6/3(土) 人生初の尾瀬ケ原にバスツアーで行ってきました。
6:30 横浜駅西口発。

尾瀬は「日光国立公園」の一部として日本で4番目の国立公園でしたが、
2007年、尾瀬国立公園として新設されました。
今年で10才の国立公園。
4つの県にまたがっていて、群馬県47%、福島県46%、新潟県と栃木県が3%だそうです。
僅差で群馬県。

関越自動車道の高坂SA、赤城高原SAで休憩。
赤城高原のマスコット、からっ風のブー次郎がかわいい。
20170603_1 20170603_2

ベーカリー『ぽるとがる』(東名・海老名SAのジャンボメロンパンで有名なお店)で赤城高原SA(下)限定のホルモンソーセージを買う。バスの中で食べよっと。
20170603_3
レストラン横の揚物屋でジャンボチーズカツ串に惹かれ、その場で食べた。チーズとカツ、合うね。
20170603_4
赤城“高原”というだけあって、とても爽やかなパーキングだ。
20170603_5 20170603_6
沼田ICで降り、途中にあった井上食堂で予約していたお弁当を添乗員さんが受け取りに行く。
まいたけ弁当
20170603_7
予想以上においしかった!
地元名物でもあるらしいから、どこの店のでもいいから まいたけ弁当食べてみて。

尾瀬高原ホテルで大型バスからマイクロバスに乗り換え。
目の前はスノーパーク尾瀬戸倉スキー場。
雪のないスキー場って初めて見た!こんなに緑がキレイなんだ!
平らな所でゲートボールをしている人達がいる。
20170603_8

30分くらいで鳩待峠(はとまちとうげ)へ。標高1591m。
ここからは 寒くて地上と同じ服装ではいられない。ほーら、雪もまだ残ってる。
20170603_9 20170603_10 20170603_11 20170603_12
準備体操をしてスタート。
20170603_14

むかーし行った上高地と同じで尾瀬マナーがある。そのひとつ、
歩荷(ぼっか)さんには声をかけない、ふーーーんそうなのか。
ぼっかさんって知ってる? 山小屋などに荷揚げをする人達のこと。
ぼっかさんって言うんだー。
そういう人達のことを知ってても、何というのか知らなかったな。
ハイキングでは向こうから来る人に「こんにちは」と挨拶するのがマナー。
私もいつもやってる。
でも、尾瀬のような観光客が多いところでそれをやっていたら、何百回もしなきゃいけないので、言われた時だけするようにしてる。
ぼっかさんは 職業だし集中して歩いているからしなくてもいいんだって。

雑草のタネを持ち込まないためのお願い看板。
20170603_15
登山者の数を調査中、入山数カウンター。
20170603_16
ここから「山の鼻」という尾瀬ヶ原の入口まで3.3kmの下り。
いきなりドロドロ! 石段もツルツル。
おお!とか、わー!とかいいながら下っている人達の声が聞こえる。
20170603_17
人が多く、前にも後ろにも人がいて連なってるから、もらい倒れにならないよう注意が必要だ。
尾瀬といえば木道。幅50cmくらい。基本右側通行。
トレッキングポールは先が尖ってたらダメ。板に穴があいたり、隙間に挟まったりして危険だから。
20170603_18 20170603_19 20170603_20
下りは ラバーが敷いてある。なんて親切な!
20170603_21 20170603_22 20170603_23 20170603_24 20170603_25
水芭蕉だ! 基本はコースを外れてはいけないのだが、こういう人もいる。
そういう人は だいたい一眼レフを持ってる人だね。
20170603_26 20170603_27

水芭蕉の真ん中って、サラダなんかに入ってるミニコーンに見えない?
そう見えてしまったから、これ以降、ずっとミニコーンに見えた。
20170603_28
白いのは花ではなく、仏炎苞(ぶつえんほう・棒状の花を包み込む葉っぱを仏像の背景にある炎形の飾りに見立てたもの)なんだって。
20170603_29 20170603_30 20170603_31 20170603_32

写真にはないが雪がまだ解けておらず、木道にまだ積もったままのところがかなりあって、片側通行になり、そこで渋滞した。

川上川
20170603_33

65分かかって「山の鼻」到着。
ツアー客はだいたいここから自由行動。
20170603_35

関越が事故で到着が遅れたし、雪で木道をなかなか進めなかった ことがなければ、60分弱で行けるだろう。

尾瀬ケ原!
靴はトレッキングシューズが必要。
20170603_36 20170603_37 20170603_38 20170603_39 20170603_40 20170603_41 20170603_42

