかみ)」という役職で、そう呼ばれていたからだって。
ちなみにこの土地は、1914年に 井伊家から横浜市に寄付されている。
20170418_21 20170418_22

井伊直弼が見つめている先にあるのは、彼の時代にはなかった地、横浜みなとみらい。
20170418_20 20170418_23
第33回全国都市緑化よこはまフェアの会場ではないのだけれども、それらしかった。
20170418_24
日本庭園。池にコンビ二の袋が浮いていたのが残念。
20170418_25 20170418_26
100年前の花見客で賑わう公園の写真。いいね〜
20170418_27 20170418_28 20170418_29

岩亀横丁側出入り口へ出た。
20170418_30
幕末安政のころ、現在横浜公園のあたりにあった「岩亀楼」という遊廓の遊女が、静養のため利用した寮がここにあったことから岩亀横丁と呼ばれるようになったという。
岩亀楼にあった石灯籠は今 横浜公園の池のそばにあるね。
20170418_31 20170418_32

来年は桜の頃に来よう。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

散歩をしていて見つけた神社。
今まで何度も歩いたりバスで通っていたのに気がつかなかった。

山谷天神(横浜市南区六ツ川4丁目)
“天神”なので菅原道真公を祀ってあるお社だ。
20170403_25 20170403_26
20170403_27
扉は閉じてあって、中をのぞくと、小さい賽銭箱や菅原道真公の像と「日本三躰 永谷天満宮」と書いた お神札が2つあった。

隣りの山谷沢稲荷。
中には「伏見稲荷」のお神札が2つあった。
20170403_28

どちらにも「今まで気がつかないでゴメンナサイ」と謝ってきた。
ここを歩いて通る時は挨拶しよう。
誰に聞いたらここの神社のことがわかるのかなぁ。
時間ができたら永谷天満宮に行って聞いてみようっと。
20170403_29

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

仕事が休みだったので、8.5km歩いて
根岸森林公園馬の博物館に行ってきました。
途中の睦町さくら公園
20170329_a

ええっ?!
二度見なおした「横浜どうぶつ眼科」
どうぶつの眼科だけでやっていけるのだろうか?と思ったら、
そのようでした。http://yokohama-eye.com/
20170329_animal

国道16号の根岸駅そば不動下交差点を曲がる。
<馬力のみで上れる坂>で昔は「馬力坂」と呼ばれた「不動坂」を登り、ユーミンの歌詞に出てくる「ドルフィン」を通り、根岸森林公園へ。
20170329_1
ここは、日本発の洋式競馬場、横浜競馬場(根岸競馬場)の跡地。
20才くらいの時にチラっと来たことがあるだけで、ほぼ初めてに等しい。
すごーーく広くて、芝生の上にテント張ったり、お弁当ひろげたり、走り回って遊んでいる人が平日なのにけっこういる。
20170329_2 20170329_3
数本、桜が咲いていた
20170329_4 20170329_5
私も途中ファミマで買った 彩り弁当 豆腐バーグ重を食べた。
20170329_b 20170329_mami
もっとあったかくなったら、芝生でゴロゴロしようっと。
20170329_6 20170329_7 20170329_8 20170329_9 20170329_10
元、外人専用のゴルフ場だっただけに芝生もイイ感じ。
芝生と土の匂い、大好きだ。

馬の博物館の中にあるポニーセンター
20170329_11 20170329_12
この馬はいつでも乗れます
20170329_13
ここでイベントの日に馬の試乗会、にんじんタイムをやっている
20170329_14 20170329_15 20170329_16 20170329_17
139回天皇賞優勝馬マイネルキッツ、JRAの障害競走で活躍した競走馬マイネルネオスがここで余生を送っているのは知る人ぞ知る。むこうに見えるのはどちらかな?
20170329_18
馬の博物館へ
入場料100円を払うと、サクラウィーク期間中の入館者先着1,500名様にプレゼント中のオリジナルキューブボックスティッシュもらえました。
20170329_19 20170329_e
1860年代、横浜で始まった洋式競馬は、1866年、完成した根岸競馬場で行われるようになり、翌年から1942年(昭和17)に幕を下ろすまで、76年間ここで競馬が行われました。という解説から始まり、
3つの展示室に、これでもかというくらいの馬の歴史、文化、馬をもつステータス、人間との生活、骨格、馬具をつけられるコーナー、馬力測定器、、馬オンリーの展示にすごく愛情を感じました。

特に見入ったのは、常設の岩手県遠野市から移築した「曲屋(まがりや)」。
近寄るとセンサーが反応し、馬の息づかい、ニワトリの声がするようになっている。土間なども日本昔話みたいで、20分くらい見ていました。馬を屋根のある家の中で飼う、ということはどれだけ大事にしていたかわかるよね。
今、車を家の中に入れたりしないもん。