ここからが 尾瀬の感想。

木道って、
良所は、足元がドロドロでない、濡れていると多少滑りやすいがそれでも歩きやすい。

欠点は、前と後ろしかない1次元の世界。
転んでも 道の脇にそれて治療したり休んだりできず、止まれない。
驚いたのは、歩く速度が早いこと。

健脚な私が驚くんだよ〜
みんなこの速さで歩いたら、私のように1日30キロ以上歩けるよ(笑)

観光客が多いから そう(速く)なるのかもしれないけど、この速度は高齢者や足の悪い人、歩くのが苦手な人には拷問。
上にも書いたけど、1次元の世界だから、脇にそれないし。
反対側の木道に人がいなければ、そちらに対向者が来るまでいられるけどね。

鳩待峠〜山の鼻、ホント、自分でもよくこれだけ写真が撮れたなぁ!と思う。
ほとんど歩きながら撮った。

正面
20170603_43 20170603_44 20170603_48

後ろ側。こっちのほうが景色がいい!向こうに見えるのは至仏山(しぶつさん)
写真でよく見るのはこれだ
20170603_45

15時に山の鼻に戻らないといけないから、途中でUターン。
このずーっと先に尾瀬沼があるんだよ。1泊しないと無理。

20170603_46
水芭蕉以外の花を発見!
なんだろうな。
20170603_47 20170603_49 20170603_50 20170603_51 20170603_52
私の前の男の人が木道から足を踏み外して倒れた。
木の隙間からなかなか足を引っ張り上げらなかった。
しかも、私以降の後ろは渋滞してくる。
プレッシャー。
わかるよわかるよ。
ゆっくりでいいですよ、と声をかけたが、かわいそうにあわてていた。

往路で 何度も途中で止まることがあったのは、転んじゃった人がいたからなんだね。

国民宿舎尾瀬ロッジ
20170603_53
中に入ってみると、、、、
20170603_54
高いね〜 そりゃ 歩荷(ぼっか)さんが運んできたんだもの。

至仏山(しぶつさん)登山口。標高2,228m。
20170603_55 20170603_56 20170603_57 20170603_58

山頂は 尾瀬ガ原全部が見れてはすばらしいんだって。拾ってきた写真。
20170603_shibutu
近くに行ってみたら、登山は7/1からの貼紙。
20170603_59 20170603_60 20170603_61
このあたりはほとんど人がいなくて、ゆっくりできました。
20170603_62 20170603_63 20170603_64 20170603_65 20170603_66

15時 山の鼻ビジターセンター前の温度計は4℃
20170603_67 20170603_68
雨も強くなってきて、さらに気温が下がってきた!
間違いなく 4℃以下だよ。
前日のブログを見たら、2℃って書いてあったから「本当?」と思ったけど、本当だわ。

復路はさっき来た木道の反対側
20170603_69 20170603_70 20170603_71
さよなら水芭蕉
20170603_72
木道以外に、こういうすきまだらけの木の階段も多いから、つり橋が苦手な人は怖いかも?
20170603_73
ドロドロやツルツルも、下るより上るほうが滑りにくくてラク。
20170603_74 20170603_75
復路は上りだから80分くらいかかった。

ここが 国立公園ということを忘れずに。
何も持ってきてはいけないし、持って帰ってもいけない。
ゴミ完全持ち帰りを日本で最初に行動したのは尾瀬。

ツアー団体のお客さんがその日 身につけるシールも落としてはいけない。
どの会社かすぐわかるからね。
食べた後の飴玉の袋をポケットに入れておいて、何かのはずみでそれが落ちてしまう可能性だってある。
近所の公園にハイキングにいくのではないのだ。

鳩待峠でマイクロバスを30分以上待つ。寒かったよ〜
地元のマイクロバス総動員で何度も往復している感じ。
このバスの中で、赤城高原SAで買ったホルモンソーセージの存在を思い出し、食べた(笑)
パンの部分が固くなってたけど、ソーセージはボリュームがあって美味しかったな。お腹もすいてたし。

今日歩いたところはここらへん。
20170603_地図
尾瀬高原ホテル前で 大型バスに乗り換えた後は、爆睡。
気がついたら、上里SAでした。
横浜到着は21:30。

夏が来〜れば思い出すぅ〜
はるかな尾瀬 遠い空〜

7月上旬〜下旬がベストかも?