特別展、文明開化と馬の浮世絵/馬のイラストレーター おがわじゅり原画&複製原画展もオモシロかったです。三代広重の浮世絵もあった。
20170329_20

競馬が好きな人なら絶対オススメ、
馬が好きな人なら時間があれば行って欲しいところです。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
ご存知のように最近あちこちが痛くて、五街道最後の”中山道”歩きに なかなか踏み出せません。
1日30~40kmを歩く街道歩きは、体調が万全であり、なおかつ翌日仕事が休みじゃないとダメ。
それでも”歩きたい病”は健在。
「行きたいところリスト」を見たら、「走水神社、浦賀」をいうのが目に留まり、そこに行ってきました。

京浜急行「馬堀海岸(まぼりかいがん)」下車。
20170225_1
ここにあるもので有名なのは、防衛大学だろう。
観音崎行きのバスに乗る。
帰りは駅まで歩いて戻るからしっかり道を確認しなきゃ。

10分くらい、走水神社下車。
20170225_2
20170225_3
手水舎。深さ30mより湧き出ている真水
20170225_4 20170225_5
祓い所の榊
20170225_6
階段
20170225_7

針の碑
針と衣類等に感謝
20170225_8

弟橘媛のレリーフが目を引く「舵の碑」
海の安全と平和を祈る
20170225_9
庖丁塚
包丁と鳥獣魚菜類等食物に感謝
20170225_10
弟橘媛命の記念碑と御神木
20170225_11 20170225_12
拝殿
20170225_13 20170225_15

拝殿から後ろを振り返ると、、、
すばらしい!
20170225_14

奉献 露国機械水雷 男爵 上村彦之丞
20170225_16 20170225_17
なんじゃこれ?と調べてみたら、日露戦争戦利品のロシア国の機雷であり、明治43年6月5日に横須賀鎮守府から奉納されたもの。記念碑の序幕にあたり、発起人の一人で建立のため中心的な役割を果した海軍中将上村彦之丞から走水神社に寄贈されたものです。 ということ。

稲荷神社。祭祀は、
豊受姫命(とようけひめのかみ)と宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
20170225_18
水神社
20170225_19 20170225_20
別宮
弟橘媛命に殉じた侍女をお祀りしている
20170225_21
さらに上に登る
20170225_22 20170225_23 20170225_24

三社。祭祀は、
神明社(天照大御神 あまてらすおおみかみ)
須賀神社(須佐之男命 すさのおのみこと)
諏訪神社(建御名方神 たけみなかたのかみ)
ここ、空気が違った。
20170225_28 20170225_25
20170225_26 20170225_27
下りの景色が素晴らしい。
20170225_29 20170225_30 20170225_31
絵馬は弟橘媛
20170225_32

歩いて馬堀海岸駅へ戻る
国道16号線。もしかして、走水って16号線のスタート地じゃない?
20170225_33
御所ヶ崎
20170225_34
展望台がありました
20170225_35 20170225_36

そのまま歩き続けると、、、、
走水のりフェスタ開催中だって!
20170225_37 20170225_41
地元の人達で盛り上がっていた。
横須賀ソウルフード海苔だんだん弁当(走水大津海苔使用)と
生海苔の味噌汁を食べました。美味しかったよ!
これぞ本当の"海苔弁当"。
なんせ 玉子焼き一切れとピンク大根の漬物以外は全部海苔か海藻。
20170225_38
走水海岸
20170225_42 20170225_43

のりフェスタに寄り道したから、駅までどのくらい時間がかかったかわからない。
距離的には3kmなさそう。

馬堀海岸駅の下りホーム
次が京浜急行の終点「浦賀」だから、乗る人がほとんどいない。
20170225_44 20170225_45

浦賀駅
20170225_46

私が乗ってきたのは京急ラブトレイン号だった。気がつかなかったよ。
20170225_47

終点だから線路が行き止まり。
20170225_111
じゃーーーーん!ここが「浦賀」だ!!!!
黒船とゴジラの街
20170225_48

「浦賀の歴史とふれあう散策ルート」東浦賀コースを散歩しよ。

散策ルートは載っていなかった「船守稲荷神社」
名の通り 船を守ってくれているんだろう
20170225_49
八雲神社・津守稲荷の看板
20170225_50
八雲神社は散策ルートに載っているけど「津守稲荷」は載ってない。
20170225_51
20170225_52 20170225_54
やっぱり小さくて誰も来なそうなところだった。
津守の津は港を表すそうだから、港を守ってくれるんだろう。
大好きな青面金剛の塔があった。
20170225_53
さっきの船守稲荷神社とこの津守稲荷神社は対になっている感じ。