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
仕事の後、会社から徒歩10分もかからない。3/25〜6/4までの長きにわたって山下公園、港の見える丘公園、みなとみらい、ズーラシアのそばの里山ガーデンで開催されている第33回 全国都市緑化よこはまフェア(来年は八王子市で開催)を見て、神奈川県民ホールでの八代亜紀プレミアムコンサート2017に行ってきました。

横浜市が作ったもの、ランドマークタワー、みなとみらい地区等たくさんありますが、そんなの足下にも及ばない、一番素晴らしいと思うのが「山下公園」。
先週行ってきた母が「あんたも行ってき!会社から毎日行けるやろ!」と言う。
いや〜〜〜〜素晴らしい!今がまさに見ごろ。
夕暮れ時に近かったからあんまりきれいに撮れてないけど圧倒される!行って良かった。
20170517_b 20170517_c 20170517_e

30分くらい散歩した後、この道をはさんで向い側の神奈川県民ホールへ。
20170517_a 20170517_f
母も誘ったのに「おかあさんは、行かんわ」と言うので、ひとりで。
4列目ど真ん中。
チケット代は先日来日したポール・マッカートニーの3分の1。

メモで箇条書きしてきました。

・バックバンド7人編成 キーボード(兼生ピアノ)、ギター、ドラム、ベース、バイオリン、トランペット、サックス。
・衣装:赤→青→黒→白。すべてが似合うのは色が白いからか?
・4列目なので視界すべてがステージで まるでテレビを見ているみたい。
・イントロで司会者の声が聞こえてきそう。
・お辞儀がプロ。
・プレゼント渡しタイムがあって7~8人が渡していた。
渡してくれるひとりひとりに中身を聞いて「葛きり?大好きなのよ」とか、それぞれ返事をしていた。
・1幕のMCは、昭和歌謡の事、次の曲の歌詞の事。2幕はお父さんの事が多かった。
・ドラマーはずっとヘッドフォンをしてクリックを聞いているようだった。
カウントなしで全員で同時に入っている曲もあった、どうやってるんだろう?
・ドラムの音が小さい。ベースやバイオリンや管楽器のほうが音が大きいぞ、と思う曲も多かった。
 ドラマーの叩き方が リズムをキープを最小限の音でするという感じ。
ロックなら他のパートから「ドラム(の音)は大きいほうがいい」と言われ、全力で叩くドラマーが多いが、それとまったく逆。うっすら聞こえる程度でいいという感じだった。

ここまでではないが 私のドラムに対する考え方と同じ。ロックバンドは楽器の音が大きすぎる。フィルやソロの部分は別だけどね。
ボーカルがいないのであればそれでいいけど、ボーカル(歌)があるのなら、それを活かさないと!
ビートルズコピーバンドでさえ 歌が聞こえないところが多いよ。

やった曲で覚えているやつ
・Helen Merrillの「You'd Be So Nice To Come Home To」←鳥肌もん!
・Jazzの名曲「Sing Sing Sing」「Fly Me To The Moon」
・熊本大震災応援歌 Sweet Home Kumamoto
・ブルースアルバムから数曲
・去年モンゴルで歌った「JAMAAS 真実はふたつ」
・マーティ・フリードマンが八代亜紀のために作った「無情」
・雨の慕情 ←憎い♪恋しい♪憎い♪恋しい♪雨雨降れ降れ〜の振り!生で見れた!
・舟唄 ←ラストナンバー

グッズはDVD、CD、カセットやポーチ、折りたたみ傘くらいしかありませんでした。
タオルや手ぬぐいがあれば買ったのにな。
別に八代亜紀さんのファンではありませんが、一度は見ておきたい人だったので、神奈川県民ホールで見ることができて良かった。日本を代表する歌手、ボーカリストなら見ておいたほうがいいでしょう。
もうこれで日本人で一度は見ておきたい人がいないかも。

今回はFacebookにもたくさん写真を載せたのでこちらは少なめ。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
六本木ミッドタウンにある富士フィルムスクエア内の写真歴史博物館で開催されている、
130年前にタイムスリップ!?
「幕末明治の写真家が見た富士山 この世の桃源郷を求めて」
を見てきました。
20170515_fujifilm 20170515_3

写真はたったの23点だったけど、まだ写真が貴重だった時代、一枚一枚丁寧に撮ったのがはっきり感じられました。こういう古い写真(特に日本の)大好きで、これらを撮ってくれた外国人に感謝!

でも、もっと前にカメラがあったならなぁ!
タイムスリップできるのなら、絶対にカメラを持っていくな。

田んぼと茅葺き屋根の家の前に立っている農民、
松原の間からまっすぐに富士山を見つめる旅人、
精進湖、本栖湖からの富士山、
ぜーーーんぶ持って帰りたかったよ!

チラシを写真に撮りました
20170515_5 20170515_6

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
今月のライブ2本無事終了しました。
5月6日
下北沢ブレスで甲虫楽団がやっているイベント「甲虫の森4」

ゲストで出てくれたRed berry、かっこいいーーーーー!
コピーバンドでなく、アレンジしているので、この曲なんだろな?とすごく楽して楽しい。
特にDay Tripperやオブラディが素敵♡ ぜひまたいつかご一緒したいです。
インタビューもさせてくれて、サッシーありがとう(^^)/
本当にお忙しい中、ありがとうございました。

ポールの先日の日本公演でステージに上がってポールを激間近にご覧に鳴ったKさんも、裏話を聞かせていただきありがとうございました。
今回もかなり時間が押しましたが、ワンマンと違った楽しさ満載で充実した1日でした。

セットリスト:
1.Drive My Car
2.Good Day Sunshine
3.For No One
4.Getting Better
5.Fixing A Hole
6.Your Mother Should Know
7.Hello Goodbye
8.My Brave Face ←初披露
9.My Love
10.Magical Mystery Tour
11.Fool On The Hill
12.Back In The U.S.S.R.
13.Birthday
14.Let It Be
15.Get Back
16.Yesterday
17.I Saw Her Standing There ←初披露
18.I’m Down

甲虫楽団の次のライブは7月15日(土)赤坂グラフィティで10回目のワンマン、
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band全曲通しての演奏、他2〜3ステージです。
20170513_1

5月13日(土)
年に2度のペースで活動している少年ナイフコピーバンド「KCollectors」 の2017年春のライブでした。
場所は大塚Hearts+ でSincia企画のイベントLook at Yourself Vol.13。

仕事が休みではなかったので、 時間有休を取得。JR大塚駅まであと4つというところで山手線が埼京線の事故のため山手線も運行停止、集合時間に間に合いましたが、右往左往したので疲れました。
4時間仕事をした後、、移動が1時間半、ライブハウスにいた時間が8時間(笑)
いろんなバンドが見れて話せて楽しいですが、ワンマンのほうが演奏時間は長くても、拘束時間が短いのでその点はラクですね。そして翌14日も仕事でした(爆)

見に来てくださったお客様、Sinciaさま、キョウコさん&たまちゃん、 どうもありがとうございました。楽しかったね。
すごく疲れたけど、今回はセットリストが大好きな曲ばかりだったから超楽しかった〜

KCollectors次のライブは、10/29(日)新宿WildSide Tokyoで Look At Yourself Vol.14のイベントです。

セットリスト:
1.Butter Cup (I'm a Super Girl) ←初披露
2.BANANA CHIPS ←初披露
3.E.S.P
4.Spider House ←初披露
5.Bear up Bison ←初披露
6.Girls Rock
7.Wonder Wine
8.Giant Kitty
20170513_1 20170513_2

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。
大盛況に終わった「甲虫の森4」の翌日、箱根に1泊2日で行ってきました。

小田原駅東口で、小田原・熱海・湯河原の指定区間内での伊豆箱根バス2日間乗り放題+箱根駒ヶ岳ロープウェー・箱根十国峠ケーブルカー・箱根芦ノ湖遊覧船(双胴船)・箱根園水族館(1回)の「箱根旅助けパス」3,000円を購入。
公式サイトで見て、木製の絵馬みたいなやつかと思っていたら、クレジットカードサイズの紙製のペラペラでした。
20170507_0

5番乗り場から箱根園行きのバスに乗車。
箱根湯本、宮ノ下、小涌園などを通り、某バス停で友達が乗車。
大湧谷の手前で バスのドライバーさんの高齢者への神対応を2度も目の当たりにした。
優しいドライバーさんだ〜
大湧谷はすごい混雑でバスにも大勢乗ってきた。