八雲神社。須佐之男命が祀られている。
20170225_55 20170225_56
ハーシーズのチョコみたいな宝珠
20170225_57
20170225_58

東浦賀の裏通り。いい感じだ〜
20170225_59

東耀稲荷(とうよういなり)
ここの見どころは、瓦にいる恵比寿様と大黒様
20170225_60 20170225_61 20170225_62

東叶神社
祭神は応神天皇。西叶神社を勧請して創建された。
20170225_64 20170225_65

ふつうなら絶対に見逃す この石。探して発見。
20170225_84
入ってすぐ右の手水舎の横にあった。
人の名前と文字が刻まれいて、力持ち競技に使われたんだってー。

勝海舟が咸臨丸で太平洋横断前に、この井戸で水垢離(みずごり)をし、明神山山頂で断食をしたと伝えられている。
20170225_66 20170225_67
身代り弁天。
海難や他の難事の際に、身代わりとなって人々を救うってくださる。
20170225_68 20170225_69

耀真山永勝不動尊
目立たないところにいらっしゃるのだが気になったので撮影
20170225_71

拝殿
20170225_74
拝殿から見た景色。ひゃ〜〜〜きれいだ!
20170225_75

問題はここからです
恵仁志坂(えにしざか)この後、200段以上の石段を登る。
けっこう疲れる
20170225_76
着いた!
奥の院
20170225_78
左に勝海舟断食の跡の場所
20170225_77
浦賀ドックで殉職した人の慰霊塔
20170225_79
その裏にある浦賀城跡。ここからの長めが絶品。
20170225_81 20170225_82
階段を降りて、、次は対岸の西の叶神社方面へ行こう!
20170225_83

もう一度 浦賀駅へ戻って西側コースを歩くのは時間がかかるし疲れるよ。
浦賀湾の真ん中に東西を結ぶ渡し船があるから乗ろう!
20170225_85 20170225_86
ポンポン船で3分ほどの船旅。大人ひとり200円。
いつでも、ひとりでもお客さんがいれば運行してくれる。
乗客は私ひとりだった。
20170225_87 20170225_88
あっという間に西側に着きました。
20170225_89 20170225_90

愛宕山公園入り口。
もう階段登るのイヤだったから行かなかった
20170225_91

為朝神社
源為朝は、滝沢馬琴の「椿説弓張月」の主人公で、源頼朝の父の弟。
20170225_92 20170225_95
梅がチラホラ
20170225_93
この先に、大六天榊神社や浦賀奉行所跡があるが、疲れてきたので行かずここで折り返す。

対岸には、さっきの東叶神社が見える。ちょっと嬉しい。
20170225_96
西浦賀の通り
20170225_97

西叶神社
祭神は応神天皇
20170225_99 20170225_98
拝殿
20170225_100 20170225_105

奥に見える祠。左から稲荷神社・三峰神社・大鷲神社・淡島神社
20170225_102
福寿辨財天
20170225_103
絵馬
東叶神社の絵馬は文字が朱色だった気がする。ここは黒。
20170225_104

ピンクのあけぼのアセビ(馬酔木)
20170225_106

西叶神社の勾玉と東叶神社のお守り袋を買うと願いが叶うんだって〜
どっちも行ったけど、何も買いませんでした。
そこに行くだけでご利益があると思うから。
東西の叶神社、ライバルなのかな、公式サイトみたら、お互いリンクしてないもん。

叶神社に興味のある人はこちらが参考になるかも
渡し船が縁結び!横須賀・2つの「叶神社」はまるで天の川伝説
http://guide.travel.co.jp/article/11192/


浦賀は、壁が高くてドックが全くといっていいほど見えないのが残念だった。
高いところに登らないとだめなんだな。

さ、帰ろ。浦賀駅。
20170225_108 20170225_109
電車接近メロディは、ゴジラのテーマ
1番線も2番線も「横浜・品川」方面だ
20170225_110 20170225_112

高校の時から横浜に住んで、しばらくは「浦賀行き」に乗っていた。
浦賀ってどんなとこだろう?とずっと思っていた。
これで、三崎口、新逗子、浦賀、京急の終点制覇。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。

巣鴨は2009年10月30日 巣鴨商店街デビューで詳しい日記を書いているので
興味があればそちらもご覧ください。

巣鴨駅、2009年はJRの駅の工事をしていたが、もう今はキレイになってる。
商店街のアーケード屋根がソーラーになってるのかな、太陽光発電所と書いてある。
20170212_1
前回もあった「振り込めサギ注意」の窓。
写真の赤○の部分を見てください。
20170212_2
国道17号 中山道と書いてある。
あ~~~近々ここを歩くことになるんだ(笑)