芦ノ湖畔の箱根園到着。
駒ヶ岳ロープウェイ乗場へ
20170507_1 20170507_2
箱根駒ケ岳山頂まで全長1,783mを片道7分で運んでくれる。
20170507_3
富士山だ!見えて良かった〜〜
20170507_4
海抜1,327m。
金時山や大山より高い。
20170507_5
箱庭のような全景。
20170507_7
山頂にあるのが箱根神社の本宮。
ここに行きたかったんだ〜
20170507_6 20170507_8 20170507_10 20170507_11
風強い!
20170507_12 20170507_13
こんにちは!富士山!
20170507_14 20170507_15
ロープウェイ乗り場が小さく見える
20170507_16
さ、またロープウェイで下りよう。
ふだんは20分おきに運行されている。
20170507_17 20170507_18
旅助けパスで箱根園水族館も無料なので行ってみた。
20170507_19 20170507_20
キャラクター「エンちゃん」
20170507_21 20170507_22
海水館、淡水館、バイカルアザラシ広場の3つにわかれていた。
人、あんまりいない。
バイカルアザラシショーの時間まで待てず、、、

小田原駅行きバスで 早雲郷(強羅の上のほう、大湧谷に近い)にある某保養所へ。
復路のドライバーさんもまた旅行者に親切な対応をしていた。
たまたま 往復のドライバーさんが優しかったのか、伊豆箱根バスの方針なのか。
大湧谷は火山ガスがたえず出ているし、爆発の可能性もあるし、
バス本数もたくさんはないし、バス会社が親切にしてくれないと命にかかわる事もあるもんね。

保養所に着いて、車に乗り換えコンビ二へ買い出しに行き、
箱根限定じゃがですよ塩味〔ほんのりわさび風味〕、アメリカンドッグを買った。
20170507_23

外はウグイスがしょっちゅう鳴いていて、”自然の中にいるんだ感”を満喫。
さっそく温泉へ。
かけ流しの風呂を掃除してお湯の入れ替えをしておいてくれたので、入れたて。
ちなみにいっぱいになるのに5時間くらいだそうです。
20170507_25 20170507_24
夕飯は、友達の和食料理人の旦那さんが残りもので作っておいてくれたもの。
わーいお刺身だ!
20170507_27
この鍋、実はすごく大きい。
20170507_26
お腹いっぱい。満足満足。
寝る前にもう一度温泉に入って就寝。
なかなか寝付けず、眠れたのは1時頃かな。

5月6日(月)

有給休暇の日
5時に目が覚めた。
いつも仕事の時は5:30に起きているのでだいたい同じ。
温泉へ。
6時 散歩 太陽がサンサン。風は少し冷たい。
20170507_30
8時頃 朝食。昨夜の鍋を大好物の”おじや”にしてもらった。
どんぶり以上の大きな器にいっぱい食べたのでお腹いっぱい。
20170507_31
ちなみに部屋は和室をいただいてました。
20170507_29a

ひとりで大湧谷へ。バス10分くらいで到着。
平日の10時台は人が少ない。
富士山絶景!風が強かった。
20170507_33 20170507_40 20170507_34
大涌谷周辺は、いまなお火山活動が続き、常に火山ガスが発生している地域なので、呼吸器系に疾患のある人、心臓に異常がある人、体調の悪い人は気をつけてくださいと、バスでアナウンスされたり、看板もたくさん出ている。
20170507_35
江戸時代には「地獄谷」や「大地獄」と呼ばれていたけど、明治天皇の行幸に際し「大湧谷」と改称されたらしい。たしかに、大昔の人にはココが地獄の入口に見えただろうな。
20170507_38 20170507_37 20170507_39 20170507_36
保養所へ戻る。
途中「国有林」というバス停があるのだけれども、そのあたりは地面から湯気?がモウモウ。木もほとんど枯れて倒れている。
バスの中からの撮影なのでわかりにくいかも。
20170507_41
保養所も、2015年の蒸気井暴噴の時は、火山ガスの影響でしばらく休業したそうだ。

昼前には出発しなければいけなかったので、
もう一度温泉に入って、帰宅しました。
20170507_32

理想だった、起床→温泉→散歩→朝食→温泉→散歩ができたよ。
もう1泊できたら「昼寝」もできたんだけどな。
天気も良く、気温も最適、新緑の箱根はとても素晴らしかったです。

読んでくださってありがとうございました。
よろしければ「拍手」「いいね」クリックお願いします。