ここが巣鴨地蔵通商店街の入口
20170212_3
すぐ右側に観光案内所と すがもんのおしりがあった。
触ってみる。
20170212_4 20170212_5
こういうの大好き
20170212_6
入口に近い「伊勢屋」と「すがも園」
20170212_7 20170212_9
この2つの塩大福の感想は前回書いている。

「みずの」前回、ここの塩大福が一番好きだったので、今回はここのを母へのお土産にする。5個600円が650円に値上がりしていた。
20170212_10 20170212_11 20170212_mizuno
昔若かったお嬢様達が食べ歩き中
20170212_8
この右にとげぬき地蔵尊
20170212_13 20170212_14
高岩寺、一般にはとげぬき地蔵。洗い観音はいつも人気者
治癒したい部分を濡れタオルで拭くと利益があるという。今回はしなかった。
20170212_15 20170212_16
おいもやさん
巣鴨のこの通りこそ ザ・ジャパンなのかも
20170212_17
前回行った「ときわ食堂」フライが美味しい。
長蛇の列
20170212_18
日本一の赤パンツ屋マルジ。
20170212_19
幸せの赤パンツだって
20170212_20
赤だけでなく黄色のハンドタオルもありました
20170212_22
赤パンは前回買ったので、今回は少し汚れていてアウトレットになっていた帆布製マルジの赤巾着。
864円が500円だったよ。
20170212_23 20170212_21
奥のほうにある「ときわ食堂」のほうが空いていた。2人待ち。
20170212_24
猿田彦大神庚申堂。最寄り駅は都電荒川線 庚申塚停留所
近くの人達が拝みに来ていた。
20170212_25 20170212_26
手水舎
20170212_27
狛犬でなく、狛猿
20170212_28 20170212_29 20170212_31

猿田彦系は熊野や伊勢でさんざん行た。
猿田彦は旅人の神様なんだよ。

気になる店が!
人生アドバイザー 巣鴨の母 手相鑑定士 真紀
20170212_32

中山道 待夢のちょうちん!何だろう?
20170212_33
答え:巣鴨地域文化創造館。無料なので入ってみた
20170212_34
地元の子供達の作品。
埴輪。かわいいぞ!
20170212_35
自分達の身の回りの物で作るパフェもかわいい!ヤラれた
20170212_paff 20170212_36
そして今回行きたかった「ファイト餃子」
20170212_37 20170212_38
2人ほど並んでいた。中をのぞいたらけっこう広い。
回転はいいようで、5分くらいで入れた。
ひとりだからカウンター席。

3番の半チャーハンと餃子5個のセットを注文。
最初に餃子が来て、全部揃ってから写真を撮りたかったんだけど、チャーハンがなかなか来なくて、もうダメだ~餃子を食べようとした瞬間「お待たせしました~」とチャーハンがきた。
20170212_40 20170212_41
こういうチャーハンが美味しいんだよね。上にグリーンピースが乗ったやつ。
20170212_42
従業員も6人くらいいて、テキパキしているから回転がいいんだろう。
きもちのいい店だった。

ライブハウス獅子王へ
20170212_43 20170212_44

ここに来たのは1年ぶり以上。
友達の多くがここでよくやってるけど、申し訳ないが遠いからあんまり来たくないんだ~
でも今日は見たいバンドが1番目と4番目で19:20には終わるからよかった。

Hairspray Psyche(略してヘアスプ)
このバンドのメンバーさんと、2009年3月の新宿クロウダディクラブでのセッションで知り合った。買ったCDにジャケットが2枚も入っていたのも運命(笑)
オリジナル曲で独特の世界を持っていて、凄いなぁと。
ここのベーシストkaorunが今日で卒業。これは行かねば!
これからは本業のギタリストとして複数のバンドで活躍していくだろう。
kaorunとは家が近いから、どんなに会ってなくても、近く感じるんだな。
20170212_51 20170212_47

そして、Bon Joviのコピーバンド Boin Jovi。ギター以外は女性。
ボーカルのヒロミちゃんは料理好きで、ロミヒーBarで時々お料理披露会をしてくれ、 毎回楽しみにしている。
20170212_83 20170212_62
Livin' on a Prayerはあまりにも有名な曲。
NYのアメリカ人友達がウエディングパーティー等で演奏するキーボーディストをやっていて、個人的にこっそり連れて行ってもらった時、1曲目がこの曲で、バカみたいに盛り上がっていたのを思い出す。まるでアメリカの第2国家のようにね。大金持ちの結婚パーティーでまるで映画を見ているようだった。
日本人では歌うの難しいビヨンセのCrazy In Loveも猛烈に盛り上がっていたよ。
ボイン・ジョヴィのメンバー、みんな生き生きノビノビしていた
ヘアスプ、ボイン・ジョヴィ楽しい時間をありがとう。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。